東伏見稲荷神社は東京のパワースポット!お守りの種類や御朱印・ご利益は?

東京都西東京市にある東伏見稲荷神社は、あの伏見稲荷大社から分霊されたという由緒を持つ神社であり、さまざまなご利益があると人気です。そこで東伏見稲荷神社について、そのご利益や見どころ、参拝方法、そして御朱印やお守りの情報についても紹介します。

東伏見稲荷神社は東京のパワースポット!お守りの種類や御朱印・ご利益は?のイメージ

目次

  1. 1東伏見稲荷神社のご利益などについてご紹介!
  2. 2東伏見稲荷神社について
  3. 3東伏見稲荷神社の基本情報とアクセス
  4. 4東伏見稲荷神社でおすすめのパワースポット
  5. 5東伏見稲荷神社で人気の御朱印・お守り
  6. 6東伏見稲荷神社周辺の神社仏閣は?
  7. 7東伏見稲荷神社へ参拝してご利益を授かろう!

東伏見稲荷神社のご利益などについてご紹介!

稲荷神社というと、京都にある伏見稲荷大社をはじめとして、全国にたくさんあり、パワースポットとして知られているところも多くあります。そんな人気の稲荷神社が西東京市にもあります。その「東伏見稲荷神社」について、ご利益や御朱印、お守りの種類やおすすめの見どころなどを紹介します。

東伏見稲荷神社について

それではまず「東伏見稲荷神社」とはどのような神社なのかについて紹介しましょう。そもそも「西」東京市にあるのに「東伏見稲荷神社」というのは、どういう意味があるのでしょうか。まずは東伏見稲荷神社の由緒とともに、期待できるご利益がどのようなものか見ていきます。

東伏見稲荷神社は西東京市にある伏見稲荷大社の分霊


名前から推測がついた方も多いでしょうが、東伏見稲荷神社は京都の伏見稲荷大社の分霊を祀っています。関東で稲荷神を信仰する人たちが分霊を望み、1929年、伏見稲荷大社から分霊を行い、勧請されたのです。伏見稲荷大社の「東」にあるから「東伏見稲荷神社」なのです。

この神社のある場所ですが、もともとは東京都保谷市であり、近くの駅も「上保谷」という名前でした。ところがこの神社ができたことで周辺の地域の名前が「東伏見」に変わり、それに伴って最寄りの駅も「東伏見」駅に変わりました。

このように、東伏見稲荷神社にちなんで周辺の地名や駅名も変わり、2001年に保谷市と田無市が合併し、現在の西東京市になったのです。そのため、「西」東京市に「東」伏見、また東伏見稲荷神社があるというちょっとややこしいことになっているのです。

御祭神は伏見稲荷大社の御祭神の中から、宇迦御魂大神、佐田彦大神、大宮能売大神が勧請され、祀られています。この3柱の神様を総称し「東伏見稲荷大神」と称し、信仰を集めているのです。

東伏見稲荷神社は神社としては比較的新しいこともあり、規模としては大きいのですが、近代の社格制度の中では社格を与えられることはありませんでした。一方で第二次世界大戦の前には中島飛行機の社員研修所が置かれ、教育が行われたこともあります。

商売繁盛から家内安全まで幅広くご利益が授かれる

この東伏見稲荷神社はさまざまなご利益が期待できる神社として人気があります。先ほど紹介したご祭神のうち宇迦御魂大神は伏見稲荷大社の主祭神で、いわゆる「お稲荷さん」です。食物の神として生まれたことから農業、商工業の神として知られ、商売繁盛、五穀豊穣のご利益があると多くの崇敬を集めます。

また佐田彦大神は伏見稲荷大社の中社の神とされており、「導きの神」「衢の神」とされます。そのため道中安全や交通安全のご利益があると言われます。さらに大宮能売大神は宮殿の平安を守る神ということで家内安全や技芸上達のご利益があるとされます。

このように、東伏見稲荷神社に祀られるご祭神はそれぞれにご利益が期待できることから、神社のご利益もさまざまな種類が期待できるということになります。願う人の心に寄り添い、その願いを叶えてくれるということで人気が高いのです。

東伏見稲荷神社にある赤い鳥居群は圧巻!

京都の伏見稲荷大社というと、千本鳥居を連想する方は多いのではないでしょうか。東伏見稲荷神社にもたくさんの朱色の鳥居が並び、そこを回ることでさまざまな神様を参拝することができるとされています。

鳥居や建物が美しい朱色に塗られているそのさまが、周囲の緑に映えてとても美しいと古くから人気があり、「新東京百景」の一つにも取り上げられています。東伏見稲荷神社に参拝するときは、ぜひこのコントラストも楽しむことをおすすめします。

Thumb伏見稲荷大社のご利益で金運も恋愛運もアップ!パワースポットが満載の神域!
金運や恋愛運のご利益で有名な「伏見稲荷大社」には世界中から多くの人が訪れますが、金運や恋愛運...

東伏見稲荷神社の基本情報とアクセス

次に、東伏見稲荷神社の基本情報について紹介しましょう。東伏見稲荷神社に参拝する際にさまざまなご利益を期待して祈祷などをしていただきたい方や御朱印をいただきたい方は特に受付時間などチェックをおすすめします。またアクセスについても確認しておきましょう。

東伏見稲荷神社の基本情報

まず、東伏見稲荷神社の基本情報からです。祈祷などをしていただきたい場合、9時から16時30分が受付時間となっているので、この時間に直接神社で申し込みをすればしていただけます。結婚式など特別な祈祷を考えている方は8時30分から16時30分までの間に電話で問い合わせをしましょう。

後で述べますが、東伏見稲荷神社には「お塚参り」という参拝があります。ふつうに本殿だけを参拝するのと違って、こちらはそれなりに時間がかかることが見込まれます。時間ぎりぎりにならないようにアクセスすることをおすすめします。

東伏見稲荷神社へのアクセス

次に東伏見稲荷神社へのアクセスについて紹介します。東伏見稲荷神社は東京都西東京市東伏見1丁目にあります。最寄り駅は西武新宿線「東伏見」駅、「西武柳沢」駅で、これらの駅からは徒歩でアクセスできます。鳥居や看板などがあるので、それを確認して行くと徒歩で10分程度でアクセスすることが可能です。

JRを利用してアクセスする場合は「三鷹」駅、「吉祥寺」駅が最寄りとなります。また西武池袋線を使う方は「保谷」駅で下車しましょう。これらの駅からはバスを利用し、「東伏見稲荷神社」まで乗れば、下車してすぐのところに神社があります。

徒歩でアクセスする場合、鳥居などはあるものの、途中は住宅地の道路のようなところもあるので、スマホの地図などを確認しながら行くと安心です。駅からの地図を印刷して準備しておくのもおすすめです。

東伏見稲荷神社でおすすめのパワースポット

さて、この東伏見稲荷神社ですが、東京でも有数のパワースポットとしても知られます。パワースポットとしても人気が高い京都の伏見稲荷大社を勧請しているだけあって、伏見稲荷大社を模したスポットなどもあり、パワースポット巡りを楽しむ方にもおすすめの神社となっています。

本殿

東伏見稲荷神社に着いたら、まずは本殿に参拝をしましょう。先ほど少し触れたように、こちらの本殿は美しい朱塗りの建物となっており、周辺の緑とのコントラストが美しいと「新東京百景」にも選ばれています。

なお、東伏見稲荷神社の参拝はこれで終わりではありません。次に述べる「お塚参り」を行うことで「表裏」の参拝ができるとされています。お塚参りに行く前に自分の願い事に関係するお守りを授与していただいてから行くことになっているので、参拝が済んだらお守りをいただきましょう。

お塚参道

本殿の参拝が終わり、お守りを授与していただいたら、拝殿の向かって左側にある「お塚参拝道入口」からお塚参道に入っていきましょう。実はこのお塚参道を巡る「お塚参り」こそ、東伏見稲荷神社の参拝のメインと言っていいものなのです。

伏見稲荷大社に行ったことがある方は、伏見稲荷大社の背後の稲荷山を参拝するルートがあることを御存じかもしれません。東伏見稲荷神社のお塚参りは、この稲荷山参拝を模したものとも言われており、同じような赤い鳥居が続く道となっています。

このお塚参りですが、18の末社があり、そこを丁寧に参拝しながら回ることで運気がよくなり願いが叶うと言われています。入り口に「お塚案内図」があるので、それを撮影して、見ながら回ることをおすすめします。

なぜかというと、この末社はきれいに順番に並んでいるわけではありません。しかもご利益をいただくためには同じ末社を2度回らず、すべてを回り、そのすべてで一字一句同じ願い事を唱えなくてはならないという高難度のミッションがあるのです。

しかし、その並ぶ鳥居の中をくぐっていくうちに、パワースポットの持つ力が感じられるようになると言われています。特にこれらの末社の中には、伏見稲荷大社の主祭神で東伏見稲荷神社のご祭神である宇迦御魂大神を祀るものなどもあり、特にパワースポットの力が強いとされています。

こうしてお塚参りを終わって本殿の前に戻ってきたら、木々の間から差し込む太陽の光を撮影してみてください。まっすぐな強い光はパワースポットの力をあらわすように差し込み、運気をあげてくれると言われています。お天気のいい日が特におすすめです。

門前に佇む左右のお稲荷さん

パワースポットとしてもう一つ、忘れてはならないのが「お稲荷さん」です。稲荷神社には狛犬ではなく、眷属である狐が並んでいるのですが、この狐の口元を見ると、鍵のようなものと玉のようなものをくわえている狐がいるのです。

鍵は、稲荷神の尊い徳を見につけたいという願いを、玉は稲荷神の尊い徳を象徴していると言われます。稲荷イコール狐という理解が一般的ですが、狐はあくまでも稲荷神の眷属、使いという役割です。その徳を象徴するのですから、ここもパワースポットと言っていいでしょう。

ちなみに、稲荷神社の狐たちがくわえているものですが、もともと稲荷神は五穀豊穣の神なので、稲穂をくわえていました。それが商売繁盛や家内安全のご利益が加わる過程で、現在のように鍵や玉など、さまざまなものをくわえるようになったそうです。

東伏見稲荷神社で人気の御朱印・お守り

それでは次に、東伏見稲荷神社の御朱印やお守りについて紹介しましょう。先ほども述べたように、東伏見稲荷神社はさまざまなご利益が期待できると人気の神社であり、それだけいろいろな種類のお守りが授与されています。その中でも特におすすめのお守りや御朱印をいただく方法についてです。

東伏見稲荷神社の御朱印は受付時間に注意!

まず、東伏見稲荷神社の御朱印情報からです。御朱印は社務所の窓口でいただくことができます。祈祷の受付なども行っているので、場所はさほど迷うことはないでしょう。御朱印は中央に社名の御朱印、その上に社名が揮毫されます。右手に「福の神」と書かれるのが特徴的です。

こちらの御朱印は書く方がいる時には書いていただくこともできますが、書置きでの授与が多いようです。御朱印の初穂料は500円です。御朱印としてはシンプルなタイプですが、のびやかで読みやすい揮毫となっています。

いただける御朱印の種類ですが、基本的には1種類のみとなります。ただお正月などの時には限定の御朱印の書置きが授与されているという情報もあります。御朱印の受付時間は祈祷と同様に9時から16時30分ですので、余裕をもっていくことをおすすめします。

夢むすびは所願成就のご利益あり

次に東伏見稲荷神社のお守りについてです。先ほども述べたように、東伏見稲荷神社にはいろいろな種類のお守りがありますが、その中でも人気なのが「夢むすび」です。このお守りは諸願成就のお守りなのですが、最もかなえたい願い1つに効く「一願成就」のお守りとして知られます。

先ほど述べたように、お塚参りに行く前にお守りを授与していただくのですが、その際におすすめなのがこちらのお守りです。最もかなえたい1つの願いが叶うと言われるため人気も高く、ぜひともかなえたいものがある時にはぜひ授与していただくとよいでしょう。

自転車の交通安全守りは学生にも人気

いろいろな種類があるお守りの中で、学生さんにも人気が高いのが「交通安全」のお守りです。交通安全のお守りにもいろいろ種類がありますが、こちらのお守りは自転車がデザインされているもので、特に自転車を使う方へのご利益が期待できると言われます。

先ほども述べたように、ご祭神の佐田彦大神は交通安全などのご利益があります。交通安全のお守りは多くの神社で授与されており、種類も多いのですが、自転車をモチーフにしているものは全国的にも珍しいのではないでしょうか。

自転車ということで、自転車通学をする学生や、サイクリングを楽しんでいる方に特に人気となっています。色もピンクを基調にしたものと水色を基調としたものがあり、小ぶりでかわいらしいのも人気の秘密といっていいでしょう。

東伏見稲荷神社周辺の神社仏閣は?

最後に東伏見稲荷神社と一緒に巡るのがおすすめの寺社をいくつか紹介しましょう。まずは同じ西東京市にある「田無神社」です。こちらは鎌倉時代に創建された神社で、こちらも東京を代表するパワースポットと呼ばれています。特に五龍神はパワースポットの力が強いと言われます。

この五龍神はそれぞれ違う種類のパワーを持つと言われており、さまざまなご利益が期待できます。ぜひこちらも一緒に参拝し、パワースポットの力を存分に受け取ってください。

また東京都調布市にある深大寺も比較的近いお寺です。「深大寺だるま市」で知られ、733年に開創したという古い歴史を持っており、釈迦堂に安置されている仏像は国宝指定を受けています。名物の「深大寺そば」もぜひ味わってみてください。

Thumb「田無神社」は東京の人気パワースポット!アクセスやご利益・見どころ紹介!
東京にある大変人気のパワースポットの一つが「田無神社」です。龍神様などの強力なご利益が頂ける...

東伏見稲荷神社へ参拝してご利益を授かろう!

東伏見稲荷神社は伏見稲荷大社の分霊を勧請したというだけあってご利益の種類が多く、特にお塚参りはご利益が期待できるため、ぜひ参拝しておきたいところです。

ぜひともかなえたい願いがある方はもちろん、パワースポットの力を得たいという方も、東伏見稲荷神社をぜひ参拝してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ