ゆで太郎のカロリー&糖質を徹底調査!そばメニューでダイエットしよう!

みなさんはゆで太郎をご存じでしょうか。ゆで太郎とはそばやうどんなどをメインに、お手頃価格でお腹いっぱい楽しめると人気のチェーン店です。そこで今回はゆで太郎のカロリーや糖質についてご紹介します。ダイエット中の方などもカロリーを把握して楽しんでみましょう。

ゆで太郎のカロリー&糖質を徹底調査!そばメニューでダイエットしよう!のイメージ

目次

  1. 1ゆで太郎ってどんなお店?
  2. 2糖質制限中でも利用できるゆで太郎
  3. 3ゆで太郎のメニューごとのカロリーを調査
  4. 4ゆで太郎の低カロリーなそばメニュー
  5. 5ゆで太郎の低カロリーな丼メニュー
  6. 6ゆで太郎の高カロリーなメニュー
  7. 7ゆで太郎でカロリー計算をする時のポイント
  8. 8糖質やカロリーと一緒にGI値などもダイエットにおすすめ
  9. 9ゆで太郎で無理なくダイエットを続けよう

ゆで太郎ってどんなお店?

みなさんはゆで太郎をご存じでしょうか。ゆで太郎は現在関東などを中心に、立ち食いをメインにして店舗を増やしているチェーン店になっていまして、そばやうどんはもちろんのこと、丼ものやご飯系のメニューも豊富な人気のお店になっています。

そんなゆで太郎は本格的なそばをリーズナブルな価格で楽しんでほしい!ということで、お値段なども安くそしてサッと食べられる本格的なそばになっています。そのためすべて店内で手作りしていまして、みなさん一人一人が美味しいそばやうどんなどをお客様にお届けできるよう、日々頑張っているのです。

Thumbゆで太郎の朝メニューをご案内!そばや定食などおすすめの朝食など紹介!
店舗で打つこだわりのそばが味わえる人気チェーン店のゆで太郎では朝食メニューも充実しています。...

糖質制限中でも利用できるゆで太郎

また現在ダイエットなどでカロリー制限はもちろんなのですが、糖質制限ダイエットをされている方も多いです。みなさんもロカボという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。ロカボは1食の糖質を10gから20g程度に抑えるというものです。

こうすることで無理なく糖質制限ができるといわれています。やはりいろいろな研究などによって、過度な糖質制限は健康に悪影響があるとされています。そのためダイエットをしたい!という方でもカロリーや糖質を制限し過ぎでしまわないようにしましょう。そうすることで健康的にダイエットすることができますし、おすすめになっています。

またそばやうどんというのは、ご飯よりも糖質が少なめになっています。たとえばご飯100gの場合糖質は約37g程度となっています。ですがそばの場合は100gあたり糖質が約26g程度、うどんの場合は約20g程度なっていて糖質制限中でも楽しめます。

そのためそばやうどんはご飯を食べるよりもダイエットに向いていると言われています。もちろんカロリーもご飯よりもそばやうどんの方が低く、ダイエット中でも罪悪感なく楽しむことができます。ぜひみなさんもそばやうどんの低カロリーさなどを知って、上手にダイエットメニューに取り入れていってみてはいかがでしょうか。

そばは食物繊維なども豊富になっていますので、糖質の吸収などを抑えながら食べることもできます。そのためそばはダイエット(糖質制限中)でも気軽に楽しめるメニューとしておすすめになっています。

ゆで太郎のメニューごとのカロリーを調査

ではここからはゆで太郎のメニュー別にカロリーをご紹介していきます。カロリー制限でダイエットをされている方などの場合は、下記の情報をよりチェックしておくのがおすすめになっています。もちろん低カロリーメニューなどもご紹介しますので、ダイエット中でも外食を楽しみたい!という方などはぜひ参考にされてみてください。

また後ほどご紹介するのですが、糖質制限やカロリー制限をする方々に知っておいていただきたい、GI値についてのご紹介もしていきます。GI値が何であるのかなどを知っておくだけで、よりダイエットがはかどる事間違いなしになっています。

ダイエット向け低カロリーメニューをご紹介

ゆで太郎にはセットメニューなども豊富にありますし、ガッツリ食べることができるのに安い!というメニューなどもたくさんあります。ですのでどのメニューにするのか悩んでしまう方も多いですし、セットなどの場合カロリーが気になる方も多いです。

今回はゆで太郎のカロリーについてスポットをあててご紹介していきますので、もちろん高カロリーメニューだけではなく、低カロリーメニューなどもご紹介していきます。カロリー制限などでダイエットされている方などは要チェックです。もちろん低カロリーメニューだからといって、食べすぎていてはダイエットにならないので注意しましょう。

ゆで太郎の低カロリーなそばメニュー

ではまず最初にゆで太郎の低カロリーそばメニューからご紹介していきます。ゆで太郎では本格的で美味しいそばを安く提供したい!という思いが強くなっていまして、ゆで太郎のそばは美味しいと評判になっていますし、低カロリーメニューも豊富です。

カロリー制限でダイエットされている方でも、ゆで太郎には安心して行ける!となっていただける可能性が大きいですので、ぜひゆで太郎の低カロリーメニューに注目してみてください。ワンパターンではないですので、飽きることなく楽しむこともできますし、外食をするというだけで気分も変わり、ダイエットの効率も上がるかもしれません。

もりそば

まず最初にご紹介するのは「もりそば」です。もりそばは冷たいおそばになっていまして、シンプルにそばそのものの味わいや香りなどを楽しむことができます。そのためゆで太郎のもりそばは幅広い年代の方々に愛されているメニューになっています。

ざるそばではないですので、海苔なども入っていないですし一番シンプルにそばの味わいを感じることができるメニューになっています。カロリーは381カロリーとなっていまして、一食のカロリーとしては低カロリーなメニューになっています。

そばをつゆにつけて食べるようになるのですが、つゆの味も美味しいと評判になっています。サッと手軽に食べることができますので、時間のないときなどに注文するメニューとしてもおすすめになっています。また低カロリーというだけではなく、お子様と一緒に食べたい!というときなどにもおすすめのメニューになっています。

ゆで太郎でも人気メニューとなっているもりそばは、低カロリーメニューとしてもおすすめになっています。暑い夏などはとくにおすすめのメニューになっていますので、ぜひみなさんもシンプルなもりそばをゆで太郎で食べてみてはいかがでしょうか。

かけそば

続いてご紹介するのは「かけそば」です。かけそばのカロリーは383カロリー程度となっていまして、こちらも低カロリーメニューとしておすすめになっています。こちらは温かいそばになっていますので、ゆで太郎でも女性の方に人気になっています。

女性の場合身体はあまり冷やさないほうがいいといわれていますし、ダイエット中の方なども身体を冷やすのはおすすめできません。ですのでダイエットしている方などももりそばやざるそばを食べるよりは、かけそばなどを食べるのがおすすめになっています。ゆで太郎のかけそばはダシも美味しいと評判ですので、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

薬味そば

ゆで太郎の低カロリーメニュー(そば)として最後にご紹介するのは「薬味そば」です。こちらはかつお節やカイワレ大根、茄子、天かす、ねぎに海苔などがトッピングされているそばになっていまして、そばの風味だけではなく、さまざまな食材と一緒にそばを楽しむことができるゆで太郎でも人気のメニューの一つになっています。

こちらは454カロリーとなっていまして、トッピングが多いわりに低カロリーのメニューとして、ゆで太郎では女性の方にも人気を集めるメニューとなっています。ぜひ野菜なども一緒に楽しめる薬味そばをゆで太郎で食べてみてはいかがでしょうか。

ゆで太郎の低カロリーな丼メニュー

ではどうしても丼ものが食べたい!という方におすすめの、ゆで太郎で低カロリーな丼ものメニューについてご紹介していきます。やはり丼ものなどの場合通常カロリーなども高めになってしまうものです。ですがゆで太郎にはミニサイズの丼ものなどがありますので、カロリーや糖質を気にしている方なども安心して楽しむことができます。

そこでここではゆで太郎でおすすめの低カロリーの丼ものメニューをご紹介していきます。男性の方などはとくにご飯も食べたい!という方が多いですので、これからご紹介するゆで太郎のミニサイズの丼ものメニューなどを上手に使っていきましょう。

ミニカレー

まずご紹介するのはミニカレーです。カレーといえばカロリーも糖質も多いイメージを抱いている方も多いと思いますが、ゆで太郎にはミニカレーがありますので、ちょっとだけ食べたい!という方にもおすすめになっています。

ミニカレーのカロリーは約500カロリー程度となっていますので、かけそばなどの並メニューと食べるのであれば、1000カロリー以下に抑えることなどもできるようになっています。そのため夜ご飯などのカロリーを少し抑えるだけで調整可能な範囲となっています。ですのでゆで太郎のミニカレーはとてもおすすめのメニューになっています。

ミニかつ丼

続いてご紹介するのは「ミニかつ丼」です。こちらも通常高カロリーメニューではあるのですが、ミニの場合は580カロリー程度で楽しむことができるようになっています。そのためゆで太郎のミニカツ丼はランチタイムなどでも人気のメニューです。

ふわふわとろとろの卵でとじてあるカツは、ご飯との相性も抜群になっていまして、どんどん箸がすすむこと間違いなしになっています。カツ丼などはご自宅で作るにはめんどくさいですし、通常サイズだとカロリーが気になる!という方も多いですので、ゆで太郎にお越しの際には、ミニカツ丼を楽しむというのはおすすめになっています。

ミニ海老舞茸天丼

続いてご紹介するのは「ミニ海老舞茸天丼」です。ゆで太郎には天丼のミニサイズなどもあります。またゆで太郎のミニ海老舞茸天丼はマイタケなども入っていますので、食物繊維などを摂取することもできますし、女性の方にも人気になっています。

ミニ海老舞茸天丼のカロリーは580カロリー程度となっていまして、600カロリー以下に抑えたい方にもおすすめになっています。なおセットで食べたい!というときなどには、朝と夜のカロリーを150カロリー程度ずつ減らすだけで調節可能です。ランチタイムはこれからのエネルギーとしても必要ですので、少しオーバーでも調節は充分可能です。

ミニ焼鯖明太高菜ごはん

最後にご紹介するのは「ミニ焼鯖明太高菜ごはん」です。こちらもゆで太郎で人気になっているご飯メニューのミニサイズになっていまして、女性の方などからも高い評価を集めているメニューになっています。

少し塩分などが多めになっていますので、カロリーや糖質だけではなく、朝と夜の食事で塩分に気を付けるとより健康的な食事を意識することができるようになっています。こちらはカロリーも300カロリー程度ですので、セットで食べたいというときにもおすすめのメニューになっています。

ゆで太郎の高カロリーなメニュー

ではここからはゆで太郎で高カロリーになってしまうメニューについてご紹介していきます。先ほどまではゆで太郎の低カロリーメニューをご紹介したのですが、そこまで徹底したカロリー制限などをしていない場合、高カロリーメニューを知っておくだけでも、ちょっとしたカロリー制限をすることなどができるようになっています。

こちらでご紹介する高カロリーメニューの中には1000カロリーを超えるメニューなどもありますので、注意されてください。なお一見1000カロリーといえばカロリーオーバーなイメージなのですが、力仕事などをされている方の場合そこまで心配いりません。

特もり(3倍)

まず最初にご紹介するのは「特もり(3倍)」です。こちらは通常のもりそばの3倍はあるメニューとなっていまして、1113カロリー程度あります。ですのでカロリー制限などをされている方は頼むのが難しいメニューの一つになっています。

特もりの場合そばの総量が700gになっていまして、男性の方でも全部食べることができない!という方などもいます。そのためゆで太郎で特もりをご注文される際には、残すことがないように自信のある方だけにするのがおすすめになっています。

満腹セット 満腹かつ丼セット

続いてご紹介するのは「満腹セット 満腹かつ丼セット」です。こちらは満腹セットと書いているだけあって、ボリューム満点のメニューになっています。そのため量はもちろんなのですが、カロリーなども高くなっていましてダイエットには向いていません。

カツ丼もミニではないですので、ガッツリ食べることができますし、ミニでは満足できない!という方には満腹セット満腹かつ丼セットがおすすめになっています。そばもカツ丼も美味しいと評判になっていますので、ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。

ミニカツカレーセット

続いてご紹介するのは「ミニカツカレーセット」です。カレーというだけでもカロリーが高いイメージではあると思うのですが、そこにカツがトッピングされていますので、より高カロリーメニューになっています。

こちらは総カロリーが1100カロリー程度になっていますので、カロリーなどを気にせずに食べたい!というときなどにはおすすめになっています。もちろん運動などをしてカロリー消費などを考えている場合には、調節などもできますのでたまにはゆで太郎のミニカツカレーセットを頼んでみるというのもおすすめになっています。

唐揚そばセット

続いてご紹介するのは「唐揚そばセット」です。こちらはそばと唐揚げが楽しめるセットメニューになっていまして、唐揚げがありますのでカロリーも高くなっています。ジューシーな唐揚げと一緒にそばを楽しめるということで、ゆで太郎でも男性人気の高いメニューの一つになっています。

またこちらのセットには白ご飯などもついていますし、お漬物などもついています。そのためカロリーだけではなく糖質なども多めのメニューになっています。糖質制限などをされている方も避けるべきメニューの一つになっています。

ミニ唐揚カレーセット

最後にご紹介するのは「ミニ唐揚カレーセット」です。こちらはゆで太郎でも新しいメニューになっていまして、2020年5月から誕生しました。そのためまだ食べたことがない!という方も多いメニューになっていまして、ゆで太郎のメニューの中でも注目していただきたいメニューになっています。

特に男性人気の高いメニューになっていまして、唐揚げとカレーという男性人気の高いメニューがコラボしていますので、より食べ応えなどもあるセットメニューになっています。こちらもカロリーの高いメニューになっていますのでご注意ください。

ゆで太郎でカロリー計算をする時のポイント

ではここからはゆで太郎で食事をする際に、気になるカロリー計算のコツについてご紹介していきます。実際にカロリーを測りながら食べることなどはできませんし、ダイエット中などの方は気になって仕方ない!という方も多いです。

そこでここではカロリー計算に役立つコツなどをご紹介していきます。これはゆで太郎での食事はもちろんなのですが、ほかのお店などでも使えるコツなどもあります。ぜひダイエットしている方などは下記のコツを参考にされてみてください。

そばのサイズは並までなら低カロリー

まずご紹介するコツは「そばのサイズは並までなら低カロリー」ということです。ゆで太郎のそばは低カロリーなメニューが多くなっていまして、うどんに関しましてもゆで太郎のうどんはカロリーが低めですのでそばと同じように考えて大丈夫です。

そのため並サイズまででセットなどもつけない場合には、ゆで太郎での食事は意外にも低カロリーに抑えることができます。またお値段も安いですので財布にも優しい外食としてゆで太郎はおすすめになっています。

トッピング選びでカロリーオフ

続いてご紹介するコツは「トッピング選びでカロリーオフ」です。ゆで太郎ではさまざまなトッピングを楽しめるようになっているのですが、高カロリーなトッピングを選んでしまっていては、ダイエットなどには向かなくなってしまいます。

そのため食物繊維なども摂れる「とろろ」などをトッピングに選ぶのもおすすめになっていますし、生卵やゆで卵などもおすすめになっています。またどうしても少しご飯が食べたい!という場合にはいなり2個などもおすすめになっています。

またわかめなどもトッピングで選ぶことができるようになっていますので、女性の方などの場合わかめなどもおすすめになっています。そのほかにもトッピングメニューは豊富になっていまして、そこもゆで太郎が人気の秘訣になっています。

天ぷらを単品で注文することなどもできますし、カロリーを無視するのであれば天ぷらの盛り合わせなどもあります。また高菜などもトッピングとして人気になっていますので、ぜひ試してみください。カロリーを抑える場合には、トッピングのカロリーなども気にしておくのがおすすめになっています。

セットメニューは高カロリーが多い

最後にご紹介するのは「セットメニューは高カロリーが多い」ということです。こちらはコツというよりも、ゆで太郎で低カロリーメニューを楽しみたいのであれば、避けるべきポイントになっています。やはりセットメニューにすることで、そばやうどんと一緒にご飯ものなども食べることになってしまいます。

そのため糖質もカロリーもどうしても多くなってしまうのです。ですのでゆで太郎でカロリー制限や糖質制限などをされる場合には、セットメニューは選ばないようにしておくのがおすすめになっています。

またゆで太郎にかかわらずやはりセットメニューなどは、カロリーや糖質が高くなりがちです。外食などの場合どうしてもカロリーなどが高くなりやすいですので、セットメニューは控えるようにしましょう。カロリー消費なども大変になります。

またゆで太郎の場合セットメニューではなくても特もりなどの高カロリーメニューもあります。カロリーなどは量が増えるだけ増えてしまいますので、ダイエットに向いているゆで太郎とはいえ、食べる量には注意しておきましょう。

糖質やカロリーと一緒にGI値などもダイエットにおすすめ

ではなぜゆで太郎がダイエットにもおすすめなのか、そして糖質制限をしている方にもおすすめのGI値についてご紹介していきます。GI値というのはグリセミック・インデックスといいまして、血糖値を急激に上げる食材なのかどうかについてがわかります。

基本的血糖値が急上昇するような食べ方などは太りやすいと言われていまして、血糖値の上昇をゆるやかにするのが理想と言われています。そのためロカボといいまして、糖質を軽く制限するダイエット方法なども流行ってきているのです。

そばのGI値は低く、白米やパン、うどんなどに比べても一番おすすめとされています。そのためゆで太郎に限らずなのですが、そばは低カロリーでGI値も低いダイエットに適したメニューとなっているのです。

カロリー制限も糖質制限も限界までやればいい!というわけではありません。必要最低限のエネルギーなどを補給していないと身体は保てません。ですので無理なダイエットをするのではなく、ゆで太郎の低カロリーメニューなどを使って上手にダイエットしていきましょう。

ゆで太郎で無理なくダイエットを続けよう

いかがでしたでしょうか。今回はゆで太郎のカロリーについてご紹介しました。ゆで太郎以外でも外食などの場合にはカロリーを気にしている方も多いです。ですがご紹介しましたように、ゆで太郎は低カロリーメニューも豊富です。ぜひみなさんもゆで太郎の低カロリーメニューなどで、楽しくカロリーオフダイエットしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ