6zi(宮崎市)は大人気のおしゃれカフェ!こだわりのおすすめコーヒーは?

宮崎市にある「6zi」は美味しいコーヒーを豊富に取り扱っているということで人気のカフェです。そこで6ziで人気のおすすめコーヒーをいくつか紹介します。さらにコーヒー以外のメニューやコーヒーに関するこだわりなどについても紹介していきましょう。

6zi(宮崎市)は大人気のおしゃれカフェ!こだわりのおすすめコーヒーは?のイメージ

目次

  1. 16zi(宮崎市)は大人気のおしゃれカフェ!魅力やおすすめメニューなどご紹介!
  2. 26zi(宮崎市)ってどんなカフェ?
  3. 36zi(宮崎市)で人気のメニューは?
  4. 46zi(宮崎市)のコーヒー豆へのこだわり
  5. 56zi(宮崎市)はコーヒー豆やオリジナルマグカップも販売
  6. 66zi(宮崎市)の営業時間とアクセス方法
  7. 76zi(宮崎市)と組み合わせたい周辺観光スポット
  8. 86zi(宮崎市)へ人気の秘密を確かめに行ってみよう!

6zi(宮崎市)は大人気のおしゃれカフェ!魅力やおすすめメニューなどご紹介!

おしゃれなカフェで美味しいコーヒーをゆっくり楽しむのはとても贅沢な時間です。仕事の合間や観光の一休みにおしゃれなカフェを利用する方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめの、宮崎市にある「6zi」(ロクジ)について、おすすめメニューや人気のポイントなどについて紹介していきましょう。

6zi(宮崎市)ってどんなカフェ?

まずは宮崎市の「6zi」とはどのようなカフェなのかというところから紹介していきます。6ziは宮崎市の中心部の繁華街、橘通りにあるカフェなので、仕事の合間やショッピング、観光の合間に利用する方も多いお店です。

6ziは繁華街にあるカフェということもあって、特におしゃれな女性には人気が高いです。特に営業時間が長いこともあり、6ziではゆったりと美味しいコーヒーが飲めると多くの方が足を運んでいます。

ちなみに、「6zi」というのはカフェの名前としては少し珍しい感じかもしれません。まず、6ziの「6」はオーナーの方のラッキーナンバーなのだそうです。そして「zi」はこのオーナーさんがその昔東京でDJをしていたことがあったそうで、その名前の一部をつけたということです。

カフェの外観

名前だけ聞いたことがあるという方にとって、初めてのお店に行くときはそのお店がどのような雰囲気であるかは重要なポイントです。そこでまずは6ziはどのような雰囲気のカフェなのかということから紹介していきましょう。

6ziの店舗は橘通りに面したところにあり、あまり大きな店舗ではありません。しかし周辺は繁華街ということもあって、ショッピングの際の一休みや待ち合わせにも使いやすいお店となっています。

宮崎市の6ziの外観は、とてもスタイリッシュな雰囲気になっています。お店そのものはこじんまりとしていますが、ドアの両脇が円形のショーウインドになっており、そこにあるディスプレイもとてもおしゃれに飾り付けられています。

この6ziショーウィンドにはその日のおすすめのコーヒーなどが書かれた黒板があり、新しいコーヒー豆が入荷した時などはこちらに掲示されるようです。こちらを確認して来店する方も多いです。

また6ziの看板やドアも白を基調にしており、シンプルでありながらおしゃれで大人っぽい雰囲気になっています。落ち着いた雰囲気でコーヒーを楽しみたいという方にとってもおすすめと言っていいでしょう。

カフェの内観

「6zi」はこじんまりとした店舗であると述べましたが、中は6人ほどが座れるカウンター席しかありません。ですから、グループなどで集まって楽しみたいという方にはあまりおすすめできないのですが、その分ゆっくりと時間を過ごしたいという方にはぴったりのお店ということになります。

木製のカウンターやおしゃれな形の椅子など、内装も大人っぽくスタイリッシュな雰囲気になっており、美味しいコーヒーと共に豊かなひと時を過ごしたいという方にも好まれるつくりとなっています。

6ziは営業時間も午後から夜にかけての時間帯となっており、どちらかというと仕事帰りやショッピング帰り、また飲み会の後など、一日の終わりに一息入れたい方がアクセスしやすい営業時間となっている点も、6ziが大人の方向きの店ということにつながるかもしれません。

実際、営業時間の夕方くらいまでは高校生なども来るようですが、仕事帰りの方などがだんだん増えてきて、落ち着いた雰囲気の中、コーヒーを一杯味わい、帰っていく常連の方も多く見られます。

さらに営業時間が夜に近づくと、BGMも雰囲気に合わせた落ち着いた雰囲気のものになるなど、さすが元DJのオーナーのこだわりが感じられます。初めての方はもちろんですが、常連の方も多く、営業時間帯の雰囲気に合わせてゆったりと時間を過ごす方が多く利用しています。

6zi(宮崎市)で人気のメニューは?

それでは次に、「6zi」で人気のおすすめメニューについて紹介していきましょう。6ziは基本的にはコーヒーの専門店なので、コーヒーが一番人気であることは確かなのですが、コーヒーのお供にぴったりのメニューも揃っています。そのあたりも含めて紹介していきます。

美味しいオーナーこだわりのコーヒー

なんといっても6ziはコーヒーの専門店ですから、美味しいコーヒーがまずはおすすめメニューということになるでしょう。コーヒーと一言で言っても、コーヒーの豆によってその味わいはさまざまです。6ziではそのコーヒー豆の美味しさを十分に引き出す技術の高さが感じられます。

6ziではコーヒーは一杯ずつ、ハンドドリップで淹れています。丁寧な作業で淹れられたコーヒーは、それぞれの豆の持つ香りや味わいがよく引き出されており、とても飲みやすいと人気が高いです。

ちなみに6ziのコーヒー豆は定番のものはもちろんですが、新しい豆も定期的に入れているそうです。なかなかお気に入りのコーヒーが見つけられないという方は、ぜひオーナーさんに好みを伝えてみてください。好みにあった豆を紹介してくれるので、参考に選ぶのもおすすめです。

中でも6ziで人気が高い豆をいくつか紹介しましょう。女性に人気が高いコーヒーとして知られるのが「Santa Rosa」です。コスタリカ産のコーヒーで、青りんごやラズベリーに例えられるフルーティーな甘さがある香りと調和のとれた酸味が特徴的です。

甘さと酸味の調和がとれ、全体にすっきりした印象の味わいとなっているため、さらっと飲める味わいのコーヒーが好みという方に特に人気が高く、ふだんあまりコーヒーを飲まないという方にも飲みやすいと評判になっています。

また、「YIRGACHEFFE」はエチオピアのイガルチェフェ村というところで作られたコーヒー豆です。この村のコーヒー豆は世界中に流通している「モカ」の中でも特に品質が高いと、ヨーロッパやアメリカの鑑定士からお墨付きを得たという、世界的に知られた高級豆なのです。

特にこの銘柄の「モカフレーバー」はトロピカルな花実の香りや花の香りが混じりあい、他にはないフレーバーがあると言われています。それでいてモカの独特の酸味が少ないため、全体的に飲みやすいコーヒーである点もおすすめです。

一般的にモカは砂糖やミルクを加えると味が引き立つと言われているそうですが、こちらはブラックでも十分に美味しさが感じられます。村の名前を世界的に有名にした豆ですが、入手困難だそうなので、6ziにあったらぜひおすすめします。

また、6ziにある「エスペランサ」というコーヒー豆は、ホンジュラスのパライネマという品種のものです。このパライネマというのは病気などに強い品種として作られたハイブリッド種と言われるタイプです。ハイブリッド種は病気には強いのですが、一般的にはあまり甘みや繊細な風味が少ないものが多いと言われます。

ところがこちらの品種は2017年度の品評会で一位を獲得するなど、ハイブリッドとは思えないほどのクオリティの高さで知られる希少な豆であり、今後さらに人気が出てくることが予測されているという豆なのだそうです。

ジンジャーやオレンジなどかんきつ類のようなフルーティーでスパイシーな香りを持ちますが、温度が下がっていくとともに甘みが残っていきます。そのため最後まで飲みやすいコーヒーとして知られ、女性にも特におすすめしたいコーヒーとなっています。

「ダテーラ農園」も人気の高いコーヒー農園です。ブラジルのミナスジェライス州の農園で、農園内で栽培、収穫から加工し、輸出するところまで一貫で行っていることで知られるのですが、その中でフルーティーなフレーバーや酸味を持つ高品質なものを作っているということで近年脚光を浴びています。

こちらのコーヒー豆は豊潤なナッツのような香りがあると言われており、また上品な酸味と甘みがあると言われます。特にチョコレートを思わせる甘みは濃厚で、とてもバランスがよく、飲みやすいコーヒーとして人気があります。

トロトロななめらかプリン

宮崎市の「6zi」はコーヒー好きの方におすすめのカフェなのですが、コーヒー以外の人気メニューももちろん豊富にあります。その中でも人気メニューとなっているのが「プリン」です。

プリンと言えば代表的なスイーツであり、カフェなどでもよくメニューとして提供されています。またプリンの場合は古くから食べられていることもあって、それぞれにこだわりがあるという方も多く、大きく分けてかためのタイプととろりとしたタイプがあります。

6ziで提供されているプリンは、オーナーの方が毎日一つ一つ手づくりで作っているというもので、近年特に人気が高いとろとろタイプの濃厚なプリンです。滑らかなくちどけと卵の濃厚な風味がたまらないと評判が高く、特に女性には人気のメニューとなっています。

もちろんコーヒーとの相性もぴったりです。たとえばニカラグアにあるサンホセ農園のコーヒーは、高い標高と肥沃な火山灰土壌ではぐくまれ、さらにアパナス湖の反射光を受けて作られており、チョコレートのような甘みが感じられるとして知られます。

また、どちらかというとどっしりとしたコーヒーであるため、特に甘いものとの相性がぴったりだと言われており、このとろとろなプリンと合わせるとプリンの甘みがさらに引き立ち、ベストパートナーになるということです。

もちろんこのほかにもメニューには美味しいコーヒーが様々並んでいるので、いろいろと組み合わせて味わってみたいプリンです。ただし手作りのため数に限りがあります。ぜひ味わいたい方は早めにいくことをおすすめします。

ベーグル

宮崎の6ziでは、コーヒーと共にベーグルもおすすめです。ベーグルとコーヒーはもう、合わないわけがないメニューと言っていいかもしれません。6ziでは同じ宮崎市内にある「mocoベーグル」のベーグルを提供しています。

mocoベーグルのお店の方では基本的にテイクアウトのみなのですが、特にできたてのもちもち感が大人気となっており、売り切れてしまうこともあるほどだそうです。そのベーグルをコーヒーと共にいただくことができるカフェということで、セットで頼む方も多く見られます。

さまざまな味のベーグルを提供しているお店のものを使っているため種類が多く、チョコチップなどの甘い系のものから黒コショウチーズやオリーブチーズのように、食事の一品としておすすめのタイプのものまであるため、その時のニーズに合わせて頼むことができます。

残念ながら6ziの営業時間はモーニングがないため、朝食にコーヒーとベーグルという利用はできないのですが、今述べたようにおやつや遅めのランチで来る方に人気の組み合わせとなっています。

ただこちらも、「mocoベーグル」から仕入れて使っていることもあって、数に限りがあります。好みのベーグルを食べたいという場合は、営業時間の早い時間帯に行くことをおすすめします。ぜひ美味しいコーヒーとの組み合わせを楽しんでください。

6zi(宮崎市)のコーヒー豆へのこだわり

宮崎市の「6zi」は、何と言ってもコーヒーのメニューがとても豊富なことで知られています。美味しいコーヒーが人気のカフェはたくさんあるわけですが、その中でも6ziのコーヒーの種類の豊富さは、宮崎市内だけではなく、全国的にも特筆すべきことと言えるでしょう。

先ほど、いくつかおすすめのコーヒー豆を紹介しましたが、6ziでは一般的にあまり知られていないような産地のコーヒーも多くメニューに取り入れられています。さらに先ほど紹介した「YIRGACHEFFE」などもそうですが、希少なコーヒーも多くあつかっているのです。あまり聞いたことがないようなものもあるでしょう。

同じ国の隣同士のような農園で作られたコーヒー豆であっても、ちょっとした気候や土壌の違いにより、コーヒー豆の味は大きく変化します。たとえば先ほど紹介したサンホセ農園ですが、細い道で分かれた隣の農園もとても有名なコーヒー農園で、こちらもよく日本でも使われているコーヒーなのだそうです。

しかし、この2つの農園は場所は隣り合っていても、できあがったコーヒー豆の味はまったく違うものとなるのだそうです。6ziのオーナーはこの辺りも含めて仕入れることで、さまざまな美味しさを持ったコーヒーをメニューに並べているわけです。

ですから、6ziに行ってどのコーヒーを飲むか迷った時は、ぜひオーナーさんに希望を伝えてください。6ziはお店そのものも小さめなので、オーナーさんに気軽に相談できるのも6ziのおすすめポイントの一つです。

先ほども述べたように、6ziではコーヒーの新商品も定期的にメニューに載せています。ですから今まで以上に自分が気に入るコーヒーに出会える確率もそれだけ高いということになります。オーナーさんとの相談でお気に入りを見つけたい方にもおすすめします。

6zi(宮崎市)はコーヒー豆やオリジナルマグカップも販売

美味しいコーヒーを見つけたら、ぜひおうちでもその美味しいコーヒーを味わってみたいと考えるものです。宮崎市の「6zi」では気に入ったコーヒー豆を購入することができるので、ぜひそちらの方もチェックしてみましょう。

また、せっかくならば、美味しい淹れ方を6ziのオーナーさんに教えてもらうのもおすすめです。コーヒー豆を購入する時に、おすすめの豆の挽き方や淹れ方なども教えてもらえるでしょうから、聞いてみてください。せっかくなら美味しいコーヒーを美味しく飲みたいものです。

またこのほかに、6ziでは「ミニマルチョコレート」という東京の渋谷にある有名チョコレートも取り扱っていて、6ziの店内でコーヒーと共に食べることはもちろん、購入していくこともできます。さすが有名チョコレートというだけあって、コーヒーとの相性もぴったりです。

ただ、こちらも東京のチョコレートを仕入れていることもあって、大量に取り扱っているわけではありません。タイミングによっては売り切れていることもあります。6ziで手に入れる場合は早めに行くとよいかもしれません。

さらに人気となっているのが6ziのオリジナルのマグカップです。白地に6ziのロゴがはいったマグカップはシンプルでありながら使いやすいデザインとなっています。サイズも少し大きめにできているので、男性でも女性でも使いやすく、また値段も比較的リーズナブルなのもいいところです。

デザインがシンプルなので、職場などで使うマイカップを探している方にも使いやすいですし、また6ziの人気のコーヒーやチョコレートなどと組み合わせてお土産やプレゼントにしたいという方にもおすすめです。こちらも合わせてチェックしてください。

6zi(宮崎市)の営業時間とアクセス方法

それでは、宮崎市の「6zi」について、営業時間やアクセス方法について紹介していきましょう。6ziは宮崎市橘通東に店舗があります。最初に述べたようにこの橘通りは宮崎市の中心繁華街であり、宮崎駅前でショッピングなどを楽しむ方にとってはとても便利な場所です。

6ziの最寄り駅はJR「宮崎」駅です。駅からはバスも出ていてバス停もありますが、駅からの距離は1キロぐらいであり、徒歩で行っても6ziには10分程度で到着できます。宮崎駅からまっすぐ進み、橘通りを左に入って少し行くと6ziに到着となります。

また、6ziの営業時間は15時から0時までとなっています。先ほど少し触れたように、営業時間が昼過ぎから夜遅くとなっているため、6ziにはモーニングサービスなどはありません。営業時間的にはショッピングや仕事帰り、飲み会後の酔い覚ましなどで使う方も多いようです。

6ziは営業時間が昼過ぎからの分、夜遅くまでなので営業時間は比較的長く、アクセスしやすい時間帯です。加えて6ziの休みは不定休となっていることから、日曜日などでも利用することが可能です。

なお、6ziには公式サイトは特にないのですが、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSがあるため、6ziの休日などの情報はこちらで確認することをおすすめします。

6zi(宮崎市)と組み合わせたい周辺観光スポット

最後に、6ziを起点にして行きやすい観光スポットをいくつか紹介します。6ziは宮崎駅近くなので、6ziでコーヒーを飲む時に一緒に組み合わせてみてはいかがでしょうか。

まず、宮崎駅前すぐにあるのが「宮崎科学技術館」です。科学に興味がある方に特に人気の観光スポットで、アポロ11号の月面着陸船の模型など約100点の展示物があります。中でもこちらのプラネタリウムのドームは世界最大級と言われており、雄大な星空散歩が楽しめると評判になっています。

駅からバスなどで移動していくところでおすすめのところとしては「宮崎神宮」、「宮崎市フェニックス自然動物園」などはいかがでしょうか。「宮崎神宮」は神武天皇を祀る神社でパワースポットとしても知られており、4月中旬であれば国の天然記念物となっている樹齢400年以上のオオシラフジが見どころです。

また、その近くには「宮崎県総合博物館」があり、こちらは自然の他歴史や民族など幅広い展示が楽しめます。中には江戸時代の民家を移築した民家園もあるのでリアルに歴史体験をすることも可能です。

一方、「宮崎市フェニックス自然動物園」は特にフラミンゴが有名な動物園として知られており、園内の坂の上からは日向灘を一望することもできます。また併設された遊園地では、普通のジェットコースターよりも小規模にもかかわらずスリルがあると言われているマッドマウスなど、15種類もの遊具を楽しむこともできます。

Thumb宮崎観光おすすめスポット21選!人気名所やおもしろ穴場も徹底紹介!
宮崎県は自然豊かな場所で観光にぴったりな景勝地が沢山あります。また日本の初期の伝説の舞台にも...

6zi(宮崎市)へ人気の秘密を確かめに行ってみよう!

宮崎市にある「6zi」はコーヒーの専門店として知られています。店はあまり大きくありませんが、営業時間が夜遅くまでとなっていることから、ゆったりと美味しいコーヒーを楽しみたいという方に特に人気となっています。ぜひ6ziで美味しいコーヒーをゆっくりと楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ