「長命うどん」は名古屋で話題の老舗!店舗やおすすめのメニューは?

大正2年創業の愛知県名古屋発祥の老舗うどん店「長命うどん」は、長い間愛知県民・名古屋市民に愛されてきたうどん店です。今も昔も変わらぬうどんが食べられるので人気があります。愛知・名古屋で人気うどん店「長命うどん」のおすすめメニューや店舗をご紹介します。

「長命うどん」は名古屋で話題の老舗!店舗やおすすめのメニューは?のイメージ

目次

  1. 1【愛知・名古屋】話題の老舗「長命うどん」とは?
  2. 2「長命うどん」が人気の理由
  3. 3「長命うどん」の食べ方
  4. 4「長命うどん」のおすすめメニュー
  5. 5「長命うどん」の口コミ
  6. 6「長命うどん」の店舗情報とアクセス
  7. 7愛知の人気うどん店「長命うどん」は公式サイトも要チェック!
  8. 8話題の「長命うどん」へ行ってみよう!

【愛知・名古屋】話題の老舗「長命うどん」とは?

愛知・名古屋発祥の老舗「長命うどん」は、人気のうどん店で、愛知県民や名古屋市民で知らない人はいないというくらいに人気のお店です。こだわりのあるうどんが食べられるということで、地元でも人気があります。

愛知・名古屋の老舗うどん店「長命うどん」は、他では味わうことのできないユニークなうどんメニューがあることでも知られています。その組み合わせには、思わず「えっ」と言葉がでるような斬新なメニューが楽しめます。

「長命うどん」もうどんは、贈答品などにも送られるそんなうどんで、一度は食べておきたいそんなうどんを楽しむことができます。愛知・名古屋で人気のうどん店「長命うどん」でおすすめのメニューや店舗をご紹介します。

【愛知・名古屋】長命うどんの歴史

愛知・名古屋発祥の長命うどんの歴史について少しご紹介しましょう。長命うどんの歴史はなんと、大正2年まで遡ります。高村 光雲や夏目 漱石、芥川 龍之介がまだ生きていた時代です。今からもう100年以上も昔のことです。

愛知・名古屋が今の姿を想像できないほど閑散としていた時代から、こちら長命うどんは存在していました。その時代からこだわりのうどんが食べられるということで人気がありました。今でもうどんへの情熱が変わらないそんなお店です。

愛知・名古屋で人気のうどん店「長命うどん」の「長命」はいったいどこからきているかご存知ですか。実は、大正時代に「納屋橋」という橋がかけられた際に、橋渡り式で初代の夫婦が選ばれました。そして、名古屋市長から「長命」の名を承り、それ以上冠に「長命」を掲げるようになりました。

Thumb名古屋でうどん屋のおすすめ紹介!有名店や深夜もおいしい店が勢揃い!
名古屋は、皆さんもご存知のように味噌カツやひつまぶし、手羽先などご当地グルメが多く、美味しい...

「長命うどん」が人気の理由

ここでは、「長命うどん」が人気の理由についていくつかご紹介しましょう。「長命うどん」が人気の理由にはいくつもの理由がありますが、大きな理由としては下記の2つが挙げられるのではないでしょうか。

まず、ひとつめの人気の理由は、「のどごし」です。もうひとつは、「揚げたての天ぷら」になります。それでは、この2つの人気の理由について詳しくご紹介しましょう。

のどごし

のどごしですが、やはり、うどんというと、こののどごしは大変重要なファクターとなります。こののどごしいかんで、うどんの旨さが決まってしまうといっても良いのではないでしょうか。

するするとうどんを音を立ててすすったときに、のどごしの悪いうどんであると、のどで引っかかるそんな感じがありますが、「長命うどん」のうどんは、のどにひっかかることなく、するすると食べることができます。

また、小麦粉の風味もしっかりと感じられて、美味しいうどんとなっています。皆さんも、来店してのどごしの良い「長命うどん」のうどんを楽しんでみてください。

揚げたての天ぷら

「長命うどん」のうどんはのどごしも良く美味しいのですが、揚げたての天ぷらもまた、美味しいのでおすすめです。この天ぷらもまた「長命うどん」のうどんをさらに美味しくしてくれます。

天ぷらには、海老やイカ、かき揚げ、ナス、ちくわ、いもなどたくさんの種類の天ぷらがあるのでおすすめです。うどんのつゆがしみ込んだ天ぷらもまた最高です。かき揚げは、サクサクっと揚げられていて本当に美味しいです。

うどんとの相性も抜群の天ぷらなので、ぜひともうどんとともに楽しんでほしいそんな天ぷらを楽しむことができます。

「長命うどん」の食べ方

ここでは、「長命うどん」の食べ方についてご紹介しましょう。「長命うどん」では、実は、通な食べ方というのがあるのはご存知でしょうか。この通な食べ方を知っているのといないのでは、楽しみ方がまったく違います。

まず、ひとつめは、「組み合わせて楽しむ」ということです。次に、「食べる温度」を選べるということです。さらには、「トッピングを楽しむ」ということです。これらのことを考えて食べることで、通な食べ方ということになります。

組み合わせて楽しむ

「組み合わせて楽しむ」とはどういうことかといいますと、実は、「長命うどん」では、4種類の麺が用意されています。ひとつは、「うどん」で、もうひとつは「そば」、さらに「中華そば」と「きしめん」があります。

これほどまでにこだわって4種類もの麺を置いてあるお店はほとんどないといってもいいでしょう。どうして、4種類もの麺を用意してあるかといいますと、ひとつの器の中に、それぞれの組み合わせの麺を入れて楽しめるということです。

ひとつの器の中に4種類すべてを入れてもいいですし、うどんと中華そばなども違った食感を楽しむことができるのでおすすめです。

食べる温度

食べる温度は、3つの中から選ぶことができます。温度が「温」と「冷」の2つは通常あるとは思いますが、「長命うどん」にはもうひとつの温度があります。それが、「ぬる」です。「ぬる」とはぬるいとうことで、実はこのぬるい温度がもっともうどんの味を楽しめるのだとか。

みなさんも、まだ、うどんで「ぬるい」温度で楽しんだことのない方は、ぜひ、「長命うどん」で「ぬる」を注文して、うどん本来の味を楽しんでください。

トッピングを楽しむ

次に、「トッピングを楽しむ」ということですが、「長命うどん」では、海老をはじめ、イカやかき揚げ、ナス、ちくわ、いもなどの天ぷらをトッピングして楽しむことができます。「長命うどん」の天ぷらもかなりレベルが高いので、ぜひ注文してみてください。

このように、麺と温度、トッピングによって、なんと100通り以上の組み合わせのメニューを楽しめるそうです。これほど多いメニューのバリエーションはなかなかないはずです。

「長命うどん」のおすすめメニュー

こちらでは、「長命うどん」のおすすめメニューについていくつかご紹介しましょう。「長命うどん」のおすすめメニューには、4種類の麺があります。その麺を組み合わせることで、色々な楽しみ方ができます。

「長命うどん」のおすすめメニューには、「う中」と「うそ中」、「うそ」などがあり、これだけ見ると、どんなメニューかわからないので、このあとひとつひとつご紹介します。この麺のバリエーションこそが、「長命うどん」が人気となっているひとつになっています。

う中

「う中」は、なんの略かといいますと、「うどん」と「中華そば」になります。ひとつの器の中に、うどんと中華そばが入っているというメニューになります。公式サイトを見てみると、やはり組み合わせの中でもっとも人気のあるのがこの「う中」だそうです。

和のうどんと中華の中華そばを組み合わせるとは、なかなかのこだわりぶりです。このようなメニューを置いている店舗はそうそうないように思います。出汁の効いた器の中で、中華そばがどんな化学反応を起こすのかお愉しみください。

うそ中

「うそ中」は、「うどん」と「そば」、「中華そば」がひとつの器の中に入っています。3つもの麺がどのようなハーモニーを奏でるのかは、みなさんが実際に体験していただければと思います。

おそらく、びっくりするほどの相性で美味しくいただくことができるはずです。ご注文の際には、「うそ中」といっていただければ大丈夫です。さらに、きしめんを加えることも可能です。

うそ

「うそ」は、「うどん」と「そば」の組み合わせになります。そばの風味とうどんのコシの両方を楽しめるということで人気があります。うどんとそばを同時に楽しめる贅沢な一杯となっています。

「長命うどん」ならではの組み合わせで楽しむことができるというのが、やはり、ここまで長い間、「長命うどん」が人気だということなのかもしれません。しかも、それぞれの麺がすべてレベルが高いという点も挙げられます。

「長命うどん」の口コミ

「長命うどん」の口コミは、やはり、うどんの旨さにあります。うどんは、のどごしも良く、するすると食べやすく出汁との相性も最高との評判です。「長命うどん」の口コミは、食べログなどのグルメ口コミサイトで見ることができます。

食べログなどのグルメ口コミサイトを見てみると、うどんはもちろんのこと、天ぷらの評価もなかなか高いものがあります。サクッと揚げられた天ぷらは、このうどんと出汁にもマッチしています。

店内には、カウンターとテーブル席があり、ひとりでも子連れファミリーでも気軽に利用することができるのでおすすめです。

「長命うどん」の店舗情報とアクセス

ここでは、「長命うどん」の店舗情報とアクセスについてご紹介しましょう。「長命うどん」の店舗情報では、本店や千音寺店の直営店の店舗についてご紹介していきます。また、それぞれの店舗の様子やアクセスについても併せてご案内します。

さらに、「長命うどん」では直営店のほかにも、のれんわけの店舗もあります。そののれんわけの店舗についても併せてご紹介していきます。

本店の店舗情報

本店の店舗情報ですが、名古屋市中村区下中村町にある店舗で、年中無休での営業で、営業時間は10時から19時30分になります。本店らしい味のある老舗感を感じられる店構えです。暖簾をくぐって、店内へと入ると、カウンター席とテーブル席、小上がり座敷もあります。

ひとりでも友人とでも子連れでも気軽に利用できるそんな空間になっています。アットホームな雰囲気もとても落ち着けます。カウンター脇には、美味しそうな天ぷらが積み重なっています。

本店へのアクセス

本店へのアクセスは、名古屋市バス「千成通」から徒歩2分で、地下鉄東山線中村公園駅の6番・5番出口から徒歩12分、地下鉄桜通り線中村区役所駅の4番出口から徒歩14分です。駅からは少し歩きますので、バスがいいかもしれません。

駐車場は20台ほど用意されていて、車でのアクセスにも対応できます。車は、中村区役所のある太閤通りから入ってくるといいでしょう。

港店の店舗情報

港店の店舗情報ですが、実はこちらの店舗は直営店ではなく、のれんわけの店舗になります。名古屋市港区七番町にあるお店になります。年内無休での営業で、営業時間は月が10時30分から15時で、火から日は10時30分から19時30分です。

小奇麗な建物の1階にあるお店で、大きな看板が掲げられているのですぐにわかります。店内へと入ると、カウンター席とテーブル席のあるお店で、ひとりでもグループでも気軽に利用できる空間となっています。

港店へのアクセス

港店へのアクセスは、東海通駅から徒歩8分ほどの場所にあります。駐車場は5台ほど完備されています。

駐車場はそれほど台数が多いわけではありませんので、できる限り、乗り合わせでご来店ください。

千音寺店の店舗情報

千音寺店の店舗情報ですが、名古屋市中川区新家にある店舗で、定休日は月曜日になりますが、祝日には10時30分から15時まで営業しています。通常の営業時間は10時30分から19時30分です。

青い看板や青い暖簾が目を引く店舗で、店内へと入ると、清潔感があり、カウンター席やテーブル席のお店です。

千音寺店へのアクセス

千音寺店へのアクセスは、春田駅から1.5キロほど離れていますので、車でのアクセスということになります。県道40号線沿いということもあり、「新家」交差点近くということでわかりやすい立地です。

駐車場も完備されていますので、安心して車で来店してください。駐車場にも大きな看板があるので、駐車場の入り口もわかりやすいです。

のれん分け系列店もあります!

「長命うどん」には、直営店舗だけでなく、のれん分け系列の店舗もあります。「長命うどん」は、うどん作りの技術を伝えるために、のれんわけ制度を設けています。なお、こののれん分けは、本店で3ヵ月程修業したあとに、一人前と認められた人だけにのれん分けをしています。

今では、そののれん分けの店舗も、南陽町店と新栄店、弁天通店、さきほどご紹介した港店の4つになっています。

愛知の人気うどん店「長命うどん」は公式サイトも要チェック!

最後に、愛知の人気うどん店「長命うどん」の公式サイトについてご紹介しましょう。「長命うどん」には、公式サイトが開設されていて、「長命うどん」の歴史やうどんへのこだわり、おすすめの食べ方、店舗情報などが掲載されています。

愛知の人気うどん店「長命うどん」の公式サイトをみると、どれだけ、魅力のあるうどんなのかというのが理解できるはずです。そして、この公式サイトのおいしさの秘密をしれば、「長命うどん」のうどんがどうして旨いのかが理解できるはずです。

おすすめの食べ方では、ポイントはやはり、つゆの温度ではないでしょうか。うどん本来の風味を楽しむには、「ぬるい」温度が良いようです。店舗の情報も直営店からのれんわけの店舗まで掲載されています。

話題の「長命うどん」へ行ってみよう!

愛知・名古屋で話題のうどん店「長命うどん」の魅力やおすすめメニューをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

うどんはのどごしも良く、するすると食べられて、美味しい天ぷらも人気のお店です。名古屋にお越しの際には、こちら「長命うどん」の個性的なうどんメニューを楽しんではいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ