奥多摩の人気コテージを一挙紹介!カップル・大人数・ペット連れにもおすすめ!

都心から電車でおよそ2時間のところにあり大自然に囲まれた秘境とも称される奥多摩は、毎年キャンプをする人々で賑わいます。奥多摩にはコテージもあるため大人数やカップル、ペット連れにもおすすめです。今回はゆったりと過ごせるきれいで安い人気のコテージをご紹介します。

奥多摩の人気コテージを一挙紹介!カップル・大人数・ペット連れにもおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1奥多摩の人気コテージが知りたい!おすすめを一挙ご紹介!
  2. 2奥多摩とはどんな場所?
  3. 3森林セラピー基地にも認定された奥多摩の魅力
  4. 4奥多摩で開催される大人気のスポーツイベント
  5. 5奥多摩のキャンプ場やコテージで気をつけたいこと
  6. 6奥多摩のカップルにおすすめな小さいコテージがある施設2選
  7. 7奥多摩のペットと一緒に宿泊できるおすすめコテージ1選
  8. 8奥多摩の大人数で宿泊できるおすすめコテージ2選
  9. 9奥多摩はコテージ泊で自然を楽しむのにおすすめなスポット
  10. 10奥多摩のコテージから行ける近くのおすすめ観光スポット
  11. 11奥多摩のコテージで楽しい休暇を過ごそう!

奥多摩の人気コテージが知りたい!おすすめを一挙ご紹介!

毎年登山客やキャンプをする人々で賑わう「奥多摩」、ここはコテージやキャンプ場を始めとする癒しの施設の他、森林浴効果の期待できるセラピースポット、スリルが味わえる観光スポットの多い場所です。今回は、そんな都心からのアクセスも良く、週末の癒し旅にもぴったりな奥多摩のコテージを一挙ご紹介します。

奥多摩とはどんな場所?

東京都に属する自治体として最大の面積を誇る「奥多摩」は、大部分が山岳地帯と針葉樹林で構成されています。

また、急な山が多い場所としても知られ、毎年登山やキャンプ、バーベキューをコテージで楽しむ観光客や家族連れがこの地を訪れています。

「奥多摩」には小河内(おごうち)ダムによって造られた人工湖「小河内貯水池」(奥多摩湖)があり、壮大な自然と四季の移り変わりが織りなす色彩豊かな景観が特徴です。

鍾乳洞や渓谷、滝や湖、森、フィッシングセンターを始め大自然ならではのアクティビティやコテージも多く、子供達の人間力や心を育てる情操教育にも適した環境と言えるでしょう。

「奥多摩」は、都心から約1時間半から2時間のところにあり、東京の最北西の端に位置しています。

この場所全域が「秩父多摩甲斐国立公園」(ちちぶたまかいこくりつこうえん)の中に含まれているため、美しい原生林や清流、温泉郷や山峰、岩肌や断崖、自然の動植物達と出会えるコテージや宿泊施設があるというのが魅力です。

大人数でのスポーツや外遊びを控えたい初心者の方やカップルには、コテージに宿泊しながらペットと一緒に楽しめる森林浴や散策、酒造見学や美術館・神社巡り、鍾乳洞巡りなどがおすすめです。

森林セラピー基地にも認定された奥多摩の魅力

東京都の北西部、西多摩郡に属する「奥多摩町」は、2008年4月に東京都初となる「森林セラピー基地」の認定を受けた場所です。

以来この町には5つのきれいな「セラピーロード」が設置され、訪れる人々の癒しや健康促進のための事業が「地域振興財団」により展開されています。

事業の一環である「奥多摩森林セラピー」では、森林の中でのヨガや少人数制のツアー、大人数での登計(とけ)トレイルロードなど、日本初森林セラピー専用の遊歩道を歩くガイドツアーが開催されています。

2020年10月3日(土曜日)から4日日曜日までは「お月見鑑賞と秋のリースづくり」、17日(土曜日)は「ヨガ&滝巡りウォーク」、20日は「森林浴」が開催されます。

2020年11月3日(火曜日・祝日)は「森林セラピー&お灸講座」、11月11日(水曜日)は「滝ハイキング」、11月22日と12月5日は「日帰り森林セラピー」、12月12日から13日は「宿泊森林セラピー」が予定されています。

申し込み方法は、当日現金を支払うものと事前に振込を済ませますが定員数に限りのあるツアーが存在します。なお、ツアー中は往復送迎車が運行しておりプライベートプランも受け付けています。

奥多摩で開催される大人気のスポーツイベント

日本水源の森百選にも選ばれ、多くの遊歩道や山道に恵まれた「奥多摩」ですが、初心者の方でも楽しめるイベントがまだ数多く存在します。

例えばエメラルドグリーン色の湖と山に囲まれながら楽しむ「カヌーツアー」「カヤック体験」「ラフティング」に「シャワークライミング」、川下りに挑む「パックラフト」があります。

中でもコテージやロッヂ宿泊者に特に人気なのが、SUP(サップ)と呼ばれる話題の新しいスポーツ、浮力のあるボートの上に自ら立ち水面をパドルで漕ぎながら進むウォータースポーツです。

「奥多摩・SUP」で検索すると予約可能な開催日と詳細を観覧する事ができ、ウェブでの申し込みが可能、参加料金は4000円で中学生以上が対象です。

続いてコテージやロッヂ宿泊者に人気のウォータースポーツが、フランス発のリバー・ブギボード、多摩川の上流で行われるこの大人数スポーツは、渓谷を流れる急流をボディーボードで下っていくというものです。

参加料金は8000円で、中学生以上が対象です。夏に限らず秋も開催されていてヘルメットやウェットスーツ、ライフジャケットやフィンを装備し自らボードをコントロールしていく迫力あるスポーツです。

奥多摩のキャンプ場やコテージで気をつけたいこと

「奥多摩」の魅力が見えてきたところで、次は雄大な大自然に囲まれたキャンプ場や、きれいで安いコテージでの宿泊を大人数で楽しむにあたり気をつけておきたいマナーをご紹介していきます。

まずキャンプ場やコテージの敷地内に入ったら、大人数の家族連れの方や小さいお子さんがいる事を考慮し車のスピードを減速、夜の9時以降にコテージで大きな音を出す事は控えましょう。

日常や喧騒を離れ、のびのびできるきれいなコテージやキャンプサイトには開放感が漂いますが、子供が後ろにいないか後部を確認したり周囲の人に配慮した行動をとるのが無難です。

夏から秋にかけてはコテージ宿泊やキャンプのベストシーズンとなるため大人数の人々がコテージに集います。日帰りで「グランピング」を楽しむ人や「コテージ」に滞在しバーベキューを楽しむ人も増えるでしょう。

コテージ内でも密になる場所は極力避け、宿泊受付は1人が済ませるのがおすすめです。5人以上の大人数でコテージに宿泊する場合は、グループを少人数に分けましょう。

コテージは1棟ずつが独立した宿泊施設になっていて、生活に必要な家具や家電などはすでにコテージ内に備え付けられています。

コテージにはベットや毛布なども完備され、キッチンには調理器具まで用意されているコテージもあります。

キャンプに慣れている方の中には自分のテントを張り、テントサイトと呼ばれる区画の中でキャンプ用品や道具を使用している人も存在します。

オートサイトと呼ばれる場所では、自家用車の乗り入れが可能、フリーサイトでは自分の好きな場所にテントを張る事が可能です。

自家用車で来た方は、車道を通行するように心掛け大人数で他人のサイト内を勝手に横断したり、共同の炊事場を使用する際、自分の場所として確保してしまったり、道具を置いたままにしないようにすると良いでしょう。

また、テントやコテージ内などの密閉された空間でカセットコンロや薪ストーブを使用する場合、こまめな換気を心掛け一酸化炭素中毒に注意しましょう。

それから、バーベキューで使用するガスボンベ自体に熱が回ってしまうようなカセットコンロの使い方は危険なので避けた方が良いでしょう。

奥多摩のカップルにおすすめな小さいコテージがある施設2選

それでは、いよいよ「奥多摩」のカップルに人気の小さいコテージがある施設と、ペットと一緒に宿泊できるコテージ、大人数での宿泊も可能な安いと評判のきれいな大人気コテージを紹介していきます。

「奥多摩」で大自然や非日常を満喫し、きれいで安い大人数コテージでバーベキューを楽しんだ後は、コテージ付近の観光スポットをじっくりと巡ってみるのも格別です。

アメリカキャンプ村

まず最初にご紹介する、カップルに人気のきれいで安いコテージがある施設は「アメリカキャンプ村」と呼ばれる場所です。

ここはログハウスやコテージの種類が豊富なことでも知られる施設、用具や道具の準備が一切必要ないカップルにおすすめの施設になっています。

日帰りのバーベキュー施設やきれいなカフェ、本格アスレチック、場内には釣り堀も用意されていてコテージ内は木の香り漂うきれいな空間になっています。

コテージには4名の少人数から15名の大人数向けの別荘タイプが用意され、コテージの他バンガロータイプのツリーハウスも用意されています。

アメリカキャンプ村は4月上旬から12月中旬まで営業していてテントサイトも設けられています。ペットは不可ですが乗用車用の駐車場が有り、青梅ICから25kmの場所に位置しています。

コテージの宿泊料金やお部屋のタイプの確認、宿泊のご予約は、公式サイトから確定できるようになっています。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町海澤230
電話番号 0428-83-2714

氷川キャンプ場

続いておすすめするカップルに人気のきれいで安い宿泊施設は「氷川キャンプ場」です。ここではカヌー・カヤックの体験教室も開かれています。

ここは近年ブームになっている、グラマラスとキャンピングを組み合わせたリバーサイドのグランピング施設で、快適に手ぶらで日帰りすることのできる値段の安い施設です。

ステンレス製で熱に強いバーベキュースタンドのレンタルも行われていて、河原でのフリーサイトを楽しむ事も可能、ロケーションを満喫したいカップルにおすすめのコテージです。

施設の種類にはロッジやログハウスの他、カップルに嬉しいコテージやバンガローがあり、ペットは不可ですが、利用者専用の駐車場が設けられています。

青梅ICからは27kmの場所に位置し、付近には温泉郷も存在します。通年営業していてバンガローは5000円と安い値段で宿泊可能、キャンプサイトであれば1人1泊700円です。

コテージの宿泊料金やお部屋のタイプの確認、宿泊のご予約は、公式サイトから確定できるようになっています。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
電話番号 0428-83-2134

川井キャンプ場

次におすすめするカップルに人気のきれいで安い施設は「川井キャンプ場」です。この場所には広い河原があるので川遊びの他、釣りやバーベキューなども大人数で気軽に楽しむ事ができます。

カップルにおすすめのコテージやバンガローの他、ログハウスやロッジも用意されていて、ペットを遊ばせるドックサイトや体験プログラムなども付いています。

キャンプ場の駐車場には、キャンピングカーと乗用車の両方が停められる駐車場も設けられていて、青梅ICからは15kmと都心からも近い距離に位置しています。

営業期間は3月1日から11月の末まで、現在はテント泊だけの方も日帰り利用だけのも宿泊者同様、事前の電話予約が必要となっています。

電話予約の可能な時間帯は、午前8時30分から午後4時30分まで、予約が埋まり次第受付は終了しますが空きが出た場合のみ当日受付が可能です。

また、「日帰り専用」の方が利用するドックサイト以外の場所でのペット同伴の宿泊やバーベキューは認められておらず、ペットは基本的に不可となっています。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町梅沢187
電話番号 0428-85-2206

Thumb奥多摩の人気キャンプ場まとめ!おしゃれなバンガローやペット同伴OKの場所も!
奥多摩にはおしゃれなバンガローや、雰囲気抜群のキャンプ場などがたくさんあります。ペット同伴O...

奥多摩のペットと一緒に宿泊できるおすすめコテージ1選

続いてのおすすめは、唯一ペット同伴で滞在が楽しめるきれいで安い人気の施設「ロッヂ神戸岩」です。

西多摩郡に属する檜原村(ひのはらむら)にあるこのコテージのすぐ裏には清流が流れているため、癒しのせせらぎが聞こえてくるのが特徴です。

せせらぎの聞こえる川では川遊びや釣りも堪能することができ、緑と湖に囲まれた空気の新鮮なきれいなコテージです。

ロッヂ神戸岩

村の天然記念物である「神戸岩」のあるパワースポットを始め、紅葉を背景にした美しい滝もあり、子供達やペットにとっては癒しの楽園と呼べるような人気のコテージです。

営業期間は3月の上旬から12月の上旬まで、水風船の投げ合いや大きな声を出す行為、楽器演奏などは禁止されていますが、乗用車のための駐車場があり、手持ち花火であれば夜9時まで可能です。

奥多摩の「ロッヂ神戸岩」は日の出ICから20kmの場所に位置するコテージで、宿泊料金やお部屋のタイプの確認、宿泊のご予約は、公式サイトから確定できるようになっています。

住所 東京都西多摩郡檜原村神戸8034-2
電話番号 042-598-1029

奥多摩の大人数で宿泊できるおすすめコテージ2選

「奥多摩」のきれいで安い人気コテージ最後のおすすめは、大人数で宿泊できる「山のふるさと村キャンプ場」です。

奥多摩の山の斜面に位置するこのコテージも比較的安いお値段で宿泊することができ、当日受付の可能な陶芸や木工、石細工などのクラフト体験も楽しめるのが特徴です。

山のふるさと村キャンプ場

自然公園としてきれいに整備されているこのキャンプ場のコテージはペット不可、カップルよりは家族連れにおすすめのコテージで散策コースや小道、無料のシャワーもあり通年営業しています。

宿泊予約やデイキャンプ、バーベキュー、送迎バスの手配はキャンプ場のサービスセンターへ問い合わせることになっていて、午後4時30分から午前9時の間は施設内のゲートが閉められます。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
電話番号 0428-86-2324

鳩ノ巣バンガロー

続いての「奥多摩」にあるきれいで安いおすすめの宿泊施設は、バンガローが20棟用意された規模の大きい「鳩ノ巣バンガロー」です。

こちらの施設もペットが不可、カップルで宿泊するコテージのある施設というより大人数の家族づれや子供達におすすめする料金の安いお得な施設です。

「奥多摩」鳩ノ巣にあるこのバンガローは多摩川沿いに立ち階段で200m下った所に位置しています。そのため足腰が弱い方にはかなり大変な場所のようです。

ここは通年営業をしていて、定休日も無く日帰りキャンプから宿泊まで可能です。青梅ICからは22km、駐車場も完備されていて宿泊予約の受付は電話から可能です。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町棚沢161
電話番号 0428‐85‐2548

Thumb奥多摩に宿泊するならココがおすすめ!評判のいいホテルや旅館などを厳選!
奥多摩は、東京都内とは思えない大自然を堪能できる人気の観光スポットです。そんな奥多摩でおすす...

奥多摩はコテージ泊で自然を楽しむのにおすすめなスポット

「奥多摩」の安いお得なコテージは、東京都心から電車でも自家用車でもアクセスしやすい場所に位置しています。

日帰りであっても午前中に家を出発すれば、東京都とは思えないほど豊かな自然の中でお昼に大人数でバーベキューを楽しむ事も可能です。

コテージによっては近くにコンビニのない所がありますが何軒かのコテージにはカフェや売店も併設されています。

また、小さい子供がいる方でもペット同伴やカップルでコテージに宿泊する事で楽しめる環境も整っていて、自宅へ帰りやすいというメリットが「奥多摩」にはあります。

奥多摩のコテージから行ける近くのおすすめ観光スポット

それでは最後に、現在宿泊している「奥多摩」のコテージから行ける観光スポットをご紹介していきます。

観光施設内ではペットを同伴できませんが、湖の周りや森林、山道や小道の散策などではきっとカップルや家族連れで思い切り運動や散歩などを楽しむ事ができるでしょう。

日本の四季の美しさを味わえる奥多摩湖

まず最初のおすすめ観光スポットは、日本ならではの美しい四季の移り変わりが味わえる「奥多摩湖」です。

「奥多摩湖」は、多摩川上流の巨大な人工湖として知られ青梅街道を西へと進んで行ったところに位置しています。

「奥多摩湖」のある場所はちょうど山梨との県境に近い山奥、日本最大級のダムである「奥多摩湖」は、飲料用水を確保するための専用貯水池です。

この「奥多摩湖」へはJR奥多摩駅からバスを利用してアクセスする事も可能、都心部に比べ標高が高いので涼しく、新鮮な空気と湖岸線、見事な紅葉が満喫できる場所です。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町原5
電話番号 0428-83-2152

自然が織りなす絶景・鳩ノ巣渓谷

「奥多摩」のコテージから行ける次なる観光スポットは、マイナスイオンの豊富な幻想的絶景の広がる「鳩ノ巣渓谷」です。

奥多摩にあるこの「鳩ノ巣渓谷」は、大多摩ウォーキングトレイルの1番の見所としても知られる場所、奥多摩の壮大で圧倒されそうな渓谷を体感する事ができる所です。

奥多摩の「鳩ノ巣渓谷」は、山間の川の上流にあり周囲の渓谷も優美で圧倒されますが、ウォーキングとして歩くのにも最適な場所です。

奥多摩にある鳩ノ巣駅を下車し、川の方へ歩いていくと最大の見所である吊り橋が見えてくるので、その吊り橋をゆっくり渡りながら絶景を楽しみます。

吊り橋を楽しみ、絶景を写真に納めたら2キロのウォーキングがここからスタートします。景色を眺めながら良い汗を書けばきっと自分自身がだんだんと癒され解放されていっているのに気付くでしょう。

ここには岩場やアップダウンの激しい場所があるため足元には注意し、歩きやすい靴で1時間のウォーキングに挑むのがおすすめです。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町棚澤 

ひんやりと涼しい日原鍾乳洞は子どもたちにも人気

「奥多摩」のコテージから行ける観光スポット最後のおすすめはひんやりとした涼しさが子供達に人気の「日原鍾乳洞」です。

「奥多摩」の「日原鍾乳洞」は、年間を通じて気温が11度のまま保たれ夏は涼しく感じますが冬は暖かく感じるというのが特徴です。

ここではライドアップされた幻想的な鍾乳洞の他、高さ2メートルを誇る白衣観音(びゃくえかんのん)や蓮華岩(れんげいわ)などの鍾乳石、石柱が見所です。

つらら状に垂れ下がっている神秘的な鍾乳石(しょうにゅうせき)は、たった3センチ伸びるのに200年の年げつがかかるそうです。

他にも「奥多摩」の神秘が再発見できる場所は数多く存在し、江戸時代に茶人でもあった造園家によって考案された不思議な音色を奏でる水琴窟(すいきんくつ)もその1つです。

雨の日や雨量の多い日、鍾乳洞の中は水滴が垂れている状態になるのでカッパや雨具、上着を用意してから見学するのがおすすめです。

奥多摩駅前の交差点からは約20分、4月1日から11月30日までの営業時間は午前9時から午後5時まで、12月1日から3月31日までは午前9時から午後5時30分までとなっています。

奥多摩にある「日原鍾乳洞」には無料の駐車場も完備されていて、入場料金は大人800円、中学生が600円、小学生は500円です。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町日原
電話番号 0428-83-8491

Thumb奥多摩の紅葉スポットならココ!や絶景の名所と見ごろの時期をリサーチ!
奥多摩は都心からのアクセスがよく、紅葉の名所として人気があります。奥多摩湖や氷川渓谷、秋川渓...

奥多摩のコテージで楽しい休暇を過ごそう!

「奥多摩」にあるお得な値段で泊まれる安いコテージや、奥多摩のコテージへ宿泊する際の注意点、奥多摩のコテージから近い見所スポット、奥多摩のコテージの種類などをお届けしてきました。次の休暇は、「奥多摩」ならではの絶景が楽しめるコテージやムード満点のコテージで最高の思い出を作ってみてはいかがでしょう?

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ