冬キャンプの暖房をチェック!おすすめの器具や寝る時の対策などまとめ!

外でアウトドアを楽しむならキャンプがおすすめです。冬の時期にするキャンプも魅力的であり、焚火をしながら暖房をとることもできます。しかし冬キャンプの寒さには耐えられない人も多いでしょう。今回は冬キャンプにおすすめの暖房器具や寝るときの対策について紹介します。

冬キャンプの暖房をチェック!おすすめの器具や寝る時の対策などまとめ!のイメージ

目次

  1. 1冬キャンプで準備しておきたい暖房とは?
  2. 2冬キャンプの暖房を選ぶポイント
  3. 3冬キャンプのおすすめ暖房商品
  4. 4冬キャンプで寝るときの対策について知っておこう
  5. 5冬キャンプ専門の暖房器具も勢揃い!
  6. 6冬キャンプの暖房器具を利用するときの注意点
  7. 7冬キャンプの暖房を利用している人の感想
  8. 8冬キャンプの暖房商品をチェックしてみよう!

冬キャンプで準備しておきたい暖房とは?

大自然を満喫しながら過ごしたい人もも増えてきており、キャンプは非常に人気となっています。大人から子どもまで楽しむことができるキャンプは、体験型のアウトドアを楽しむ人やまったり過ごしたい人におすすめとなっています。

夏のイメージが多いキャンプですが、実は冬キャンプもすることができ、夏とは違った季節感の中で冬キャンプを楽しむことができます。

空気の澄んだ中で星空を見たり、友人や家族と一緒に焚火を囲んでする冬キャンプの楽しみ方はさまざまです。

しかし同時に冬キャンプは寒さとの戦いになるでしょう。きちんと寒さ対策をしなければ、凍えてしまい冬キャンプを思いっきり楽しめなくなるでしょう。また同時に、冬以外の季節でもキャンプをしたくないと気持ちが下がってしまう人もいるでしょう。

そこで、今回は気温が寒くなる冬キャンプでも、快適に過ごすことができる暖房器具や寝るときの対策を紹介していきます。冬キャンプを初めて経験する人だけではなく、これまでにも冬キャンプの経験があり、さらに快適に過ごしたい人もぜひ参考にしてみましょう。

Thumb

冬キャンプの暖房を選ぶポイント

冬キャンプで暖房を使いたいと思っている人も、その使い方を間違えると命の危険に遭うかもしれません。例えば、気軽で灯油を使って暖房を取ることができる「石油ストーブ」は、密封されたテント内では一酸化炭素中毒になる可能性も高く、冬キャンプでの使用は避けるべきでしょう。

冬キャンプのシーンでは、きちんと暖房を選ぶポイントを押さえておかないと、後に大変なことになるかもしれません。ここからは冬キャンプで暖房を選ぶポイントについて紹介していきます。

場所やシーンに合っているか確認しよう

燃料さえ持っていれば気軽に利用することができる「ガスヒーター」や「石油ストーブ」ですが、使用する場所やシーンを考えて使用することが選ぶポイントでは重要となっています。

既に述べたように、テント内で「ガスヒーター」や「石油ストーブ」を使用してしまうと、ガスなどが充満して生命に危険を及ぼす可能性もあります。テントの外で使用する分には問題も少ないですが、きちんと各暖房器具の注意事項説明書を確認してから購入するようにしましょう。

また大人数で暖を囲むことができる「薪ストーブ」も便利なアイテムとなっていますが、事前に冬キャンプで使うシーンを考えてから購入すると、その能力も発揮することができるでしょう。

AC電源が使用できる場所ならではのアイテムも

キャンプ場によってはコンセントタイプでも電源を取り出すことができるAC電源が用意されている場所もあります。AC電源が確保できる場所では「電気ヒーター」も利用することができるので大変便利です。

「電気ヒーター」の暖房器具であれば、灯油などの燃料を気にしなくても大丈夫ですし、さらにはテント内でも使用することができ、たくさんのメリットがあります。子どもがいる家族での冬キャンプでも燃料タイプの暖房器具よりも安心して使用することができるでしょう。

AC電源のワット数の上限にも注意しておこう

しかし、ここで注意しておかなければならないのがAC電源のワット数です。AC電源が使用できる多くのキャンプ場では、そこまでワット数の上限を確保している場所も少ないでしょう。場所によっては1000Wまでとされている場所もあるでしょう。

「電気ヒーター」などは多くの電気を消費する者であり、中には1000W以上も使用する必要がある暖房器具もありますので、AC電源が使用できるキャンプ場に行く際は事前にチェックをしておきましょう。

また購入のときに選ぶポイントでも、なるべくワット数を低いものを選ぶなど、ポイントについても押さえておきましょう。

冬キャンプのおすすめ暖房商品

ここからは冬キャンプに持っておくとおすすめの暖房商品をまとめて紹介していきます。冬キャンプには必ず一つは持って行った方がいいと言われている商品となっており、寒い冬のシーンでも気軽に利用することができるでしょう。

暖房器具によってはそこまで値段も高くないものもありますので、手頃な価格で購入することができるでしょう。冬キャンプに訪れる際はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

ホットカーペット

AC電源が用意されているキャンプ場で、是非持って行ったほうが良いと言われている暖房器具が「ホットカーペット」です。テント内と言っても地面からは冷えが伝わり、足元がかなり冷え込むものとなっています。

しかし足元を温めてくれる「ホットカーペット」は、冬の寒さを少しでも抑えてくれるでしょう。テント内に敷いておけばテント全体を温めてくれる冬の季節に絶好のおすすめアイテムとなっています。

ちなみにAC電源が設置されていないキャンプ場であっても、ポータブルタイプの大容量のバッテリーなどを持っていくことで「ホットカーペット」も使うことができるかもしれません。

石油ストーブ

日常生活でも利用している人も多い「石油ストーブ」は、テントの外で過ごすためには大活躍してくれるでしょう。

燃料が必須の暖房アイテムとなっていますが、石油さえあれば寒い外の環境下の中でも手足を温めてくれるのでおすすめです。

「石油ストーブ」は小さいコンパクトなサイズから大きいサイズまでそれぞれあります。手頃な値段で購入することができるタイプもありますので、ぜひ冬キャンプのシーンで利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに「石油ストーブ」には、AC電源が必須なタイプと乾電池で着火ができる対応がそれぞれありますので、選ぶ際のポイントとして押さえておきましょう。

電気敷毛布

「電気敷毛布」は夜の寝るときに大活躍してくれるアイテムとなっています。冬キャンプは寒いイメージが当たり前ですが、実は油断しがちなのが夜の寝るときです。

テント内は外とは環境が違う、そして寝袋があるから大丈夫と考えている人も少なくありません。テント内と言っても外の気温差はそこまでなく、さらには寝袋のタイプによっては耐えられる温度が異なります。

冬キャンプでは、厳しい寒さに対応できる寝袋が必須ではありますが、寝るときにさらに快適に過ごすためには「電気敷毛布」も持っておくことをおすすめします。

AC電源対応のものがほとんどとなっていますので、利用する際は「電気敷毛布」が利用できるか確認をしてから使うようにしましょう。

Thumb冬用のシュラフ(寝袋)の選び方とおすすめ11選!車中泊などに人気の商品紹介!
冬にキャンプや車中泊をする場合の必須アイテムになる冬用のシュラフ(寝袋)は、いろんな種類が販...

使い捨てカイロ

「使い捨てカイロ」は冬キャンプのシーンでは必ず持っておいて欲しいアイテムです。体を局所的に温めてくれることができる「使い捨てカイロ」は、どの時間帯でも大変心強いでしょう。

「使い捨てカイロ」をお腹に1枚、そして背中に1枚と体を挟むかのように貼れば、暖かさはグッと高まるでしょう。また足先に貼ることができる「使い捨てカイロ」を使っておけば、体全体が温まることでしょう。

しかし、寝るときには注意が必要です。寝るときもしばしば「使い捨てカイロ」を使いたくなる人も多いですが、寝るときに使用してしまうと低温やけどのリスクもあります。きちんと利用説明書を確認してから使うようにしましょう。

冬キャンプで寝るときの対策について知っておこう

冬キャンプで寝るときには必ず暖かくなる対策が必要です。寝るときは上着を羽織って寒さをしのいだり、靴下を2枚履くなどの対策が必要です。冬キャンプで夜に寝るときは日中と比較しても気温がグッと下がりがちです。必ず寒さ対策ができる服装を心がけましょう。

また冬キャンプで寝るときの対策として、その他に持って行くべきアイテムの一つとして「湯たんぽ」が挙げられます。低体温症になるリスクもありますが、手頃に足元を温めてくれるアイテムとして、ベテランキャンパーにもおすすめのアイテムとなっています。

寝るときの対策を万全にすることが、ベテランキャンパーの仲間入りでもあります。冬キャンプを快適に過ごすために、しっかりと準備して挑みましょう。

冬キャンプ専門の暖房器具も勢揃い!

冬キャンプ専門の暖房器具が各メーカーから発売されているので、これらを購入するのも一つの手でしょう。例えば、テント内に設置することができるストーブも販売されており、煙突をテントの天井から出して安全に過ごせるような対策担っている商品もあります。

またコンパクトな燃料だけを使用した暖房器具も各メーカーから販売されており、持っているだけで他のキャンパーから注目される商品もあります。どれも魅力的なものとなっており、しっかりと体を温めてくれるというメリットがあるでしょう。

しかし、これらを購入するときに気をつけておきたいのが料金についてです。キャンプ用品全般に言えることなのですが、実はキャンプ用品は高めに値段設定されているものが多くあり、有名キャンプ用品メーカーである「スノーピーク」や「ノースフェイス」などは効果であることが多いです。

そのため「欲しい!」と思った商品があってもなかなか手が出ないことも考えられるでしょう。しかし、中には有名なメーカーであっても手頃で購入しやすいアイテムもありますので、初心者の人はまずはそちらから手を出しても良いでしょう。

多くのベテランキャンパー達は、有名メーカーでかつ高価な暖房器具を持っている人も多いですが、初心者キャンパーの人は、それらを一気に集めるのではなく、まずは徐々に手頃な暖房器具を購入しておくことをおすすめします。手頃でコスパ抜群の暖房器具を吟味してみてはいかがでしょうか。

冬キャンプの暖房器具を利用するときの注意点

ここまで、冬キャンプのシーンで利用する暖房器具を紹介してきましたが、ではそれらを利用するときにはどのような注意点があるのでしょうか。実際に口コミでも挙げられている点から紹介していきます。

まずは暖房器具を利用する多くの場面では「子どもに注意」することです。小さい子どもほど、どこに動くか分かりません。1歳や2歳の年齢になると、父母の言うことも聞いてくれずに誤って暖房器具を触ってしまうこともあるでしょう。

「石油ストーブ」などやけどの危険がある器具については、しっかりと周りをフェンスで囲むなどの対応が必要です。

また「使い捨てカイロ」や「ホットカーペット」「湯たんぽ」など、体を温めてくれる必須アイテムとなりますが、長時間貼っておくと低温やけどのリスクも考えられるでしょう。

特に子どもに貼るときは、大人がしっかりと面倒を見てあげて、低温やけどにならないようにこまめに暖かさをチェックしてあげましょう。また寝るときについても、剥がしてあげるなどの対策も必要です。

冬キャンプの暖房を利用している人の感想

冬キャンプの暖房器具を使用している人は多くいるでしょう。中級キャンパーからベテランキャンパーまでそれぞれが使いやすい暖房器具を持参しています。では、そんな多くの人が利用している暖房器具にはどのような口コミがあるのでしょうか。

ここからはそれぞれ使用している暖房器具についての口コミ情報を紹介していきますので、これから購入や持参を考えている人は参考にしてみましょう。

体を温めてくれる必須アイテムとして評判高い

暖房器具にもよりますが、基本的には冬キャンプにも持って行って欲しいアイテムとして多くの人が口コミで声を揃えています。「使い捨てカイロ」や「湯たんぽ」など、初歩的な道具であったもベテランキャンパーが利用しているほど、重宝されるアイテムとなっています。

また「石油ストーブ」や「薪ストーブ」なども、日常生活でも利用することができる暖房器具であり、家庭の延長線で使うことができるので、わざわざ購入して準備する必要がないので便利だという口コミもありました。

「石油ストーブ」や「薪ストーブ」などは、キャンプ専用のアイテムも揃っており、ベテランキャンパーも憧れるほどの商品も多数販売されています。年々、新商品が登場していますので、気になるアイテムから使いやすいアイテムまで、それぞれ確認して購入を検討してみてはいかがでしょうか。

冬キャンプの暖房商品をチェックしてみよう!

冬キャンプに持って行くとおすすめの暖房器具をまとめて紹介していきましたが、気になるものはあったでしょうか。暖房器具を購入するときは、自分がどのようなシーンで冬キャンプをするのか、そしてどのようなシーンで利用するのかをきちんと確認しておきましょう。

多くのメーカーから冬キャンプにおすすめの暖房器具が発売されており、どれを購入していいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

それぞれ使用している人の口コミを確認したり、実際に使っている人の暖房器具を触ってみるなどして購入を考えてみてはいかがでしょうか。

ベテランキャンパーも使っているようなおすすめの暖房器具を購入して、あなたも快適なキャンプライフを過ごしてみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ