西新井大師は厄除けで有名なパワースポット!お守りのご利益などをリサーチ!

厄除けの霊場やパワースポットとして知られ、関東の厄除け三大師のうちの1つでもある「西新井大師」この神社のご利益を求め毎年大勢の参拝者がこの地を訪れています。悪性の流行病や厄除けにご利益の高い「西新井大師」とは一体どのようなパワースポットなのか調査していきます。

西新井大師は厄除けで有名なパワースポット!お守りのご利益などをリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1西新井大師のご利益や厄除けについてご紹介!
  2. 2西新井大師はどんな場所?
  3. 3西新井大師のご利益は?
  4. 4西新井大師の基本情報とアクセス
  5. 5西新井大師で人気のパワースポット
  6. 6西新井大師でおすすめのお守り
  7. 7西新井大師で人気のグルメスポット
  8. 8西新井大師で開催されるイベント
  9. 9西新井大師に参拝してご利益を授かろう!

西新井大師のご利益や厄除けについてご紹介!

東京都足立区に位置する「西新井大師」は、厄除けや悪性の流行病に苦しむ人々を救済する唯一のパワースポット、特に足立区は規模の大きい仏閣や神社などが数多く点在する場所としても知られています。今回は、そんな有名パワースポットへのアクセス方法や、お守りとそのご利益なども合わせて詳しくご紹介します。

西新井大師はどんな場所?

疲れた心と身体、両方癒すことのできる足立区最大級のパワースポット「西新井大師」には、「五智山遍照院総持寺」(ごちさんへんじょういんそうじじ)という正式名称があります。

「西新井大師」は真言宗豊山派(しんごんしゅうぶざんは)の寺院であり「真言宗」は、東寺(とうじ)や高野山(こうやさん)を中心として弘法大師である「空海」によって開かれました。

2つの輪が重なり合っている真言宗豊山派の宗紋(しゅうもん)は「輪違」(わちがい)と呼ばれ、仏様と私達はもともと同じ存在であるという「凡聖不二」の教えが表現されています。

西新井大師は関東三大師のひとつ

弘法大師である「空海」を祀る真言宗の寺院のうち、関東の厄除け三大師として神奈川県にある「川崎大師」と千葉県にある「観福寺」があります。

そしてもう1つが今回ご紹介する東京都足立区の「西新井大師」、これら3つの厄除け大師が古くから「関東厄除け三大師」として広く知られています。

西暦826年から続く人々の信仰対象

西暦824年から834年、弘法大師である「空海」が各地を巡り布教活動を行なっていた最中、疫病の流行に悩む村の人々を目の当たりにしたため彼らを救おうと「11面観音像」と「弘法大師修業像」を自らの手で掘りこの神社に設置しました。

そして彼が21日間、日本やチベットに伝わる「密教」の代表的儀式である「護摩祈祷」(ごまきとう)により供物を炊き上げながら厄や災いを払うと、井戸から水が湧き人々の病が回復していったという言い伝えが残されています。

以来足立区の「西新井大師」は多くの参拝者の信仰対象として、厄除けやお守り以外にも子供の初参りや所願成就、七五三など様々な祈願が行なわれています。

足立区「西新井大師」の境内には、壮大な景観の「大本堂」を始め「山門」「霊場」「井戸」「女性の厄除け祈願所」「出世稲荷明神」「十三重宝塔」が存在します。

その他美しい牡丹が見事に咲き誇る「ぼたん園」や、参拝後に名物グルメが味わえる「老舗」、文化的価値の高い歴史的建造物が立ち並んでいます。

西新井大師のご利益は?

「西新井大師」の主なご利益として、お祓いと災厄よけ、開運、方位除け、それから女性の厄除け祈願と所願成就があげられます。

特に「西新井大師」の「大本堂」は、災厄よけの足立区最大パワースポットとして真剣修行のエネルギーや、聖地としての厳粛で清い気に満ち溢れています。

「西新井大師」の「如意輪寺」(にょいりんじ)は、観音様が祀られている女性の願望成就と参拝者の開運にご利益のあるパワースポットです。

厄除けは老若男女にご利益あり

そして「西新井大師」の「出世稲荷明神」は、商売繁盛や男性の出世運にご利益のある場所として知られています。

静かで落ち着いた境内の中をじっくりと散策すると、性別や年に限定されず幅広い世代への厄除けとご利益のあるパワースポットや、祈願所があるのに気がつきます。

江戸時代に「西新井大師」は、女性の厄除け祈願所として名を馳せた事もあり、歴史を振り返ると過去に3度の火災に合っていますが本尊に設置された「弘法大師の像」だけは難を逃れたそうです。

所願成就や開運にもご利益が期待できる

所願成就や開運には、本人の持って生まれた気質や考え方、日々の積み重ねや習慣なども大きく関係しますが時としてパワースポットのご利益や精神世界のサポートも合わせて受けてみるのはいかがでしょう?

「西新井大師」で行われている「護摩祈祷」(ごまきとう)では、まずご本尊の目の前に置かれている「護摩壇」の薪に火が灯され、本人の持つ煩悩が燃やし清められていきます。

それにより様々な願いが叶えられるとされているため、この「お護摩祈願」を希望の方は「お護摩の時間」10分前までに「受付所」にて申し込み用紙に願目・年齢・祈願料などの記入を済ませます。

「お護摩祈願」の所要時間は約20分、毎日午前9時30分から午後4時30分まで6会にわたって行われています。

願目の種類は全部で19項目用意されていて、それぞれの項目を公式ホームページより観覧できるようになっています。

さらに「西新井大師」本堂内にて「お護摩祈願」が終了すると、自宅に帰っても祀る事のできる「お護摩札」をいただく事ができます。

西新井大師の基本情報とアクセス

「西新井大師」には残念ながら専用駐車場が用意されていない為、公共の交通機関でのアクセスもしくは周辺のコインパーキングを利用するのがおすすめです。

なお、「お車祈願」を希望されている方は交通安全祈願者専用の順路に沿い「西新井大師」の裏門から本堂へアクセスする事が許されています。

年末年始やお休みなど沢山の参拝者で混雑が予想される時期は、周辺の駐車場も不足してしまう為電車やバスを利用したアクセス方法が強くおすすめされています。

西新井大師の基本情報

毎年多くの参拝者が訪れる「西新井大師」の開創は西暦826年、総本山は奈良県の桜井市に位置する「長谷寺」(はせでら)です。

大本山は、東京都文京区に位置する「護国寺」(ごこくじ)、関東の88箇所特別霊場に指定されています。

「西新井大師」の駐車場は、団体の参拝者の為の大型バス専用駐車場のみ予約制で5台分用意されています。

境内の参拝は午前6時から午後8時まで、本堂とおみくじは午前8時から午後6時、受付とお守りは午前9時から午後4時30分までとなっています。

西新井大師へのアクセス

「西新井大師」1つ目の最寄駅は、伊勢崎線と大師線の乗り入れる西新井駅(にしあらいえき)で、この駅は東武スカイツリーラインの愛称で呼ばれる区間に含まれています。

2つ目の最寄駅に、1年を通し参拝者で賑わう大師前駅があります。この駅は東部鉄道大師線が乗り入れている駅で最短ルートになります。

大師前駅から「西新井大師」まで徒歩でのアクセスは約5分、大師前駅1階にあるみずほ銀行側の改札口を出て道なりに北へ直進します。

1つ細い道を超えて直進すると左手に「西新井大師牡丹園」、右手に「東門」が見えてくるのでその門の位置する細い道を北へ入っていくと左手に「本堂」が見えてきます。

上野や西日暮里方面から「西新井大師」にアクセスされる方は、日暮里舎人ライナーを利用するのがおすすめです。

西日暮里駅から都営日暮里舎人ライナー「見沼代親水公園行き」に乗車し11分で「西新井大師西駅」に到着します。そこから徒歩約20分で「西新井大師」に到着します。

「西新井大師」までバスを利用しアクセスされる方は、池袋駅東口・王子駅より「西新井駅行き」の都営バスが出ています。

また、赤羽駅東口からは「環七経由・西新井駅行き」の国際興業バスが出ています。アクセスにかかる所要時間は王子駅発が最短の20分、その他は30分から40分かかります。

住所 東京都足立区西新井1丁目15-1
電話番号 03-3890-2345

Thumb西新井大師で御朱印をGET!人気の御朱印帳や限定版などまとめて紹介!
東京足立区にある「西新井大師」は、厄除けのご利益で有名な寺院です。その他にもご利益が多く、季...

西新井大師で人気のパワースポット

東京都足立区に位置し、他県からの参拝者も多く見られる「西新井大師」では、ご利益のあるパワースポットやお守りが購入できる場所など実は他にも存在します。

それでは、東京都足立区の「西新井大師」で人気のご利益のある神聖な場所と、どんなお守りが購入できるのかをお見せしていきます。

塩の像

まずは、お堂の塩をいただいたのち参拝者にご利益があった場合、塩を倍にしてお礼を返すと良いとされる「塩地蔵」からです。

足立区「西新井大師」の山門を通りアクセスすると、雪のように白い塩に包まれたお地蔵さんがあるのが見えますがイボに悩まされている方の、イボ取りにご利益があると言われています。

そのため参拝後は、お地蔵様からのご利益のある塩を手に取り幹部に擦り込み、効果があれば塩を多めにこの場所に返しに来る古い習わしがあります。

延命水洗地蔵尊

年月が経ちほんの少し金色がかった像の足元に水が用意されている「延命水洗地蔵尊」の設置されている場所は、健康と長寿にご利益のあるパワースポットです。

参拝者の方がこのお地蔵様を信仰すると、10種類もの福徳を授かる事ができ長生きができると言われています。

これら2つのお地蔵様の他、都内でもこの場所でしか体験できないものや見ることのできない珍しい造りの仏堂や像などが「西新井大師」にはまだ数多く存在します。

西新井大師でおすすめのお守り

足立区「西新井大師」の境内内に位置する「札守授与所」では、護摩祈祷の受付の他、お守りやお礼などを授与して貰える建物になっています。

この建物の左側が護摩祈祷の受付、右側がお守りとお礼の授与所になっています。この場所には願意ごとに色取り取りの可愛らしいお守りや御礼が陳列されています。

中には、幼少の頃の大師様をモデルにしたデザインの「絵馬・お守り」も存在し裏側に願いを書き記す事が出来るようになっています。

願いを裏に書き記すことによりこの「絵馬・お守り」が自分の子供を災難などから守ってくれると言われています。

厄除け守り

「西新井大師」の厄除け守りには2種類があり、1つ目は朱色のお守りに金色の文字が特徴的な「厄除守」(800円)、裏には神社の名前の刺繍が施されています。

2つ目のお守りは、「厄除守・御礼タイプ」(300円)、透明で細長い小さなプラスチックケースの中に紙の御礼が入れられています。

本堂に向かい左手の奥に進んでいくと、「弘法大師立像」の設置された場所があるためさらに厄除けのご利益に授かりたいという方はお守り購入後に足を運んで見てはいかがでしょう?

交通安全祈願札

自家用車でお越しの方専用の「お札」となる「交通安全祈願札」は、ステッカー・祈願札・お守りのセットでお値段が5000円、キーホルダーもセットになっているものは、全部で10000円となっています。

ステッカー・祈願札・お守りの他、キーホルダーが2個と、紙の祈願札の他、もう1つ木の祈願札がセットになっているものは全部で20000円となっています。

交通安全祈願が終了した際は、これら頂ける祈願札を車に乗せ、キーホルダーやお守りは使用し、ステッカーは貼るようにするのがおすすめです。

西新井大師で人気のグルメスポット

開運グッズや様々なパワースポットを巡り身も心も清められた後は「西新井大師」の玄関口である「山門」の両側や参道の周辺に目を向けて見るのはいかがでしょう?

ここには散策がてらに軽食やお菓子が楽しめる昔ながらの名物スポットや屋台、女性におすすめのカフェも多数存在しています。

よもぎの香りが懐かしい「西新井大師」名物の「草団子」を始め、「たい焼き」や醤油の香りが香ばしい様々な種類の「手焼き煎餅」が歴史ある老舗の店先に並んでいます。

1枚1枚丁寧に焼かれ甘じょっぱい醤油がたっぷりと塗られた手焼き煎餅は、1枚からでも注文が可能です。

他の老舗店との食べ比べを楽しんで見たり、濃いめの緑茶と共にゆっくりと香りや味を堪能して見てください。

「田口屋菓子舗」や「中田屋」「清水屋」では名物の草団子のお土産が購入でき「もなかカフェ・まめつばき」や「BLAITE」「Cafe Sanctuary」などのカフェでは手作りの焼き菓子が購入できます。

その他、美味しいと口コミから評判の広がった焼肉が用意された「焼肉問屋」や上質な革を仕立てている「革工房」などアイテムや小物も揃ってしまう場所が存在します。

それに色鮮やかでおしゃれなお土産が購入できる「和菓子屋」も存在するなどちょっとした買い物も楽しめるような場所がグルメスポットには用意されています。

西新井大師で開催されるイベント

「西新井大師」で開催される年中行事ですが、1月1日は初詣として本堂が開扉されます。1月21日の縁日には縁起物を売る露店が出店します。

2月はだるま供養のお焚き上げと節分があり、3・4・5月の21日には、植木市が開催されます。4月は花祭り、5月は六曲一双の展示が行われます。

6月は弘法大師の誕生日となる青葉祭りと写経祈願会、7月は美しい風鈴が展示即売される風鈴会、8月は盆踊りを楽しむ夏祭りが開催されます。

10月は、北斎の絵画が公開される北斎会、11月は七五三祈願、12月は最後の縁日である納めの大師が境内で開催されます。

西新井大師に参拝してご利益を授かろう!

足立区にある「西新井大師」の言い伝えやご利益、アクセス方法や名物グルメなどをお伝えしてきました。特に祈願や信仰が目的ではない方でも境内を散策し、パワースポットや建物を巡ったり四季折々の草花やグルメを堪能するだけでも価値のある場所なので是非「西新井大師」で1度贅沢な時間を過ごして見てください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ