勝林寺はおしゃれな御朱印が話題の京都の人気スポット!アクセス方法は?

京都にある「勝林寺」は、人気の観光スポットの一つです。紅葉が素晴らしいことでも知られています。おしゃれな御朱印をあわせて頂いておくのもおすすめです。京都にある「勝林寺」について、いろいろな情報をピックアップしてい紹介します。

勝林寺はおしゃれな御朱印が話題の京都の人気スポット!アクセス方法は?のイメージ

目次

  1. 1京都の勝林寺に行こう!
  2. 2京都の勝林寺は隠れた観光スポット!
  3. 3勝林寺ってどこにあるの?
  4. 4京都駅からのアクセスを知ろう
  5. 5自動車でのアクセスを知ろう
  6. 6勝林寺の歴史
  7. 7京都の勝林寺のおすすめ情報をお届け!
  8. 8勝林寺は坐禅や写経体験ができる
  9. 9勝林寺の御朱印の雰囲気は?
  10. 10勝林寺で京都ならではの四季を感じよう!

京都の勝林寺に行こう!

京都にある「勝林寺」は、とても人気の観光スポットとして注目されています。自然が豊富で、特に秋の紅葉が見事であることでも有名です。おしゃれな御朱印も頂くこともできます。京都にある「勝林寺」について、アクセスや拝観時間などの観光情報を中心にまとめました。是非、足を延ばして行ってみてください。

京都の勝林寺は隠れた観光スポット!

「勝林寺」は、京都市・東山区の本町にある東福寺の塔頭寺院の一つです。大変人気の観光スポットであり、いつもとても多くの拝観者が遠くから訪れます。

自然が豊富で、紅葉の時期が特に美しいことでも知られているお寺であり、マイナスイオンをたっぷりと浴びながら、じっくりと気分をリフレッシュし、元気をもらうことができる場所です。

坐禅や写経体験など、普段あまり触れることができない世界感を体験することができる場所でもあり、日本の和の文化や歴史を感じることができると、子ども連れのファミリー・カップル・海外の人からも話題となっています。

「勝林寺」は、ゆっくりと歩きながら心を落ち着けることができる場所であり、自分の見つめなおしなどをしたい時などにぴったりです。

カラフルで大変素敵な限定御朱印を頂くことができるお寺であり、御朱印集めをしている人などからも注目されているので、忘れずに御朱印も頂いておくことをおすすめします。

京都に観光・仕事などで行こうと考えている人は、是非少しだけ時間を見つけて「勝林寺」に行ってみることをおすすめします。ほっと心が安らぐお寺です。

Thumb京都の神社・仏閣を巡ろう!パワースポットや縁結び・カラフルな御朱印も!
京都といえば、昔ながらの日本の趣きを今なお感じさせてくれる大人気観光都市。ここではそんな京都...

勝林寺ってどこにあるの?

京都にある「勝林寺」に行ってみよう、と思った時に、先に知っておくとスムーズに行くことができるお寺の場所や拝観情報などの基本情報について、まとめました。

あらかじめしっかりとさまざまな情報を集めておくと、限られている時間を有効活用することができるので、おすすめです。

京都市東山区にあるお寺

「勝林寺」は、京都市・東山区の本町の、東福寺にある塔頭の一つです。大変歴史があるお寺の一つであり、古くから多くの人に愛されてきた貴重なお寺です。

「勝林寺」を一般拝観する場合は、電話での事前の予約が必要となります。8人以上の団体のみ拝観することができるので、個人やファミリーなどの時には気を付けておくと良いでしょう。

一般拝観の拝観料金は、寺宝の説明付きで、大人が一人800円、小・中・高校生が500円となっています。本堂と毘沙門堂の内部と客殿を拝観することができます。

一般拝観以外にも季節限定で、3月下旬から4月の上旬頃には花御堂・花手水拝観、1月1日から3日までのお正月には新春拝観、11月の中旬から12月上旬ころまでの紅葉の見ごろの時期には秋の拝観、坐禅とセットとなった坐禅と特別拝観などがあり、時期や拝観時間などは年によって異なるので、最新情報をGETして出かけてみることをおすすめします。

拝観料金は、新春拝観・秋の拝観はともに大人が600円、中・高校生が300円、小学生以下は無料、坐禅と特別拝観は、大人が1500円、中・高校生が1000円、小学生が600円などとなっています。花御堂・花手水拝観と新春拝観と秋の拝観は予約は必要ありません。

京都駅からのアクセスを知ろう

京都にある「勝林寺」に拝観に行くときに、知っておくと便利な総合駅として有名な「京都駅」からのアクセスの方法について、まとめてみました。

大変アクセスのしやすい場所にあるお寺であり、電車でもバスでもらくらく行くことができるので、それぞれのスタイルにあわせて自由にアクセス方法をチョイスしてみてください。

JRを使ってアクセスする方法

「勝林寺」に「京都駅」からJRを利用してアクセスしようと思っている場合は、「京都駅」からJRの奈良線に乗り換えて、「東福寺駅」で降りると徒歩約8分でアクセスすることができます。

「東福寺駅」からは東方向にずっと歩いて行き、京都第一赤十字病院のすぐ裏側にあるので、それほど迷わずにアクセスすることができるでしょう。

バスでのアクセスもできる

「勝林寺」に「京都駅」からバスを利用してアクセスしようと思っている場合は、「京都駅」のすぐ隣にあるバスターミナルから京都市バスの88または208系統のバスに乗り、「東福寺バス停」で降りるとアクセスすることができます。

京都は春の桜の時期や秋の紅葉の時期などの観光シーズンを中心として大変多くの観光客が訪れ、道が渋滞して大幅に時間が遅れたり、目的のバスが満員で乗れなかったりすることもあるので、バスでのアクセスの場合は、たっぷりの余裕を考えておくことをおすすめします。

自動車でのアクセスを知ろう

京都にある「勝林寺」に自動車を利用してアクセスしようと思っている場合は、名神高速道路・「京都南インターチェンジ」であったり、「京都東インターチェンジ」などで降りるようにするとアクセスしやすいです。

一般的な道路の利用を考えている場合は、府道143号線・国道24号線・府道115号線などを使うとスムーズにアクセスすることができます。

京都にある「勝林寺」には、拝観者専用の駐車場が設けられていますが、駐車できる車の台数には限りがあるので、あらかじめ周辺のコインパーキングなどについて調べておくと、行った時に満車となっていても安心して行動することができるのでおすすめです。特に紅葉のシーズンなどはしっかりとチェックをしておきましょう。

「タイムズ東福寺第2」は、約24台分の駐車スペースがあります。24時間年中無休営業なので、自由にいつでも入庫・出庫をすることが可能です。料金は、全日8時から19時までが30分300円、19時から翌朝8時までが60分200円となっています。最大料金は、全日駐車してから24時間までが700円となっていて、繰り返し適用されます。

「京洛パーク24」は、約5台分の駐車スペースがある平地の自走式の駐車場です。24時間営業なので、ゆっくりと観光をすることができます。料金は、全日0時から24時までが20分200円となっています。最大料金は、全日7時から22時までが800円、22時から翌朝7時までの夜間が400円となっています。支払いは現金のみとなっています。

勝林寺の歴史

「勝林寺」は、臨済宗の大本山である東福寺の塔頭寺院の一つであり、室町時代の末期である天文19年(1550年)に、東福寺の第205世住持であった高岳令松(こうがくれいしょう)禅師によってつくられたのがはじまりであるとされています。

「勝林寺」は、東福寺の鬼門である北にあたる場所に位置していて、ご本尊として北方と仏法の守護神とされている毘沙門天が祀られていることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれて親しまれていました。

ご本尊であり等身大に近いとも言われている大きな毘沙門天像をはじめ、襖絵・絵画・仏画など、大変素晴らしいお宝がたくさんある重要なお寺として、今では外せない観光スポットの一つとされています。

庭園には、春には桜が咲き誇り、初夏には青紅葉が生き生きと輝き、秋には真っ赤に染まった紅葉が見事であり、冬には雪とのコラボレーションを見ることもできると、日本の和の風情をしっかりと感じることができる場所としても有名です。

京都の勝林寺のおすすめ情報をお届け!

京都にある「勝林寺」には、たくさんの見どころがあるので、ゆっくりと四季を愛でながら巡ってみることをおすすめします。

「勝林寺」にある是非押さえておきたいおすすめスポットについて、厳選して紹介します。季節によってみることができる景色は変わるので、時期を変えていってみると異なった風景を楽しむことができるでしょう。

由緒正しき本堂やお庭が見どころ

「勝林寺」のおすすめ見どころスポットの一つである「本堂」は、建築当時大檀那であり、「勝林寺」を大変厚く信仰をしていた公家の五摂家の一つとして有名な近衛家の大玄関を移築して作られたものです。由緒正しくて日本の歴史をたっぷりと感じることができる大変立派な建物となっています。

「お庭」は、本堂前庭と、枯山水庭園である嘯月庭(しょうげつてい)の2つがあり、厳かで静かな場所となっています。

お堂の中から見る「お庭」は、より美しさが増し、窓越しなどに眺めるとまるで一画面を切り取ったかのように感じられると人気です。

自然が豊かな「勝林寺」の「お庭」は、心を洗ってくれるかのように感じられ、ほっと安らぎのひと時を過ごすことができる場所として注目されています。

四季を感じることができ特に紅葉は絶景

「勝林寺」は、豊富な緑があるお寺としても有名であり、四季の移り変わりをしっかりと感じながら気分転換をしたい時などに特におすすめです。

春・夏・秋・冬のそれぞれで、見ることができる景色の趣は異なるので、是非季節を変えて何度も訪れてみるとより深い楽しみ方ができるでしょう。

四季の中でもとくに有名で人気なのが秋の紅葉の時期であり、息を飲む美しさのその光景には「吉祥天」が宿っていると伝わっていて、「吉祥紅葉」とも呼ばれています。「良縁」や「美縁」のご利益があるとも言われていて、多くの女性やカップルが眺めに訪れます。

「勝林寺」の紅葉の見ごろの時期は、例年11月の中旬から下旬頃となっています。見ごろの時期には、「秋の拝観」も行われます。

「秋の拝観」の拝観時間は、10時から19時までで、夜間ライトアップもあるので、温かい服装をして是非素晴らしい紅葉を見に行ってみると良いでしょう。

「秋の拝観」の開催時期は年や気候などによって変動することがあるので、事前にホームページなどでしっかりと確認をしてから行きましょう。

Thumb京都・紅葉ライトアップの穴場まとめ!意外と混雑しない名所はある?
京都の秋を彩る紅葉は、今では日本のみならず世界的にも有名になり、時期には大勢の観光客が押し寄...

勝林寺は坐禅や写経体験ができる

京都にある「勝林寺」は、坐禅や写経体験ができるお寺としても知られていて人気であり、多くの人が体験をしに訪れます。

坐禅は、姿勢を正して身体をじっくりと落ちつけ、心身を統一させ、自分自身と向き合うことです。禅の修行方法の基本ともされています。

この坐禅を初めての人でも安心して体験することができるのが「勝林寺」です。じっくりと自分のことを見つめなおしたい時などに特におすすめです。

坐禅体験は、所要時間が約60分となっています。料金は、大人が1000円、高校生が800円、中学生が700円、小学生が600円となっています。事前の予約が必要です。

写経は、お釈迦様が説いた教え(経典)を写して書くことを言います。写経は、お釈迦様の教えを知ることができるのはもちろん、心が落ち着き、ストレスが解放されると注目されています。

「勝林寺」では、この写経を文字でなぞるだけででき、誰もが気軽に体験することができると人気となっています。

写経体験は、所要時間は約60分です。料金は、一人1500円となっています。しっかりと写経の心構えから説明してくれるので、小さな子どもや海外の人でも挑戦することができます。

勝林寺の御朱印の雰囲気は?

京都にある「勝林寺」は、御朱印を頂くことができるお寺としても人気です。御朱印集め巡りをしている人は、是非スケジュールに「勝林寺」も入れてみることをおすすめします。

いつでも頂くことができる基本の御朱印には、ご本尊である毘沙門天の御朱印・大日如来の御朱印・延命地蔵菩薩の御朱印・聖観音菩薩の御朱印・文殊菩薩の御朱印の5種類があります。

基本の御朱印は直接御朱印帳に書いて頂けるので、自分の御朱印帳を持っている人は忘れずに持って行きましょう。

季節によっていただける限定御朱印も人気

「勝林寺」では、基本の御朱印の他にも季節によって変わる限定御朱印があり、大変美しくおしゃれであると人気となっています。

四季折々の自然や行事・イベントなどの絵を中心として、大変カラフルで彩鮮やかで迫力満点の素晴らしい限定御朱印が複数あります。

限定御朱印は、授与時期・授与時間が決まっていたり、枚数限定となっていたりするものもあるので、ホームページやSNSなどで確認をしておき、頂くことができる時期や時間などにあわせてお寺に行ってみるのも良いでしょう。

オリジナル御朱印帳もある

「勝林寺」には、オリジナルの御朱印帳もあるので、その場で御朱印帳に御朱印を書いて頂くこともできます。

オリジナルの御朱印帳は、ご本尊である毘沙門天やさまざまな仏像をモチーフとしたもの、季節に応じたものなど、多くの種類があります。

大変かわいらしいと女性を中心に人気となっていて、御朱印とあわせて御朱印帳も頂いていく人も多いです。

御朱印帳も数量限定となっているものもあるので、気になるものがあった時にはすぐにその場で頂いておくことをおすすめします。次の機会にはないかもしれません。

Thumb京都で御朱印巡りの旅!人気のかっこいい印やレアな限定版をいただこう!
京都は、昔ながらの日本の風情が今なお残り、国内外から多くの人々が訪れる大人気観光都市。ここで...

勝林寺で京都ならではの四季を感じよう!

京都にある「勝林寺」は、日本ならでは四季をたっぷりと感じることができるお寺として人気です。自然が美しいのはもちろん、坐禅や写経体験などここでしかできない体験もでき、注目度が増しています。抜群の素晴らしさの限定御朱印も話題です。京都に行く予定があるときには、「勝林寺」にも少し足を延ばして寄ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ