朝マックのカロリーは低い?栄養成分や脂質の少ないおすすめメニューを調査!

マクドナルドのモーニングサービス『朝マック』のカロリーをいちいち調べるのが面倒な人へ。この記事では、朝マックの様々なメニューのカロリーを紹介しています。これを見れば、朝マックの低カロリーなおすすめメニューを把握できます。ぜひご覧ください。

朝マックのカロリーは低い?栄養成分や脂質の少ないおすすめメニューを調査!のイメージ

目次

  1. 1朝マックの低カロリーなメニューを大公開!
  2. 2人気の朝マックのカロリーってどうなの?
  3. 3朝マックのカロリーが低いメニュー
  4. 4朝マックのカロリーが低いサイドメニュー
  5. 5朝マックの栄養成分が高くて脂質が少ないメニューってあるの?
  6. 6朝マックで人気のハッシュドポテトってどうなの?
  7. 7朝マックでカロリーが高いメニューってあるの?
  8. 8朝マックのメニューのカロリーを知っておこう!

朝マックの低カロリーなメニューを大公開!

大手ハンバーガーチェーン店のマクドナルドは、朝からお客さんが食事しやすいように、ハンバーガー店ならではのモーニングサービスを提供しています。

それが当記事のテーマである『朝マック』です。今回は、マクドナルドが提供している朝マックのカロリーに注目して記事を書きます。

これを見れば、朝マックの低カロリーなおすすめメニュー、低カロリーなサイドメニューなどがよくわかります。カロリーを気にしている人は、ぜひ読んでみてください。

Thumbマクドナルドでモーニング!朝マックのおすすめメニュー15選!
みなさんは、マクドナルドは好きですか。マクドナルドは子供から大人までに大人気のファーストフー...

人気の朝マックのカロリーってどうなの?

まずはじめに、マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』のメニューのカロリーが高いか、それとも低いかについてお話しします。

結論からいいますと、朝マックのカロリーは平均的に低いものが多いです。マクドナルドのレギュラーメニューに比べ、低カロリーのメニューが充実している印象を受けました。

『ダブルチーズバーガー』など、マクドナルドのレギュラーメニューには、400カロリー以上あるカロリーやや高めなハンバーガーメニューがたくさんあります。

それに対し、朝マックのメニューのほとんどは400キロカロリー未満のものばかり。低カロリーながら美味しいバーガーメニューが揃っていますので、カロリーを気にして食事している人でも、朝マックは利用しやすいことがわかります。

朝マックのカロリーが低いメニュー

マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』には、カロリーの低いメニューが充実していると判明しました。

こちらの項目では、朝マックのカロリーが低いおすすめメニューを紹介しています。こちらで紹介するおすすめメニューは全部で5種類。

5種類はどれも低いカロリーをしており、それでいて美味しい味わいを堪能できますので、低カロリーなメニュー選びで失敗したくない人は、参考にしてみる価値は高いでしょう。おすすめメニューの特徴について、1種類ずつわかりやすくご説明します。

ホットケーキ

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いおすすめメニュー、1種類目は『ホットケーキ』です。朝マックの『ホットケーキ』は、3枚のホットケーキがセットとなっております。

朝マックの『ホットケーキ』には、濃厚なシロップがたっぷりかけられており、甘い味わいが楽しめます。そしてバターが乗っているため、芳醇な香りも感じられます。

そんな『ホットケーキ』のカロリーは、1食あたり319キロカロリーとされています。319キロカロリーは、朝マックメニューの中では低い部類に入るでしょう。

そして『ホットケーキ』の値段ですが、単品で300円となります。ホットケーキが3枚入って300円なので、コスパに優れた一品でしょう。

エッグマックマフィン

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いおすすめメニュー、2種類目は『エッグマックマフィン』です。『エッグマックマフィン』は、もっちり食感のマクドナルド特製マフィンが使用された朝マックメニューです。

『エッグマックマフィン』にサンドされているのは、カナディアンベーコンやチーズ、ぷるぷるたまごとなります。バーガー系の定番ともいえる具材が使用されていますので、食事の満足度はかなり高いでしょう。

そんな『エッグマックマフィン』のカロリーは、1食あたり311キロカロリーに設定されています。ベーコンなどの具材がしっかり入っているわりには、カロリーは控えめです。

そして『エッグマックマフィン』の値段ですが、単品で200円となります。リーズナブルな値段設定ですので、注文してみる価値はあるでしょう。

フィレオフィッシュ

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いおすすめメニュー、3種類目は『フィレオフィッシュ』です。『フィレオフィッシュ』は、フィッシュポーションをバンズで挟んだバーガーメニューです。朝マックメニューで割と人気があります。

『フィレオフィッシュ』の具材に使用されているのは、白身魚のフィッシュポーション。外はサクサク、中はしっとりとした食感が持ち味で、味と食感の両方が楽しめる朝マックメニューとなっています。

『フィレオフィッシュ』のカロリーと値段についても見ておきましょう。『フィレオフィッシュ』のカロリーは、1食あたり323キロカロリーに設定されています。

そして『フィレオフィッシュ』の値段は単品で340円します。朝マックメニューの中ではやや高めの値段設定ですが、値段以上の味わいが楽しめるので食べてみる価値ありです。

チキンクリスプマフィン

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いおすすめメニュー、4種類目は『チキンクリスプマフィン』です。『チキンクリスプマフィン』は、レギュラーメニューの『チキンクリスプ』のバンズをマフィンに変えた朝マックメニューです。

『チキンクリスプマフィン』に使用されているマフィンは、噛み応えのあるイングリッシュマフィン。このマフィンを使って、サクサクでジューシーなチキンパティをサンドしています。朝マックに食べ応えを求めている人は、こちらのメニューを選びましょう。

『チキンクリスプマフィン』のカロリーは1食あたり364キロカロリー。そして値段は単品で140円となります。レギュラーメニューの『チキンクリスプ』が好きな人は、こちらの『チキンクリスプマフィン』も気に入るはずですので、ぜひ食べてみてください。

ソーセージマフィン

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いおすすめメニュー、5種類目は『ソーセージマフィン』です。『ソーセージマフィン』は、ソーセージパティがメインの朝マックメニューです。

ソーセージパティとチーズをイングリッシュマフィンで挟んだ『ソーセージマフィン』は、3つの食材の味わいがいい感じにあわさり、まったく新しい味わいを堪能できます。

そんな『ソーセージマフィン』のカロリーは1食あたり395キロカロリーで、値段は単品で110円します。食べ応えがあるわりにリーズナブルですので、お得に低カロリーな食事をしたい人はぜひチョイスしてみてください。

朝マックのカロリーが低いサイドメニュー

続きまして、マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』の低カロリーなサイドメニューを紹介していきます。

朝マックにはナゲットやポテト、パイなどのサイドメニューが揃えられています。このサイドメニューの中にもカロリーが低いものがありますので、ぜひチェックしてみてください。

当項目で紹介する低カロリーで美味しいサイドメニューは、全部で3種類。まずは、1種類目のおすすめサイドメニューの詳細からご覧ください。

サイドサラダ

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いサイドメニュー、1種類目は『サイドサラダ』です。

『サイドサラダ』はレタスを中心に色とりどりの野菜を使用した、ヘルシーなサイドメニュー。低カロリーながら栄養満点で、マフィンなどの朝マックメニューで摂取できなかった栄養をカバーできます。

『サイドサラダ』のカロリーは、1食あたりわずか10キロカロリー。朝マックメニューでトップクラスの低カロリー量です。そして値段は単品で280円します。

スイートコーン

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いサイドメニュー、2種類目は『スイートコーン』です。

『スイートコーン』は出来立てで温かく、コーンのやさしい甘みが楽しめます。マフィンやバーガー系のメニューとの相性もよく、セットで注文するのにぴったりです。

そんな『スイートコーン』のカロリーは、1食あたり58キロカロリーします。『サイドサラダ』ほどではないですが、こちらもかなり低カロリーなメニューでしょう。そして『スイートコーン』の値段は、単品で230円となります。

プチパンケーキ

モーニングサービス・朝マックで注文できるカロリーが低いサイドメニュー、3種類目は『プチパンケーキ』です。

『プチパンケーキ』は可愛らしいサイズのパンケーキが複数個入った、甘くて美味しいサイドメニューです。やわらか食感の『プチパンケーキ』は、いくら食べても飽きない美味しさです。

そんな『プチパンケーキ』のカロリーは1食あたり161キロカロリー。値段は単品で200円します。味・カロリー・値段を比べて、注文するか検討してみてください。

朝マックの栄養成分が高くて脂質が少ないメニューってあるの?

正直なところ、マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』のメインメニューは、あまり栄養成分は高くありません。

マフィンにエッグやソーセージパティ、チーズなどを挟んだものがほとんどで、摂取できる栄養は炭水化物と脂質がメインとなっております。

マクドナルドの朝マックメニューは低カロリーだけど、栄養面はイマイチと思われるかもしれませんが、栄養成分が高くて脂質が少ないメニューも中にはあります。

その栄養成分が高いメニューとは、ずばりサラダ系のメニューです。朝マックには『サイドサラダ』や『スイートコーン』といったサラダ系のメニューがあり、これらはマフィンのメインメニューに含まれていない栄養を摂取することができます。

したがってマクドナルドの朝マックで低カロリー、かつ栄養のあるモーニングを食べたい人は、マフィンのメインメニューとセットで、サラダ系のメニューも注文することをおすすめします。

朝マックで人気のハッシュドポテトってどうなの?

マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』には、マフィンのメインメニューとは別に、人気を集めているメニューがあります。その人気メニューとは、サイドメニューの『ハッシュドポテト』です。

朝マックの『ハッシュドポテト』は、外はサクサク、中はしっとりとした2つの食感が特徴のサイドメニューです。ポテトのやさしい甘みとちょうどいい塩加減が食感にあわさり、癖になる美味しさを楽しめます。

『ハッシュドポテト』の値段は単品で130円。高くもなければ低くもないといった値段設定で、割と注文しやすいです。そんな『ハッシュドポテト』の栄養成分とカロリーについては、次の項目を参考にしてください。

栄養成分が高いとは言えないけれど、カロリーも比較的低いのでおすすめ

朝マックの人気メニューの1つである『ハッシュドポテト』の栄養成分と、カロリーについてお話しします。結論からいいますと、『ハッシュドポテト』の栄養成分はあまり高くありません。ポテトなので、ビタミンや食物繊維が少ないのは仕方ないかもしれません。

『ハッシュドポテト』の栄養成分はあまり高くありませんでしたが、カロリーはナイスです。『ハッシュドポテト』のカロリーは1食あたり145キロカロリーと、他の朝マックメニューに比べて低カロリーでした。

このことから朝マックの『ハッシュドポテト』は、栄養面ではイマイチだけれど、カロリーを重視してメニューを選ぶのであれば、おすすめできる一品であるといえます。

『ハッシュドポテト』のサクサク&しっとり食感を味わってみたい人は、ぜひ朝マックのメインメニューとあわせて注文してみてください。

朝マックでカロリーが高いメニューってあるの?

実をいいますと、マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』のメニューは、全部が全部低カロリーなわけではありません。カロリーが高いなメニューも、朝マックメニューには3種類ほどあります。

3種類の高カロリーな朝マックメニューの詳細は、以下の項目で説明しています。高カロリーな朝マックメニューを避け、低カロリーな朝マックメニューを食べたい人は、3種類のメニューを把握しておくことをおすすめします。

メガマフィンなどカロリーが高いメニューも!

マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』で高カロリーなメニューは、全部で3種類あります。1種類ずつカロリーを添えてご紹介します。

1種類目のカロリーが高い朝マックメニューは『メガマフィン』です。『メガマフィン』はイングリッシュマフィンにベーコンやエッグ、チーズ、そしてソーセージパティを2枚挟んだ、朝マックとは思えないほどボリュームのあるメニューです。

ボリューム満点の『メガマフィン』はカロリーもなかなかのもの。『メガマフィン』のカロリーは1食あたり695キロカロリーもあります。上で紹介した朝マックのおすすめ低カロリーメニューとは、比べ物にならないほどのカロリーです。

2種類目のカロリーが高い朝マックメニューは『ビッグブレックファスト』です。『ビッグブレックファスト』は、フォークとナイフで食べるタイプのプレートメニューです。

そんな『ビッグブレックファスト』のカロリーは1食あたり659キロカロリー。マフィンやソーセージパティ、ハッシュドポテトなどがひとまとめになっていますので、これほどまでに高いカロリーとなります。

そして3種類目のカロリーが高い朝マックメニューは『ビッグブレックファスト・デラックス』。この項目で紹介した2品以上の高カロリーな朝マックメニューです。

『ビッグブレックファスト・デラックス』は1食あたり978キロカロリーもします。『ビッグブレックファスト』にホットケーキが3枚プラスされたカロリーは満足感があるでしょう。

このような高カロリーなメニューも朝マックにはありますので、低カロリーにこだわって注文したい人は、上述したおすすめメニューを中心に選びようにしましょう。

朝マックのメニューのカロリーを知っておこう!

マクドナルドが提供しているモーニングサービス『朝マック』のカロリーの高低、把握できましたでしょうか。朝マックはレギュラーメニューに比べてカロリーが低く、朝から低カロリーで美味しい食事を楽しめることがわかりました。

朝マックの低カロリーなおすすめメニューは、記事で紹介した5品のとおりです。マクドナルドでなるべく低カロリーな食事をしたい人は、ぜひ記事で紹介したおすすめメニュー・サイドメニューを注文してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ