佐渡島へはフェリーがおすすめ!乗り場や所要時間・料金など徹底紹介!

観光名所もたくさんある佐渡島へは、どうやって行けばいいのかわからないと言う声も多数あります。おすすめなのはフェリーを利用して佐渡島に行く方法になるのですが、フェリーを利用したことがない人にもわかりやすく乗り場や料金、所要時間に予約方法などを徹底解説します。

佐渡島へはフェリーがおすすめ!乗り場や所要時間・料金など徹底紹介!のイメージ

目次

  1. 1佐渡島へのフェリーでの行き方をご紹介!
  2. 2佐渡島はどんなところ?
  3. 3佐渡島へのフェリーでの行き方(1)新潟港から両津港
  4. 4佐渡島へのフェリーでの行き方(2)直江津港から小木港
  5. 5お得がいっぱいある「さどまる倶楽部」
  6. 6佐渡島へのフェリーの予約方法
  7. 7佐渡島へのフェリーの料金
  8. 8フェリーに乗って佐渡島へ遊びに行こう!

佐渡島へのフェリーでの行き方をご紹介!

観光名所がたくさんある佐渡島へは、フェリーでのアクセスがおすすめ!のんびりと船旅をして、観光を楽しむのも島への旅行の醍醐味と言えるでしょう。そこで、どこからフェリーに乗るのか、時間はどれくらいなのかなどは知っておきたいポイントです。

当記事では、佐渡島へおすすめのフェリーで行く場合のフェリー乗り場の場所や料金、所要時間から予約方法まで佐渡島へのフェリー利用に便利な情報をまとめました。お得な割引はあるのかや、車でフェリーに乗れるのかなども紹介していきます。

佐渡島はどんなところ?

新潟県西部にある佐渡島ですが、沖縄本島の次に大きい島になるので東京23区よりも面積は大きいです。そんな佐渡島ですが、1番有名なのは佐渡金山でしょう。当時の情景を見ることができるので、観光スポットとしても歴史を辿れると人気があります。

また、自然が豊かな島で緑を含めて一つ一つが展示物のように楽しめると言われてます。そのため、自然の景色そのものも楽しめるとして人気があります。

そんな佐渡島には、その昔に京都から流刑になった人が多くいました。中には文人や政治家なども多くいたと言われてます。そのことから佐渡島には様々な文化として、伝統芸能が受け継がれています。中でも能は、江戸時代に200以上の舞台があったそうです。

現在でも数は減ってしまったが能舞台は約30近くは残っていて、人口あたりの能舞台数は当初の江戸時代から現在も変わらずに全国で一番を誇っています。そんな伝統芸能も魅力的な佐渡島ですが、長い歴史を感じながら楽しめるポイントがとても多いです。

他にもキリシタンにゆかりのある場所などもあるので、歴史が好きな人にもおすすめの島の一つと言えるでしょう。

日本の夕陽百選に選ばれている景勝地もありますので、言葉を失うほどの美しい景色も楽しむことができます。都会の喧騒を忘れて自然豊かな観光名所を楽しみたい方は、一度は佐渡島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Thumb佐渡島の観光スポット15選!人気名所やおすすめの穴場も紹介!
新潟・佐渡島には人気の観光スポットがたくさんあります。今回は、おすすめの観光スポット15選に...

佐渡島へのフェリーでの行き方(1)新潟港から両津港

佐渡島へのフェリーでのアクセスの仕方を紹介して行くのですが、その一つが新潟港からフェリーに乗る方法です。佐渡島へフェリーで行く場合には一番選ばれるコースになるのですが、どんなフェリーになるのかや料金などは気になるところです。

そこで、まず初めに新潟港から佐渡島へ向かった場合について紹介していきます。新潟港を出発した場合は、佐渡島で到着するのは両津港になります。運行しているフェリーは2種類あり所要時間や料金などは異なるのでチェックしていきましょう。

カーフェリーとジェットフォイルの2種類で運航

新潟港から出港しているフェリーはカーフェリーとジェットフォイルの2種類になります。カーフェリーは車で佐渡島を回りたい方におすすめのフェリー。佐渡島を徒歩やバス、タクシーなどを使わずに自由に動けるので人気があります。

新潟港からのカーフェリーは、1日に5便出港していて始発の6時から最終の19時半まであるので時間も選びやすいのではないでしょうか。

カーフェリーは料金が高くなってしまいますが、離島観光には便利です。また、車がないと乗れないわけではありません。新潟港からは一番乗車する観光客が多いフェリーになるので、まずは出港時間などを見て検討してみてはいかがでしょうか。

新潟港から出港しているもう一つのフェリーが、ジェットフォイルになります。ジェットフォイルは航空機の技術を使い造られていつフェリーで、海上を飛ぶように進んでいくフェリーになります。フェリーとしてのスピードも早く人気があります。

また、ジェットフォイルは海面に触れる部分がほとんどないことから波により揺れることもほとんどありません。そのため、船酔いもしずらいと言われているので乗り物酔いが心配な方にもおすすめなフェリーになっています。

新潟港から佐渡島へのジェットフォイルは、カーフェリーよりも便数が多く1日7便運行しています。

所要時間と乗り場・料金

カーフェリーを利用した場合には、所要時間が約2時間半になります。料金は片道で大人2550円からとなります。どこの席を利用するかで料金は変わってきてしまい、車は別途で料金が発生します。また、ペットや2メートルを超える手荷物も料金が発生します。

ジェットフォイルは、所要時間が約1時間となるのでカーフェリーよりも短い時間で移動できるのでおすすめになります。料金は高く、片道で大人6640円となっています。

最後に新潟港のフェリー乗り場になりますが、カーフェリーもジェットフォイルも乗り場は同じ場所になります。目印としては近隣にホテル日航新潟があり、その先にある波止場がフェリー乗り場となっています。一時間前には到着しているのがおすすめです。

佐渡島へのフェリーでの行き方(2)直江津港から小木港

メインとなっているのは新潟港からフェリーに乗って佐渡島にアクセスする方法になりますが、佐渡島行きのフェリーは直江津港からも出港しています。こちらを利用した場合には、佐渡島の小木港に到着するフェリーとなっています。

直江津港から運行しているフェリーは一種類になるのですが、新潟港とは違う航路での運行になってます。そのため、どこから新潟県に入り佐渡島を目指すのかお考慮してフェリーを選ぶことができます。では、直江津港からのフェリーについて見ていきましょう。

北陸方面から佐渡へ行く場合はこちらがおすすめ

佐渡島の一番南の場所から直線上で真っ直ぐ南に降りた場所にあるのが直江津港になるので、北陸方面や関西、中部から佐渡島にアクセスする場合にはおすすめになります。また、上越妙高駅まで新幹線でアクセスした場合も直江津港はおすすめです。

直江津港から佐渡島まで運行しているフェリーは、高速カーフェリーになります。定員数が628人になりますが、全席指定席になっています。

ただ、先ほど紹介した新潟港とは異なり1日に運行している便数は2便と少ないので注意が必要になります。時間は9時半発と14時10分発となっているので、違う時間が希望の場合には新潟港まで足を伸ばさないと行けなくなります。

所要時間と乗り場・料金

直江津港から佐渡島までの所要時間になりますが、こちらは高速船になっているので約1時間40分ほどの時間で到着することができます。運賃は大人で片道3970円からとなっているので、新潟港のカーフェリーより少し高くなります。

車両の料金は大きさなどによって異なり別途かかりますので、車で佐渡島にう買う場合には料金も含めて事前に確認するのがおすすめです。

直江港のフェリー乗り場になりますが、場所は関川を海の方に向かっていくと波止場が見えてきて、そこに高速船乗り場があり乗り場の手前の道路沿いには駐車場も完備されてます。直江津駅から乗り場までは、車で約5分ほどの距離になります。

お得がいっぱいある「さどまる倶楽部」

佐渡島までのフェリーの料金や乗り場について紹介しましたが、料金が高いと感じる人もいるでしょう。そんな方におすすめなのが割引情報になります。そこでおすすめになるのが「さどまる倶楽部」に会員登録をして割引を受ける方法になります。

会員登録といっても料金は発生しないので、無料で割引サービスを受けることができます。そのため、佐渡島に観光に行く時には登録しておくとお得で楽しめます。

実際に受けることができる割引特典ですが、まずはフェリーになります。こちらはさどまる倶楽部で指定している宿泊施設を利用した場合に受けることができるのですが、ジェットフォイルの場合には約1000円近くの割引となっているのでお得です。

また、フェリーだけではなく佐渡島に行ってからも割引特典を受けることができます。その一つが、島内の土産物店や体験施設、公共施設入館の割引。こちらは観光で訪れている場合には嬉しいサービスになっているので利用しないともったいないです。

さどまる倶楽部の割引はこれだけではありません。地物料理と特産品のお土産が付いた1泊2食のおもてなし宿泊プランを利用することも可能です。

そして最後に嬉しいのが、車で佐渡島に向かっていない時には路線バスやレンタカーを利用する人も多いでしょう。そんな移動手段に対しても割引サービスを受けることができます。無料の会員登録で受けれるので、佐渡島観光にはぜひ利用してみてください。

佐渡島へのフェリーの予約方法

お得なサービスについて紹介してきましたが、実際にフェリーを利用して佐渡島に行く時にはどのように予約すればいいのでしょうか。佐渡島行きのフェリーを運行している佐渡汽船が行っている予約方法がわからないと、フェリーに乗れなくて困ってしまいます。

そこで、佐渡島観光に向かうときのステップになるフェリーの予約方法について紹介していきます。予約方法は2通りありますので、それぞれの予約方法から自分にあった方法を選んでください。では、どのように予約をするのか見ていきましょう。

インターネットや電話などで予約可能

最初に紹介するのはインターネットを使って予約する方法になりますが、こちらは佐渡島行きのフェリーを運行している佐渡汽船の公式ホームページを利用することで可能です。予約が可能になるのは3ヶ月前からとなるので気をつけましょう。

インターネットを利用して予約する場合には、予約の空席情報もカレンダーで確認して空き状況を確認することができるので便利です。

また、インターネットを使った予約方法でも車を運ぶ場合の予約も行うことが可能です。ただ、サイドカー付きバイクや貨物車などの一部の車に関してはインターネットで予約することができません。支払い方法は、クレジットカードか現金になります。

インターネットを使うのが苦手な方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、直接電話をかけて予約する方法になります。電話予約も3ヶ月前まか開始となっているので、予約をする日にちには注意するようにしましょう。

また、電話で予約をする場合には新潟港と直江津港、ナビダイヤル、予約センターのそれぞれの箇所によって電話受付時間は異なってしまいます。早いところは17時には受付が終わってしまうので、電話する時間にも注意が必要になります。

佐渡島へのフェリーの料金

最後になりますが、佐渡島へのフェリー料金について紹介していきます。佐渡島行きのフェリーは所要時間が短いジェットフォイルが一番高い料金になっています。また、車を運ぶことができなくなっているので短い時間で移動したい方にはおすすめです。

逆に一番安い料金で利用することができるのは、新潟港のカーフェリーになります。2等の場合には最安値で片道2550円になるのでジェットフォイルの片道料金で往復することができます。時間と料金のどちらを選ぶかで決めるのもおすすめの方法です。

割引料金はある?

先述して紹介した割引情報の他にも割引が適用される場合があります。併用することはできないので、お得な方を選んで割引を受けるようにしましょう。公式ホームページでも割引情報は確認することができるのですが、一番のおすすめは早特割引になります。

こちらはジェットフォイル便になりますが、乗船日の59日前から40日前に事前決済手続きを完了で適用されるのから30日前、20日前、10日前と各種割引があります。他にも、色々な割引やキャンペーンがあるので、予約する前に確認しましょう。

車を載せることはできる?

最後に車を乗せることができるのかになりますが、先述してきたように車両を乗せてフェリーで佐渡島に向かうことは可能です。車を乗せることができるのは新潟港のカーフェリーと直江津港の高速カーフェリーの2種類になります。

料金は新潟港と直江津港で異なります。というのも、直江津港から出港しているフェリーは高速船になっているので、車を乗せた場合の料金は新潟港よりも高くなってしまいますので注意してください。

車の料金は、新潟港の場合は3メートル未満の11990円からとなっています。これに対して直江津港は、3メートル未満の14470円からとなっています。車で佐渡島に向かう場合には、キャンペーンが行われることがあります。

往復料金よりも割引になりお得になる場合もあるので、車で佐渡島に向かうのを検討中の方は事前に公式ホームページや電話で確認をするのがおすすめです。料金はお得な方を適用してくれるので、ぜひ事前にチェックしてお得に楽しみましょう。

Thumb佐渡島のアクセス情報まとめ!フェリー・飛行機の時間と料金を徹底比較!
新潟県の誇る離島「佐渡島」では、世界遺産にも登録されている鉱山にめずらしい植物、そして美しい...

フェリーに乗って佐渡島へ遊びに行こう!

歴史や自然に触れることができる佐渡島ですが、フェリーも簡単に予約し乗船できるので便利なアクセス方法になります。各種割引もあるので船室の2等や1等などに拘らない場合には、安い料金で往復することが可能です。

また、佐渡島観光を自家用車で楽しみたい方は車で向かうこともできます。新潟県から佐渡島までの短い時間にはなってしまいますが、フェリーに乗って船旅も楽しんで見てください。短時間の移動も、のんびり移動もフェリーを楽しめるのでおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ