岩国の温泉まとめ!日帰りから宿泊までおすすめの旅館やホテルを紹介!

瀬戸内海の島々が一望できる城に、桜の綺麗な歴史ある公園、日本の名水に選定される滝など、四季折々の美と究極の癒しが満喫できる観光スポットとして知られる「岩国」は、瀬戸内からの海路にも恵まれた温泉の豊富な場所です。今回は、そんな岩国を代表する温泉に迫ります。

岩国の温泉まとめ!日帰りから宿泊までおすすめの旅館やホテルを紹介!のイメージ

目次

  1. 1岩国のおすすめ温泉をご紹介
  2. 2岩国の絶景と温泉を楽しめるスポット
  3. 3岩国の人気の温泉・宿泊施設をご紹介
  4. 4岩国のおすすめ温泉(1)岩国国際観光ホテル
  5. 5岩国のおすすめ温泉(2)ゆう温泉
  6. 6岩国のおすすめ温泉(3)雙津峡温泉
  7. 7岩国市で開催されるイベント
  8. 8岩国観光に来たら温泉も一緒に楽しもう

岩国のおすすめ温泉をご紹介

日本の名水にも選定されている景勝地や滝、優美な佇まいの橋や城を始め、四季折々の自然と文化、昔ながらの美しい風景に恵まれた「岩国市」は、瀬戸内海から流れる良質な水と、水生生物達の集まる癒しのスポットです。そんな岩国で、ゆったりと温泉旅行が楽しめるおすすめの旅館や人気の宿泊施設をご紹介していきます。

Thumb岩国観光のおすすめスポットを紹介!おすすめの見どころから穴場まで!
山口県の最東部に位置する岩国。川を挟んで広島県と接し、日本三名橋の錦帯橋や国の天然記念物・白...

岩国の絶景と温泉を楽しめるスポット

どこまでも広がる深い青の瀬戸内海と緑豊かな自然に囲まれた「岩国」には「吉香公園」や高峯・寂地山に位置する「寂地峡」を始め、「岩国城」や五連アーチで構成される有名な「錦帯橋」「紅葉谷公園」「宇野千代生家」などの名所が数多く存在します。

また、岩国周辺には「宮島」の御神体として崇められる「弥山」の他「宮島水族館」、平清盛によって建てられた歴史的社殿「厳島神社」夕暮れ時には最高の絶景が望める「宮島ロープウェイ」など一生に一度は訪れたい絶景スポットが多いのも特徴です。

岩国は、江戸時代に商人や武士が大勢住んでいた場所という事もあり「城下町」や寺、神社や伝統の古文化財を今に伝える美術館、資料館を始め貴重な武家屋敷が残されている為、歴史や日本文化に興味のある方にはおすすめのスポットと言えるでしょう。

特に、山口県最大の河川である「錦川」に架かる五連の木造橋「錦帯橋」は第3代藩主の吉川市によって創建された見応えのある橋で、この橋の下では夕方になると縄を使ったアユ採りの漁法「鵜飼」(うかい)を見る事ができます。

この地は大和朝廷によって山陽道や海路が早くから開かれた場所でもあり、昔から国司や外交官などが頻繁に出入りしていました。その様子が「万葉集」の中でも歌われ、源氏の末裔でもある岩国氏の一族が岩国を支配していました。

昭和に入ると大規模な工業地帯が河口一帯に次々と建設され、パルプや石油化学工業、漁業を始め河のほとりには豊富な水量と良質な水を誇る温泉産業などが多く見られるようになりました。

Thumb岩国の綿帯橋は日本三名橋の一つ!観光の楽しみ方を徹底ガイド!
山口県岩国市の誇る「綿帯橋」といえば、岩国城と併せて楽しみたい観光スポットです。ここでは「綿...

岩国の人気の温泉・宿泊施設をご紹介

そんな岩国の人気温泉や宿泊施設には、大自然が持つ癒しの効果やマイナスイオンの効果があるもの、天然のラドン温泉からバイアフリーに対応している旅館まで存在します。

その他、女子旅に人気のオーベルジュや新鮮な海の幸や地元の食材にこだわったお料理の美味しい人気宿泊施設など、個人の目的と予算に合わせた様々な宿泊施設があります。

温泉に入れる宿泊施設の予算の目安は、1人4000円から25000円と地産地消のお料理が堪能できる宿泊施設か海を眺めながら温泉につかれる宿泊施設かによっても多少変化するようです。

また、温泉に含まれる成分により痛風や糖尿病、皮膚病や慢性消化器病、高血圧などに効果的な温泉もあるので、それぞれの旅館や温泉の「泉質」や「効能」を事前に調べておくのもおすすめです。

岩国のおすすめ温泉(1)岩国国際観光ホテル

それでは岩国や宿泊施設、旅館について少し触れたところで早速、岩国屈指のおすすめ温泉を見ていくことにしましょう。

日数の関係上、どうしても宿泊ができないという方向けに日帰りも可能な人気宿泊施設も合わせてご紹介していきます。

まずは観光で訪れる方達から絶大な人気のある、日帰り利用も可能な「錦帯橋温泉」(きんたいきょうおんせん)からです。

観光客に人気の錦帯橋温泉(日帰り可)

ここは日本の三大名橋である「錦帯橋」を庭にもつ絶景ホテルとしても有名な人気の宿泊施設で、正式名称は「錦帯橋温泉・岩国国際観光ホテル」となっています。

施設内にあるレストラン「ダイニング桜」も2019年新たにリニューアルオープンを迎え、瀬戸内の新鮮な魚介類や和牛を懐石料理として提供しています。

ホテル内施設には「ダイニング桜」の他、中華料理「四川飯店」宴会場ホールやステージ、ティーラウンジや売店、リラクゼーションや酸素カプセルが用意されています。

ホテルの温泉施設には岩国城と錦帯橋、城下町が一望できる「絶景の湯」、高級感のある「檜風呂」、石風呂と岩風呂から成る「露天風呂」が用意されています。

「絶景の湯」は「いつつばしの里」とも呼ばれ、日帰りの方は午前6時から9時と午前11時から午後22時まで利用できる温泉となっています。

岩国国際観光ホテル の詳細情報

「岩国国際観光ホテル」のチェックインは午後3時から開始、チェックアウトは翌日の午後10時までとなっています。

ホテルの公式ホームページから宿泊のオンライン予約が可能で、プランの一覧と費用、客室や泉質が観覧できるようになっています。

ホテルは地下1階から8階まであり、先着で50台駐車可能な無料駐車場も用意されています。クレジットカードの利用も可能ですが入浴税が150円かかります。

大阪方面から車でお越しの方は山陽自動車道を約4時間30分、広島・岡山方面からお越しの方は約40分、さらに「岩国IC」からいざない街道を約10分かけて通るとホテルに到着します。

新幹線を利用される方は、東京駅、名古屋、新大阪から広島駅まで東海道・山陽新幹線ひかりに乗車しそれぞれ5時間、2時間、3時間かけ広島駅を目指します。

広島駅からは新幹線こだまで約20分、「新岩国駅」を目指します。新岩国駅から市営バスに乗車し約10分でホテルに到着します。

広島駅から電車を利用される方は、山陽本線で約45分かけ「岩国駅」を目指します。岩国駅から市営バスに乗車すれば約20分でホテルに到着します。

羽田空港から岩国錦帯橋空港までは飛行機で約1時間40分、空港から車で約20分の距離に「岩国国際観光ホテル」があります。

住所 山口県岩国市岩国1-1-7
電話番号 0827-43-1111

岩国のおすすめ温泉(2)ゆう温泉

続いてのおすすめは、フィンランドサウナやジャグジーバス、岩盤浴なども充実の宿泊施設「ゆう温泉」です。

このホテルは2級河川である「由宇川」のほとりに佇む緑豊かな山間の宿泊施設です。この場所は平安時代から温泉地として栄えていたという説もあり、由宇町(ゆうちょう)という地名も温泉に由来しています。

昭和の時代、ラドンを多く含む冷泉が掘り当てられた事でも有名で、お風呂の種類も豊富に用意されているのが特徴です。

サウナ・岩盤浴も楽しめる

また、有料・無料のアメニティの貸し出しも行われている為、日帰りでも観光が目的でもかなり気軽に利用する事ができます。

お風呂の種類には、「男女別内風呂」「男女別露天風呂」「泡風呂」「ジェットバス」「ジャグジー」「サウナ」「寝湯」「竹炭薬湯風呂」「高温ドライサウナ」「岩盤浴」があります。

ホテルの施設には、時期限定でトマト農家から届けられる新鮮な由宇トマトを販売する「特産品コーナー」や「喫茶店」、コロッケ定食(880円)や肉うどん(650円)が堪能できる「お食事処」が存在します。

ゆう温泉 の詳細情報

営業時間は午前10時から午後8時まで、閉館は午後9時となっています。ゴールデンウィークやお盆の時期、年末年始などは営業していますが火曜日が休業日です。

温泉の入浴料は大人の方が990円、4歳から小学生のお子さんは500円となっています。また休憩室の利用は無料ですが、個室の利用は4名様まで3240円となっていて予約が必要です。

ホテルのフロントはクレジットカードの利用も可能で、「マッサージ機コーナー」の他「土産処」(みやげどころ)も用意されています。

「ゆう温泉」には、駐車料金が無料で、80台まで駐車可能な専用駐車場も用意されています。車でお越しの方は、山陽自動車道「道玖珂IC」から県道70・68または国道437・県道149号を利用するのが便利です。

電車を利用される方は、JR山陽本線「由宇駅」から防長交通笠塚行きバスに乗り10分かけてゆう温泉を目指し、ゆう温泉で下車します。

住所 山口県岩国市由宇町777
電話番号 0827-63-0755

岩国のおすすめ温泉(3)雙津峡温泉

最後のおすすめは、日帰りも宿泊も可能な人気温泉旅館「雙津峡温泉」(そうづきょうおんせん)です。

温泉の特徴としては天然のラドン温泉を使用、湧き出したままの温泉の源泉のかけ流しが楽しめるという事と、日帰りの利用も可能な旅館です。

旅館の正式名称は、「雙津峡温泉・憩いの家」マインドフルネスやファスティング、心と身体の浄化に効果的な山里の日帰り温泉としても有名な旅館です。

日帰りも宿泊もできる温泉旅館

ラドン温泉とは、お湯から気体化した「ラジウム」を体内に吸入する事で潜在的生命力が刺激され、それにより病への治癒力が高まる事から「療養泉」とされています。

この旅館の温泉は塩素不使用、源泉を水で薄めて使用しない事で、源泉かけ流しの名湯がそのまま使用される為、免疫力向上やアンチエイジング、疲労回復などの効果がより高まるようです。

さらにこの旅館では、温泉水も美味しく飲めるよう「ラドン・コーヒー」として飲料水で提供もして貰えます。

お食事処やレストランで提供されるお料理のメニューには、海鮮御膳やお寿司、一品料理をはじめ海と山の幸を散りばめた色彩豊かな会席料理が用意されています。

おすすめグルメとしては「鹿野高原豚御膳」(1780円)「高原豚の鉄板焼き定食」(980円)などがあります。

雙津峡温泉 の詳細情報

この旅館の開館時間は、午前9時から午後6時まで、休館日は木曜日で温泉の入浴時間は午前10時30分から午後6時までとなっています。

お食事処の営業時間は午前11時から午後3時まで、温泉の利用料金は大人の方が700円、お子様は400円です。

お車でお越しの方は、山陽自動車道「岩国IC」から錦川沿いを国道2号・187号を使用しながら北上し出市三叉路を右折したら国道434号を宇佐川沿いに4kmほど北上、右手山側に入れば「雙津峡温泉」に到着します。

事前の予約が必要になりますが、錦川清流線・錦町駅から旅館までは無料の送迎バスが出ていて、観光用のトロッコバスも鉄道会社によって運行されています。

岩国市の市営錦バスを利用される方は、「深谷大橋・本郷羅漢行き」に乗車し、錦パレス前を目指します。錦パレス前を下車したらそこから徒歩1分で旅館に到着します。

広島駅のバスセンターから六日市までは高速バスも出ているので、六日市を下車したら温泉の無料送迎バスを利用して旅館まで向かうことが可能です。

住所 山口県岩国市錦町大字深川3132
電話番号 0827-73-0236

岩国市で開催されるイベント

山口県岩国市で開催される季節のイベントとして、毎年春の3月20日から5月31日まで「さくら船・ミニ遊覧」と「貸切遊覧・予約制」があります。

このイベントは、春の暖かい日差しの中、錦帯橋周辺に植えられた満開の桜を遊覧船から眺めるというものです。

「さくら船・ミニ遊覧」の乗船時間は約20分、遊覧船は土曜・日曜・祝日の午前11時から午後5時まで運行していて中学生以上は1人500円小学生以下は300円です。

「貸切遊覧・予約制」の乗船時間は1時間、運行時間は午前11時から午後9時まで、中学生以上は1人1200円小学生以下は600円です。

毎年6月23日から9月10日までは、上記と同じ時間帯で「鵜飼遊覧」が行われます。乗船時間は2時間、料金は大人2200円、子供1100円です。「花火鵜飼遊覧」は大人11000円、子供5500円です。

9月11日から11月下旬にかけて行われるイベント「もみじ船・秋の遊覧船」も、ミニ遊覧の運航日は基本的に土曜・日曜・祝日の午前11時から午後2時までですが紅葉の時期は毎日運行しています。

料金は「さくら船・ミニ遊覧」と同じですが、「貸切・遊覧」は予約が必要で8名様以上からになっています。運行時間は1時間、午前11時から午後2時まで、料金は大人1200円子供600円です。

イベント参加希望の方は5日前までに「錦帯橋の鵜飼」公式ホームページ又は電話にて申し込む事になっています。また、2020年度の鵜飼は貸切船のみの運行となっています。

全長15メートルもするハリボテの白蛇が街を練り歩く「白蛇ご神幸」や「盆踊り」、「吹奏楽演奏」を含む「岩国祭り」は、毎年10月中旬の土曜・日曜日に岩国駅周辺で午前から夕方にかけて開催されています。

錦帯橋周辺に位置し、書画・筆・墨・書籍・陶磁器などを展示する「五橋文庫美術館」では、入館料を含む2500円で「篆刻体験」の予約も受け付けています。

このイベントは用意された下書きに沿って文字を刻みながら自分だけのオリジナルはんこ作りを楽しむというもので所要時間は30分ほどです。

岩国観光に来たら温泉も一緒に楽しもう

日帰りでも気軽に立ち寄れる岩国の人気温泉や、日帰りでも宿泊でもゆっくりとくつろげる人気の旅館、温泉の泉質や効果、岩国で開催される毎年恒例のイベントや祭りをお届けしてきました。今度の週末や連休は是非、緑豊かで空気の美味しい環境に身を置き、散策や温泉、新鮮なお料理を楽しみながら心も身体もリラックスしてみませんか?

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング