フレッシュネスバーガーのカロリー・糖質まとめ!メニューごとに調査!

フレッシュネスバーガーのカロリーの低いハンバーガーで糖質を抑えたハンバーガーは、ダイエットをされている方にもおすすめです。フレッシュネスバーガーでダイエットで糖質制限をしている方におすすめなカロリーの低いメニューからカロリーの高いメニューまでご紹介します。

フレッシュネスバーガーのカロリー・糖質まとめ!メニューごとに調査!のイメージ

目次

  1. 1人気のフレッシュネスバーガーのカロリーってどうなの?
  2. 2人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのバーガーメニュー
  3. 3人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのサイドメニュー
  4. 4人気のフレッシュネスバーガーの高いカロリーのバーガーメニュー
  5. 5フレッシュネスバーガーのカロリーは公式サイトでチェック!
  6. 6人気のフレッシュネスバーガーを注文するときの注意点
  7. 7人気のフレッシュネスバーガーのカロリーを知っておこう!

人気のフレッシュネスバーガーのカロリーってどうなの?

数々あるハンバーガーチェーン店の中で、ヘルシーなハンバーガーが美味しいと評判の人気ショップがあります。それが、「フレッシュネスバーガー」で、ハンバーガーチェーン店としては後発組ながら、人気を維持し続けているハンバーガーチェーンです。

「普通のチェーン店にはなりたくない!」という想いを胸に、こだわりのハンバーガーを提供してきた人気店です。ほかのハンバーガーチェーンのハンバーガーとは一線を画したハンバーガーを楽しめるのでおすすめです。

「フレッシュネスバーガー」は、豊富なメニューが用意されていて、ダイエット中の方には糖質を抑えたカロリーの低いハンバーガーから若い方にもおすすめなエネルギッシュなカロリーの高いハンバーガーまで楽しむことができます。「フレッシュネスバーガー」でカロリーの低いハンバーガーから高いハンバーガーまでご紹介します。

人気のフレッシュネスバーガーの歴史

ここで、カロリーの低いハンバーガーから高いハンバーガーまでご紹介する前に、フレッシュネスバーガーの歴史について少しご紹介しましょう。フレッシュネスバーガーの歴史は、1995年、今から25年ほどまで遡ることになります。

ハンバーガーチェーンとしては後発組となりますが、あれよあれよという間に店舗も増えてきました。フレッシュネスバーガーの歴史は、ありきたりのハンバーガーとの決別から始まっています。

どのにもないようなハンバーガーを楽しむことができるので、コアなファンも多いハンバーガーショップです。ほかのチェーン店のようにどこにでもあるというわけではなく、効率化だけを考えたハンバーガーでもないので、差別化されたハンバーガーを楽しめます。

フレッシュネスバーガーがヘルシーな理由

フレッシュネスバーガーという店名からもわかるように、「新鮮」な食材をふんだんに使ったヘルシーなハンバーガーが売りのハンバーガーチェーンです。バンズはかぼちゃを練り込んでいるということで、どこまでもヘルシーにこだわったハンバーガーです。

ハンバーガーだけでなく、フライドポテトもなんとジャガイモを店内でカットして揚げるというこだわりぶりです。また、ジュースも果実を絞っての提供で、フレッシュジュースで楽しむことができるのでおすすめです。

このどこまでもお客様本位の姿勢は、やがてお客さんからも支持を得て、今でも人気のハンバーガーチェーン店としてヘルシーなハンバーガーを提供しています。

Thumbフレッシュネスバーガーのおすすめメニュー25選!人気のドリンクやフードは?
フレッシュネスバーガーの人気メニューがたくさんあります。今回はフレッシュネスバーガーで人気の...

人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのバーガーメニュー

ここからは、人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのバーガーメニューについていくつかご紹介しましょう。フレッシュネスバーガーは、フレッシュというだけあって、野菜などの新鮮な食材を使っているということもあり、カロリーが低いメニューも多いです。

糖質制限をしてダイエットをされている方にもおすすめな低いカロリーのハンバーガーメニューもたくさんあるのでおすすめです。

こちらでは、おすすめな低いカロリーのハンバーガーメニューとして、「ホットドッグ」や「テリヤキバーガー」、「サルサドッグ」をご紹介します。

ホットドッグ 342kcal

ホットドッグは、カロリー高いイメージがありますが、カロリーが342キロカロリーということで低いカロリーのハンバーガーメニューとなっています。看板メニューのフレッシュネスバーガーよりもカロリーが低いです。

ホットドッグには、一般のホットドッグのほかに、チーズドッグもありますが、そちらはカロリーが高いのでご注意ください。ホットドッグは、ポキっと音を立てるようなソーセージが美味しいのでおすすめです。

ホットドッグの価格は360円とリーズナブルで人気があります。店舗限定で、GYOZAドッグやズーラシアドッグ、湘南ドッグなどのユニークなメニューもありおすすめです。

テリヤキバーガー 344kcal

テリヤキバーガーは、どこのハンバーガーチェーンでも人気のハンバーガーです。子供から大人まで人気のハンバーガーで、こちらも意外にもカロリーは低いハンバーガーメニューです。価格も390円とリーズナブルです。

隠し味にこうじを加えているということもあり、旨みのあるハンバーガーに仕上がっています。シャキシャキのレタスもたっぷりで、テリヤキソースと絡み合います、

サルサドッグ 350kcal

サルサドッグは、ピリ辛のサルサソースが粗挽きソーセージとの相性も良いホットドッグメニューになります。ふわふわドッグロールにジューシーな粗挽きソーセージを挟んでいただきます。

オニオンやトマト、ズッキーニなどの野菜もシャキシャキで新鮮で美味しいです。スパイシーなホットドッグなので、大人のためのホットドッグといった感じです。価格は400円でリーズナブル、カロリーは350キロカロリーです。

サルサドッグには、チーズののったサルサチーズドッグもありおすすめです。こちらはチーズが乗っているので、カロリーは高いので注意しましょう。

人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのサイドメニュー

ここでは、人気のフレッシュネスバーガーの低いカロリーのサイドメニューについていくつかご紹介しましょう。フレッシュネスバーガーには、ハンバーガーのほかにも、カロリーの低いサイドメニューも人気です。

サイドメニューがカロリーが低いとハンバーガーとの組み合わせとしてもおすすめです。こちらでは、「コールスローサラダ」をはじめ、「オニオンリング」、「フライドポテト」をご紹介します。

コールスローサラダ 127kcal

コールスローサラダは、とてもシンプルなサラダで、千切りのキャベツとドレッシングの組み合わせで、上にはコーンが乗っています。カロリーも127キロカロリーと低いので、ダイエットなどで糖質制限をされている方にもおすすめです。

少しカロリーが高いハンバーガーであっても、このカロリーの低いコールスローサラダであればいいかもしれません。キャベツもフレッシュネスバーガーならではで、シャキシャキで新鮮で美味しいです。

コールスローサラダの価格は250円ということで、リーズナブルなのでサイドオーダーとしてもおすすめのメニューになります。サラダには、他にも、季節のサラダも価格330円で楽しむことができます。

オニオンリング 193kcal

オニオンリングは、新鮮な玉ねぎを使っているので、甘みを感じられるのでおすすめのサイドメニューです。ヘルシーにサクッと揚げられているので、脂っぽいということもありません。お好みのスパイスで楽しむことができます。

サイズはRとLがあり、Rサイズは280円で、Lサイズは380円です。オニオンリングのカロリーは、Rサイズで193キロカロリーで、Lサイズで280キロカロリーとなっています。

フライドポテト 216kcal

フライドポテトは、他のハンバーガーチェーンとの差別化もはっきりとしているフライドポテトで、とても美味しいと評判です。国産じゃがいもを使っているので、熱々のほくほくです。北海道の「北海コガネ」という品種にもこだわっています。

フライドポテトは、サイズはRサイズとLサイズがあり、Rサイズは250円で、Lサイズは350円です。皮つきのフライドポテトいうことで、他のお店のフライドポテトともビジュアルも違います。

フライドポテトのカロリーはRサイズが216キロカロリーで、Lサイズが324キロカロリーです。その他にも、ロングポテトも人気があります。

人気のフレッシュネスバーガーの高いカロリーのバーガーメニュー

ここまでは、カロリーの低いメニューをご紹介してきましたが、こちらでは、人気のフレッシュネスバーガーの高いカロリーのバーガーメニューをいくつかご紹介しましょう。フレッシュネスバーガーはカロリーの低いメニューばかりではなく、学生さんにもおすすめな高いカロリーのバーガーメニューもあります。

こちらでは、「クラシックベーコンエッグチーズバーガーダブル」や「クラシックアボカドチーズバーガーダブル」、「クラシックWWバーガー」などガッツリ系のメニューをご紹介します。

一般の日本人男性の一日のカロリー摂取量は2200キロカロリーと言わていますので、これからご紹介するメニューはその半分ものカロリーを消費するということになります。

クラシックベーコンエッグチーズバーガーダブル 1140kcal

クラシックベーコンエッグチーズバーガーダブルは、すべて詰め込みのそんなハンバーガーで、がっつりと食べたい方にはおすすめのハンバーガーメニューです。こちらのハンバーガーは、糖質制限をしているダイエット中の方は見ないようにしてください。

食べ応え抜群のハンバーガーで、レッドチェダーチーズがとろけ出てくるそんなハンバーガーでおすすめです。目玉焼きとベーコン2枚も挟まっていて、チーズの風味を感じられる人気のハンバーガーです。

カロリーは1140キロカロリーで、750円と値段の割にはコスパの良いハンバーガーでおすすめです。シャキシャキのレタスもまた健在です。

クラシックアボカドチーズバーガーダブル 1116kcal

クラシックアボカドチーズバーガーダブルは、濃厚な味のアボカドとチーズとのバランスのよいハンバーガーになります。価格は750円と少し高めではありますが、満足度の高いハンバーガおすすめです。

濃厚なアボカドは女性にも人気で、新鮮な野菜とレッドチェダーチーズが、大きなパウンドパティとの相性も良いです。カロリーはなんと1116キロカロリーとなっています。

クラシックWWバーガー 1100kcal

クラシックWWバーガーは、巨大にそびえる山のようなハンバーガーで、フレッシュネスバーガーの中で、もっとも高いハンバーガーとなっています。それでも人気なのは、ビーフパティが2枚入って、厚切りスライスのレッドチェダーチーズが2枚と食べ応えもあるためです。

クラシックWWバーガーはカロリーも山もりで、1100キロカロリーとなっています。価格は900円になります。注文して、完成形を見たときには、どこから食べたらよいのか、しばし考える時間も必要かもしれません。

もちろん、ピクルスやオニオン、トマト、グリーンカールなどの新鮮野菜も挟まっていて、味は保証付きに美味しいです。

フレッシュネスバーガーのカロリーは公式サイトでチェック!

フレッシュネスバーガーには、公式サイトが開設されています。フレッシュネスバーガーの公式サイトでは、人気メニューのカロリーがPDFにて開示されています。

公式サイトには、カテゴリー別にメニューも分かれていて、とても見やすくなっています。また、PDFでのカロリー表示も非常にわかりやすいものになっています。カロリーのほかにも、糖質などについても記載があります。

公式サイトで新作メニューも要チェック!

フレッシュネスバーガーの公式サイトでは、新作メニューも掲載されています。公式サイトのトップページには、新作のハンバーガーなどのメニューや復刻したタピオカドリンクなどのメニューも掲載されています。

フレッシュネスバーガーを利用する前には、一度、公式サイトに目を通しておくと良いでしょう。また、店舗限定・期間限定のハンバーガーなども発売されるので、見逃さないようにチェックしましょう。

Thumbフレッシュネスバーガーのクーポン情報まとめ!入手方法やお得な利用法は?
フレッシュネスバーガーは、日本生まれのハンバーガーショップで、体に良いものを手作りで提供する...

人気のフレッシュネスバーガーを注文するときの注意点

ここでは、人気のフレッシュネスバーガーを注文するときの注意点についていくつかご紹介しましょう。フレッシュネスバーガーを注文するときの注意点ですが、次の点に注意しましょう。

「ダイエット中はカロリーだけを見ない」という点と「低糖質バンズを選ぶ」を選ぶということです。それでは、これらの注意点について詳しくご紹介していきましょう。

ダイエット中はカロリーだけを見ない

人気のフレッシュネスバーガーを注文するときには、「ダイエット中はカロリーだけを見ない」ようにしましょう。ダイエット中の方は、カロリーに気をとられすぎて、糖質た炭水化物などのパーセンテージを忘れがちです。

ダイエットでは、糖質や炭水化物にも気を付けなければなりません。その糖質や炭水化物については、公式サイトのPDFで栄養素なども調べることができます。

低糖質バンズを選ぶ

人気のフレッシュネスバーガーを注文するときには、「低糖質バンズ」を選ぶようにしましょう。低糖質バンズとは、読んで字のごとくですが、糖質を抑えたバンズのことです。バンズはどうしても糖質をあげがちです。

低糖質バンズを選ぶことで、カロリーも糖質も抑えることができます。ダイエットをされている方は、この低糖質バンズを選ぶことをおすすめします。

バンズには、パンプキンバンズをはじめ、ゴマバンズなどがありますが、この低糖質バンズがもっとも糖質が低いです。

人気のフレッシュネスバーガーのカロリーを知っておこう!

フレッシュネスバーガーでカロリーの低いハンバーガーメニューからサイドメニュー、学生にもおすすめなカロリーの高いハンバーガーをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

フレッシュネスバーガーの公式サイトでは、カロリーも糖質も掲載されていますので、ダイエット中の方も要チェックです。カロリーを抑えつつ、美味しいハンバーガーをフレッシュネスバーガーで楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ