津田沼から羽田空港まではバスでのアクセスが便利!乗り場や料金・所要時間は?

千葉の津田沼から羽田空港に行く場合、電車が真っ先に思い浮かびますが、実はリムジンバスを利用することができます。そこで津田沼から羽田空港に行くバスについて、ルートや所要時間、料金などについて紹介します。合わせて電車との比較についても紹介しましょう。

津田沼から羽田空港まではバスでのアクセスが便利!乗り場や料金・所要時間は?のイメージ

目次

  1. 1津田沼から羽田空港へのアクセス方法をご紹介!
  2. 2津田沼から羽田空港間のバスの特徴
  3. 3津田沼・羽田空港のバス乗り場は?
  4. 4津田沼から羽田空港へのバスの所要時間と料金
  5. 5羽田空港行きバスの予約はできる?
  6. 6津田沼から羽田空港へのバス以外のアクセス方法
  7. 7津田沼から羽田空港へのバスの注意点
  8. 8津田沼から羽田空港へはバスで行こう!

津田沼から羽田空港へのアクセス方法をご紹介!

千葉などの方が遠方に出張や旅行に行く際は、羽田空港を利用することが多いでしょう。羽田空港へのアクセスはいろいろとありますが、千葉周辺からアクセスする場合は別のルートの方がおすすめの場合もあります。そこで千葉の津田沼から羽田空港へアクセスする方法について紹介します。

津田沼から羽田空港間のバスの特徴

羽田空港にアクセスするという場合、モノレールをはじめとする電車でのアクセスが一般的ですが、千葉周辺からアクセスする場合は津田沼からバスを利用するのがおすすめです。津田沼から羽田空港まではバスが運行しており、このバスを利用することでさまざまなメリットがあるためです。

そこでまずは津田沼から羽田空港へバスを利用してアクセスするおすすめポイントについて紹介していきましょう。

津田沼から乗り換えなしでアクセスできる!

津田沼から羽田空港へアクセスする際にバスを利用する一番のおすすめポイントは、何といっても乗り換えがいらないことです。それぞれのバス乗り場からバスに乗りさえすれば、後はそのまま羽田空港なり津田沼なりのバス停まで連れて行ってくれます。

津田沼を含む千葉方面から羽田空港まで電車を利用した場合、少なくとも乗り換えなしでアクセスすることはできません。どのルートを使うかにもよりますが、複数回の乗り換えがあります。

一般的に羽田空港を利用する、言い換えれば遠方へ移動する場合、荷物が少ないということはありえません。大きなスーツケースなどを持つことも珍しくありませんから、その荷物を持ちながら駅の中を移動し、電車を乗り換えて行くのはやはり楽なことではないのです。

バスの場合、乗り場で乗るときに荷物はバスの荷物入れに預けます。後は手元のかばんだけを持ち、羽田空港までそのまま乗って行くことができます。乗り過ごすことなど気にすることなく、のんびりと過ごせばいいのですから人気なのもうなずけます。

津田沼そのものが最寄りでなくても、千葉周辺からだといったん東京に出るよりも電車も混みませんし、いずれにしても羽田空港までのアクセスがぐんと楽になることがわかります。そのため、津田沼から羽田空港へのバスは人気があるのです。

深夜・早朝便にも対応

飛行機を利用して旅行に行く場合、深夜や早朝の便を利用するという方も多いでしょう。出張に行く予定がギリギリになってしまい、深夜に羽田空港に戻ってくることになったり、その日の仕事に行くために早朝の便で移動したり、よくあることです。

このような場合に問題となるのが、電車の時間です。そもそも昼間と違い、深夜や早朝は電車の本数が少なくなり、駅で待ち合わせる時間が出てきます。そもそも千葉あたりからだと、最寄り駅から間に合う電車がないこともあり得ます。羽田空港近くに前泊や後泊を付けなければということもあるのではないでしょうか。

その点、津田沼から羽田空港に行くバスは、深夜や早朝に発着する便にも対応していることが多いため、これらを利用することで前泊や後泊をしなくても羽田空港を利用することができるのです。

加えて早朝や深夜は道路が空いていることも多く、渋滞による時間ロスが起こりにくいです。加えて乗り換えなしなので、予定時間よりも余裕を持って到着できる可能性すらあるわけです。千葉周辺から津田沼までならばアクセスできる可能性も高いでしょう。

特に千葉周辺から深夜や早朝の飛行機を利用したいという時に、このバスはおすすめのアクセス方法と言えます。そのような場合にはぜひバスの時間や乗り場もしっかりチェックしておくことをおすすめします。

無料Wi-Fiも完備

津田沼から羽田空港までバスで移動する場合、乗り換えがないため乗っている時間は自由に使うことができます。その時間は自由に使えるわけですが、最近ではスマホで動画やゲームを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

そのような場合に気になるのがスマホのパケット代です。料金が変わらないプランもありますが、無料のWi-Fiがあれば、料金を気にせずに楽しむことができるでしょう。実は津田沼から羽田空港に行くリムジンバスにはこの無料Wi-Fiの設備があるのです。

メールアドレスやSNSアカウントを使い認証をする必要がありますが、認証さえちゃんとできれば、バスに乗っている間ずっと無料Wi-Fiでゲームや動画などをしながら羽田空港まで行くことができます。近年とても人気となっています。

津田沼・羽田空港のバス乗り場は?

それでは次に、津田沼から羽田空港にアクセスするバスの乗り場について紹介します。このバスは津田沼と羽田空港を結ぶ路線ですから、津田沼周辺と羽田空港ターミナル周辺にのみ乗り場があり、それ以外の乗り場はありません。しっかり乗り場のチェックをすることをおすすめします。

津田沼エリアのバス乗り場は2箇所

まず、津田沼方面のバス乗り場は、2ヶ所に設置されています。JR津田沼駅南口と、京成津田沼駅南口です。千葉周辺から津田沼駅までアクセスする場合、場所によって最寄り駅は違いますが、両方の駅の近くに乗り場があるため、どちらの駅を最寄りとする方でも利用しやすく人気です。

ルートとしては、JR津田沼駅が始発となります。後で予約の件などについては紹介しますが、予約をしなくてもバスに空きがあれば乗ることができます。

ただし、予約をしていない場合、観光シーズンなど混雑する時期には、JR津田沼駅で満員になる場合もあります。飛行機に乗るのは最初からわかっているわけですから、早めに予約することをおすすめします。予約さえしていれば、どちらで乗ってもかまいません。

羽田空港は各ターミナルに1箇所

一方、羽田空港のほうの乗り場は、各ターミナルに1ヶ所ずつ設置されています。羽田空港発のバスは羽田空港第3ターミナル、第1ターミナル、第2ターミナルの順に乗り場を回っていき、津田沼に向かうことになります。

津田沼駅もそうですが、津田沼エリア、羽田空港エリアいずれも、どの乗り場で乗降しても料金は変わらないので、特に羽田空港の乗り場を利用する場合は、自分が利用するターミナルで乗降すればいいわけです。

ですから、特に津田沼から羽田空港に向かう際には、自分が利用する予定の便がどのターミナルから出発するのかをしっかり確認しておくことをおすすめします。そうすることで、乗り換えなしで近くの乗り場まで行けるというバスのメリットを十分に利用することができます。

津田沼から羽田空港へのバスの所要時間と料金

次に、津田沼から羽田空港にアクセスするバスの所要時間と料金について紹介します。いくらバスは乗り換えがなく楽だからと言って、料金が高かったり、また所要時間がかかったりするようでは、人気のルートにはなりません。

まず、所要時間からですが、JR津田沼駅から羽田空港第3ターミナルまで乗った場合で、約1時間15分となります。JR津田沼駅から京成津田沼駅まで7分、第3ターミナルから第2ターミナルまで15分ほどかかりますから、最短では1時間弱ということになります。

後で電車の場合の所要時間についても紹介しますが、所要時間の面でいうと大きくは違わないものの、バスの方がやや早いということになります。所要時間が少なくて済む点も人気の秘密と言えるでしょう。

一方、料金については、先ほど述べたように、津田沼エリア、羽田空港エリア、どの乗り場から利用しても大人が1250円となります。回数券もあり、10000円で1250円の券が9枚ついたものが販売されています。

一般的な回数券と違い、この回数券には期限がありません。また1250円が9枚ですから、12500円分乗ることができることになり、1回分お得に乗ることができます。千葉方面に住んでいてよく羽田空港を利用する方には人気です。

また、次の予約とも関連しますが、回数券を持っている場合でもバスに乗る前に乗車券に引き換える必要があります。特に羽田空港では乗る前に乗車券を用意する必要があるので、その分の時間も考えてバスを選ぶことをおすすめします。

羽田空港行きバスの予約はできる?

さて、先ほど少し触れましたが、津田沼と羽田空港を結ぶバスに乗る場合、気になるのが予約の有無です。特に津田沼から乗る場合、バスに乗れなくて飛行機に間に合わないということになったらと気になる方も多いのではないでしょうか。

まず、津田沼エリアから羽田空港に行くバスを利用する場合ですが、基本的には事前に予約することが必要となります。予約は乗車日の1ヶ月前の9時から、前日の17時まで可能です。WEBもしくは電話で予約することができ、料金は当日バスを利用した際に現金、回数券、ICカードを利用して支払うことになります。

「基本的には」と述べたのは、津田沼からバスに乗る場合、当日空席があれば乗車することができるためです。急な出張等で予約ができなかった場合、繁忙期でなければ乗ることができる可能性があります。

一方、羽田空港から津田沼に向かうバスの方は、事前予約や前売りを行っていません。乗車する日の当日に羽田空港のリムジンバスチケットカウンターか自動券売機を利用して乗車券を発券する必要があります。

ここで注意が必要なのは、回数券を持っている方の場合です。今述べたように津田沼から乗るバスの場合は、回数券で支払いをするのですが、羽田空港からの便は乗車券に引き換えてないと乗ることができません。

回数券を使う方は回数券の購入で料金を既に支払っていることもあり、この乗車券への引換を忘れがちです。羽田空港に到着したら、回数券の交換は忘れないようにしましょう。

津田沼から羽田空港へのバス以外のアクセス方法

さて、ここまで津田沼から羽田空港へのバスについて紹介してきました。ここまで述べてきたように、バスを利用してのアクセスは、乗り換えもいりませんし、所要時間もあまりかかりません。料金もさほど高くないので人気があるということは間違いないでしょう。

しかし、バスにも欠点があります。その一つが交通事情の影響を受けやすいということです。悪天候の時や道路が渋滞している時などはその影響をもろに受ける可能性が高いため、そのような場合には電車でアクセスした方が確実ということもあるからです。

そこで次に電車で津田沼から羽田空港までアクセスする場合のおすすめのルートや料金、所要時間などについて紹介していきます。電車の場合は運休などにならない限り大きく時間が狂うことは少ないため、こちらも人気のルートです。

電車を利用する場合は、品川乗り換えが便利

津田沼から羽田空港に行く場合、電車を利用するルートはいくつかあります。1つめは「津田沼」駅から「東京」駅まで総武線快速を利用し、そこから「品川」駅に行きます。そこから京浜急行のエアポート急行や快特、エアポート快特を使うものです。

また、同じようなルートですが、総武線の普通列車を使う場合は「秋葉原」駅で乗り換えて、そこから「品川」駅を経由する方法もあります。千葉周辺からアクセスする方で、津田沼駅まで使う列車が快速か普通列車かで使い分けることもできます。

この2つのルートは料金は変わらないのですが、普通列車を使う方が当然ながら所要時間は長くなります。最寄り駅が普通列車のみであっても、途中で総武線快速を利用できるなら、乗り換えた方が早く到着できるためおすすめです。

3つめのルートは「津田沼」駅から同じく総武線の普通列車を使い「浅草橋」駅まで移動します。そして都営浅草線の急行を使い羽田空港に行くという方法があります。

この3つめのルートのおすすめポイントとしては、乗り換えが1回で済むという点が挙げられます。品川経由のルートはどうしても乗り換えが2回必要になりますが、それが1回で済むので、荷物がある方は楽ということが言えます。

これら3つのルートの中でどのルートが人気かということですが、人気が一番なのは1つめのルートです。実はこの3つのルートのうち、1つめのルートが総武線快速を利用することもあり、最も所要時間が短いです。所要時間の点では乗り換え時間にもよりますが、ほぼバスと変わりません。

2つめのルートは料金は1つめと変わりませんが、所要時間は15分前後長くなります。3つめのルートは所要時間は2つめとほぼ同じ、料金は少し高いため、乗り換えが少ないところがメリットとなります。

以上の点から、津田沼から羽田空港に電車を利用してアクセスする場合は、1つめのルートである総武快速を利用し、東京、品川を経由してアクセスするのがおすすめとなります。

津田沼から羽田空港へのバスの注意点

最後に、津田沼から羽田空港にバスでアクセスする際の注意点について紹介します。まず津田沼から乗る場合ですが、なるべく事前に予約をしておくことをおすすめします。今述べたように、当日でもバスに乗ることはできますが、満席だった場合には利用できないためです。

また、バスを利用する際の時間ですが、今述べたようにバスは交通状況に左右される面が大きいです。時間帯や天候によって予定通りに到着できない可能性もあるので、余裕を持った時間帯のバスを利用することをおすすめします。

津田沼から羽田空港へはバスで行こう!

羽田空港へのアクセスというと電車が真っ先に思い浮かびますが、津田沼からだとバスの方が便利がよいため人気となっています。乗り換えがなく、時間も早く、料金も電車とあまり違いがないため、楽にアクセスすることができるでしょう。ぜひ羽田空港へのアクセスの際にはバスも考慮してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ