俺のベーカリー綱島で話題の高級食パンをゲット!場所やアクセスは?

「俺のベーカリー」は近年人気の高級食パンのお店ですが、綱島にもお店があり、多くのお客さんでにぎわっています。そこで俺のベーカリー綱島で人気の高級食パンについて、そのこだわりや商品の種類、限定商品などについて、さらに店舗の場所やアクセス方法について紹介します。

俺のベーカリー綱島で話題の高級食パンをゲット!場所やアクセスは?のイメージ

目次

  1. 1【神奈川】話題の食パンを買える『俺のベーカリー綱島』とは?
  2. 2『俺のベーカリー綱島』の外観と内観
  3. 3『俺のベーカリー綱島』が人気の理由
  4. 4『俺のベーカリー綱島』のおすすめパンメニュー
  5. 5『俺のベーカリー綱島』の口コミ
  6. 6『俺のベーカリー綱島』の店舗情報とアクセス
  7. 7『俺のベーカリー綱島』の高級食パンのおすすめの食べ方
  8. 8高級食パンを買いに『俺のベーカリー綱島』へ行ってみよう!

【神奈川】話題の食パンを買える『俺のベーカリー綱島』とは?

近年、高級食パンがブームになっており、各地に美味しい高級食パンのお店ができています。その中の一つである「俺のベーカリー」が神奈川県横浜市の綱島にできて、やはり大人気となっているそうです。そこで俺のベーカリー綱島について、人気の秘密やおすすめメニュー、アクセスなどについて紹介します。

『俺のベーカリー綱島』の外観と内観

「俺のベーカリー綱島」は2019年9月にオープンしました。ビルの1階にあり、お店としてはそれほど大きくないのですが、むしろそこに連なる行列ですぐ場所がわかるというところかもしれません。

俺のベーカリーの中にはカフェが併設されている店舗もあるようですが、綱島店は食パンとそれに合うジャムなどの販売のみのお店です。中に入ると目の前に焼きたての高級食パンがずらりと並び、横の棚にはジャムなどがさまざま並べられています。

高級食パンそのものももちろん美味しいのですが、横の棚をよく見るとジャムの他にもさまざまなペーストなどがあり、それを選ぶのもとても楽しみだと人気となっているそうです。建物の外観はシンプルで、内部は木がたくさん使われた、落ち着いた雰囲気の建物です。

『俺のベーカリー綱島』が人気の理由

それでは、神奈川県横浜市にできた「俺のベーカリー綱島」はどんな点が人気になっているのでしょうか。近年多くの高級食パンの店ができており、そのふんわりした食感は日本人の好みにも合うということで人気となっています。その中でも俺のベーカリーが好みである点について紹介していきましょう。

美味しい食パン

「俺のベーカリー」が人気の理由としてまず挙げられるのは、「美味しい」ということです。当然のことながら、いくらいい材料を使って手をかけようとも、美味しいものでなければ人気になるということはありません。

俺のベーカリーを運営している会社ではさまざまな飲食業を展開しているのですが、とにかく高級な食材を惜しみなく使うことをこだわりとしています。そのこだわりは俺のベーカリーでも同様であり、その結果が味につながっているということが言えるでしょう。

俺のベーカリーで食パンを買おうという方は、やはり「高級食パン」ならではの味を求めます。そのニーズに応える商品が揃っているということは、当然ながら高い人気につながるということになるわけです。行列ができることも多いというのはこのあたりにあるかもしれません。

保存料不使用などこだわりの食パン

では具体的に、俺のベーカリーの高級食パンにはどのようなこだわりがあるのでしょうか。食パンはシンブルなだけに材料の良しあしが味に大きな影響を与えます。

俺のベーカリーの高級食パンは何種類かあるのですが、共通しているのは主原料である小麦粉の原料である小麦から脱脂乳、発酵バター、ドライイーストなど、いずれもパンの種類により生産地までこだわって選んでいるということです。

米でもそうですが、小麦も品種や作られた場所により味が違ってきます。例えば俺のベーカリーで作られている銀座の食パン「香」に使われている「キタノカオリ」という小麦は、国産最高級品と言われ、黄色みがかった色味に仕上がります。しかしそれ以上に驚きなのがその味です。

キタノカオリは他の小麦と比べて明らかに小麦の味が濃く、甘みがあります。さらにもちもちの食感も強いという特徴を持っています。そのためこの小麦で作ったパンはもちもちした食感と甘みが感じられるものなのだそうです。

ただ、キタノカオリは育てるのに非常に手間がかかり、それだけ希少な小麦ということも言えます。その小麦を使うことで、俺のベーカリーのパンはパンそのものが美味しい、まさに高級という名前にふさわしいパンになるのです。

もちろん、保存料なども使用しておらず、その点では日持ちがいいパンではありません。ですから焼きたてを買って、時間をおかずすぐに食べることで、その魅力がめいっぱい堪能できる食パンでもあるのです。

『俺のベーカリー綱島』のおすすめパンメニュー

それでは、神奈川にある「俺のベーカリー綱島」で特におすすめしたい高級食パンのメニューについて紹介します。俺のベーカリー綱島では、定番の高級食パンのほかに季節限定の食パン、自家製のジャム、そしてその食パンを使ったサンドイッチなども販売しています。特に食パンの種類とおすすめポイントを紹介します。

銀座の食パン~香~

俺のベーカリー綱島に来る方にまずおすすめしたいのが、銀座の食パン~香~です。「香」という名前にふさわしい、豊かな香りが楽しめる食パンで、焼かずにそのまま食べるということで作られた食パンです。

小麦は先ほど紹介した国産最高級品種であるキタノカオリ、牛乳は岩手県岩泉町で自然放牧によって生み出された「なかほら牧場」の自然放牧乳をたっぷりと使用しています。この牛乳もなんと日本一高い牛乳と言われるほどの最高級品なのだそうです。

クッキーのような香りを持つ耳、ほのかな甘さ、ふわふわもちもちの食感が特徴的で、持ち帰りに気をつけないとつぶれそうになり、カットすれば重力により倒れてしまうほどに柔らかいです。購入したらまずはそのまま食べて、食パンそのものの美味しさをたっぷりと味わうことをおすすめします。

銀座の食パン~和~

銀座の食パンにはもう一つ、「和」(なごみ)があります。こちらは2020年7月にデビューした、新しい商品です。みんなが「和」むことができるよう、職人が丁寧に焼き上げた、という意味で「なごみ」と名付けられました。

この「和」には「なごみ」だけではなくもう一つ意味があります。それは「和」イコール「日本」です。実はこの食パンに使われている原材料は、小麦はもちろん、その他の材料もすべて厳選された国産材料のみとなっています。そして国産小麦粉の風味を最大限にいかして作られました。

中身はもちろん、耳までしっとり柔らかな味わいのこちらの食パンは、もう一点の工夫として、1.5斤で販売されています。俺のベーカリーはもちろん、多くの高級食パンの店では2斤売りが一般的でしたが、それを1.5斤にすることで、少人数家庭でも安心して購入できます。

サイズが小さめな分、すぐに食べきることができるので、一人暮らしなどの方にもおすすめですし、美味しいまま食べきることもできます。高級食パンを食べきれるか心配という方は、こちらから試してみてはいかがでしょうか。

山型の食パン

高級食パンというとふわふわ、もちもちの柔らかいタイプが一般的ですが、いわゆるセミハード系の食パンも好きという方に人気なのが「俺のベーカリー綱島」の「山型食パン」です。

ここまで紹介してきた生食パンは、いずれも国産の小麦を使っていましたが、この山型食パンはフランス産、カナダ産の小麦をブレンドして作った、こだわりのオリジナル小麦粉が使われています。それに白ワインの発酵種を使って作っているのだそうです。

その結果、山型食パンは他のものと違い、セミハード系の食パンとなっており、表面はサクサク、カリッとした食感に、そして中はふわふわという特徴的な美味しさが味わえる食パンとなっています。焼いてもそのままでも美味しいので、いろいろな食べ方で楽しむことをおすすめします。

マスカルポーネとはちみつ

神奈川の「俺のベーカリー綱島」では定番の高級食パンのほかに、期間限定品としていくつかの種類の食パンを作っています。その中でもあまりの人気に「幻」とまで言われるのが「マスカルポーネとはちみつ」の食パンです。

たっぷりのマスカルポーネチーズに発酵バターとはちみつを使って作り上げたこの食パンは、食パンというよりもブリオッシュに近いと言われるほどのリッチな味わいが特徴で、パンそのものの美味しさがよく感じられるということで人気の一品です。

ただ、他の食パンは営業時間中何度も焼き上げるのですが、こちらのパンはオープン時間に合わせて一回焼くだけ、しかも数量限定なので、手に入れるのが非常に難しいパンとなっています。後で述べますが、俺のベーカリーには予約もあるので、上手に利用して手に入れることをおすすめします。

3種のレーズン

「俺のベーカリー」の期間限定商品で人気のものとしては「三種のレーズン」も挙げられます。こちらはオーガニックのミッドナイトビューティレーズンのほか、ポルト酒やレモンで煮たレーズンを使用しています。

高級レーズンをたっぷり使用することで、その豊かな食感と、甘みがあるパン生地がよく合い、食事はもちろん、スイーツのような感覚でつまむのにもおすすめな食パンとなっています。

こちらの食パンも、焼き上がりは1日1回のみとなっており、その上販売される店舗も限定されています。そのため、綱島で販売されているかどうかは前もって確認する必要があります。なお、これらの限定品については、公式サイトで販売されている商品と販売する店舗が確認できるので、まずは確認して行くことをおすすめします。

Thumb「俺のベーカリー&カフェ」が東京で大人気!店舗やおすすめメニューは?
「俺のベーカリー&カフェ」(俺のBakery&Cafe)は、美味しい食パンとカフェメニューが...

『俺のベーカリー綱島』の口コミ

次に、「俺のベーカリー綱島」の口コミについて確認してみましょう。綱島店のみではなく、俺のベーカリー全体に関する口コミも多いのですが、そのあたりも含めて紹介していきます。

全体を通じて多く見られるのは、やはり販売されている高級食パンに関するものです。先ほど「柔らかい」と述べましたが、これらのパンは焼きたてを紙袋に入れて販売しています。そのためカバンに入れたりする方も多いのですが、それだけでもへこんでしまうほどだそうです。

ですから、俺のベーカリーでパンを買う予定の方は、もちろん天気などにもよりますが、紙袋のまま持ち帰るか、もしくは形が保てるカバンなどにそれだけを入れて持ち帰ることをおすすめします。

また、購入のしにくさという点ですが、特に休みの日は行列ができることが多いそうです。ただ、パンそのものはさまざまな種類を毎時焼いているようで、タイミングさえよければ限定品以外は手に入れることは可能なようです。

また、旅行や出張などで神奈川方面に来て、確実に手に入れたいという方には、ネットでの予約がおすすめです。綱島店もネット予約ができる店舗となっており、前日20時までに予約すれば当日都合がいい時間に確実に購入することができます。

特に期間限定の商品に関してはもともと商品の数も多くないため、ネット予約でおさえた方が確実に購入できるという口コミも見られます。また食パンのギフトボックスもあるので、持ち運びの距離がある方などは箱代がかかりますが、こちらを予約すると安心して持ち帰りができるそうです。

『俺のベーカリー綱島』の店舗情報とアクセス

それでは次に「俺のベーカリー綱島」についての店舗情報やアクセス方法について紹介しましょう。綱島店は神奈川県にあるのですが、神奈川県に詳しくない方だと、綱島と聞いても場所がわからないということもあるかもしれません。しっかりアクセスを確認して、営業時間内に行けるようにしましょう。

店舗情報

「俺のベーカリー綱島」の住所は神奈川県横浜市港北区綱島西となります。マンションの1階に店舗がありますが、最寄り駅からのアクセスもよく、また行列ができることも多いため、あまり迷わずに行くことができるお店と言っていいでしょう。

営業時間は10時から19時までですが、この時間の間に商品が売り切れてしまうこともあるそうです。休みは不定休です。また予約をした場合、受け取りは予約した日の営業時間内に行くことが必要であり、またパンによっては焼き上がりが1日1回という場合もあります。

そのような場合、「○時から」と公式サイトに記載されているので、その時間を確認していくことをおすすめします。また、7日後くらいまで予約ができるので、仕事帰りなどではなく、確実に行ける日を指定することもできます。

アクセス

次にアクセス方法です。俺のベーカリー綱島の最寄り駅は東急東横線の「綱島」駅です。東京の渋谷から神奈川の横浜までを結ぶ路線なので、神奈川や東京に用事がある方はよく利用している方も多いでしょう。特急、通勤特急は止まりませんが、急行は利用できるので、利用することで時間短縮が図れます。

綱島駅に到着したら、西口に出ます。俺のベーカリー綱島は綱島駅西口から徒歩1分という、至近距離にあります。先ほども述べたように、マンションの1階に店舗はありますが、駅からのアクセスも近いのでアクセスはしやすいでしょう。

『俺のベーカリー綱島』の高級食パンのおすすめの食べ方

最後に、「俺のベーカリー」の食パンのおすすめの食べ方について簡単に紹介します。まず「香」は、生食のためのパンなので、買ったらすぐにそのまま味わうことをおすすめします。手でちぎって楽しみましょう。パンがさめたら、付属されているビニール袋に入れ、口を縛り保存します。当日と翌日は生でいただきましょう。

それ以降になる場合は、好みのサイズにカットしてラップで包み、冷凍します。そして食べる時は半解凍状態で予熱したトースターでトーストします。冷凍することでふわふわ感が残り、全く同じではないにしてもその特徴が味わえます。

また、その他の商品については、生でも焼いてもそれぞれの美味しさが楽しめる食パンとなっています。焼けばさっくりした食感が楽しめますし、生であればもちもち感が楽しめます。それぞれの好みで高級食パンを堪能してはいかがでしょうか。

高級食パンを買いに『俺のベーカリー綱島』へ行ってみよう!

神奈川県横浜市にある「俺のベーカリー綱島」は駅からのアクセスもよく、ネットで予約することもできるので、美味しい高級食パンが手軽に楽しめるということで人気のお店です。さまざまな種類のものもありますし、ぜひそのままで食パンの新たな美味しさを発見してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ