もみじロードは千葉の紅葉の名所!見頃の時期やおすすめスポットを紹介!

千葉県で有名な紅葉の名所「もみじロード」は、県内外から多くの人が紅葉を楽しみに訪れる人気スポット。目を奪われてしまう圧巻の景色を楽しめるもみじロードの見頃時期や、おすすめの人気スポットについて紹介していきます。もみじロードに行く前にチェックしておくと便利です。

もみじロードは千葉の紅葉の名所!見頃の時期やおすすめスポットを紹介!のイメージ

目次

  1. 1千葉のもみじロードは真っ赤に紅葉するもみじが圧巻!
  2. 2千葉のもみじロードはどこにあるの?
  3. 3千葉のもみじロードにあるおすすめ人気スポットをご紹介
  4. 4千葉のもみじロードの紅葉が見頃の時期は?
  5. 5千葉のもみじロードへのアクセス方法
  6. 6千葉のもみじロードふれあいウォークも大人気
  7. 7千葉県でおすすめの紅葉スポット3選
  8. 8千葉のもみじロードにドライブに行こう!

千葉のもみじロードは真っ赤に紅葉するもみじが圧巻!

秋の楽しみでもある紅葉は季節感を感じながら四季を満喫できるので、紅葉スポットは人気があります。その一つで有名な紅葉名所が千葉県の「もみじロード」。千葉県内外から足を運ぶ人が多い「もみじロード」は、一面に広がるもみじの紅葉が圧巻です。

目を奪われてしまう絵に書いたような美しさとして人気を集めている「もみじロード」の、場所や見頃時期など紅葉を楽しむポイントを詳しく紹介します。

「もみじロード」にある観光スポットも紹介していくので、紅葉だけでなく「もみじロード」を満喫できます。家族や友達とのドライブやデートにもピッタリの千葉県にある「もみじロード」、まだ行ったことがないという方もどんな場所かチェックして楽しみましょう。

千葉のもみじロードはどこにあるの?

千葉県屈指の紅葉の名所になる「もみじロード」ですが、そもそもどこにあるのか知らないという人もいるでしょう。アクセス方法については最後に紹介していきますが、まずは「もみじロード」が千葉県のどこにあるのかについて紹介していきます。

ドライブにもピッタリの「もみじロード」に、場所をチェックしておくとスムーズに観光しながら紅葉ドライブを楽しめるでしょう。「もみじロード」がどんな場所なのかについても紹介していくので、まずはどこにあるのかをみていきましょう。

県道182号沿いでもみじの続くポイントを別名もみじロードと呼ぶ

「もみじロード」があるのは、千葉県富津市の志駒川に沿って伸びる県道182号線にあります。鮮やかな紅葉を楽しめることもあり、見頃時期には混雑することもあると言われています。都会の賑やかさを忘れて自然を満喫できるのでツーリングスポットとしても人気。

ですが、「もみじロード」は山道になってしまうので緩やかながらもカーブが多い場所です。紅葉に目を奪われてしまうと危険が伴ってしまうので注意してください。また、徒歩でも楽しめるようになっているので歩きながら紅葉を楽しめます。

全長約10km続く美しいもみじの名所

「もみじロード」は志駒川に沿って伸びる県道ですが、その長さは約10キロメートルにも及びます。約1000本近くのもみじが植えられていて、「もみじロード」の景色を色鮮やかにしています。関東でも一番遅い紅葉とも呼ばれているおすすめのスポットです。

「もみじロード」がある富津市の志駒地区と山中地区の両方で、見頃時期にはイベントなども行っているので紅葉を楽しみながら立ち寄って見るのもおすすめ。木漏れ日の中で見られる紅葉は、赤い葉が印象的な光景なのでぜひ足を運んでみてください。

千葉のもみじロードにあるおすすめ人気スポットをご紹介

紅葉を楽しめる「もみじロード」には、紅葉と一緒に楽しみたいおすすめのスポットがあります。いつでも楽しめるスポットですが、紅葉があるからこそより綺麗な景色を楽しめるスポットなどが「もみじロード」にはたくさんあります。

そこで、「もみじロード」でおすすめ人気スポットを4選紹介していきます。「もみじロード」をドライブで通るだけではもったいないです。より「もみじロード」の紅葉を満喫するために、ぜひ当記事を参考にして立ち寄ってみてください。

おすすめ人気スポット1:船戸橋

最初に紹介する「もみじロード」のおすすめ人気スポットは、切手のもみじと呼ばれている一番の名所の船戸橋です。一番北側にある橋の周辺で、見たことがある景色として紅葉を楽しめるでしょう。ここの景色だけでも満足度は高く人気があるおすすめスポットです。

ですが、「もみじロード」で船戸橋を訪れたときに通り過ぎてしまうのはもったいないです。車を降りて徒歩でも楽しむのがおすすめです。

隣接する駐車スペースもありますし、「もみじロード」内にも駐車が可能になっているスペースがあります。そこから徒歩で見て回るのも、「もみじロード」の楽しみ方の一つと言えるでしょう。何気無い場所にも、絶景が隠れているのが「もみじロード」です。

船戸橋の近くで楽しめる景色には、岩塚の崖があります。あまり知られていない穴場スポットになっているのですが、崖を彩る紅葉は絶景なのでおすすめポイントです。また、船戸橋の南側方向にも見る角度を変えると見事な絶景を見られます。

車内からは見られなかった景色も、車を停めて一歩外に出てみると違った顔で楽しめるでしょう。特に天気の良い日には青空に真っ赤な紅葉が映えるのでおすすめ。東京方面からアクセスする場合には、最初に立ち寄る船戸橋から見応えがあるので楽しみましょう。

おすすめ人気スポット2:地蔵堂の滝

「もみじロード」の途中で見られるのが地蔵堂の滝ですが、ガードレールに隠れていてわかりづらいです。車で通ると見逃してしまう人も多いので注意が必要ですが、橋の上から見ることができる地蔵堂の滝の周辺も紅葉で色づくので絶景を楽しめます。

そんなに大きな滝ではありませんが、流れ落ちる滝の音に赤や黄色、緑の景色は風流を感じれる景色として人気があります。

こちらの地蔵堂の滝ですが、徒歩で近くまで行って楽しみたいと思う人もいるでしょう。ですが、残念ながら地蔵堂の滝までの道はないので、橋の上から楽しむだけになります。車を停めて、滝の音と一緒に紅葉を楽しんでみてください。

おすすめ人気スポット3:山中のもみじ

「もみじロード」の最南端の場所で楽しめるおすすめ人気スポットが、山中のもみじです。「もみじロード」が紹介されているパンフレットにも大々的に掲載されているポイントで、渓谷の谷間に広がる紅葉を楽しめるスポットになります。

山中のもみじを楽しむためには、時間帯に注意しなくてはいけません。というのも、日が陰ってしまうと全体的に映える赤い紅葉を見られません。

「もみじロード」の山中のもみじを楽しむのにおすすめとされているのが、14時前後までと言われてます。14時頃を過ぎてしまうと日陰になってしまう箇所があるそうなので、「もみじロード」をドライブで楽しむときには時間にも注意するのがおすすめです。

おすすめ人気スポット4:竹ノ内米店前

竹ノ内米店前は「もみじロード」になっていて、近年では紅葉のスポットとして注目を集めてます。紅葉の密集度も高い場所と言われていて、写真撮影スポットとしても人気があります。見頃時期によっては、赤や黄色の他にも緑などが見られるのでおすすめ。

場所は「もみじロード」の山中地区になり、竹ノ内米店の看板が目印になります。わかりやすく見つけやすいので通り過ぎてしまう心配はないでしょう。ここも、車を停めて色々な角度から紅葉を楽しむのがおすすめのポイントになります。

千葉のもみじロードの紅葉が見頃の時期は?

関東地区で一番遅く紅葉が楽しめる「もみじロード」ですが、紅葉の見頃を迎えるのはいつからでしょう。見頃時期について知らないと、「もみじロード」で紅葉を楽しむことができません。そこで、人気の「もみじロード」の見頃時期について紹介します。

「もみじロード」で紅葉が見頃を迎えるのは、例年11月下旬から12月上旬にかけてとなっています。見頃時期としての期間は短いですが遅い時期に楽しめるでしょう。

ただ、見頃時期の中でも要所ごとで多少の時期にズレがあるでしょう。例えば、最初の船戸橋周辺は見頃を迎えているが山中のもみじなどはまだ見頃を迎えてないということもあります。そのため、「もみじロード」にいく前に確認しておくのがおすすめです。

千葉のもみじロードへのアクセス方法

次に紹介していくのは、「もみじロード」へのアクセス方法です。「もみじロード」へのアクセス方法では車やバイクを利用しなくてはいけません。というのも、「もみじロード」間はバスの運行などが行われていないので徒歩やタクシーになります。

電車を利用する場合には、上総湊駅から戸面原(とづらはら)ダム行きバスに乗り、六野バス停で下車すると鑑賞ポイントまでは徒歩で約20分ほどになります。

徒歩は、大変な箇所もあるので注意するようにしましょう。次に車でアクセスする場合ですが、館山自動車道富津中央インターチェンジから国道127号から国道465号へ入り、県道182号の「もみじロード」に入るコースがわかりやすくておすすめです。

もう一つの車でのルートが、館山自動車道保田インターチェンジから県道34号鴨川保田線を鴨川方面へ向かっていくコースになります。山中交差点を左折すると県道182号の「もみじロード」に入ることができるようになっています。

「もみじロード」の他にも観光で楽しむ場合など、アクセス方法には違いが発生します。ですが、どのコースでアクセスしても「もみじロード」の紅葉は楽しむことができます。時間などもチェックしながら、ぜひ「もみじロード」を満喫して見てください。

千葉のもみじロードふれあいウォークも大人気

車でドライブをしながら紅葉を楽しむだけではなく、徒歩で楽しめる「もみじロードふれあいウォーク」が見頃時期に開催されます。山歩き感覚で楽しめるようになっていて、景観地には休憩所なども設けられるので本格的な山歩き気分で楽しめます。

また、徒歩で楽しむから見られる景色などもあるので老若男女問わずに人気があるイベントの一つになります。

また、駐車場も用意されているので車でアクセスして徒歩で回ってみるのもおすすめ。期間は、例年紅葉の見頃を迎える11月下旬から12月上旬にかけてです。詳しい日付に関しては志駒地区と山中地区で発表しているのでチェックしておきましょう。

週末には屋台なども出店

志駒地区と山中地区のどちらでも、「もみじロードふれあいウォーク」を楽しめるように開催期間にはイベントなどが行われます。その中でも人気があるのは、土曜と日曜に出店している露店や日曜日のみの出店となる模擬店や特産品になります。

過去には、海苔の味噌汁などの無料配布も行っていたそうです。景色を楽しみながら地元民との触れ合いを満喫できるイベントになってます。

休憩所も無料で利用できるようになっているので、のんびりとウォーキングをしながら紅葉を楽しんでみるのはいかがでしょうか。紅葉だけではない「もみじロード」の魅力に触れることができるので、おすすめのイベントになります。

千葉県でおすすめの紅葉スポット3選

ここまで千葉県の「もみじロード」について、紅葉の見頃やスポットを紹介しました。ですが、千葉県内では、「もみじロード」意外にも紅葉を楽しめる名所が多数あります。車で「もみじロード」と合わせて回る人も多い人気スポットなどもあります。

そこで、最後に「もみじロード」の他にあるおすすめの紅葉スポットを紹介していきます。今回は、数ある千葉県の紅葉スポットの中から厳選して3選紹介します。「もみじロード」に行くときには、参考にして一緒に回ってみてください。

養老渓谷

最初に紹介するのは、千葉県内でも大人気の紅葉スポット養老渓谷です。渓谷美を楽しめるスポットで、夜間にはライトアップが見られるのでおすすめ。中には、遊歩道も完備されているのでハイキング感覚で楽しむこともできます。

また、千葉県内でも有数の温泉地になっているので観光で紅葉を楽しんで温泉にノンビリ浸かって疲れを癒すのもおすすめになります。

養老渓谷の紅葉の見頃は、例年11月中旬から12月上旬にかけてです。「もみじロード」からも車で約1時間ほどの場所なので、養老渓谷を後に回るとライトアップと合わせて楽しむことができるのでおすすめになります。

住所 千葉県夷隅郡大多喜町

亀山湖

次に紹介するのは、亀山湖です。湖面に映り込む紅葉が見事な絶景として人気があり、キャンプや釣りなども楽しめるおすすめスポットです。家族で楽しんだり友達同士でも紅葉を満喫することができ、四季を通して自然を感じることができます。

イベントなども行われていて、亀山湖では遊覧船や川下りをしながら紅葉を楽しめます。紅葉の見頃を迎えるのは例年11月下旬から12月上旬にかけてで、「もみじロード」から車で約50分ほどなので一緒に楽しんでみるのもおすすめです。

住所 千葉県君津市川俣旧川俣

四方木不動滝

最後に紹介するのは、千葉県の秘境スポットと言われている四方木不動滝の紅葉です。落差10メートルに幅8メートルの滝の周りに広がる紅葉は赤や緑などの色合いで楽しめるので人気があります。周辺には遊歩道も完備されているので散策も楽しめます。

四方木不動滝の紅葉の見頃は、例年11月中旬から12月上旬にかけてになります。「もみじロード」からも車で1時間ほどの距離になりますので、ドライブコースに入れて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所 千葉県鴨川市四方木

Thumb養老渓谷の見どころは?絶景の滝や紅葉・グルメなど日帰り観光スポット紹介!
千葉県の紅葉の名所として有名な「養老渓谷」には、美しい渓谷の中に滝や自然の雄大さを感じられる...

千葉のもみじロードにドライブに行こう!

関東地区で一番遅くまで紅葉を楽しめる「もみじロード」では、絶景を見られるスポットが点在しています。1人の時間はもちろん、デートや家族でのドライブなどでも秋を満喫できるのでおすすめになります。

「もみじロード」に行ったことがないという方も、遅くまで楽しめる紅葉を見に「もみじロード」に出かけてみてはいかがでしょうか。周辺の紅葉と合わせて楽しめば、一日を満喫できるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング