モスバーガーはクレジットカード支払いがお得!使えるブランドやポイントまとめ!

美味しいハンバーガーが食べられる「モスバーガー」ですが、現金支払い以外にもクレジットカードの支払いがお得で便利なのをご存知でしょうか。今回は、そんなモスバーガーでのクレジットカード支払いについて使えるブランドやポイントなどの情報を詳しく解説していきます。

モスバーガーはクレジットカード支払いがお得!使えるブランドやポイントまとめ!のイメージ

目次

  1. 1モスバーガーってクレジットカード使えるの?
  2. 2モスバーガーってどんな店?
  3. 3モスバーガーで使えるクレジットカードブランド
  4. 4モスバーガーでクレジットカードを使う流れ
  5. 5モスバーガーってクレジットカード以外の支払い方法って何があるの?
  6. 6モスバーガーで利用するとお得なクレジットカードってあるの?
  7. 7ネット注文でもクレジットカードが利用可能
  8. 8モスバーガーでクレジットカードを利用してみよう!

モスバーガーってクレジットカード使えるの?

モスバーガーは、全国で展開している人気のハンバーガーチェーンです。こだわりの食材で作る美味しいハンバーガーが自慢のチェーン店で、ハンバーガー以外にも様々なサイドメニューを楽しむことができるので多くの方に人気です。

そんなハンバーガーがおすすめのモスバーガーですが、皆さんはモスバーガーを利用する時はいつも現金で支払いをされている方が多いのではないでしょうか。実は、モスバーガーでは現金支払い以外にクレジットカードが使うと大変便利でお得なんです。

今回は、全国にあるモスバーガーで利用できるクレジットカード支払いについて、使えるクレジットカードブランドや使用の流れ、ポイントの付与、そしてクレジットカード以外の支払い方法など気になる情報をまとめてご紹介します。

モスバーガーってどんな店?

ご紹介しているように、モスバーガーは美味しいハンバーガーやポテト、ドリンクなどが人気の日本で生まれたハンバーガーチェーンです。フランチャイズを含めて、日本のハンバーガーチェーン店の中では2番目に多いシェアを占めています。

2020年5月現在で店舗数は国内で1279店舗、国外で395店舗を展開しており、厳選した食材でオーダーを受けてから作るこだわりのハンバーガーチェーンとして人気を博しています。一般的なファストフードチェーンとは一線を画す独自のやり方が特徴です。

モスバーガーのメニューの特色としては、他のハンバーガーチェーンとは異なり、日本人の味覚にマッチしたパティやソースを選んでいるということです。世界で初めてテリヤキバーガーを発売したのもモスバーガーです。

2003年ごろからは、他のハンバーガーチェーンにはない高価格のハンバーガーを販売するようになり、ファストフードという概念を超えた高級志向を売りにするハンバーガー店として徐々に認識されていくようになりました。

また、モスバーガーは他のハンバーガーチェーンと比べて、環境に配慮した考えを持っているという点です。具体的にはプラスチック製のグラスやマグカップなどは使用せず、テイクアウトにはビニール袋は出さずに紙袋のみで対応しています。

このように、モスバーガーは独自の経営マインドを持ったお店として、一人でもファミリーでも幅広い世代に利用しやすいハンバーガーチェーンとして人気があります。

モスバーガーで使えるクレジットカードブランド

ここでは、モスバーガーで使えるクレジットカードブランドについてご紹介していきます。便利でお得な支払い方法として多くの方が利用しているクレジットカードですが、実はモスバーガーでもクレジットカードで支払うことが可能なんです。

一般的にハンバーガーチェーンでの支払い方法といえば、現金支払いを選択する場合が多いのではないでしょうか。ですが、モスバーガーではクレジットカードを利用して支払うのがお得であり便利です。

なぜ、モスバーガーでクレジットカード支払いがお得なのかというと、それはクレジットカードで支払いをすれば高い還元率でポイントが貯まるからです。ですので、よりお得に使い勝手よく支払うならクレジットカードの方が断然よいというわけなんです。

モスバーガーで支払いできるクレジットカードは複数あるので、皆さんが持っているクレジットカードのブランドを利用することもおそらく可能性です。どんなクレジットカードブランドが使えるか、主なブランドについてこれからご紹介していきます。

VISA

モスバーガーで使えるクレジットカードブランドの1つ目は、世界No.1の国際ブランドとして有名な「VISA」です。国内はもちろん、世界でも圧倒的なシェアを誇るブランドで知られています。

VISAブランドで発行されているクレジットカードとして代表的なものは、三井住友カード、三井住友カードゴールド、楽天カード、dカード、ライフカード、プラチナプリファード、MileagePlusセゾンゴールドカードなどがあります。

Master

モスバーガーで使えるクレジットカードブランドの2つ目は、世界各国で使えるシェアNo.2の国際ブランド「Master」です。国内や、海外では主にヨーロッパ方面で圧倒的なシェアを誇っています。

Masterブランドで発行されているクレジットカードとして代表的なものは、オリコカード、Yahoo!JAPANカード、auPAYカード、VIASOカード、ACマスターカード、イオンカード、MUFGカード、セゾンインターナショナルカードなどがあります。

JCB

モスバーガーで使えるクレジットカードブランドの3つ目は、日本初の国際ブランドとして知られる「JCB」です。2019年3月から利用可能となり、国内で高いシェアを誇るブランドとして利用価値があるとされています。

JCBブランドで発行されているクレジットカードとして代表的なものは、JCBカードW、JCBゴールド、リクルートカード、ANAJCBカード、ビックカメラSuicaカード、セブンカード・プラスなどがあります。

モスバーガーでクレジットカードを使う流れ

それでは、実際にモスバーガーでクレジットカードを使う流れについて見ていきましょう。モスバーガーでは現在、7つのブランドでクレジットカード支払い可能となっています。

先ほどご紹介した「VISA」、「Master」、「JCB」の3つのクレジットカードブランドに加えて、「アメリカン・エキスプレス」、「ダイナースクラブ」、「ユニオンペイ(銀聯カード)」、「ディスカバー」が利用できます。

モスバーガーでクレジットカード支払いをする場合、各ブランドのロゴマークがある店舗でのみ使えることになっていますので、よく確認してからクレジットカード支払いをするようにしてください。

モスバーガーでは、今のところ全国約1300店舗でクレジットカード支払いが利用できますが、一部の店舗ではクレジットカードに対応していません。クレジットカード支払いがどの店舗で利用できるかはモスバーガーHPの店舗検索機能を使えば確認できます。

レジにてメニューを注文

モスバーガーの店舗には、一般的な有人レジと、オーダーから会計まですべてセルフで行うセルフレジ、会計のみセルフの会計セルフレジの3パターンがあります。

有人レジではメニュー表を見ながら注文するメニューを店員さんに伝え、セルフレジではタッチパネル式の端末で選択して注文するメニューを選びます。会計セルフレジでは店員さんに注文するメニューを伝えたのち、会計レジにて支払います。

会計でクレジットカードを使うと伝える

有人レジでは「クレジットカードで」と伝え、店員さんにカードを渡し、端末機を受け取ります。端末機にクレジットカードの暗証番号数字4桁を入力し、最後に確定ボタンを押すと支払い完了です。

セルフレジ・会計セルフレジでは、タッチパネル画面の案内に従い、支払い方法を「クレジットカード」で選択します。あとは、端末のカード挿入口にクレジットカードを入れると支払い完了です。

モスバーガーってクレジットカード以外の支払い方法って何があるの?

ここでは、モスバーガーでクレジットカード以外の支払い方法についてご紹介していきます。モスバーガーの支払い方法には、現金、電子マネー、モスカードなど様々な支払い方法があります。

こちらでは、それぞれの支払い方法についてどういったメリットやデメリットがあるのかについても詳しくご紹介します。

現金

クレジットカード以外の支払い方法として、現金はもっとも多く選択する方が多いのではないでしょうか。普段からカード類を持ち歩かないといった方であれば、現金が一番利用しやすく安心といえます。

ですが、会計の際のスムーズな支払いといった点ではクレジットカードや電子マネーには劣りますし、何より硬貨がどんどん増えてかさばるのもネックです。とはいえ、現金での支払いはまだまだ多くの方が利用する主流の方法ではあります。

電子マネー

電子マネーは、若者を中心に利用者が増えているとても便利な支払い方法です。いわゆるキャッシュレス決済で、SuicaやPASMO、ICOCAといった交通系ICカードが代表的なものです。

電子マネーの利点は、通勤通学で電車やバスを利用する人のほとんどが持っているということと、タッチするだけで簡単に支払いができることです。一方で、ポストペイ方式以外ではあらかじめ金額をチャージしておく必要もあります。

モスカード

モスカードとは、モスバーガーの全店舗で共通して使える電子マネー機能の付いた独自のカードです。モスバーガー店頭のレジで発行可能となっており、発行手数料や年会費などは一切かかりません。

また、スマートフォンにあるモスバーガーの公式アプリをダウンロードすると、カードを発行せずにモバイルでそのままモスカードとして利用することも可能です。

モスカードのチャージ方法は、レジにて現金を支払う、もしくはモスバーガーの専用会員サイトでモスカードを登録してクレジットカードからチャージする、のどちらかを選べます。

一度に3000円以上をチャージするとモスポイントとして1%分が貯まり、貯まったポイントは10ポイントにつき10円として使用することが可能です。ただし、チャージの有効期限は一番最後の利用から3年となっているので注意しましょう。

Thumbモスバーガーアプリのクーポンがおすすめ!割引できるお得な使い方を紹介!
モスバーガーアプリのクーポンをご存じでしょうか。モスバーガーにはお得なクーポンを配布している...

モスバーガーで利用するとお得なクレジットカードってあるの?

モスバーガーでクレジットカード支払いを利用するのであれば、やはり使うたびにポイントがたくさん貯まるお得なクレジットカードを選びたいものです。

ここでは、モスバーガーをよく利用する方におすすめしたいお得なクレジットカードについてまとめてご紹介します。

ポイントを貯められるクレジットカードがお得!

モスバーガーを利用するにあたって、お得にポイントが貯められるクレジットカードがいくつかあります。モスバーガーでこれまで以上にポイントを貯めたい方はおすすめです。

いずれもポイント還元率の高いクレジットカードばかりなので、それらをぜひ活用してモスバーガーをもっとお得に利用しましょう。

楽天カード

モスバーガーで利用するとお得なクレジットカード1つ目は、年会費無料で使い勝手抜群の「楽天カード」です。楽天カードを使えば、還元率1.0%で楽天ポイントが貯められるので、貯まったポイント分は現金と同じく使えることができます。

また、楽天カードはプリペイド型電子マネーの楽天Edyとも組み合わせがよく、楽天Edyのオートチャージにも登録可能なので、モスバーガーでの支払いに利用できる楽天Edyにも大変おすすめです。

オリコカード

モスバーガーで利用するとお得なクレジットカード2つ目は、年会費無料でポイント還元率が高い「オリコカード」です。オリコカードが誇るオリコカード・ザ・ポイントは、入会して半年間はポイントが2倍も貯まる高還元率が人気となっています。

こちらのポイントは、Edyギフトというポイント交換やキャンペーンなどで付与されるサービスに即時交換することができるので、貯まった分のポイントはそのままEdyギフトに交換してモスバーガーで利用することもOKです。

リクルートカード

モスバーガーで利用するとお得なクレジットカード3つ目は、年会費無料かつ高還元率でポイントが貯まる「リクルートカード」です。リクルートカードではいつでも1.2%という高い還元率となっており、ポイントをPontaポイントにも即時交換できます。

リクルートカードは常時高い還元率でポイントが貯められますが、毎月25~29日のモスカードの日にチャージをすれば合計で5.2%の還元を受けられるのも特徴です。

ネット注文でもクレジットカードが利用可能

モスバーガーでは、待ち時間なしで利用できる「モスのネット注文」というサービスがありますが、こちらのネット注文はクレジットカード支払いでも利用することができます。

ネット注文をする場合、受け取り時間をあらかじめ指定しておくことができるので、時間が限られている昼休みなどでも出来立てのハンバーガーを気軽に持ち帰ることが可能です。

さらに、一部エリアにおいてはネット注文で自宅まで届けてくれる宅配サービスも実施されているので、より便利にモスバーガーを利用したい方にはおすすめとなっています。宅配可能な店舗や宅配エリアは、モスバーガーのお届けサービスから検索できます。

Thumbモスバーガーのネット注文が便利!注文方法や支払い・メニューを調査!
大人から人気のモスバーガーでは、ネット注文をすることができるのをご存知でしょうか。テイクアウ...

モスバーガーでクレジットカードを利用してみよう!

モスバーガーで使えるお得なクレジットカード支払いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。モスバーガーでは、クレジットカードを利用することによって便利でしかもポイントまで付いてくる大変嬉しいサービスがあります。

まだモスバーガーでクレジットカードを利用したことがないという方は、簡単でお得にポイントが貯まるクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
MT企画

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ