コンビニで買えるカフェオレ人気ランキング!美味しいと評判の種類を完全網羅!

コンビニのカフェオレといえば、コーヒーマシンで抽出したカフェオレをイメージする人も多いかも知れませんが、冷蔵コーナーで売られているカフェオレも負けていません。ここではコンビニでおすすめのカフェオレを、ランキング形式で一挙紹介していきます。

コンビニで買えるカフェオレ人気ランキング!美味しいと評判の種類を完全網羅!のイメージ

目次

  1. 1コンビニのカフェオレは飲みやすいものも多い!
  2. 2コンビニのおすすめカフェオレランキングをお届け!
  3. 3コンビニのおすすめカフェオレランキング第6位~第4位
  4. 4コンビニのカフェオレランキング第6位:7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300ml【セブンイレブン】
  5. 5コンビニのカフェオレランキング第5位:ウチカフェ カフェオレグランデ【ローソン】
  6. 6コンビニのカフェオレランキング第4位:ウチカフェ カフェオレノンスイート【ローソン】
  7. 7コンビニのおすすめカフェオレランキング第3位~第1位
  8. 8コンビニのカフェオレランキング第3位:ミルクリッチなカフェオレ【ファミリーマート】
  9. 9コンビニのカフェオレランキング第2位:ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレ【ローソン】
  10. 10コンビニのカフェオレランキング第1位:タピオカカフェオレ【ファミリーマート】
  11. 11コンビニカフェオレは甘くてスッキリ!

コンビニのカフェオレは飲みやすいものも多い!

大手コンビニチェーンと呼ばれるセブンイレブンやファミリーマート、ローソンには個性豊かなカフェオレがあります。近年のコンビニのカフェオレといえば、コーヒーマシンで抽出した本格派のカフェオレを思い浮かべる人も多いことでしょう。

しかしその影で紙パックタイプのカフェオレや、カップタイプのカフェオレも年々改良を重ねています。コンビニ各社には、コーヒーマシンで抽出したカフェオレにも負けないクオリティの本格派の商品が多数並んでいます。

紙パックタイプのカフェオレやカップタイプのカフェオレの優れた点は、美味しいだけでなく持ち運びも便利な点にこそあるのではないでしょうか。

開封しなければ風味も落ちにくく、美味しさや安全性も保たれるので、その場で飲むだけでなく自分の好きなタイミングで気軽にカフェオレを楽しめることが、紙パックタイプのカフェオレやカップタイプのカフェオレの利点と言えるでしょう。

使い勝手の良さや持ち運びのしやすさだけでなく、味や香りの良さについていもコーヒーマシンで抽出したカフェオレに引けをとりません。

コンビニのおすすめカフェオレランキングをお届け!

大手コンビニチェーンと呼ばれるセブンイレブン、ファミリーマートやローソンといったコンビニエンスストアでは、1杯100円代で専門店顔負けのカフェオレを楽しむことができるのだから驚きです。

そんなコーヒーマシンで抽出したカフェオレの影に隠れたセブンイレブンやファミリーマート、ローソンといったコンビニの冷蔵コーナーのカフェオレですが、現在でも進化を遂げており非常に飲みやすく美味しい商品が揃っています。

ここではそんなコンビニのカフェオレを、第6位から第1位までランキングにして一挙紹介していきます。コンビニで販売されている紙パックタイプのアイスカフェオレや、カップタイプのアイスカフェオレのランキングとなりますが、いずれも個性派ばかりです。

中にはあえて時代に逆行した甘いタイプのカフェオレや、話題のタピオカとカフェオレの融合を楽しめるデザートドリンクまであります。もちろん甘さ控えめ、余計な脂肪分も極力控えた話題のノンスイートタイプのカフェオレも登場します。

コーヒーマシンで抽出したカフェオレにはない魅力を秘めた商品もたっぷりと登場しますので、カフェオレが好きな人やタピオカが好きな人はもちろん、健康志向の高い人だけでなく甘いものが好きな人もぜひ参考にしてみましょう。

値段やカロリー情報も一緒に見ていこう

今回紹介するのは、コンビニ各社のアイスカフェオレのおすすめポイントや人気の秘密だけではありません。ランキングに選ばれた商品の値段やカロリーと言った情報についても一つ一つ丁寧に紹介していきます。

1本あたりのサイズや税込みの値段はもちろん、糖質や脂質、たんぱく質と言ったカロリーを構成する栄養素についても詳しく紹介していきますので、気になる成分があれば成分の詳細をチェックすることができます。

そのため値段やコストパフォーマンス、使い勝手の良さが気になる人や、ダイエット中でカロリーを気にする人にもぜひ参考にして欲しいランキングです。

ダイエット中の人だけでなく、一人暮らしで健康が気になる人や、節約のために値段が気になるという人も、気になる商品があれば一つ一つ確認してみましょう。

なおここで紹介する値段やカロリーは2020年8月時点のものであり、商品の改良などにより購入する時期によっては値段・カロリーともに変更になっている可能性があります。

また今回紹介するのはあくまでもコンビニのカフェオレであり、カフェラテではない点をあらかじめ留意しておきましょう。カフェオレは通常のドリップしたコーヒーがベースであるのに対して、カフェラテはエスプレッソがベースです。

カフェオレとカフェラテはコーヒーの抽出方法などに若干の違いがありますので、今回はカフェラテの紹介はなくあくまでもコンビニでおすすめのカフェオレランキングとなっています。

また紙パックやカップの容器に入ったカフェオレの紹介となり、各コンビニの一角に設置されているコーヒーマシンで抽出されたカフェオレもランキングの対象外となります。

温かいカフェオレだけではなく、暑い時期にピッタリなアイスカフェオレも併せて紹介していきます。それらを留意したうえで、コンビニ各社の力作であるカフェオレのランキングを参照してみましょう。

コンビニのおすすめカフェオレランキング第6位~第4位

いよいよここからは、大手コンビニチェーンといわれる「セブンイレブン」「ファミリーマート」そして「ローソン」という3つのコンビニで発売されているカフェオレの中から、厳選した6つの商品をランキング形式で紹介していきます。

まずは第6位から第4位に選ばれたカフェオレのおすすめポイントや値段、カロリーと言った情報についてのご案内からです。第6位にはセブンイレブンの誇る7プレミアムの商品の中から「7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300ml」を紹介します。

第5位と第4位には、ローソンで人気のウチカフェシリーズ「ウチカフェ カフェオレグランデ」と「ウチカフェ カフェオレノンスイート」が登場します。

コンビニのカフェオレを代表するロングセラー商品や、コンビニのカフェオレのなかで最新の商品が早くも登場します。まだ試したことのない商品がある人はぜひ参考にしてみましょう。

コンビニのカフェオレランキング第6位:7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300ml【セブンイレブン】

今回のコンビニでおすすめカフェオレランキングで、まず紹介するのはセブンイレブンから発売されている「7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300ml」になります。

7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300mlの税抜きの値段は114円、税込みの値段は123円となります。100ミリリットル当たりのカロリーについては糖質が10.4グラム、脂質が2.8グラム、たんぱく質が2.5グラムの計74キロカロリーとなります。

今回のランキング第6位として紹介するのは、人気の酪王カフェオレのカフェインレスタイプです。酪王カフェオレといえば子供から大人まで幅広く愛され続けるロングセラー商品です。

その酪王カフェオレのカフェインレスタイプということもあり、知らない間に過剰に摂取してしまいがちなカフェインの摂取を避けたい人、健康志向の高い人からの人気が高いのが、セブンイレブンから発売されている7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300mlです。

カフェインレスタイプのため、カフェインを気にせずに飲めることもおすすめのポイントです。暑い時期にごくごく飲みたくなるような、人気の高いアイスカフェオレが7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300mlといえるでしょう。

カフェオレが好きで、なおかつカフェインの摂取は極力抑えたい人にとって7プレミアム 酪王カフェオレ カフェインレス300mlは最適な商品と言えるのではないでしょうか。

カフェインが入っていないという観点から、朝の目覚ましにカフェオレを飲む際には適しませんが、夜遅い時間にカフェオレが飲みたくなってしまった際にはぴったりです。

300ミリリットルとたっぷりと入っていながらカフェインを気にしなくて済むというのは、日頃カフェインの存在を意識していない人であっても嬉しいポイントと言えるでしょう。

Thumb酪王カフェオレはコンビニで買える福島名物!人気のお菓子や販売店は?
福島県のソウルドリンクと言われる「酪王カフェオレ」。コーヒーの風味と、コクがある福島県産の牛...

コンビニのカフェオレランキング第5位:ウチカフェ カフェオレグランデ【ローソン】

コンビニでおすすめのカフェオレランキングの第5位に紹介したいのは、ローソンの「ウチカフェ カフェオレグランデ」になります。

ローソンのウチカフェ カフェオレグランデは、グランデの名に恥じない360ミリリットルという大容量でありながら、税込みの値段が208円とリーズナブルなことが特徴です。

ウチカフェ カフェオレグランデの1本あたりのカロリーについては、糖質が21グラム、脂質が3グラム、たんぱく質が6グラムとなり、計147キロカロリーです。ウチカフェ カフェオレグランデは香料を使用していないアイスタイプのカフェオレです。

生クリームについても隠し味程度の使用に抑えられているため、脂質が高くなく、ローソンのウチカフェらしいヘルシーなカフェオレに仕上がっているといえるでしょう。

同時に甘さも抑えられているので、甘いものが苦手な人や健康志向の高い人にもピッタリの商品です。暑い時期に美味しいアイスカフェオレをガブガブと飲み干したい人にこそ、特におすすめしたい商品となっています。

ウチカフェ カフェオレグランデは360ミリリットルという大容量ですが、甘さと脂肪分が抑えられているため思い切り飲み干せるのことも大きな魅力のアイスカフェオレです。

ローソンにはたくさんおすすめしたいカフェオレがありますが、その多くは女性におすすめの商品となっています。

ただしランキング第5位に紹介しているウチカフェ カフェオレグランデに関しては、女性よりもむしろ男性にこそおすすめのカフェオレと言えるのかもしれません。

コンビニのカフェオレランキング第4位:ウチカフェ カフェオレノンスイート【ローソン】

続いてンキング第4位に紹介したいのは、またしてもローソンの誇るブランド、ウチカフェから「ウチカフェ カフェオレノンスイート」です。ウチカフェ カフェオレノンスイートは税込みの値段が148円というお手頃な値段が人気の理由です。

1本240ミリリットル入りとなり、カロリーについては糖質が8.3グラム、脂質がわずか2グラム、たんぱく質が4.2グラムの計68キロカロリーとなります。

ノンスイートならではの低カロリーが嬉しい商品ですが、不思議と物足りなさを感じないことも大きな魅力です。ウチカフェ カフェオレノンスイートは香料を使用していないため、コーヒー本来の香りの豊かさを楽しめます。

また合成甘味料も使用していない、商品名通りのノンスイートタイプのカフェオレとなっているため、カフェオレにもヘルシーさを求める人に特におすすめの商品と言えるでしょう。

ウチカフェ カフェオレノンスイートも暑い時期にピッタリなアイスカフェオレとなっているので、夏の時期に美味しいカフェオレを飲みたい時にうってつけです。

8.3グラムという糖質の低さと、人工甘味料を使用していないにもかかわらずミルクやコーヒー本来の甘みが感じられます。ミルク本来の豊かな風味もたっぷりと感じられるため、わずか2グラムの脂質でも物足りなさを感じません。

カフェオレは好きだけど糖質や脂肪分と言ったカロリーが気になる人や、アイスカフェオレをカロリーを気にせずガブガブと楽しみたいという人に特におすすめしたい商品です。

もちろん美味しくて安全なアイスカフェオレを適量楽しみたいという女性にもおすすめの商品なので、ぜひ気軽に楽しんでみましょう。

ローソンの人気商品の一つでもあるウチカフェ カフェオレノンスイートをたっぷりと飲んで、暑い時期を乗り切りましょう。

コンビニのおすすめカフェオレランキング第3位~第1位

ここからはいよいよ、コンビニのおすすめカフェオレランキング第3位から第1位までを紹介していきます。厳選したランキングの第3位以上に選ばれた商品となっていますので、カフェオレ好きな人にはぜひチェックしてほしい内容です。

第3位にはカフェオレの従来の甘さを楽しめる甘党必見のファミリーマート「ミルクリッチなカフェオレ」が登場します。

第2位にもこってりとした飲み心地がクセになるローソンの「ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレ」が、第1位には話題のタピオカとカフェオレを一杯で楽しめる「タピオカカフェオレ」がランクインしています。

コンビニの最新のカフェオレばかりとなっていますので、コンビニのカフェオレだけでなくスイーツ好きな人も参考にしてみてはいかがでしょうか。

コンビニのカフェオレランキング第3位:ミルクリッチなカフェオレ【ファミリーマート】

ランキング第3位には、今回初登場となる温かいタイプのカフェオレを紹介します。ファミリーマートの「ミルクリッチなカフェオレ」は粉末タイプのカフェオレとなり、お湯を注ぐだけで簡単に美味しいカフェオレ作ることができます。

ミルクリッチなカフェオレは10本入りのスティックタイプの商品で税抜きの値段が189円、税込みの値段が204円となる商品です。

ミルクリッチなカフェオレのカロリーについては1本あたり糖質が6.9グラム、脂質が2グラム、たんぱく質が0.5グラムの計48キロカロリーです。

低カロリーであるだけでなく、1本あたりの値段がわずか20円ほどというコストパフォーマンスの良さもこの商品をおすすめしたい理由です。

もともとは180ミリリットルのお湯で粉末のカフェオレを溶かすタイプの商品となるため、温かい状態でカフェオレを楽しむのが一般的ですが、やや少なめのお湯で溶かしたところに氷を入れ、アイスカフェオレとしても楽しめるお得な商品です。

一箱常備しておけばすぐに美味しいカフェオレをバリエーション豊かに楽しめるという商品だけに、使い勝手の良さが抜群です。

カフェオレ一杯あたり20円で楽しめる上に、味についてもしっかりと美味しいので値段を気にせずたくさんカフェオレを楽しみたいという人にはたまらない商品と言えるでしょう。

Thumbファミマカフェのおすすめメニュー一覧!買い方や値段もチェック!
日本中を旅する時探さずとも目にするのがコンビニ、中でもファミリーマートのファミマカフェが評判...

コンビニのカフェオレランキング第2位:ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレ【ローソン】

今回のランキング第2位に選ばれたのは、またしてもローソンのウチカフェの「ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレ」になります。

ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレは1本あたりの値段が税込み168円となります。濃厚な味わいが特徴のアイスカフェオレとなっているため、カロリーについてはやや高めです。

1本あたりのサイズが200ミリリットルとなりますが、糖質がやや高めの17.8グラム、脂質が6.7グラム、たんぱく質が6.9グラムの計164キロカロリーとなるため、今回紹介しているコンビニのカフェオレの中ではカロリーが高い部類に入ります。

近年のコンビニで販売されているカフェオレの傾向としては、甘さや脂質を抑えたヘルシーな商品に人気が集まります。

しかしウチカフェ ミルク生まれのカフェオレについては、カフェオレならではの甘さとこってりとした味わいを楽しめる、まさに本格派の味わいが楽しめる商品と言っても過言ではありません。

甘さや脂肪分を抑えたカフェオレでは物足りないと感じてしまう人や、とにかく甘いものが飲みたいという人に特におすすめの商品です。

ウチカフェ ミルク生まれのカフェオレは容量も200ミリリットルと決して多くはありませんが、飲みごたえがたっぷりなので少量でも物足りなさは全くといってもよいほど感じられません。

ガブガブとカフェオレを飲むのに適した商品でこそありませんが、疲れた時に疲れをとってくれるような飲み物を飲みたい時にピッタリです。

いまではやや希少となったカフェオレ本来の味を楽しみたい人はぜひウチカフェ ミルク生まれのカフェオレを飲んでみてはいかがでしょうか。

Thumbローソンのマチカフェ特集!コーヒーなどおすすめメニューや買い方を紹介!
みなさんはローソンのマチカフェでコーヒーを飲んだことがありますか?現在ローソンのマチカフェは...

コンビニのカフェオレランキング第1位:タピオカカフェオレ【ファミリーマート】

コンビニのカフェオレランキング第1位に紹介したいのは、美味しいカフェオレとタピオカを同時の楽しめる話題の商品「タピオカカフェオレ」です。

タピオカカフェオレは1本あたりの税抜きの値段が221円、税込みの値段が238円のため、話題のタピオカドリンクを飲むことを考えると非常にリーズナブルです。

タピオカカフェオレの1本あたりのサイズは255グラムとなり、タピオカを使用していることもあり糖質に関しては24.2グラムとやや高めです。

ただし脂質が2.8グラム、たんぱく質も2.6グラムと決して高くないので、合計の熱量については132キロカロリーとそこまで高くありません。

かといって物足りなさはないファミリーマートならではの商品となっているため、カロリーを気にする人やこってりとしたものが苦手な人でも満足できるのではないでしょうか。

タピオカカフェオレはその名の通り、モチモチとした食感が楽しいタピオカと、美味しいカフェオレを余すことなく堪能できる商品です。

アイスカフェオレの中にタピオカがたっぷりと入っているため、やわらかい食感というよりはプリプリとした腰のある食感のタピオカを楽しめることでしょう。もちろん温めれば話題の「温タピ」にして味わうこともできます。

温タピにしてファミリーマートのタピオカカフェオレを味わえば、アイスカフェオレの時以上にミルクの濃厚さや甘さをより感じられることでしょう。

温タピにして味わう際はアイスタイプのカフェオレに入ったタピオカならではのモチモチ感がやや失われてしまうという点と、温め方に注意して楽しむようにしましょう。

とにかくタピオカとカフェオレの配合バランスが絶妙なので、タピオカ好きな人もカフェオレ好きな人も納得のクオリティに仕上がっています。

「飲む」と「食べる」を融合したファミリーマート渾身のデザートドリンクとなっているので、ファミリーマートのスイーツが好きな人もぜひ味わってみましょう。

ファミリーマートのタピオカカフェオレはタピオカファンからの支持も厚く、店舗によっては売り切れていることも多い商品です。店舗で見かけた際はぜひ手に取り、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Thumbファミマのタピオカドリンクは美味しい?種類・評判・カロリーを詳しく調査!
ファミマで味わえる美味しいタピオカを紹介していきます。種類やカロリー、評判などとさまざまな観...

コンビニカフェオレは甘くてスッキリ!

ここでは大手コンビニチェーンと呼ばれる3つのコンビニエンスストアであるセブンイレブン、ファミリーマートとローソンの紙パックタイプのカフェオレやカップタイプのカフェオレの中から、おすすめの商品をランキング形式で紹介していきました。

コンビニ各社のカフェオレのクオリティはどんどん高まっており、美味しさでもコーヒーマシンで抽出したカフェオレに決して引けをとりません。

またコンビニ各社のカフェオレには、まだまだおすすめしたい商品がたくさん眠っています。ぜひここで紹介したランキングを参考の上、お気に入りの一杯を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ