丸亀製麺はPayPay決済OK! 支払い時の手順や使い方を詳しく解説!

丸亀製麺は美味しいうどんが食べられると評判の店ですが、近年PayPayが利用できるようになりました。そこで丸亀製麺でPayPayを利用する際の使い方や手順、そして使える店舗や使う場合の注意点などについて紹介していきましょう。

丸亀製麺はPayPay決済OK! 支払い時の手順や使い方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1丸亀製麺はPayPay決済OKなの?
  2. 2丸亀製麺で使えるPayPayって?
  3. 3丸亀製麺のPayPayの使い方
  4. 4丸亀製麺のPayPayを使えるのは全ての店舗?
  5. 5丸亀製麺でPayPayを使うと還元ってあるの?
  6. 6丸亀製麺のアプリのクーポンとPayPay併用できる!
  7. 7丸亀製麺でPayPayを使う際の注意点
  8. 8丸亀製麺でPayPayを使ってみよう!

丸亀製麺はPayPay決済OKなの?

全国のいろいろな店舗で使えるPayPayは、キャンペーンで還元などがあることもあり、使っている方も多いのではないでしょうか。では安くて美味しいうどんが食べられると人気のチェーン店である「丸亀製麺」ではPayPayは使えるのでしょうか。その使い方や支払い方法について紹介しましょう。

丸亀製麺で使えるPayPayって?

PayPayというのは、ソフトバンクとヤフーが設立したPayPay株式会社が運営している、スマホを使ったキャッシュレス決済です。スマホにアプリをインストールして、QRコードやバーコードを利用して決済するという使い方をします。

CMなどでよく還元キャンペーンなどを行っていることもあり、ふだんキャッシュレス決済などを使っていないという方でも名前は聞き覚えがあるという方も多いでしょうし、またそれらを見てダウンロードした方も多いようで、2020年6月には登録ユーザー数が3000万人を突破したということです。

ソフトバンクとヤフーが設立した会社で運営していることもあり、特にソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用している方はキャンペーンなどでの還元が大きいことが多いようで、特に人気となっています。

PayPayの使い方は、アプリをダウンロードし、それに現金をチャージします。現金のチャージにはYahoo!ウォレットに登録した銀行口座、Yahoo!JAPANカード、そしてセブン銀行が利用でき、それらで必要な現金をチャージして使います。またキャンペーンの還元などでもらった分ももちろん利用できます。

セブン銀行はセブンイレブンなどの中にATMがあるので、近くに店舗があるという方も多いでしょう。丸亀製麺の近くにも店舗がある場合が多いので、食べに行く段階でチャージが足りない場合はセブンイレブンなどでチャージしていくことができます。

支払いに関しては、PayPay残高の他、ヤフーマネーやクレジットカードでの支払いができます。このうちクレジットカードでの支払いは、PayPayに直接クレジットカードを登録しておくことで、そのカードを使うことになり、支払い方法はそのカードの決済時に引き落としされます。

現在PayPayは、丸亀製麺をはじめとする飲食店のほかコンビニやドラッグストア、家電量販店に百貨店と多様な店舗で利用することができるようになっているため、使える店が近くに全くないということはほぼないと考えてよいでしょう。

さて、丸亀製麺では2019年4月から、PayPayでの支払いができるようになりました。その後いったん中断されたものの、2020年9月から再開され、それに伴ってさまざまなコード決済にも対応するようになりました。PayPayをはじめとする多様な支払い方法が利用できるようになったのです。

そこでまずは丸亀製麺でPayPayを使って支払う際の使い方や、使える店舗がどの程度あるのか、また使用した際に還元などはあるのかといったことについて紹介していきましょう。

ThumbセブンイレブンでのPayPayの使い方ガイド!チャージ方法や還元率は?
セブンイレブンで使えるキャッシュレス決済の一つのPayPay。たくさんの人が利用している人気...

丸亀製麺のPayPayの使い方

それではまず、丸亀製麺でPayPayで支払う際の使い方について紹介します。丸亀製麺は人気の店舗でもあり、食事時には混雑することが多いです。支払い方法がわからず、後ろの列が気になってしまい、結局使えなかったということになってはもったいないでしょう。ですから行く前に使い方を確認しておくのがおすすめです。

通常通りうどん、天ぷらなどを注文

まずは丸亀製麺に入ったら、いつもと同じようにうどんや天ぷらなどのメニューを注文します。PayPayであろうが現金であろうが、ここの部分はふだんと何ら変わりはありません。さまざまなメニューの中から好みのものを選びましょう。

また、丸亀製麺のアプリを利用している方で、クーポンなどがあるという方は、こちらもPayPay、現金払いともに利用することができます。使う予定がある方はそのあたりも考えてメニューを決めるといいでしょう。

レジにてPayPayで支払いを伝える

好きなメニューを注文したら、ふだんと同様に会計のところに進みます。ここでPayPayを使う場合は、そのことを店員さんに伝え、支払いの準備をします。また、先ほど述べたクーポンなどを持っているという方は、そのクーポンを用意して利用しましょう。

ただし、後で述べますが、丸亀製麺の場合は、すべての店舗でPayPayが使えるというわけではないようです。初めてPayPayを使って支払いをする店舗の場合は、会計のところで確認することをおすすめします。

決済コードを提示して、決済完了

自分の来店した丸亀製麺でPayPayが使えるとわかったら、ぜひ利用して決済をしましょう。PayPayにはユーザースキャン、ストアスキャンの2つの決済方式があります。

ユーザースキャンというのは店側が示したQRコードを、支払う側の方がスマホのカメラで読み取って支払う方式です。支払う側が自分で金額を入力し、「支払い」をタップしてその金額を支払うことになります。

一方、ストアスキャンというのは、丸亀製麺でも導入されている支払い方法です。こちらは支払う側のスマホに表示されたコードをレジで提示し、それをレジの店員さんが読み取って支払いを完了させるという方法です。

PayPayのアプリで「支払う」というところをタップすると、バーコードとQRコードが出てくるので、それを見せるだけで、後は全部店員さんがやってくれます。残高を前もって確認しておいて、残高が足りないということがないようにすることだけ考えればいいわけです。

支払いが無事に完了すれば、「ペイペイ」という音が鳴り、画面に店舗名の丸亀製麺と支払った金額、そして「支払い完了」の文字が出てきます。還元がある場合は下に付与予定の残高という形でそれが示されます。

このように、丸亀製麺でPayPayで支払いをするのはとても簡単で、残高さえちゃんと確認しておきさえすれば、現金で支払うよりも簡単に決済をすることができます。ぜひ使い方をマスターして、使ってみてください。

丸亀製麺のPayPayを使えるのは全ての店舗?

このように簡単な使い方で買い物の支払いができる便利なPayPayですが、最も気になるのがどの店舗で使えるのかということです。多くの場合、チェーン店でPayPayが使える場合、全国どこでも使えることが多いのですが、丸亀製麺に関してはそう断言できないところがあります。

先ほど、丸亀製麺では2019年4月からPayPayが利用できるようになったと述べましたが、ふだんから丸亀製麺を利用している方でも知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

実はこの時、丸亀製麺でPayPayを利用することができたのはごく限られた店舗だけでした。全国ではあったのですが、その数は101店舗ほどだったので、文字通り一部店舗での導入となっていたのです。

しかし、2020年に丸亀製麺でPayPayを再開した際には、PayPay以外にも多くの種類の決済サービスが導入されました。いったん中止した際には全店舗での導入を目指して一時停止したとのことだったので、そのめどがついたことで再開されたと見られます。

そのため、この時のPayPayの導入に関しては気づかなかった方も多いようで、現在でも丸亀製麺では現金での支払いしか対応していないと考える方も多いようです。しかし再開後には、すべてではありませんが、かなりの店舗でPayPayが導入され、支払いに利用できるようになりました。

ですから、ふだんPayPayなどを利用している方は、使い方をマスターしておくことと、丸亀製麺に行く前に使えるようにチャージし、準備しておくことをおすすめします。一度使えれば、次からは問題なく利用できるためです。

なお、丸亀製麺の店舗はさまざまなところに出店しています。路面店のほかにショッピングモールなどに入っているところも多く、入っている場所によっても使える支払い方法が違います。

例えばイオンの中にあるフードコートに入っている店舗では、現金のほかにWAONカードが使えるようになっているところもありますし、クレジットカードなどについても同様です。

ただ、クレジットカードやその他のキャッシュレス決済が使える店舗では、おおむねPayPayにも対応していると言われており、それらのものと同様にPayPayでの支払いができるようになっています。ですから、ショッピングモールなどを利用する方ならば、PayPayも使えると考えていいでしょう。

また、PayPayのアプリには「近くのお店」という表示のところをタップすると、今いるところの近くでPayPayが利用できる店舗を検索することができます。これを使うと自分が利用しようとする丸亀製麺でPayPayが使えるかを調べることもできます。

丸亀製麺でPayPayを使うと還元ってあるの?

次に丸亀製麺でPayPayを使った際の還元について紹介します。最初に述べたように、PayPayではいろいろなキャンペーンが行われており、CMなどでも還元のパーセントを出して宣伝しているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

このPayPayの還元セールですが、丸亀製麺でもそのキャンペーンに参加している時であれば、もちろん還元の対象となります。先ほど支払いのところで述べたように、その場合は支払い完了の画面に付与予定の残高という形で還元される金額が表示されます。

また、PayPayにはPayPaySTEPという還元プランがあります。これは前の月の利用状況に応じて0.5パーセントから1.5パーセントが還元になるというもので、基本付与分が0.5パーセントあり、多く利用すれば還元率が上がるというものです。

この基本付与分というのはPayPay加盟店でPayPay残高、PayPayあと払い(一括のみ)、ヤフーカードで支払いをした分に対してつくので、丸亀製麺もこの加盟店に入ります。ですから丸亀製麺でPayPayを利用すれば、ふだんでも0.5パーセントが還元されるということになるわけです。

ふだん利用している方はご存じかもしれませんが、丸亀製麺にはいわゆるポイントカードのようなものがありません。ですからお得に丸亀製麺を利用したいという場合、PayPayでもらえる還元はお得ということになります。ぜひとも使い方をマスターしましょう。

丸亀製麺のアプリのクーポンとPayPay併用できる!

丸亀製麺はポイントカードはないのですが、公式アプリがあります。この丸亀製麺のアプリは人気のメニューを半額や数十円引きで食べることができるクーポンがついており、丸亀製麺をお得に楽しみたいという方にとっては外せないアプリとして人気です。

このアプリでもらえるクーポンですが、PayPayとの併用が可能です。支払いの際にクーポンを提示し、支払いをPayPayにすれば、ちゃんと割引された値段で購入することが可能なのです。また、来店すればもらえる「うどん札」の特典も、PayPayでも同様に利用することができます。

また、丸亀製麺のクーポンはグノシーでも提供されています。こちらもPayPayの支払いで利用することはできるのですが、うどん札との併用はできないなど、公式アプリよりも制限があります。ただし、公式アプリと違い、複数回利用できるものもあるので、その時に応じて使い分けるのもおすすめです。

また、PayPayの還元は加盟店で支払った金額に対しての還元になるので、クーポンを使って割引になればその割引された金額に対しての還元となります。還元がなくなるわけではありません。ですから、クーポンを使ってもPayPay利用はお得です。

Thumb丸亀製麺は毎月1日うどん半額!さらにお得に食べるならクーポンもチェック!
丸亀製麺でお得にうどんを食べたい人へ。当記事では、丸亀製麺が実施している毎月1日うどん半額サ...

丸亀製麺でPayPayを使う際の注意点

最後に、丸亀製麺でPayPayを使う際の注意点についていくつか確認しておきましょう。まず最も重要なのは、自分で行く丸亀製麺でPayPayが使えるかという点です。PayPayの場合は店舗によって対応がまちまちなので、PayPayのアプリなどで確認することをおすすめします。

また、クレジットカードを登録しておくなどしていない場合、PayPayの残高がないと支払いができません。丸亀製麺の中でチャージはできないので、前もって残高があるか確認しておきましょう。

丸亀製麺でPayPayを使ってみよう!

美味しいうどんやサイドメニューが楽しめる人気のお店である丸亀製麺では、PayPayが利用できるようになり、ふだんのランチなどでよりお得に利用することができるようになりました。これから利用店舗が増えて行くことも期待できます。ぜひPayPayを使っている方は丸亀製麺でお得に美味しいうどんを味わってください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ