コストコの年会費はいくら?無料になる裏ワザや更新方法をレクチャー!

「コストコ」は、年会費を支払うことで買い物ができる会員制スーパーです。少し高いイメージがあるコストコの年会費ですが、実は無料になる裏ワザや元を取る方法がいくつもあるんです。今回は、そんなコストコの年会費について気になる情報や更新方法など詳しくご紹介します。

コストコの年会費はいくら?無料になる裏ワザや更新方法をレクチャー!のイメージ

目次

  1. 1コストコの年会費ってどのくらいなの?
  2. 2コストコの会員になるには?
  3. 3コストコの年会費を無料にできる裏ワザってないの?
  4. 4コストコの年会費を抑える方法
  5. 5コストコの年会費を解約できるの?
  6. 6コストコの年会費の更新方法
  7. 7コストコのクレジットカードに入れば入会費を払わずに利用できるの?
  8. 8コストコのエグゼクティブ会員もおすすめ!
  9. 9コストコの年会費の仕組みを知って、賢く買い物を楽しもう!

コストコの年会費ってどのくらいなの?

アメリカ発の会員制スーパー「コストコ」は、今や日本全国に展開する大人気のショッピングチェーン店です。いろいろなメディアにも取り上げられることが多く、ファミリーを中心にいつも賑わうお店として知られています。

コストコを利用するにあたっては比較的高い年会費を支払わないといけないため、行くのをためらってしまう人も多いです。ですが、コストコは大量に商品を購入することで格安な値段でお買い物ができるという他店にはない大きなメリットがあります。

そんなコストコでかかる年会費とはいったいどのくらいなのか気になる人も多いのではないでしょうか。コストコでは会員種別が2種類設けられており、年会費やサービス内容がそれぞれ異なります。

ゴールドスターメンバーの年会費

まず1つ目の種類は、個人で入会するゴールドスターメンバーの年会費についてです。コストコでは、個人会員のことをゴールドスターメンバーと呼んでいます。

ゴールドスターメンバーの年会費は、税抜で4400円です。コストコを普段利用している人の多くはこのゴールドスターメンバー年会費の方に属しており、コストコでのお買い物や配送、商品保証、年会費保証などのサービスが受けられるようになっています。

ビジネススターメンバーの年会費

次に2つ目の種類は、会社経営や個人事業主など法人で入会するビジネススターメンバーの年会費についてです。登録には、代表者の来店と名刺などの提示が必要となります。

ビジネススターメンバーの年会費は、税抜で3850円です。ゴールドスターメンバーの年会費より割安で、電話やFAXで注文できるビジネス配送利用が可能であったり、様々なビジネスプロモーションに参加できるなどサービスも豊富です。

コストコの会員になるには?

コストコの会員になるための手続きとしては、まず最寄りの店舗に直接行って、メンバーシップカウンターという窓口で申込書に必要事項を記入します。その際、本人確認書類が必要となるので忘れずに持参するようにしましょう。

次に、メンバーシップカウンターの前で会員カードに貼付する顔写真を撮影します。入店時はその写真によって本人確認が行われますので、髪型や服装などの身だしなみにも気を配っておくのがおすすめです。その後、カードを受け取れば登録完了となります。

ゴールドスターメンバー、ビジネススターメンバーともに入会資格は18歳以上なら誰でもOKで、コストコ店舗のメンバーシップカウンターで開店時間内ならいつでも申し込みできます。

また、コストコのWEBサイトで事前に申込をして、店舗で会員カードを受け取る方法もあります。WEBであらかじめ必要事項を登録しておくと、申込書の記入を省略できるのでスムーズな入会手続きが可能です。

Thumbコストコのメルマガに登録する方法とメリットまとめ!登録解除の方法も!
コストコのメルマガがあるって知っていますか?コストコのメルマガに登録すると、お得なクーポンや...

コストコの年会費を無料にできる裏ワザってないの?

大量の商品を格安でお買い物ができる「コストコ」は、今や多くのリピーターがいる大人気の会員制スーパーです。しかしながら、わざわざ高い年会費を支払うことに抵抗があるという人もいらっしゃるでしょう。

そこで思いつくのが、コストコの年会費を無料にできる裏ワザがあるのかどうかということです。せっかく安くたくさんお買い物するなら、年会費がかからずに無料で行けるに越したことはありません。

実は、年会費を支払わずに無料でコストコを利用できる裏ワザがいくつかあります。いずれの方法もルールに則った上でのものですので、問題は全くありません。その裏ワザは様々ありますが、共通していえるのはコストコならではのサービスがあげられます。

コストコの年会費を抑える方法

では実際に、「コストコ」の年会費を抑える方法はどうすればいいのでしょうか。先ほどもご紹介したように、コストコにはコストコならではのサービスがたくさんあります。そのサービスをうまく利用すれば、年会費を抑えて利用できる裏ワザに繋がります。

年会費を抑えてお得にコストコを利用する方法としては、大きく3つあります。いずれもコストコが初めてで、普段からコストコはあまり利用しないという人におすすめです。どんな方法があるのかさっそくチェックしてみましょう。

家族カード(無料)

まず初めに、コストコの年会費を抑えて入店する方法は、家族カードを使用する裏ワザです。家族カードとは、会員本人以外の家族向けに1枚のみ無料で渡されるカードです。対象となるのは、会員本人と同じ住所に住む18歳以上の人となります。

家族カードという名前ですが、同じ住所に住んでいれば血縁関係や婚姻関係がなくても大丈夫です。家族カードの作成はゴールドスターメンバー、ビジネススターメンバーどちらの種別でもOKで、通常の会員カードと使える機能はまったく同じです。

家族カード1枚あれば18歳以上であれば最大2名まで、子供であれば何名でも同伴して入店することができます。つまりこの裏ワザは、家族の誰か1人が会員になれば、残りの家族は家族カードを使って無料でコストコを利用することができるというわけです。

会員の友人に同伴(無料)

続いて、コストコの年会費を抑えて入店する方法として、コストコの会員の同伴者として利用するという裏ワザです。会員であれば18歳以上なら最大2名、子供なら何名でも同伴入店が可能となっています。

例えば友人同士で行く場合、誰か1人がコストコ会員であったならその同伴者としてコストコに行くことができます。お買い物をした商品の会計はまとめて支払い、その後で自分の購入した分の値段を計算して支払った人に渡すようにしましょう。

商品券・1日招待券

さらに、コストコの年会費を抑えて入店する方法が、商品券または1日招待券を利用する裏ワザです。商品券と1日招待券は、それぞれコストコの会員以外でも店内に入店できる特典チケットのようなものとなっています。

1日招待券とは、コストコが非会員向けに行っているサービスでコストコ初心者が体験入店できるチケットです。この1日招待券の入手方法はいくつかありますが、もっとも多いのが会員から直接もらうという方法です。

また、メルカリといったオークションサイトでもワンデーパスを購入することが可能で、実際にオークションでは1日招待券を出品している人が多く見受けられます。周りに会員の人がいない場合であれば、オークションから入手するという裏ワザもおすすめです。

商品券は、コストコの店内で購入できるギフトチケットです。この商品券を店頭の入口で提示すれば会員以外でも入店でき、お買い物をすることができます。店内のカウンターでのみ購入可能なので、まずは会員の人があらかじめ購入しておく必要があります。

ちなみに、非会員が商品券を使った場合、表示された値段より5%上乗せした値段を支払うことになるので注意が必要です。もし高額の商品を購入するのであれば、最初から年会費を払って会員になった方が安く付くので、その点はよく理解しておきましょう。

コストコの年会費を解約できるの?

「コストコ」には、無いものは無いといえるぐらい数多くのお得な商品があるので、初めは年会費が高いと感じても何回か利用するうちにあっという間に元を取ることができます。

ですが、年に1回や2回ほどしかコストコへ行かないという人の場合は、年会費だけがかかって元を取れないということもあったりします。そういったコストコへ滅多に訪れることがないといった場合は、思い切って解約されるのもおすすめです。

コストコを利用しないのに年会費だけ支払い続けても全くもって無駄ですし、いっそ解約してしまった方が家計もいくらか助かることでしょう。年会費の解約に関してはいくつか注意点がありますので、その点をきちんと理解した上で解約するようにしてください。

一年以内の解約だと返金される

まず「コストコ」では、年会費保証と呼ばれる会員としての有効期間内であれば解約しても年会費を全額返金していただけるサービスがあります。年会費の返金は一般的なお店ではあまり考えられませんが、コストコでは1年以内の解約なら返金も承ってくれます。

例えば、1年間たっぷりとコストコを楽しんで有効期間内最後の1日に解約したとしても、年会費をすべて返金してもらうことが可能です。これだと、「解約と返金を繰り返せば実質的には年会費無料ということでは?」と考える人もいるでしょう。

一見すると解約はメリットしかないと思うかもしれませんが、実はそうではありません。年会費を全額返金していただけるコストコですが、一度でも解約した場合はそこから1年間は新たにコストコの会員になることが一切できなくなるのです。

しかも、解約した本人だけではなく、同居の家族も同じく1年間新規に会員となることができなくなります。1年を過ぎれば誰でも問題なく新たに会員にはなれますが、解約する場合はその点を考えて家族ともよく相談してから手続きするようにしましょう。

解約手続きの方法

「コストコ」で年会費の解約をして返金される方法についてですが、手続きはいたって簡単です。店頭のメンバーシップカウンターに行き、解約の旨を伝えて会員カードを返却するだけですぐに解約され年会費が返金されます。

解約して返金するには会員本人が直接店舗へ行く必要がありますが、万が一会員カードを紛失した場合は名前や住所などが確認できる本人確認書類が必要となります。家族カードがある場合は、会員カードと一緒に返却することになります。

解約と返金の手続きは、カウンターが混雑していなければ5分程度で終了します。電話や郵送、インターネットなどでの解約と返金の手続きは一切できませんので、必ず最寄りの店舗に直接行って手続きを行うようにしましょう。

コストコの年会費の更新方法

「コストコ」の年会費の更新方法については、会員カード有効期限の2ヶ月前より更新の手続きが可能となります。更新月よりも早く更新料を支払ったとしても、きちんと更新月からの有効期限になるので安心してください。

気になる年会費の更新料ですが、これは会員の属性により料金が異なります。ゴールドスターメンバー(個人会員)の場合は税抜4400円(家族カード1枚含む)、ビジネススターメンバーの場合は税抜き3850円(家族カード1枚含む)です。

年会費の更新の際には、印鑑や本人確認書類といったものは一切必要ありません。本人が会員カードと更新料だけを用意すればOKです。更新料をクレジットカード払いで行っているなら、会員カードのみ用意すれば大丈夫です。

もし、更新時期が過ぎてしまったという時でも心配はいりません。更新していない期限切れの会員カードであっても、これまでのように問題なくコストコ店内へ入店することは可能です。

というのも、お買い物した商品を会計する際に更新料もまとめてレジで支払うことができるからです。更新切れであってもレジ係の人がその場で更新手続きをしてくれるので、非常に簡単かつスマートに済ませることができます。

もちろん、インターネットや店頭であらかじめ更新料を支払うことも可能です。インターネットの場合、WEBの登録アカウントから24時間いつでも更新することができます。その際の更新料の支払いはクレジットカードのみとなります。

店頭で更新する場合は、店内のメンバーシップカウンターで直接現金を支払えば更新手続きは完了です。ただし、土日祝日はカウンターでの手続きが非常に混みあっているため、時間に余裕を持って訪れるようにしましょう。

コストコのクレジットカードに入れば入会費を払わずに利用できるの?

「コストコ」には、コストコグローバルカードと呼ばれる会員から根強い人気を集めているクレジットカードがあります。人気の理由としては、年会費が無料で、コストコでのお買い物で1.5%のポイント還元率があるためです。

コストコグローバルカードについて詳しくご説明しますと、コストコと大手カード会社のオリコカードが提携して発行しているクレジットカードになります。もちろんコストコ以外でも利用可能で、Mastercardの加盟店であれば世界中どこでも使うことができます。

申し込み条件としては、コストコのメンバーシップ会員であることが必須となっています。つまり、コストコグローバルカード自体の年会費は無料ですが、そのためにはまずコストコで年会費を支払って会員になる必要があるということです。

つまり、コストコグローバルカードを作ってもコストコの年会費が無料になるというわけではありません。ただ、コストコでたくさんお買い物をする人や、高いポイント還元率が魅力だという人であれば、このコストコグローバルカードのメリットは大きいでしょう。

コストコのエグゼクティブ会員もおすすめ!

「コストコ」では、2019年9月より新たな会員コースが設けられています。それはコストコの会員種別でも最上位クラスとなるエグゼクティブメンバーです。年会費は9900円とかなり高額で、現在の会員からアップグレードすることもできます。

エグゼクティブメンバーの特典としては、年間に購入した金額の2%がエグゼクティブリワードとして会員カードにポイントが付与されること、メンバー限定のグッズがもらえること、メンバー限定のサービスや特別割引が受けられることです。

こちらのエグゼクティブメンバーは発足して間もないということで、まだ全体像やメリットといったものは限定的です。ただ、コストコを頻繁に利用するヘビーユーザーにとっては間違いなくお得なサービスなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

コストコの年会費の仕組みを知って、賢く買い物を楽しもう!

「コストコ」の年会費は少し高いというイメージがあって、これまでなかなか足を運んでみようと思わなかった人もいらっしゃったでしょう。ですが、今回ご紹介したようにコストコの年会費の仕組みをよく知れば、実はお得に元が取れる方法がたくさんあるんです。

コストコにはこれ以外にも様々なキャンペーンやとっておきのセールなどがあるので、皆さんもぜひそれらをフルに利用して賢くお買い物を楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MT企画

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ