マクドナルドのカロリー・栄養価は高い?ハンバーガーなどメニュー別に調査!

マクドナルドで味わえるメニューのカロリーや栄養価などの情報を紹介していきます。ハンバーガーやスイーツなどいろいろなメニューを紹介します。ダイエット中の方などカロリーが気になる方におすすめの情報ですマクドナルドを利用の際の参考にしてみてください。

マクドナルドのカロリー・栄養価は高い?ハンバーガーなどメニュー別に調査!のイメージ

目次

  1. 1マクドナルドのカロリーなどを徹底調査!
  2. 2マクドナルドのカロリー・栄養価ってどうなの?
  3. 3マクドナルドの人気のバーガーのカロリー・栄養価
  4. 4マクドナルドのサイドメニューのカロリー・栄養価
  5. 5マクドナルドのスイーツメニューのカロリー・栄養価
  6. 6知っておきたい!マクドナルドのカロリー・栄養価が高いメニュー
  7. 7マクドナルドのカロリー・栄養価を知っておこう!

マクドナルドのカロリーなどを徹底調査!

マクドナルドで味わえる人気メニューのカロリーや栄養価について調査していきます。ハンバーガーやスイーツなどとジャンルごとにカロリーや栄養価を紹介します。ダイエット中や糖質制限中の方は必見です。ぜひ参考にしてみてください。

低カロリーメニューもあるので、カロリーが気になるといった方も安心していただくことができます。しっかりと栄養を補いながらっマクドナルドでランチやディナーを楽しみましょう。気になるメニューをチェックしましょう。

Thumbアメリカのマクドナルドを調査!メニューやサイズは?値段や注文方法も紹介!
アメリカのマクドナルドと日本のそれには、どんな違いがあるのでしょうか。アメリカのマクドナルド...

マクドナルドのカロリー・栄養価ってどうなの?

成人男性の1日の摂取基準についても触れていきます。カロリーは2650キロカロリー、タンパク質は60.0g、脂質は73.6g、炭水化物は364.0gです。女性については カロリーは2000キロカロリー、タンパク質は50.0g、脂質は54.8g、炭水化物は271.0gです。

ダイエット中の方などは1食の目安はおよそは500キロカロリーほどで食事をすますようにしましょう。瀬戸メニューについてはポテトやドリンクで一気にカロリーが上がってしますので、組み合わせを考慮しながらオーダーを行いましょう。

マクドナルドの人気のバーガーのカロリー・栄養価

マクドナルドのハンバーガーについてはカロリーの低いものから、高いものまで内容もさまざまとなっています。ダブルサイズのハンバーガーはカロリーも2倍ほどとなるので注意が必要です。スイーツやサイドメニューも利用する際には特に注意が必要です。

リーズナブルでカロリーが低いハンバーガーもあるので、ダイエット中の方にもおすすめとなっています。カロリーなどの詳細にも触れていきます。お得な情報が盛りだくさんですので、ぜひ参考にしてみてください。

ハンバーガー

ハンバーガーは256キロカロリーでタンパク質は12.8g、脂質は9.4g、炭水化物は28.8gとなっています。ハンバーガー系のメニューでは一番カロリーが低いメニューとなっています。できる限りカロリーを抑えたいといった方におすすめです。

リーズナブルに味わえ、カロリーも低いので気軽にオーダーができるといったところも人気の理由となっています。老若男女問わずにどなたでも美味しく味わえる看板メニューです。気になるメニューのカロリーをチェックしてみましょう。

チーズバーガー

チーズバーガーは307キロカロリーになります。タンパク質は15.8g、脂質は13.4g、炭水化物は29.3gとといった内容です。マクドナルドのメニューにおいても比較的カロリーが抑えめです。ダイエット中の方でも安心していただけるメニューのひとつです。

多くの人がオーダーするマクドナルドの人気メニューになります。カロリーも意外に低いので、サイドメニューを追加しても気軽にお食事ができます。定番的な存在となっています。

ダブルチーズバーガー

ダブルチーズバーガーは457キロカロリーでタンパク質は26.5g、脂質は25.0g、炭水化物は29.7gです。チーズバーガーがおよそ2個分といった内容で、カロリーが高めです。ダイエット中の方がいただくにはサイドメニューをなくすなどの工夫が必要です。

クリーミーな感じのチーズとともに、香ばしい感じに焼き上げたビーフパティを2枚使っており、ボリューム感あふれるメニューになります。栄養価の高いメニューをお探しの方におすすめとなっています。

チキンフィレオ

チキンフィレオは465キロカロリーでタンパク質は20.0g、脂質は21.9g、炭水化物は44.5gとなっています。ダブルチーズバーガーよりもカロリーが高くなっています。栄養価を補いたいといった方にはボリューム感もあるので、おすすめです。

ムネ肉を使っており、美味しいと評判のチキンパティを味わいましょう。しっかりとした食べごたえがあり、オーロラソースとの相性も抜群となっています。チキンを挟んだオリジナルのハンバーガーです。

てりやきマックバーガー

てりやきマックバーガーは478キロカロリーでタンパク質は15.5g、脂質は30.2g、炭水化物は34.7gとなっています。シンプルな感じもありますが、甘めのたれといったこともあり意外に糖質も高いメニューです。ほかのメニューで調整をしましょう。

1989年に登場した定番メニューです。甘みのあるてりやきソースが特徴です。比較的リーズナブルに味わえるのでお得感も感じられます。単品のみであれば、カロリーも抑えられます。

ビッグマック

ビッグマックは525キロカロリーでタンパク質は26.0g、脂質は28.3g、炭水化物は39.28gとなっています。マクドナルドのメニューにおいても最大級のカロリーとなっています。ダイエット中の方は避けられるのが良いメニューのひとつです。

特製のビッグマックソースにビーフが美味しいと評判で、ボリューム感たっぷりにいただけるマクドナルドの看板メニューのひとつとなっています。食べごたえもあり、満足感も得られます。

マクドナルドのサイドメニューのカロリー・栄養価

サイドメニューについてはサイドサラダについては低カロリーとなっているので、ヘルシーにマクドナルドのメニューを楽しみたいといった方にはおすすめとなっています。スイーツなどを含めて、全体的にカロリーが高いのも特徴です。

マクドナルドのサイドメニューも一緒に味わってみませんか。サイドサラダ以外は比較的カロリーが高くなっているので、シェアしながらいただくなどの工夫が必要です。効果的にお食事を楽しみましょう。

サイドサラダ

サイドサラダは10キロカロリーでタンパク質は0.5g、脂質は0.1g、炭水化物は1.5gといった内容で全メニューのうち一番カロリーの低いメニューとなっています。サイドサラダをメニューに加えていただけば、マクドナルドをよりヘルシーに味わうことができます。

レタスに紫キャベツのほか、赤と黄色のパプリカが入っているといったメニューになります。彩りも豊かで心地よい気分で味わえます。

ハッシュポテト

ハッシュポテトは145キロカロリーでタンパク質は1.3g、脂質は9.7g、炭水化物は11.4gとなっています。マックフライポテトよりもカロリーが低めとなっています。ややカロリーは抑えることができます。朝のメニューとなります。

おやつ感覚でいただくことができるといったこともあり、子供にも大変人気の高いメニューとなります。単品でも美味しく味わえます。

マックフライポテト

マックフライポテトSは225キロカロリーでタンパク質は2.9g、脂質は11.3g、炭水化物は25.4gとなっています。Mサイズは410キロカロリーでタンパク質は5.3g、脂質は20.6g、炭水化物は46.2gです。

Lサイズに至っては、517キロカロリーでタンパク質は6.3g、脂質は25.9g、炭水化物は58.3gとなっています。ポテトは炭水化物がかなり高くなっているので、注意が必要です。シェアしながらするなどしていただきましょう。

シャカチキ

シャカチキは243キロカロリーでタンパク質は14.8g、脂質は12.8g、炭水化物は16.1gとなっています。レッドペッパーについては249キロカロリーで、タンパク質は15.0g、脂質は12.9g、炭水化物は17.1gです。

チェダーチーズは252キロカロリーでタンパク質は15.3g、脂質は13.1g、炭水化物は17.1gとなります。ほぼ同様の内容となっていますが、茶だーチーズのカロリーや栄養値が若干高めになります。お好みで味わってみましょう。

チキンマックナゲット

チキンマックナゲット5ピースは270キロカロリーでタンパク質は15.8g、脂質は17.2g、炭水化物は12.2gとなります。同様に15ピースの場合には、810キロカロリーでタンパク質は47.3g、脂質は51.6g、炭水化物は36.6gです。

期間限定となるソースもあり、美味しく味わえる人気メニューになります。ジューシーな食感が楽しめるので、おすすめです。シェアしていただくこともできます。

マクドナルドのスイーツメニューのカロリー・栄養価

女性に人気の高いスイーツ系のメニューですが、比較的カロリーが高いのもスイーツ系のメニューの特徴です。糖質も高くなっているので、オーダーされる際にはカロリー計算を行ってから注文されることをおすすめします。

スイーツについては満腹感も得られるといったことから、全体的にカロリーが高くなっています。単品でオーダーする場合とハンバーガーとスイーツを組み合わせるといった場合には大幅にカロリーが変わってきます。しっかりと確認を行っておきましょう。

ホットアップルパイ

ホットアップルパイは211キロカロリーでタンパク質は1.9g、脂質は10.7g、炭水化物は25.8gとなっています。美味しいと評判で、リーズナブルにオーダーができるのでサイドメニューとして人気があります。併用する際は注意しましょう。

スイーツ系のメニューではカロリーが低いので、ハンバーガーなどと組み合わせていただけばカロリーも抑えることができます。お手頃な値段でランチなどにもいいただきたいといった方にとっておすすめのメニューともいえます。

マックシェイク

バニラのSサイズは218キロカロリーでタンパク質は4.5g、脂質は2.1g、炭水化物は45.0gです。ストロベリーは366キロカロリー、チョコレートは380キロカロリーとなります。マックシェイクについては糖質も高いので注意が必要です。

マクドナルドの定番スイーツです。バリエーションも豊富となっており、甘いものを味わいたいといった場合におすすめです。

マックフルーリーオレオクッキー

マックフルーリーオレオクッキーについては、235キロカロリーでタンパク質は8.0g、脂質は6.9g、炭水化物は37.1gとなっています。ボリューム感もあるので、ドリンクのわりにはカロリーが高いのも特徴になります。

スイーツ感覚で楽しめる人気メニューです。サクサクな食感があり、がっつりといただくことができるメニューです。甘みをしっかりと感じられるスイーツを楽しみたい方に最適です。

知っておきたい!マクドナルドのカロリー・栄養価が高いメニュー

マクドナルドの数あるメニューにおいても特にカロリーや栄養価の高いメニューについても触れていきます。しっかりと栄養を補い、がっつりと味わいたいといった方におすすめです。カロリー消費の高いランチにおすすめのメニューです。

運動量が多いといった方や気持ちを癒すといった意味ではおすすめのメニューにもなっています。しっかりと運動量の落ちるディナーとしてのお食事よりも運動量が多いランチの利用などにいただくなどといった工夫も必要なメニューになります。

ビッグマック

ビッグマックについてはカロリーや脂質などといった面で高いメニューとなっていますが、ボリューム感もあり、しっかりと栄養を補いたいといった方にとってはありがたいメニューとなっています。食べごたえもあるので、ランチなどにおすすめです。

カロリー消費が早いといった方でしっかりと栄養補給をしておきたいといった場合などに味わってみましょう。どうしてもカロリーなどが気になるといった方は、2回に分けていただくといったこともできます。

グランベーコンチーズ

グランベーコンチーズ482キロカロリーでタンパク質は27.3g、脂質は26.4g、炭水化物は32.0となっています。1個のオーダーで1食のほぼ目安の数値となってしまうので、ダイエット中などの方には難敵といった感じがあります。

厚みがたっぷりのビーフとともに、チェダーチーズとベーコンを組み合わせたボリューム感あふれるメニューとなっています。栄養価の高いメニューです。しっかりとお食事を楽しみたいといった方に最適です。

グランクラブハウス

グランクラブハウスは520キロカロリーでタンパク質は26.5g、脂質は30.5g、炭水化物は32.8gとなっています。具材もたっぷりと入っており、野菜もあることからヘルシーな感じもありますが、栄養価が高い物のカロリーが高いのも特徴です。

本格的な肉厚ビーフを使っているといったこともあり、カロリーなども高めとなっています。栄養価も高くし、しっかりとした食べごたえがあるので人気のメニューとなっています。バランスの良さも人気の秘密となっています。

マクドナルドのカロリー・栄養価を知っておこう!

マクドナルドでカロリーや栄養価を気にしながら、メニューを味わってみませんか。ヘルシーなメニューもあるので、ダイエット中の方でも美味しくいただけます。比較的リーズナブルに味わえるのもマクドナルドの魅力でもあります。

メインとなるハンバーガーやサイドメニューについてたっぷりと紹介してきましたので、メニュー選びの際の参考にしてみてください。カロリーの高いメニューについてもピックアップしているので、カロリーを気にされる方はできる限り避けましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ