『尾去沢鉱山』は廃墟ツアーで人気?観光ポイントやアクセス紹介!

秋田県鹿角市にある「尾去沢鉱山」は銅や金の採掘をおこなっていた鉱山で、坑内だけではなく、廃墟のような製錬場跡を見学できる事で人気の秋田の観光スポットです。尾去沢鉱山について、観光のポイントやアクセスなどをご紹介していきます。

『尾去沢鉱山』は廃墟ツアーで人気?観光ポイントやアクセス紹介!のイメージ

目次

  1. 1廃墟の見学も楽しめる!尾去沢鉱山をご紹介
  2. 2秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」とは?
  3. 3秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」への電車でのアクセス
  4. 4秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」への車でのアクセス・駐車場
  5. 5秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」の営業時間
  6. 6秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」1:観光坑道見学コース
  7. 7秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」2:観光坑道+坑外施設(廃墟)見学コース
  8. 8秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」3:個人で廃墟見学する際の注意点
  9. 9秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」4:砂金採り・天然石堀り体験
  10. 10秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」5:手作り体験
  11. 11秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」6:鹿角市鉱山歴史館
  12. 12秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」7:お食事処(レストハウス)
  13. 13秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」8:お土産処
  14. 14秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」9:遊具施設など
  15. 15あわせておすすめ!周辺の観光スポット
  16. 16尾去沢鉱山で廃墟と坑道を見学しよう!

廃墟の見学も楽しめる!尾去沢鉱山をご紹介

21827534 2353994591493004 7943768212699611136 n
ko.hayashi

「尾去沢鉱山」は秋田県鹿角市にある鉱山の跡地です。採掘をおこなっていた坑道や、周辺にある製錬場跡などを見学する事ができます。食事処やお土産処などもそろっていて、年代を問わず楽しめる施設となっています。そんな尾去沢鉱山について、アクセスや見どころなどについてご紹介していきますので、参考にしてください。

Thumb秋田へ観光・旅行ならここ!人気スポット25選!名所や魅力を紹介!
海あり、山ありの秋田県には、自然を満喫できる景勝地や源泉かけ流しの温泉など、魅力あふれる名所...

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」とは?

14073258 1090706607662121 1832241938 n
mamereloye1994

尾去沢鉱山は、約1300年前の708年に銅山が発見されて開山したといわれています。1598年に金山を発見して開発がおこなわれていましたが枯渇してしまい、その後1695年には銅鉱が発見されて、日本の主力の銅山のひとつとなりました。日本最大級と規模を誇りましたが、1966年に製錬が中止されて、1978年に閉山しました。

22860472 1327981963980462 8737016369821777920 n
akiko_moon496

その後、1982年に尾去沢鉱山跡を利用した「マインランド尾去沢」がオープンし、2008年にリニューアルして「史跡 尾去沢鉱山」となり、現在に至ります。坑道内を歩いて見学したり、砂金取りなどの体験ができます。また、周辺には製錬場跡などが現在も残り、廃墟や産業遺産が好きな人にも人気の観光スポットとなっています。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」への電車でのアクセス

23099189 1255910941221195 1050588243717783552 n
niepongt3

電車でのアクセスは、JR花輪線・鹿角花輪駅で下車となります。駅からのアクセスはタクシーを利用して、10分ほどで到着となります。鹿角花輪駅までは高速バスでもアクセスできます。その場合は、盛岡駅前から大館行き高速バスに乗り、1時間30分ほど乗車して鹿角花輪駅で下車となります。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」への車でのアクセス・駐車場

13129442 1810798939153363 287578348 n
yuuki8nari

車でのアクセスは、東北自動車道・八幡平インターチェンジから10分ほどとなっています。尾去沢鉱山の専用の駐車場が550台分あり、無料で利用できます。秋田県には観光スポットが多数あるので、あわせてめぐるには車でのアクセスがおすすめです。観光名所の十和田湖からは1時間15分ほど、八幡平からは1時間ほどとなっています。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」の営業時間

13118342 1715075055376434 278751926 n
dirty_4

営業時間は、4月1日から10月31日までの夏季が午前9時から午後5時まで、11月1日から翌年の3月31日までの冬季が午前9時から午後3時30分までとなります。定休日がないので年中無休で営業しています。ただし、11月中旬から翌年の3月までは坑外施設の見学ができないので、お気を付けください。料金は各コースごとに説明します。

住所:秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
電話番号:0186-22-0123

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」1:観光坑道見学コース

「尾去沢鉱山」観光鉱山見学コースの概要と料金

26350550 1594625973959149 4611577364344733696 n
o.o.m.y

観光坑道(石切沢通洞坑)見学コースは、『標準コース』と、少し距離の長い『特別コース』の2コースがありますが、どちらを見学しても料金は同一です。料金は、大人1000円、中高生800円、小学生600円、シニア(65歳以上)800円となっています。障害者手帳の提示で個人料金の半額になります。そのほかに団体料金などの設定もあります。

「尾去沢鉱山」観光鉱山見学コースの注意点

13385788 570661093115926 1863040065 n
chang_da

尾去沢鉱山の観光坑道内は、年間を通じて気温が13度となっています。夏に訪問する場合は坑道内がとても寒く感じるので、上着などを持参して調整しましょう。足元が濡れている場所もあるので歩きやすいクツがおすすめです。上から水滴が垂れてくる場合もあるので、気になる方は帽子をかぶったり、タオルなどを持参しましょう。

坑道内には当時の様子をわかりやすく再現するため、人形と音声を使った展示がしてあります。人形は動いたりはしませんが坑道内が薄暗い分、人形が人間のようにリアルに見えるので、小さいお子様などは怖がってしまう場合もあるかもしれません。坑道内は暗い場所もあるので、お子様から目を離さないようにお気を付けください。

「尾去沢鉱山」観光鉱山見学コース1:標準コース

20905271 2017836508447273 3397300731496103936 n
komeshin0318

尾去沢鉱山の観光坑道見学『標準コース』は、約1.1kmの距離があり所要時間は30分ほどとなっています。大規模な採掘跡のある機械堀りの近代坑道や、江戸時代までの手掘りの坑道の跡などが見学できます。中間地点に『特別コース』へ進む分岐点があるので、もう少しめぐってみたい場合はそちらに進む事も可能です。(追加料金はありません)

「尾去沢鉱山」観光鉱山見学コース2:特別コース

尾去沢鉱山の観光坑道見学『特別コース』は、約1.7kmの距離があり所要時間は45分ほどとなっています。標準コースの中間地点に特別コースへと進む分岐点があり、坑内エレベーターなどが人形とともに展示してあるコースを1周して分岐点へと戻り、そこから標準コースに戻って出口へと進んでいく形となります。見ごたえがあるコースです。

13651806 163898234041122 1240423417 n
bandb_on

そのほかにも尾去沢鉱山の坑内には、ワインや日本酒が貯蔵してある『ワインプラザ、古酒の蔵』や、坑夫が安全祈願をしていた『山神様』などがあります。人形を使った展示がしてあり、当時の様子がわかりやすくなっています。また、坑道内には1ヶ所だけ簡易トイレがあります。緊急の場合はそちらを利用しましょう。

車イスでも尾去沢鉱山の観光坑道見学ができます!

13266813 227053817680131 1889035059 n
anomalocaris

尾去沢鉱山の観光坑道は車イスでも見学する事ができます。狭い階段があるため出口付近の『尾去西道金山奉行所』や『江戸時代までの手掘り跡』などは見る事ができず、その手前にある車イス専用の通路を通って入口に戻らなければなりませんが、坑道のほとんどを見学できます。車イスでもめぐってみたい人はぜひ訪問してみてください。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」2:観光坑道+坑外施設(廃墟)見学コース

「尾去沢鉱山」観光坑道+坑外施設見学コースの概要と料金

21827145 2017076061861711 6897407870363500544 n
ko.hayashi

尾去沢鉱山の『観光坑道+坑外施設見学コース』は、さきほどご紹介した観光坑道(石切沢通洞坑)の見学と、周辺にある製錬場跡などの坑外施設をガイド付きでめぐるコースです。所要時間は2時間ほどで、料金は大人1800円、シニア・中高生1440円、小学生1080円となっています。このコースは予約が必要なのでお気を付けください。

「尾去沢鉱山」観光坑道+坑外施設見学コースの注意点

31941544 220039521925045 8391106030288764928 n
o_nishi1226

観光坑道+坑外施設見学コースはガイド付きで、マイクロバスで移動するため予約が必要です。催行は10名以上からとなっていますが、個人向けのガイド日もあるので、個人や少人数で利用したい場合は事前に問い合わせてみましょう。また、マイクロバスの定員の関係で25名以上で利用したい場合も事前の問い合わせが必要です。

24124813 1973815859500014 2924201816029659136 n
zunsanzunsan

坑外施設の見学では建物の中には入る事はできませんが、ガイド付きなので尾去沢鉱山の歴史や建物の詳細が良く分かり、廃墟や産業遺産に興味がある人におすすめです。尾去沢鉱山は年中無休で営業していますが、坑外施設の見学は11月中旬から翌年の3月までできないので、お気を付けください。

「尾去沢鉱山」観光坑道+坑外施設見学コース

14373992 1763701390569887 2062149726 n
hidezo_sakura

多い時には月間で10万トンもの銅鉱石を処理した『選鉱場跡』の基礎部分や、土木遺産に認定された高さ60mの煙突がある『製錬場跡』、映画の上映などがおこなわれていた『協和会館跡』などをガイド付きでめぐる、見どころ満載のコースとなっています。製錬場は1966年に、選鉱場跡は1978年に操業を中止し、廃墟と化しています。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」3:個人で廃墟見学する際の注意点

13724553 1199670540074690 551260989 n
sunosuno4

尾去沢鉱山の坑外施設は公道からも見学できるので、ガイド付きのツアーに申し込まなくても、個人で見学する事が可能です。ただし、建物には立入禁止でロープなどが張られているので、遠くから見るかたちとなります。近くまで行けないので廃墟が好きな人には物足りないかと思いますが、ルールを守って廃墟見学を楽しんでください。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」4:砂金採り・天然石堀り体験

「尾去沢鉱山」体験メニュー1:純金砂金採り

お椀のような形をした道具を使って、純金や砂金を採る体験ができます。採った純金・砂金は持ち帰る事ができます。時間は30分間で、料金は大人(高校生以上)800円、小人(中学生以下)600円となっています。尾去沢鉱山は年中無休ですが、純金砂金採りの営業期間は4月下旬から11月上旬までとなっているのでお気を付けください。

「尾去沢鉱山」体験メニュー2:天然石堀り

12120384 455899174594782 917401765 n
nyanco45

砂の中にある、パワーストーン(天然石)を掘り出す体験ができます。水晶類・トルマリン・ガーネット・メノウなど10種類ほどの天然石があり、掘り出したものはケースに入れて持ち帰りができます。時間は20分間で、料金は小型ケース550円、大型ケース850円、特大ケース1000円です。通年営業しているので、いつでも楽しめます。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」5:手作り体験

「尾去沢鉱山」手作り体験メニュー1:天然石万華鏡作り

12145381 1664923573788540 702404046 n
nyanco45

天然石を使った珍しい万華鏡作りが体験できます。メノウや水晶など色とりどりの天然石を筒の中に入れて、筒をデコレーションして、自分だけのオリジナルの万華鏡の完成となります。所要時間は30分ほどで、料金は750円です。通年営業しているので、いつでも体験できるメニューとなっています。

「尾去沢鉱山」手作り体験メニュー2:パワーストーンのアクセサリー作り体験

12135247 1175964085750305 978519967 n
nyanco45

好みのパワーストーン(天然石)を選んで、ストラップやブレスレットを手作りする体験です。料金は、ストラップ550円、ブレスレット1050円、プレミアムブレスレット2550円となっていて、所要時間は30分ほどです。自分の好きなパワーストーンが選べるので、自分好みに仕上げる事ができます。こちらも通年営業しています。

「尾去沢鉱山」手作り体験メニュー3:そのほかにも!

お皿や箸に金箔を貼る『金山で金箔貼り体験』や、鹿角地方の伝統料理・きりたんぽを作る『きりたんぽ体験』(団体向け)といった体験メニューがあります。そのほかにも、『純金砂金採り大会』などのイベントもおこなわれていて、坑道見学や坑外施設見学以外にもさまざまな楽しみ方があります。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」6:鹿角市鉱山歴史館

尾去沢鉱山の歴史などについて学べる施設で、入館は無料です。尾去沢鉱山で採掘した黄銅鉱鉱石などの展示や、総延長800kmにおよぶ尾去沢鉱山の坑道を模型にしたものなどがあり、日本最大級といわれる尾去沢鉱山を知る事ができます。料金は無料で、営業時間は尾去沢鉱山と同様です。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」7:お食事処(レストハウス)

尾去沢鉱山の敷地内にある、250席のログハウス風のレストランです。レストランのみの利用も可能です。メニューは、八幡平ポークと使った鉄板焼きやとんかつ定食、黄金稲庭うどんや限定メニュー・尾去沢鉱山カレーなどがあり、車イスでも入店できます。営業期間は4月下旬から11月上旬までとなっています。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」8:お土産処

13267442 898934983569391 1372813632 n
yoskoichi

尾去沢鉱山ならではのお土産は、金箔入りの『純金茶、ようかん』や小判型のチョコレート、尾去沢鉱山のマスコットキャラクター『鉱太くん』のキーホルダー、天然石のアクセサリーなどがあります。そのほかにも、秋田鹿角の特産品や秋田の名産品の『いぶりがっこ、きりたんぽ、しそ巻き大根、とんぶり』などがそろっています。

秋田で人気の観光地「尾去沢鉱山」9:遊具施設など

11327150 921466234563044 580236177 n
taketake1977

そのほかにも、バーチャルシアターと迷路がある『3Dシアターとからくり館』、お子様向けの『バッテリーカー』があります。4月下旬から11月上旬までの営業で、休業日もあるのでお気を付けください。冬季以外の日曜・祝日に営業する『ゴーカート』では、本格的なゴーカートが楽しめます。ディーゼル機関車などの展示もおこなっています。

あわせておすすめ!周辺の観光スポット

道の駅かづの「あんとらあ」

尾去沢鉱山から3kmほど離れた場所にある「道の駅かづの・あんとらあ」は、尾去沢鉱山がある『鹿角市』の名産品や名物などを身近に体感する事ができる施設です。鹿角市の観光情報や観光案内などもおこなっているので、急な天候不良や時間があまってしまった時などでも、おすすめの観光地を案内してもらう事ができます。

25021498 2025708067446806 2285935406300004352 n
nrmii720

鹿角は『きりたんぽ発祥の地』という事で、きりたんぽ料理が楽しめます。レストランでは、比内地鶏の出汁に名物のきりたんぽや野菜などを入れた鍋料理の『かづのきりたんぽ膳』、テイクアウトでは『味噌付けたんぽ』などがいただけます。また、『かづの北限の桃』を使ったソフトクリームなどもあり、鹿角ならではの味覚が楽しめます。

11374216 348839038619955 1546913067 n
nao.nao.026

さらに『手づくり体験館』では、鹿角ならではの体験ができます。鹿角産のあきたこまちを使って作る『きりたんぽ』、保存食として古くから伝わる『南部せんべい焼き体験』、鹿角市の伝統料理の漬物『しそ巻大根体験』、板を切り抜いて作る『組木細工体験』などがあります。料金や所要時間などは施設のホームページでご確認ください。

『祭り展示館』では、日本三大ばやしのひとつ、『花輪ばやし』の屋台が展示されています。入館は有料となりますが、実際に使われている屋台が並び、見ごたえのある展示となっています。『花輪ばやし』は鹿角市のお祭りで、毎年8月19日と20日に開催され、展示されている屋台が町内を練り歩きます。開催日にあわせて訪問するのもおすすめです。

住所:秋田県鹿角市花輪字新田町11-4
電話番号:0186-22-0555

尾去沢鉱山で廃墟と坑道を見学しよう!

26229161 965390823617366 930189057596588032 n
h_o_t_c

尾去沢鉱山について、観光坑道や坑外施設、料金やアクセスなどをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?アクセスしにくい場所にありますが充実した施設で年代を問わず楽しめる、おすすめの観光スポットとなっています。施設により営業期間が異なるので事前に確認して、尾去沢鉱山での観光をお楽しみください。

Thumb北海道の廃墟まとめ!ホテルや病院跡など本当に怖いスポットを厳選!
北海道は47都道府県の中でも1番広い面積を持ち、雄大な自然や多くの観光スポットで有名ですが、...

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング