すき家はサイズの種類が豊富!肉の量や値段の違いなどを徹底比較!

すき家にはさまざまなメニューありますが、それぞれのメニューに「ミニ」「大盛」や「メガ」といった豊富なサイズが用意されていることをご存じでしょうか。ここではすき家の牛丼メニューのサイズについて紹介していきますので、自分にピッタリのサイズを知りたい人は必見です。

すき家はサイズの種類が豊富!肉の量や値段の違いなどを徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1すき家にはサイズの違いがあってバリエーション豊富!
  2. 2すき家の牛丼は並盛が人気?
  3. 3すき家の牛丼のサイズは他にもある?
  4. 4すき家の牛丼の各サイズの値段を比較してみよう!
  5. 5すき家はその他のメニューもサイズ変更できて嬉しい
  6. 6すき家のその他のおすすめメニューを紹介!
  7. 7うな牛
  8. 8欧風牛カレー
  9. 9とん汁
  10. 10すき家でコスパの良いサイズを選んで食事の時間を

すき家にはサイズの違いがあってバリエーション豊富!

牛丼三大チェーンの一つと言われる「すき家」には、名物の牛丼やカレーをはじめ様々な人気メニューがあります。

すき家と言えばログセラー商品「ねぎ玉牛丼」や、一世を風靡した驚異の大ヒット商品「メガ盛り」などの人気メニューがあることは、多くの人が知るところでしょう。

今回はすき家で大ヒットした商品の一つ、メガ盛りやそのサイズの牛丼の量や値段、コスパの違いなどを徹底的に比較していきます。すき家の牛丼にはさまざまなサイズが用意されています。

ここでは今日現在すき家にあるさまざまなサイズの牛丼を比較していきますので、すき家の牛丼の量や値段の違いが気になっている人はぜひチェックしてみましょう。

すき家の牛丼は並盛が人気?

まず紹介しなければならないのは、すき家の牛丼のもっともふつうのサイズは「並盛」であるということです。この並盛を基本に、さまざまなサイズの牛丼が展開されているため、まずは並盛の量や値段を覚えておくと便利かも知れません。

すき家の牛丼の並盛の値段は一杯350円とコスパ抜群となりますが、キャンペーンなどによって値段が異なる可能性があります。今回紹介する牛丼のサイズの違いについては、何もトッピングされていないノーマルの牛丼の並盛を中心に比較をしていきます。

すき家ではトッピングされたさまざまな牛丼メニューの人気がやはり高いです。トッピングされた牛丼のサイズの詳細については、ここで紹介するサイズの紹介の後に再度ご案内します。

お気に入りのとっぴんをした牛丼のサイズの変更をしたい人も、ぜひ最後まで参照してみてはいかがでしょうか。

ご飯も肉の量も通常サイズ

すき家の牛丼の並盛は、すき家にたくさん用意されている様々なサイズの牛丼でもっともポピュラーな量の牛丼を楽しむことができます。ご飯も牛肉の量もバランスが良く、とくにこだわりがない人であれば並盛を頼んでおいて間違いないでしょう。

なおこの並盛は、「中盛」と間違いやすいので注意が必要です。中盛とのサイズの比較や値段の違いについては、後ほど詳しく紹介しますのでそちらも併せて見てみましょう。

並盛のご飯の量は約260グラムと言われており、牛肉の量については85グラム程の量と言われています。

続いては、この並盛サイズの牛丼を元に、さまざまなサイズの牛丼と比較していきます。サイズ選びは値段やコスパの良さに当然かかわってくるので、すき家ファンや牛丼ファンであればぜひ知っておきたい情報ばかりです。

すき家の牛丼のサイズは他にもある?

すき家の牛丼のサイズは並盛以外にもさまざまな種類があります。牛肉とご飯の量が少なめで値段も抑えてある「ミニ」や、牛肉たっぷりでご飯が少なめというお肉好きにはたまらない「中盛」といった使い勝手の良いメニューも用意されています。

並盛よりも比較的多めの牛肉とご飯を堪能できる「大盛」、たっぷりと牛丼を楽しみたい人に最適な「特盛」、そして一世を風靡した「メガ」といった種類の牛丼をすき家では選ぶことができます。

ここでは各サイズの牛丼の量や値段の違い、カロリーといった情報の詳細を紹介していきます。好みのサイズによってコスパも大きく異なるので、自分にピッタリのサイズの牛丼を探している人はぜひ参考にしてみましょう。

なおここで紹介するすき家の牛丼のサイズや量、値段やカロリーと言った情報は2020年9月現在のものとなります。また値段については税込みの値段をご案内しますので、それらを留意したうえでチェックしてみましょう。

肉が少なくご飯も少なめなら「ミニ」

すき家の牛丼「ミニ」は、女性やダイエット中の人に最適なメニューの一つです。すき家にはカロリーの低いメニューもいくつか用意されていますが、並盛の牛丼との大きな違いは値段の安さとカロリーの低さになるでしょう。

ミニサイズの牛丼はカロリー低めでお肉もしっかりと味わいたい人にピッタリのメニューです。牛肉の量については並盛よりも25グラム少ない60グラムとなり、ご飯の量については80グラム180グラムとなります。

ミニサイズの牛丼は一杯290円と安く、カロリーも496キロカロリーとなりますので、ダイエットを考えている人にとっては一石二鳥のメニューと言えるのではないでしょうか。また普段からそんなに多くの量の食事をとらないという人にもうってつけです。

肉は多めでご飯が少なめなら「中盛」

続いて紹介する「中盛」は、すき家の牛丼の中では異彩を放つメニューです。すき家の牛丼は、サイズに合わせてご飯と牛肉のバランスを保っていますが、この中盛についてはご飯が少なく、牛肉をたっぷりと味わうことができます。

他のサイズの牛丼と比較して、とにかくたくさんの牛肉を堪能できることが中盛の牛丼の多いな違いです。並盛と比較すると牛肉の量が50グラム多く、ご飯が25グラムだけ少ないので、満足感にたいして値段やカロリーは抑えてあります。

中盛の値段は一杯480円とコスパ抜群で、カロリーも並盛と比較してもわずか55キロカロリー多いだけなので、ダイエット中だけど美味しいお肉をたくさん食べたいという人に最適なメニューかもしれません。

お肉が好きな人にとっては一石二鳥のコスパ抜群のメニューですが、牛丼のたれが染みたご飯もたっぷりと堪能したい人にとっては物足りなさを感じるメニューかもしれません。

そんな人は、ぜひ続いて紹介する大盛や特盛、メガといったサイズの牛丼を参考にしてみてはいかがでしょうか。

肉も多めでご飯の量も多めなら「大盛」

シンプルに多めの牛丼を楽しみたい人には「大盛」がおすすめかもしれません。すき家の牛丼は一杯480円でお肉が35グラム、ご飯が100グラムも増量される、お腹が空いた時に嬉しいメニューです。

並盛の牛丼の牛肉とご飯の量を考えるとわずか130円の追加で合計110グラムのお肉と、360グラムのごはんを楽しめるのでコスパ抜群と言えるのではないでしょうか。

お腹が減っている時だけでなく、午後の仕事を考えてたっぷりとエネルギーを摂取しておきたい人、いつもの並盛では量が少ないと感じている人、特盛は食べられないけどお腹いっぱい牛丼が食べたいという人に適しています。

栄養バランスも気になるという人であれば、追加料金170円の「サラダセット」をはじめとした野菜たっぷりのメニューも注文してみてはいかがでしょうか。ランチにはもちろん夜ご飯にも最適な、栄養たっぷりのセットメニューがお手軽な値段で完成します。

大盛りのカロリーについては単品でも966キロカロリーとやや高めなので、健康志向の高い人や体重を気にする人は注意しましょう。

Thumbすき家の中盛と大盛の違いをチェック!肉やご飯の量など値段を徹底比較!
「すき家」はさまざまなサイズの牛丼があることで人気ですが、実際にどの程度違うのかはご存じでし...

肉の量は大盛でご飯の量は並盛なら「特盛」

大盛りでも足りないという人、さらにコスパの良い牛丼メニューを堪能したい人であれば、ぜひ「特盛」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

すき家の牛丼にはさまざまなサイズが用意されていますが、この特盛に関しては全メニューの中で2番目に大きいメニューとなっています。

その分エネルギーも高く1,176キロカロリーとなりますので、普段から食の細い人や体重を気にしている人は特に注意が必要なメニューでもあります。

ただし中盛や大盛といったサイズでは満足いかなかった人には最適なメニューの一つでもあり、食べ盛りの学生さんやサラリーマンからの人気が特に高いメニューでもあります。

並盛の2倍の料理の牛肉を大盛りご飯で楽しめるので、とにかく食べ応えがあります。一杯630円で並盛の2倍のお肉、そして大盛りのごはんを楽しめるので、コスパの良さは言うまでもありません。

すき家の牛丼をたくさん食べたい人にはもっともコスパの良いメニューの一つと言えるでしょう。

肉の量をさらに大盛でご飯は並盛なら「メガ」

すき家の牛丼のサイズ紹介の最後にご案内したいのは、現在のすき家で最大のサイズの牛丼「メガ」です。すき家のメガはその名前からも想像できるように、大盛や特盛以上のボリュームの牛丼を堪能できるメニューとなっています。

並盛の3倍の牛肉を大盛りのご飯で楽しめるので、すき家のお肉をとことん味わいたい人にはもってこいです。炭水化物でカロリーを摂取したくない人、ご飯以上にお肉をたっぷりと食べたい人にもおすすめのメニューです。

すき家ならではの甘辛くやわらかい質感のお肉をこれでもかと味わえるでしょう。一杯の値段は780円となり、並盛の3倍の量の牛肉を味わえるのでたくさん食べたい人にとっては最高のコスパを発揮してくれるはずです。

Thumbすき家のメガ盛り牛丼は大満足のボリューム!量や値段など徹底紹介!
人気の牛丼店すき家。お持ち帰りで利用する人がたくさんいるすき家には、メガ盛り牛丼という他の牛...

すき家の牛丼の各サイズの値段を比較してみよう!

ここではすき家の牛丼の各サイズの値段を比較します。これまでに紹介してきたサイズの牛丼の値段の違いを一挙紹介しますので、ここで把握しておきましょう。すき家の牛丼の中でもっとも小さなサイズのミニは290円となります。

並盛が350円となり、中盛と大盛がプラス130円の480円です。並盛と比較して280円高くなる特盛が630円、並盛に430円の料金を追加すれば780円のメガの牛丼を楽しむことができます。

すき家はその他のメニューもサイズ変更できて嬉しい

すき家では、今回紹介してきた牛丼だけでなくトッピングを施した牛丼も人気があります。もちろんトッピングされたそれらの牛丼でも、さまざまなサイズの牛丼を楽しむことができます。

牛肉やご飯の量については、今回紹介してきたノーマルの牛丼と基本的の同じ構成となっています。それらのメニューを楽しむ際にメニュー選びで迷った際は、今回紹介してきたミニからメガまでのご飯や牛肉の量を参考にしてみましょう。

すき家の代表メニューである「ねぎ玉牛丼」はもちろん、牛丼のトッピングの定番であるキムチを添えた「キムチ牛丼」、すき家の隠れたロングセラーといわれる「とろ〜り3種のチーズ牛丼」や「高菜明太マヨ牛丼」といった人気の牛丼メニューも、いろいろなサイズが用意されています。

並盛でも十分な満足感が得られるメニューばかりがすき家には用意されていますが、それらのサイズをお好みの量に調整することで、すき家の美味しい牛丼をさらに堪能することができるようになるでしょう。

すき家ならではのお気に入りのトッピングの牛丼を見つけたら、ぜひ自分にピッタリのサイズの牛丼を探してみましょう。

すき家のその他のおすすめメニューを紹介!

今回紹介してきたすき家に訪れた際にぜひ牛丼と一緒に味わいたいおすすめメニューを紹介します。すき家と言えばもちろん牛丼が看板メニューとなっていますが、「うなぎ」や「カレー」、そして知る人ぞ知る「とん汁」もなくてはならないメニューです。

単品として味わうのはもちろん、牛丼と一緒に味わる名物が多いのもすき家の特徴です。ここでは牛丼だけではない、すき家の魅力的なメニューを紹介します。

うな牛

すき家自慢の牛丼と一緒に、うなぎも贅沢に味わえる希少なメニューが、すき家名物の「うな牛」です。たっぷりよそられたご飯の上に添えられるのは、甘辛く味付けされた牛肉と、香ばしいうなぎの蒲焼きです。

贅沢極まりない組み合わせで、牛丼もうなぎもどちらも食べたい時にまさに最適な一品でしょう。

別々に味わうのはもちろん、一緒に味わうことで鰻の香ばしさと牛肉のなんともいえない美味しさが絡まります。並盛890円、ご飯の大盛りをお願いしても930円という安さはすき家ならではと言えるでしょう。

欧風牛カレー

すき家の牛丼とカレーを一緒の楽しめるお得な「欧風牛カレー」も、ぜひおすすめしたい一品です。欧風牛カレーは美味しいとファンの間で話題のすき家のカレーと、牛肉を同時に味わえる嬉しいメニューです。

別々で食べてももちろん美味しい二つのメニューを同時に味わえば、病みつきになること間違いなしです。欧風牛カレーは並盛650円となり、大盛や特盛ももちろん用意されています。550円のミニも用意されているので気軽に楽しみましょう。

Thumbすき家はカレーは本格的で絶品!辛さやカロリーなど評判を徹底解明!
すき家と言えば“牛丼御三家”と言われるほど牛丼のチェーン店としてその名高が知られているお店で...

とん汁

すき家の「とん汁」は、さまざまなメニューにセットで付けることのできるお得なサイドメニューです。

安いだけでなく、野菜がゴロゴロと入っており優しい美味しさとたっぷりの栄養を摂れることから、すき家ファンの間では定番の人気メニューです。単品でも190円という安さでリピートしやすいことも人気の秘密です。

Thumbすき家のおすすめ人気メニュー31選!トッピングなど美味しい食べ方も!
牛丼3大チェーン店のひとつ「すき家」。牛丼以外にもいろいろなメニューが豊富にそろっているので...

すき家でコスパの良いサイズを選んで食事の時間を

すき家をはじめとした牛丼チェーンを利用する時、特に気になるのはコスパではないでしょうか。すき家ではノーマルの牛丼も非常に美味しくいただくことができます。

すき家の牛丼にはミニや中盛、並盛と大盛、特盛とメガといった牛丼が用意されており、どのサイズがお得かは人によって変わってくるでしょう。基本的にはサイズが大きくなればなるほど、グラムあたりの量に対してより安い料金で食べられるようになっています。

たくさん食べる人であればぜひ特盛、そして自信のある人はメガ盛りに挑戦してみましょう。もちろん食べ残しは厳禁になりますが、無理のない範囲ですき家のコスパ抜群の牛丼を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ