吉野家のねぎだく牛丼がおすすめ!値段やサイズごとの具材の量など調査!

吉野家の牛丼に、ねぎだく牛丼が販売されているのはご存知でしょうか?美味しいと話題になっているメニューで、食べないと損とも言われています。そんな吉野家のねぎだく牛丼がどのようなメニューなのか、量やサイズ、値段などをまとめて紹介していきますので参考にしてください。

吉野家のねぎだく牛丼がおすすめ!値段やサイズごとの具材の量など調査!のイメージ

目次

  1. 1吉野家のねぎだく牛丼が話題!
  2. 2吉野家のねぎだく牛丼ってどんなメニュー?
  3. 3吉野家のねぎだく牛丼の量やサイズは?
  4. 4吉野家のねぎだく牛丼の気になる値段を調査
  5. 5吉野家のねぎだく牛丼はテイクアウトも可能
  6. 6他にもある吉野家の裏メニュー
  7. 7吉野家のねぎだく牛丼を味わってみては?

吉野家のねぎだく牛丼が話題!

すき家と並んで牛丼業界では人気の吉野家は、約1200店舗のお店が国内にあります。そんな吉野家の注文で話題になっているのが、「ねぎだく」という注文方法になります。一般的にはあまり知られていない、特殊注文と言われているのですが美味しいと大人気。

当記事で紹介していくのは、吉野家の話題にねぎだくについてになります。どのような注文になるのか、牛丼のサイズや量、値段などねぎだくで注文したときの内容を詳しくまとめました。美味しいと話題のねぎだく牛丼を注文するための参考にしてください。

吉野家のねぎだく牛丼ってどんなメニュー?

話題沸騰中の吉野家のねぎだくになりますが、そのままでも美味しい吉野家の牛丼を美味しくすると言われてます。ですが、そもそもねぎだく牛丼がどのようなメニューかがわからないと、美味しいと言われてもなかなか注文することができません。

そこで、まず初めに吉野家のねぎだく牛丼がどのようなメニューなのかを紹介していきます。ねぎだく牛丼のことを初めて聞いたという方や聞いたことがあるがどのようなメニューか知らないという方は、注文する前にどんなメニューかチェックしていきましょう。

肉の上にどっさり玉ねぎが乗っている

ねぎだく牛丼と言われて想像するのは、つゆだくのねぎバージョンではないでしょうか?吉野家のねぎだく牛丼は、想像を裏切らずに玉ねぎの量が多い牛丼になります。通常の吉野家の牛丼の玉ねぎの量が4倍になっているのが、ねぎだく牛丼になります。

牛肉が多い方がいい!という方には物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、ねぎだく牛丼はそんな人たちでも満足できる牛丼となっています。

ねぎだく牛丼が販売されるようになったのは2019年1月になりますが、販売当初から口コミやSNSで広まっていき話題の牛丼メニューとなりました。たかが玉ねぎですが、その量の多さでも物足りなく感じてしまう人も多いメニューとなっています。

そんな吉野家のねぎだく牛丼は、もともとは築地店の裏メニューの一つとして販売されてました。知る人ぞ知る吉野家の特殊注文の一つだったのですが、築地店が閉店してしまった後に復活を望む声が多かったことから全国販売になったメニューになります。

創業120年を超える老舗の牛丼店吉野家の1号店とされている築地店ですが、当初は裏メニューとして対応している店舗も多かったと言われてます。

ですが、築地店以外の店舗の場合には玉ねぎを増やす代わりに牛肉の量を減らし帳尻を合わせて提供しているお店がほとんどでした。築地店のみが肉をそのままにして玉ねぎを増やしたのですが、正式メニューとなった現在は当時の築地店を再現しています。

味が染み込んでいて美味しい

玉ねぎの量が増えているねぎだく牛丼ですが、なぜ話題になるほどの牛丼なのかというと、追加で増やされた玉ねぎにはしっかりと味が染み込んでいて美味しいからです。味が染み込んでいるからと言って、ふにゃふにゃの玉ねぎになっているわけではありません。

ねぎだく牛丼の玉ねぎは、しっかりと味が染み込んでいながらもシャキシャキの食感を味わうことができる玉ねぎとなっています。

もちろん店舗によっては微妙な違いが出てくるのですが、全体的に歯応えが残るように仕込まれていますので吉野家のどこの店舗でも大きな違いを感じづに味わうことができます。また、牛丼の専門店として吉野家には強いこだわりがあるお店です。

牛丼ようの牛肉の煮込み時間など、細かい点にもこだわりを持っている吉野家だからこその玉ねぎの美味しさとなっています。ねぎだく用の玉ねぎは別で玉ねぎだけでの煮込みを行っているので、玉ねぎの旨味も凝縮されています。

玉ねぎ本来の甘みも感じることができますので、玉ねぎだけでも美味しいと人気がありおすすめのメニューとなっています。

まだ、吉野家でねぎだく牛丼を食べたことがないという方は、一度食べてみたら玉ねぎの美味しさに人気の理由を知ることができるでしょう。玉ねぎだけでももっと食べたいと感じるメニューになっていますので、吉野家のおすすめのメニューになります。

吉野家のねぎだく牛丼の量やサイズは?

吉野家のねぎだく牛丼は、しっかりと別で煮込まれ玉ねぎの旨味が凝縮されているメニューとなっています。そんな吉野家のねぎだく牛丼になりますが、実際に注文した時の玉ねぎの量や牛丼のサイズがどうなっているかを紹介していきます。

吉野家のねぎだく牛丼の割合は牛肉1の玉ねぎが2になります。量は、先述したように通常の牛丼の4倍の量の玉ねぎになります。そのため全体的にサイズが変わっても割合は変わりません。それでは、それぞれのねぎだく牛丼のサイズを見ていきましょう。

通常サイズなら「小盛」や「並盛」を

ねぎだく牛丼の一番小さいサイズになるのが小盛になりますが、ご飯の量や牛肉の量など全体的に少なくなっています。そのため、カロリー計算をしている方や、そんなにたくさんの量は食べれない方にはおすすめのサイズとなっています。

小盛になってもしっかりと玉ねぎの増加で楽しむことができるサイズになっているので、小盛でもボリューム感を感じることができるでしょう。

また、どんなメニューか初めて食べてみる場合にもおすすめのサイズになります。どんな味なのか、小盛ならお試し感覚でも購入しやすいサイズとなっています。これから、初めて食べるがどんな味か不安と感じてしまう方はこちらの小盛から購入してみてください。

小盛と並んで人気があるのが並盛サイズになります。吉野家の牛丼を買ったことがある方なら、並盛サイズがどれくらいの大きさかを知っているでしょう。通常の量に玉ねぎが4倍になりますので、並盛でも十分にボリューム感があると言えます。

ただ、牛肉と玉ねぎの割合は1対2になりますので、牛肉をいっぱい食べたいという方には玉ねぎが増えても物足りなく感じてしまうかもしれません。

ですが、程よい量で牛肉と玉ねぎの両方を味わうことができるサイズとなっていますのでおすすめになります。いつもの吉野家の牛丼の並盛をボリュームアップで食べたい場合には、ぜひねぎだく牛丼の並盛で味わってみてはいかがでしょうか。

「アタマの大盛」や「大盛」もおすすめ

吉野家では「アタマ大盛」というサイズが販売されています。こちらは、ご飯が通常の並盛の量になっているが牛丼の具材が大盛になっているというタイプになります。ご飯はたくさんいらないという方が注文するサイズで人気があります。

そんなアタマ大盛になりますが、こちらはねぎだく牛丼でも注文することが可能なサイズの一つになっていて、具沢山が好きな方にはおすすめです。

もともとアタマ大盛もねぎだく牛丼と同じように、築地店で提供されていたサイズになります。こちらも当初は全国的に行っていたわけではなく、裏メニューの一つと言われてます。ですが、現在では具沢山で食べれるので人気がありおすすめになります。

アタマ大盛では、ご飯が並盛の量になってしまうのでご飯の量が物足りないという方は迷わずに大盛がおすすめになります。ご飯も含めて全体的にボリュームが増しますので、満足感を十分に得ることができるサイズと言えるでしょう。

特に男性の方は注文することが多いのが大盛サイズになっていますが、玉ねぎの量もありますので量は通常の牛肉よりもかなり増えてしまいます。また、サイズ的に玉ねぎが牛丼の上に乗らない場合には別容器になりますので好みのタイミングで足せます。

大満足したいなら「特盛」や「超特盛」を

最後におすすめするのが特盛と超特盛サイズになります。どちらも量は並に比べるとかなり大きくなりますので、注意してください。ですが、ご飯や牛肉に玉ねぎの全体で大満足したい方には特盛や超特盛はおすすめのサイズとなっています。

こちらの特盛や超特盛で注文した場合も、玉ねぎは別容器で提供している店舗が多いです。そのため、自分の好きなタイミングに合わせて玉ねぎを乗せることができるので、ねぎだく牛丼では人気があるサイズの一つになりおすすめになります。

Thumb吉野家のサイズをメニューごとに徹底比較!肉・ごはんの量や値段も紹介!
牛丼チェーン店のパイオニアの「吉野家」。以前と比較すると、丼物には新しいサイズが登場したこと...

吉野家のねぎだく牛丼の気になる値段を調査

小盛から超特盛まで、吉野家のねぎだく牛丼は幅広いサイズで提供されてます。そんな吉野家のねぎだく牛丼になりますが値段がいくらになっているのかも知っておきたいポイントになります。そこで、ここでは吉野家のねぎだく牛丼の値段を紹介していきます。

まずは一番小さいサイズになる小盛の値段になりますが、こちらのサイズは税抜で434円となっていますので購入しやすい値段になります。

ねぎだく牛丼の通常サイズの並盛になりますが、こちらの値段は税抜で454円になります。吉野家の通常の牛丼のアタマ盛と変わらない値段になりますので、少し高めに設定されています。ねぎだく牛丼のアタマ盛の値段は、税抜554円となっています。

次にねぎだく牛丼の大盛になりますが、こちらの値段は税抜で614円となっています。大盛くらいからは、少し高めに感じてしまう値段と言えるでしょう。次に、ねぎだく牛丼の特盛になりますが、こちらの値段は税抜で734円となっています。

そして、最後にねぎだく牛丼の超特盛の値段になりますが、こちらは税抜で842円になりますので料金は高めになっています。

全体的に吉野家の通常の牛丼を買っている人にしたら割高に感じる値段かもしれませんが、玉ねぎの量が多く入っていて料金以上の美味しさと口コミでも評判なので一度は食べてみる価値があると言えます。まずは低価格の小盛から試してみてはいかがでしょうか。

吉野家のねぎだく牛丼はテイクアウトも可能

全体的に通常の牛丼よりも割高になっている吉野家のねぎだく牛丼になりますが、こちらは各サイズの持ち帰りが可能なメニューとなっています。テイクアウトでも料金は変わらずに持ち帰ることができるので、急ぎの場合にはおすすめになります。

ただ、テイクアウトで持ち帰り注文をした場合にはサイズに関係なく玉ねぎは別容器で提供されます。店内で食べる場合と異なりますので気をつけてください。

ですが、小盛サイズなどでも自分の好きなタイミングで玉ねぎを投入することができるのは、テイクアウトの持ち帰りだけになりますのでこだわりがある人の場合には、店内ではなく持ち帰りで購入するのはおすすめになります。

さらに吉野家のねぎだく牛丼は、デリバリーで注文することも可能になってます。自宅やオフィスに配達してくれるデリバリーサービスは便利なサービスの一つになりますので、忙しくて購入しにいく時間がない方はぜひ利用して見てください。

ですが、デリバリーで注文する場合には値段が変わってしまいますので注意が必要になります。こちらのデリバリーの料金は吉野家の公式サイトで金額が提示されてませんが、全体的に異なるとしていますので注文をする場合には気をつけるようにしましょう。

Thumb吉野家は持ち帰りも人気!テイクアウトメニューや予約・注文方法は?
すき家、松屋と並んで人気の牛丼店として知られる吉野家は、美味しい牛丼を持ち帰りで利用すること...

他にもある吉野家の裏メニュー

ねぎだく牛丼のように正式なメニューになっているわけではない裏メニューが、吉野家にはたくさんあります。つゆだくやつゆを少なめなどのように、請け負ってくれる裏メニューについて最後に紹介していきます。

ですが、こちらの裏メニューは吉野家の好意で行っているもので、全店舗で共通して行っている正規のサービスではありません。そのため、行っていない店舗もありますので注文する場合にはまず行ってくれるか確認をするようにしましょう。

とろだく

吉野家通の方には知られている裏メニューの一つが、「とろだく」になります。こちらは牛丼の肉に脂身が多い肉を多めに入れてもらう裏メニューになります。肉の脂身は旨味があり人気があるので、人気がある分注文する人も多いと言われてます。

カロリーは大幅にアップしてしまうメニューになりますが、通常の牛丼でも一味変わった旨味を味わうことができるのでおすすめです。ですが、先述したように店舗によって行っていないことも多いので、事前に確認をしっかり取ってから注文しましょう。

つめしろ

次に紹介するのは「つめしろ」になりますが、こちらは冷めたご飯の上に牛肉が乗っている牛丼になります。冷めているのはご飯だけになるのですが、冷や飯で食べるのが美味しいと言う人も多くいるので裏メニューとして注文する人も多いです。

ご飯は常温で覚ます裏メニューになっているので、こちらで注文した場合には牛丼が提供されるまでに通常よりも長くかかってしまいます。ですが、極端に長いわけではなく5分から10分ほどの時間差となっているので覚えておきましょう。

Thumb吉野家の肉だく牛丼が大人気!肉好きさん必見の値段や具材の量は?
吉野家ではより一層牛丼を満喫することができる肉だくメニューもあります。バリエーションも豊富と...

吉野家のねぎだく牛丼を味わってみては?

老舗店の吉野家の裏メニューだったねぎだく牛丼ですが、その美味しさゆえに正規のメニューとして復活しました。一度食べたらハマってしまう味とも言われ、話題沸騰中のメニューになっているので一度は食べてみる価値があると言えます。

吉野家にいく機会が多い方、滅多に吉野家を利用しないと言う方も吉野家のねぎだく牛丼の味を味わいに購入しに足を運んでみてはいかがでしょうか。値段は通常よりも高くなりますが、多くの人が絶賛する味なので満足できる牛丼と言えるでしょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ