ファミマATMの利用時間や手数料は?ゆうちょなど使える銀行も確認!

ファミマ(ファミリーマート)をよく利用されるでしょうか。ファミマは飲料水やお弁当、お菓子、日用品のほかにもATMなどのサービスも利用できます。ファミマATMは、ゆうちょが無料で利用できますが注意も必要です。ファミマATMの時間や手数料などについてご紹介します。

ファミマATMの利用時間や手数料は?ゆうちょなど使える銀行も確認!のイメージ

目次

  1. 1ファミマにあるATMとは?
  2. 2ファミマのATMの利用できる時間帯って24時間なの?
  3. 3ファミマのATMの種類
  4. 4ファミマのATMを利用できる時間
  5. 5ファミマのATMって地方銀行も利用できるの?
  6. 6ファミマのATMの手数料って全ての銀行で同じなの?
  7. 7ゆうちょATMやE-netの時間や手数料は公式サイトを要チェック!
  8. 8便利なファミマのATMを利用してみよう!

ファミマにあるATMとは?

ファミマ(ファミリーマート)は、コンビニ御三家のひとつで、セブンイレブンやローソンとともに人気のあるコンビニエンスストアになります。ファミマでは、コンビニ御三家の中でもスイーツも人気で、ファンも多いコンビニになります。

ファミマのサービスの中で、多くの方に便利に利用されているのが、ATMのサービスではないでしょうか。ファミマにも他のコンビニ同様にATMサービスを受けることができます。ATMで銀行カードなどから現金を引き出したり入金したりすることができます。

ファミマのATMサービスは、ゆうちょの他にどのようなサービスがあるのか、無料で利用できる時間や手数料、注意点をご紹介します。

Thumb ファミマのFamiPay(ファミペイ)とは?使い方やポイントの仕組みを紹介!
ファミマのスマホ決済FamiPay(ファミペイ)は、現金やカード不要で支払いをすることができ...

ファミマのATMの利用できる時間帯って24時間なの?

ファミマの細かい利用方法などについてはこの後に詳しくご紹介しますが、ここでは、ファミマのATMの利用できる時間帯は24時間可能なのかについて少しお話をしておきましょう。ファミマのATMでは、ゆうちょATMがありますが、ゆうちょATMでは24時間利用可能となっています。

ゆうちょATMでは24時間利用可能となっていますが、少しだけ注意する点があります。その注意点についてはのちほど、ゆうちょATMの利用時間についてご紹介するときにご紹介します。基本的にはゆうちょATMでは24時間利用可能と覚えておいてください。

ファミマでは、ゆうちょATM以外にイーネットATMもあります。そのイーネットATMでは、最大24時間利用することが可能となっています。金融機関によって、その利用時間には規定があり、最大24時間という点を覚えておいてください。

ファミマのATMの種類

ここでは、ファミマのATMの種類についてご紹介していきましょう。ファミマのATMの種類には2つのATMの種類があります。ひとつは、「E-net」で、もうひとつは「ゆうちょATM」です。

そして、注意点としては、どこのファミマにもこの「E-net」と「ゆうちょATM」があるとは限りません。中には、「ゆうちょATM」だけ、「E-net」と「ゆうちょATM」の両方が利用できる店舗もあります。それでは、この「E-net」と「ゆうちょATM」についてご紹介します。

E-net

「E-net(イーネット)」は、どんなATMかといいますと、イーネットが運営する「銀行の共同ATM」になります。イーネットという会社は、ATMの設置やATM業務の受託する会社になります。ATMのプロフェッショナルとして、コンビニなどにATMを設置しています。

皆さんもコンビニで「E-net(イーネット)」と書かれたATM機を目にしたことがあるのではないでしょうか。ここでは、「E-netの特徴」や「ATMの機能」についてお話をします。

E-netの特徴

E-netの特徴ですが、平日・土日祝日問わず、最大24時間365日稼働しているATM機になります。注意点は最大24時間ということなので、金融機関によって利用できる時間帯は変わるので注意が必要です。

イーネットATMは、コンビニでよく見ると思いますが、スーパーやショッピングモールなどにも設置されていることがあります。イーネットの公式サイトでは、設置店舗が検索できます。

イーネットATMは、金融機関によっては暗証番号まで変更可能となっています。もうひとつ、他のATMとは変わった特徴があるのはご存知でしょうか。全国8府県のイーネットATMは、方言での挨拶があります。海外で発行されたカードを使って、日本円での引き出しも可能です。

ATMの機能

次に、イーネットATMの機能についてお話をしておきましょう。「E-net」と書かれたATM機ですが、まず、防犯ミラーと防犯用押しボタンがあるので安心です。のぞき見防止の遮蔽版もあります。ATM画面も視野角フィルターが内蔵されています。

さらには、使い方などがわからない際に24時間ヘルプデスクにつながるガイドホンがあります。入金は一回での取引で50万円あるいは紙幣59枚が上限となり、出金では一回の取引が20万円が限度なので注意が必要です。

ゆうちょATM

ファミマには、イーネットATMの他に、「ゆうちょATM」もあります。ゆうちょのカラーというとグリーンですが、そのグリーンを纏ったATM機になります。ただし、すべてのファミマには設置されていないので注意してください。

ゆうちょATMの特徴をご紹介すると、まずは、基本的には24時間利用することができます。ただし、注意点があるのですが、23時55分から翌日の0時5分までは利用できません。およそ10分ほどメンテナンスのため利用できないのでご注意ください。

もうひとつ注意点ですが、第3月曜日は、メンテナンス作業のためか、7時からの営業となります。ただし、一部のファミマは24時間営業でない場合には、ファミマの営業時間に準じています。

次に、ゆうちょATMでは、国内およそ1300社ほどの金融機関や海外の銀行カードなども利用可能です。また、ゆうちょキャッシュカードをお持ちの方は、手数料が無料となっています。その他の金融機関のカードは無料ではなく、各禁輸機関の既定料金になります。

ファミマのATMを利用できる時間

ここでは、ファミマのATMを利用できる時間について詳しくお話をしていきましょう。結論から言ってしまうと、ファミマのATMを利用できる時間は各金融機関で規定されている時間となります。

こちらでは、「ゆうちょ銀行」をはじめ、「三井住友銀行」、「東京三菱UFJ銀行」、「みずほ銀行」、「りそな銀行」についてのATMを利用できる時間についてご紹介しましょう。

時間(1) ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、利用できるサービスは、出金と入金、残高照会となります。利用時間は0時5分から23時55分とほぼ24時間利用可能です。

平日は0時5分から8時45分までは220円の利用料金で、8時45分から18時まで無料、18時から23時55分まで220円です。土曜日は0時5分から9時まで220円で、9時から14時までは無料、14時から23時55分までは220円です。日・祝は、すべての時間帯で220円となっています。

時間(2) 三井住友銀行

三井住友銀行は、利用可能サービスは、出金・入金・カード振り込み・残高照会となっています。

利用料金は月は0時から7時まで休止で、7時から8時45分までは220円で、8時45分から18時までは110円、18時から24時までは220円です。火から金は0時から8時45分は220円で、8時45分から18時までは110円、18時から24時までは220円です。

土は全時間帯で220円、日は21時から24時まで休止でそれ以外の時間帯は220円、祝は全時間帯220円となっています。

時間(3) 東京三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は、利用可能サービスは、出金・入金・カード振り込み・残高照会となっています。

利用料金は平日0時から8時45分まで110円で、8時45分から18時までは無料、18時から24時までは110円です。上記以外の日は0時から8時45分は308円で、8時45分から18時は198円、18時から24時は308円です。土日祝・12月31日から1月3日は、全時間帯が308円になります。

時間(4) みずほ銀行

みずほ銀行は、利用可能サービスは、出金・入金・カード振り込み・残高照会となっています。

利用料金は平日0時から8時45分まで220円で、8時45分から18時までは110円、18時から24時までは220円です。土は0時から22時まで220円で22時から24時は休止です。日は0時から8時は休止で、8時から24時までは220円です。祝は全時間帯が220円です。

時間(5) りそな銀行

りそな銀行は、利用可能サービスは、出金・入金・カード振り込み・残高照会となっています。

利用料金は平日0時から8時45分まで220円で、8時45分から18時までは110円、18時から24時までは220円です。土日祝は全時間帯が220円です。

ファミマのATMって地方銀行も利用できるの?

ファミマのATMって地方銀行も利用できるのかという質問も多いので、こちらでは、ファミマのATMが地方銀行のキャッシュカードでも利用できるか検証しましょう。

まず、結論から言ってしまいますと、かなりの数の地方銀行のキャッシュカードができるようになっています。この数については、今後も増えていく傾向になります。

ファミマのATMで利用できる金融機関

ファミマのATMで利用できる金融機関には大きく分けて3つのカテゴリーに分類されます。まず、ひとつめのカテゴリーは、「都市銀行・信託銀行・ゆうちょ銀行」です。さらには、「地方銀行」、「ネット銀行」などになります。

「都市銀行・信託銀行・ゆうちょ銀行」や「地方銀行」、「ネット銀行」についてはもう少し詳しくご紹介ひましょう。

都市銀行・信託銀行・ゆうちょ銀行

「都市銀行・信託銀行・ゆうちょ銀行」ですが、埼玉りそな銀行をはじめ、みずほ銀行や三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行が利用可能です。

皆さんが日ごろ利用している金融機関はこの中にあるのではないでしょうか。メインバンクなどで利用している金融機関はまず使えます。

地方銀行

地方銀行は、愛知銀行をはじめ、青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行 、愛媛銀行 、大分銀行 、沖縄銀行 、沖縄海邦銀行などファミマの公式サイトに五十音順で記載しています。

この地方銀行ですが、年々増え続けていますので、ご自分が利用している地方銀行がまだ利用できない状況でひたら、たまに公式サイトでチャックしてみると良いでしょう。

ネット銀行他

ネット銀行は、イオン銀行やSBJ銀行 、オリックス銀行、JAバンク、JFマリンバンク、じぶん銀行 、ジャパンネット銀行 、商工組合中央金庫 、新生銀行 、住信SBIネット銀行 、ソニー銀行、楽天銀行 、労働金庫などが利用可能です。名の知れたネット銀行はすべて利用できるので助かります。

ファミマのATMの手数料って全ての銀行で同じなの?

ファミマのATMの手数料って全ての銀行で同じなのかという質問もかなり多いです。結論からいいますと、ファミマのATMの手数料は、統一されているものではありません。それぞれの金融機関によって、無料であったり、ある条件のもとでは有料になったりします。

また、こちらでは、時間帯によってもファミマのATMの手数料は変わります。時間帯によって無料となることもあるのでおすすめです。その時間帯についても金融機関によってもかわります。

時間帯によって無料となることも!

ご自分が良く使われるキャッシュカードがどこの金融機関のものかをチェックしておく必要があります。手数料が無料になる時間帯を知っておくと良いでしょう。その時間帯に合わせてお金を引き出したり入金したりしましょう。

このサービス時間や無料となる時間帯は、イーネットの公式サイトに五十音順で並んでいて検索もしやすくなっています。少しの手数料の違いでも積みあがれば大きな差となります。

銀行によって手数料が異なるので注意が必要

さきほどもご紹介したように、銀行によって手数料が異なるので注意が必要です。それぞれの金融機関の手数料については、公式サイトに金融機関ごとに記載してあります。

また、それぞれの時間ごとの出金や入金、カード振り込みなどの手数料もタブを切り替えることでチェックすることができます。

ゆうちょ銀行の手数料

ゆうちょ銀行の手数料ですが、ファミリーマート等に設置しているゆうちょATMは、0時5分から23時55分まで、平日・土日祝問わず、毎日無料で利用することができるのでおすすめです。

ファミリーマート等に設置しているゆうちょATMでのゆうちょ銀行の手数料は、出金でも入金でも無料なのはありがたいです。

ただし、ファミリーマート等に設置しているATMでは、硬貨での取り扱いはなく、通帳も利用できないので注意してください。

ゆうちょATMやE-netの時間や手数料は公式サイトを要チェック!

ゆうちょATMやE-netの時間や手数料は、ゆうちょ銀行やE-netの公式サイトに詳しく記載してあります。無料で利用できる時間帯なども色分けで簡単にわかるようになっています。

また、公式サイトでは、ファミリーマートのゆうちょATMやE-netで利用する金融機関のキャッシュカードも五十音順にわかるようになっています。その取扱いもどんどんと増えています。

Thumbファミマで使える電子マネーを紹介!還元率の高いおすすめの種類や注意点は?
人気のコンビニエンスストアのファミリーマートでは、電子マネーを支払いで利用できます。本記事で...

便利なファミマのATMを利用してみよう!

便利なファミマのATMについて、無料で利用できる時間帯や利用料金などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ファミマのATMでは、ゆうちょATMやE-netを利用できます。

ゆうちょATMやE-netは使い方も簡単で、セキュリティなどもしっかりと運営されているので利用しやすいです。まだ、ファミマでATMを利用されていない方も、使い方が簡単なので一度試してはいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ