コストコのひき肉の活用方法・保存方法まとめ!値段や評判もチェック!

コストコの合挽のひき肉は赤身率が80%と高く、ヘルシーで美味しいと評判です。ハンバーグや肉団子などさまざまな使い方ができますが。食べ切れない場合は冷凍委保存がおすすめです。コストコのひき肉の値段や評判、使い方のヒント、保存方法などについて紹介します。

 コストコのひき肉の活用方法・保存方法まとめ!値段や評判もチェック!のイメージ

目次

  1. 1人気のコストコのひき肉とは?
  2. 2コストコのひき肉が人気の理由
  3. 3コストコのひき肉の値段
  4. 4コストコのひき肉の消費期限と保存方法
  5. 5コストコのひき肉の使い方
  6. 6コストコのひき肉の評判
  7. 7コストコのひき肉は変色している?
  8. 8こちらもおすすめ!コストコのその他のひき肉
  9. 9コストコのひき肉を購入してみよう!

人気のコストコのひき肉とは?

会員制の巨大スーパー、コストコ。コストコはさまざまな食品が大容量で販売されていて、コスパがいいことでも知られています。コストコには肉類も多く、大きなパッケージに入ったお肉がたくさん販売されています。

コストコで販売されている肉類の中で、さまざまな使い方ができると人気があるのが合挽のひき肉です。コストコのひき肉は大容量で販売されていて、初めてみる方はびっくりするかもしれません。味もよく、ハンバーグなど多彩なメニューに利用できます。

今回はそんなコストコ合挽のひき肉について、詳しくチェックしてみましょう。値段や使い方、おすすめの保存方法などについても紹介します。

コストコのひき肉が人気の理由

コストコのお肉コーナーにはさまざまな種類のお肉が販売されています。中でもおすすめなのが合挽のひき肉で、さまざまな料理に利用することができると人気があります。

コストコの合挽のひき肉の原産国は4か国で、牛肉がオーストラリアとアメリカ、豚肉がカナダと国産です。味もよく、美味しいと人気があります。次にコストコのひき肉が人気の理由をもう少し詳しくみてみましょう

ヘルシー

コストコの合挽のひき肉が人気なのは、まず最初にヘルシーだからです。コストコで販売されているひき肉は牛肉と豚肉の合い挽き肉で、牛肉と豚肉の割合は7対3となっています。

コストコのひき肉は赤身が多いのが特徴で、赤身は全体の80%になります。赤身が多いということは、脂質が少ないのでよりヘルシーなお肉といえるでしょう。

合挽のひき肉の牛肉と豚肉の割合に関しては明確な決まりがなく、一般的なスーパーでは牛肉と豚肉の割合は、7対3か6対4となっているところが多いようです。

また赤身の割合も規定がなく、お店によってはその日によって割合が変わったり、表示をしていなかったりする場合もあります。脂肪分を多く入れているお店もあり、ハンバーグなどを作ると脂っこいと感じることもあります。

その点、コストコの合挽のひき肉は常に牛肉と豚肉の割合が7対3と一定しており、赤身の割合も80%と明記されています。脂質が少ない分、ハンバーグなどを作るとさっぱりとした仕上がりになります。脂っこいお肉が苦手な人にもとても人気があります。

安い値段

コストコで合挽のひき肉を初めて見た方は、まるで塊のようになっているひき肉にびっくりするかもしれません。コストコでは、合挽のひき肉が1.8kgと大容量で販売されています。

1.8kgというとかなりの量になり、ずっしりとした重さがあります。値段が心配になるところですが、実はコストコのひき肉はとても安い値段で販売されています。

コストコの合挽のひき肉の値段は、一般のスーパーで特売価格よりも安い値段で買うことができます。大きなハンバーグを作ることができ、お子様がいる家庭にも人気があります。

コストコのひき肉の値段

それでは、コストコの合挽のひき肉は実際にどのくらいの値段なのかチェックしてみましょう。コストコのひき肉の1パックの値段は1,800円から1,900円くらいです。パックによって内容量が少しずつ異なりますが、だいたい1.8kgくらい入っています。

コストコのひき肉の100gあたりの値段は85円から98円と、100円以下の安い値段となっています。一般のスーパーでは100gあたり130円~150円で販売していることが多く、特売でも100g100円を切ることがほとんどないので、コスパがいい値段といえるでしょう。

コストコのひき肉の消費期限と保存方法

ひき肉は一般的に賞味期限が短く、コストコの合挽のひき肉の賞味期限も購入日を含め2日間と短いものとなっています。家族の人数が多い家庭でも、2日間で約2kgのひき肉を食べ切るのは難しいのではないでしょうか。

そのためコストコでひき肉を見かけても、買うのを考えてしまうという人も少なくありません。しかし、コストコのお肉は冷凍保存ができるので、食べ切れない分は冷凍庫で保存をしておきましょう。冷凍保存ができれば、大容量のひき肉を買っても安心です。

小分けして、冷凍保存がおすすめ

コストコの合挽のひき肉を冷凍保存をするときは、使いやすい量に小分けをして冷凍するのがおすすめです。塊のまま冷凍してしまうと、冷凍するまでに時間がかかるだけではなく、解凍も大変です。

家庭にもよりますが、100gくらいずつ小分けをしてラップに包んで冷凍保存をすると、使いたい分だけ解凍ができるので便利です。冷凍保存の仕方は簡単で、ラップで包んだらジップロックなどに入れ冷凍庫に入れます。ジップロックには日付を書いておくのがおすすめです。

コストコの冷凍保存のもう一つの方法は、少し手間がかかりますが、ハンバーグを作って冷凍しておく方法です。玉ねぎや調味料などを合わせて成形したら、焼かずにラップに包んで冷凍してしまいます。

食べる時は解凍してすぐに焼くだけでメインのおかずになるので、忙しい日の夕食にもおすすめです。お弁当用には小さなハンバーグを作って、焼いてから冷凍しておくのもいいでしょう。

冷凍したコストコのひき肉を解凍する場合は、冷凍庫から冷蔵庫に移してゆっくりと解凍するのがおすすめです。夕食に使いたい場合は、その日の朝、冷蔵庫に移しておくと夕方にちょうど使いやすくなっています。

コストコのひき肉の冷凍保存の際の注意点ですが、コストコのお肉は、もともと冷凍だったお肉を解凍しひき肉にしているものなので、家庭で再冷凍すると味が少し落ちます。できたらパットなどに並べ、急速冷凍させると味があまり落ちません。

また、コストコでひき肉を購入したら、速やかに家に持ち帰り、使わない分はすぐに冷凍をしておくのがおすすめです。冷凍保存をしたコストコのひき肉は、なるべく早く食べ切るようにしましょう。

コストコのひき肉の使い方

コストコの合挽のひき肉は大容量で、さまざまな使い方ができます。値段も安いので育ち盛りのお子様がいる家庭にもおすすめです。

ここからはコストコのひき肉の使い方をいくつか紹介しましょう。こちらで紹介する使い方を参考にして、美味しいお料理を作ってください。

ハンバーグ

コストコの合挽のひき肉の使い方のうち、もっとも人気があるのがハンバーグです。コストコのひき肉は値段が安いので、大きなハンバーグを作って楽しむといいでしょう。

大胆な使い方ですが、コストコの合挽のひき肉をそのままヘラで取って焼く方法があります。パッケージを開き、ヘラで適当な大きさに取ったら、塩・こしょう、小麦粉をかけ、簡単に丸い形にします。フライパンに油を引き、弱火で両面を焼いてできがりです。

この使い方ですと、あっという間にハンバーグができてしまいます。コストコでサラダを買って添えると、バランスのいいメニューになります。

コストコの合挽のひき肉は脂肪分が少ないのでヘルシーな反面、育ち盛りのお子様や男性には物足りないと感じることもあるようです。そんな時は、ハンバーグの中にチーズを詰めて焼いたり、トッピングに目玉焼きを乗せたハンバーグを作るのもおすすめです。

その他の使い方としては、ハンバーグをたくさん作って冷凍しておき、食べたい時に解凍したり、バンズにサンドしてハンバーガーにするのもおすすめです。

麻婆豆腐

コストコのひき肉の使い方はまだあります。コストコのひき肉はさっぱりとした食感なので、麻婆豆腐にもよく合います。コストコのお肉は安いので、たっぷりと入れると美味しい麻婆豆腐ができます。

麻婆豆腐の作り方はいろいろありますが、一番簡単なのは調味料が入った麻婆豆腐の素と豆腐を買って作る方法です。家で作る場合は、醤油・中華スープのもと・豆板醤・オイスターソースなどを合わせた調味料で作ります。

肉団子

続いて紹介するコストコの合挽のひき肉の使い方は肉団子です。肉団子はその日のうちに食べても美味しいのですが、たくさん作って冷凍をしておくと、忙しい日の夕食やお弁当に便利です。

作り方は、コストコのひき肉・玉ねぎのみじん切り・牛乳に浸したパン粉・卵をよく混ぜます。塩・胡椒・ナツメグ・酒を入れ、粘りが出るまでさらによく混ぜます。

タネを直径3センチくらいのお団子に丸めたら、片栗粉を全体にまぶします。冷凍保存する場合は、ここでジップロックに入れて冷凍庫で保存します。解凍した肉団子は、油で揚げて甘酢餡を絡めたり、ケチャップとトマトソースで絡めてハンバーグ風にしたりするといいでしょう。

コストコのひき肉の評判

コストコの合挽のひき肉は大容量なので、小分けをして冷凍をしておくとさまざまなレシピに使えると評判です。赤身が多い分、さっぱりとした味で、ハンバーグや肉団子などどんな料理にも使えると人気があります。

コストコの合挽のひき肉はさっぱりしていますが、パサつきはなく、ハンバーグを作っても肉汁がたっぷりと含まれていてジューシーです。ヘルシーで美味しい料理ができるという感想が多く寄せられています。

注意点としては、コストコのひき肉は買うときはぴったりとラップで包まれているのですが、重量があるためラップが破けやすく、中の汁が出てしまうことがあります。買った後は大きなビニル袋に入れるといいという口コミがあります。

Thumbコストコのステーキ肉はどれがおすすめ?美味しい焼き方や冷凍方法も紹介!
倉庫型店舗としてショッピングに大人気のコストコで販売中の人気のステーキ肉について、詳しくご紹...

コストコのひき肉は変色している?

コストコの合挽のひき肉を買って、家でパッケージを開けた時、中が黒っぽく変色していて驚くことがあります。赤身の肉は空気に触れると変色しやすく、コストコの合挽のひき肉は赤身が多い分、どうしても変色しやすいようです。

しかし味は品質には問題がたく、そのまま料理に使っても問題はありません。ひき肉の特性なので、あまり気にせずに食べても大丈夫です。

こちらもおすすめ!コストコのその他のひき肉

コストコでは合挽のひき肉の他、牛肉100%のひき肉、豚肉100%のひき肉、鶏肉100%のひき肉の4種類のひき肉を販売しています。

牛ひき肉は「100%ビーフパティ」という名前で販売されています。豚肉、鶏肉のひき肉とも大容量で販売されているので、その日のうちに食べ切れない場合は冷凍保存をしておくといいでしょう。

100%ビーフパティ

コストコの100%ビーフパティは、オーストラリア産とアメリカ産のビーフ100%のひき肉です。ハンバーグのように丸くまとめられたものが12個入っています。1個のサイズは150gあり、全体で約2kgとなります。

値段は2,000円~2,500円くらいで、100gあたり110円~120円なのでコスパがいい商品です。このまま焼いてステーキソースなどをかけて食べることができます。赤身88%なので焼き上がりは固めで、ステーキのような食感です。

こちらの商品は脂身が少ないのでさっぱりとしていて、脂質が気になる人にもおすすめです。また、煮くずれがしにくいので煮込みハンバーグにもいいでしょう。牛ひき肉として使うことができ、カレーやミートスパゲティに使うと美味しいという口コミがあります。

賞味期限が短いので、使い切れない場合は冷凍保存がおすすめです。もともと12個に分かれているので、1つずつラップに包んで冷凍するといいでしょう。

豚ひき肉

コストコの豚ひき肉は、国産の豚肉とカナダ産の豚肉を挽いたもので、赤身率が高く約80%あります。1.5kg~2kgの大きなパックで販売されていて、値段は1,500円前後となります。100gあたり70円ぐらいなので、買いやすい商品です。

臭みやクセのない美味しい豚ひき肉で、赤身が多いため脂っぽさがなくあっさりとしています。その一方で、パサつきがちなので、お好みで油を多めに使って調理するのもいいかもしれません。

おすすめの料理は、キーマカレー・麻婆豆腐・肉団度・そぼろなどがあります。食べ切れない場合は冷凍保存をして、2週間を目安に食べ切るようにするのがいいでしょう。

国産品さくらどり挽肉

コストコでは、国産のさくらどりを使ったひき肉を販売しています。こちらは冷凍品で、冷凍コーナーで販売されています。内容量は2kgあり、値段は1,700円前後で販売されています。100gあたり約85円なので、コスパがいい商品です。

こちらの鶏ひき肉はむね肉をひき肉にしたもので、赤身率が90%とヘルシーな食材です。ジップロックになっていて、使いた分だけ解凍できるのでとても便利です。さっと解凍できるので、お弁当作りにも役立ちます。

Thumbコストコの鶏肉「さくらどり」は美味しい?保存方法やおすすめの使い方を紹介!
コストコには便利に利用できる商品が数多くあります。今回コストコのおすすめ商品の中から鶏肉「さ...
Thumbコストコの豚肉はコスパ優秀!人気の豚バラなど商品ごとの特徴や値段を紹介!
コストコの豚肉は美味しいの?そんな疑問に答えるべく、コストコの豚肉について調査しました。賞味...

コストコのひき肉を購入してみよう!

コストコの合挽のひき肉は大容量で、さまざまな使い方ができると人気があります。冷凍保存ができるので、使わない分は小分けにして冷凍しておくといいでしょう。

またひき肉は傷みやすいので、コストコで購入したら保冷剤を入れた保冷バックにしまい、できるだけ早く家に戻るようにすると安心です。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ