千葉の鋸山へ登山&ハイキング!おすすめコースや服装・所要時間は?

千葉の内房にある鋸山は、素晴らしい景色が楽しめる上に見どころも多い人気のスポットです。適度な難易度で登山やハイキング愛好者にもおすすめです。今回は千葉の鋸山の登山やハイキングルート、服装、見どころなどについてご紹介します。

千葉の鋸山へ登山&ハイキング!おすすめコースや服装・所要時間は?のイメージ

目次

  1. 1千葉の鋸山は手軽な登山とハイキングのスポット
  2. 2千葉の鋸山とは
  3. 3千葉の鋸山の紅葉
  4. 4千葉の鋸山登山の時の服装
  5. 5千葉の鋸山への公共交通機関でのアクセス
  6. 6千葉の鋸山への車でのアクセス
  7. 7千葉の鋸山の駐車場
  8. 8千葉の鋸山登山をする時の駐車場
  9. 9千葉の鋸山の登山ルート
  10. 10千葉の鋸山のハイキングルート
  11. 11千葉の鋸山登山の見どころ1:金谷美術館
  12. 12千葉の鋸山登山の見どころ2:鋸山ロープウェイ
  13. 13千葉の鋸山登山の見どころ3:十州一覧台
  14. 14千葉の鋸山登山の見どころ4:百尺観音
  15. 15千葉の鋸山登山の見どころ5:地獄のぞき
  16. 16千葉の鋸山登山の見どころ6:東海千五百羅漢道
  17. 17千葉の鋸山登山の見どころ7:大仏広場
  18. 18見どころいっぱいの鋸山登山に出かけよう

千葉の鋸山は手軽な登山とハイキングのスポット

23421718 436257250109164 499970889454977024 n
___azugra___

千葉県、内房の浜金谷に近い鋸山(のこぎりやま)は、首都圏から日帰りで行ける手軽な山として人気があります。ロープウェイも通っているので、それを利用すれば手軽なハイキング、利用しなければちょっとした登山になります。絶景スポット、パワースポットとも言われて人気の鋸山のコースや見どころをご紹介します。

千葉の鋸山とは

鋸山は千葉県房総半島の南部、安房郡鋸南町と富津市の境にある標高329メートルの山です。良質な房州石の産地として江戸時代から採石が行われ、石を切り出した後がギザギザのノコギリの歯のように見えることから「鋸山」と呼ばれています。鋸山は通称で、正式な名前は「乾坤(けんこん)山」と言います。

20968481 1998017880430449 4200749916982607872 n
synesth

千葉の鋸山はハイキングや登山をするのに高さもちょうど良く、東京から近く観光客も来やすいということで、ロープウェイが通ったり、登山道が整備されたりしてアクセスしやすい山になっています。山頂付近からの景色も素晴らしく、山のあちらこちらに見どころも多いので、年代を問わず人気のスポットです。

27893419 915689561941613 6180657985635745792 n
cookie.0409

千葉の鋸山の「地獄のぞき」や「百尺観音」などの見どころは「日本寺」の敷地内にあるので、それらに行く場合は、ロープウェイ、登山道、ハイキングルート、どれを利用しても拝観料を払わなければなりません。料金は大人600円、4才から12才までの小人400円で、拝観時間は8:00から17:00です。鋸山の観光は平均2、3時間かかります。

Thumb千葉の絶景スポット総まとめ!美しい滝や洞窟などフォトジェニックな観光名所!
千葉県といえば、東京都に接した県のイメージですが、房総半島をはじめ自然が溢れた農業県でもあり...

千葉の鋸山の紅葉

千葉の鋸山の紅葉は例年11月の下旬です。温暖な気候の房総半島の紅葉は、関東で一番遅いと言われています。鋸山は山全体が紅葉に覆われるという場所ではありませんが、所によっては紅葉した木が間近で見られます。中でも大仏広場はおすすめです。赤い紅葉が大仏とコラボしてとても素敵な写真が撮れます。

千葉の鋸山で紅葉を楽しむなら、やはり高い位置から見渡すのが良いでしょう。「地獄のぞき」「瑠璃光展望台」「地球が丸く見える展望台」など鋸山にはいくつもの展望台があるので、眼下に広がる風景の中に色づいた木を見ることができます。また、山の岩壁に這うツタなども赤く色づきます。

千葉の鋸山登山の時の服装

千葉の鋸山は比較的容易に山頂までアクセスできる山ですが、ハイキングや登山に行く時はやはりそれなりに服装に気を使う必要があります。麓から「登山道」を上るコースの場合は途中に歩きにくい場所もあります。登山道よりも整備された「ハイキングコース」でも結構な距離を歩くので、歩きやすい靴と動きやすい服装は必須です。

28157722 172554516865297 278011180075712512 n
justy_nasty

千葉の鋸山にハイキングや登山に行く際の服装は、暑ければ脱ぎ、寒ければ着られるような重ね着が良いでしょう。ただ、登山道を通らずハイキングルートを行くのなら、本格的な登山の服装や装備はまったく必要ありません。端的に言えば、かえって本格的過ぎる服装をしていると浮いてしまうことにもなりかねません。歩きやすい靴だけはご用意を。

28153947 338280206660858 4896786909608542208 n
hika2580

千葉の鋸山へは登山はせずにハイキングだけでも水分補給の飲み物は必携です。暑い時期は日よけ、涼しい時期は日陰や風が冷たく感じられることもあるので、1枚防寒用の服装も用意しておくと良いかもしれません。服装だけでなく、景色が良いのでカメラはもちろん、双眼鏡などがあったら忘れずにご用意ください。

千葉の鋸山への公共交通機関でのアクセス

22280314 1316125785177074 2540721980219326464 n
0slow0

千葉の鋸山へ電車でアクセスする場合は、JRの内房線を利用することになります。最寄り駅は「浜金谷駅」で、千葉駅からは普通列車で約80分になります。浜金谷駅から国道127号線を立山方面に8分ほど歩けば鋸山のロープウェイ乗り場に到着です。電車の本数は多くないので、よく時刻表を確かめる必要があります。

26866839 1717786554950065 1133415382351085568 n
__aki10__

千葉の鋸山へは、神奈川の久里浜港から東京湾フェリーを利用するというアクセス方法もあります。鋸山近くの金谷へは11.5キロの船旅で、所要時間は約40分です。電車だと東京をぐるりと回らなければならないし、車でアクアラインを利用しても結構な距離があるので、湘南や横浜南部に近い人はフェリーの利用が時間と費用の節約になりそうです。

千葉の鋸山への車でのアクセス

千葉の鋸山に車でアクセスする場合は、富津館山道路を利用するのが時間の節約になります。「富津・金谷IC」から国道127号線を館山方向へ進むと約5分で到着です。平日ならアクアラインから一般道でアクセスしても良いかもしれません。海の近くを通る部分もあり、気持ちよく走れます。

千葉の鋸山へは、東京都内から各旅行会社が日帰りバスツアーを催行しています。大抵の場合、他の場所とセットで回るので、鋸山での滞在時間が限られてしまうかもしれませんが、効率よく観光名所を訪ねたり、千葉の美味しい物を食べたりお土産を買ったりしたければ、このようなバスツアーの利用も悪くありません。

千葉の鋸山の駐車場

千葉の鋸山には駐車場が3か所かあります。「ロープウェイ山麓駅近くの駐車場」「登山自動車道の駐車場」「大仏下駐車場」です。「ロープウェイ山麓駅近くの駐車場」「登山自動車道の駐車場」の2つは駐車料金は無料ですが、それぞれ有料のロープウェイ、登山自動車道を利用する人のためのものです。「大仏下駐車場」は完全無料です。

千葉の鋸山の3つの駐車場にはそれぞれ一長一短があります。「ロープウェイ山麓駅近くの駐車場」「登山自動車道の駐車場」は見どころの多い山頂に近い反面、混雑や渋滞が多くあります。特に「ロープウェイ山麓駅近くの駐車場」は週末などはかなり厳しい状況です。「大仏下駐車場」は広くて混雑もあまりありませんが、山頂まで距離があります。

千葉の鋸山登山をする時の駐車場

28158921 194927054615968 372472740868784128 n
butaman5511

千葉の鋸山で(ハイキングではなく、登山道を使った)登山をする場合、登山道入り口近くの駐車場を探さないとなりません。登山道入り口は浜金谷側で、ロープウェイ乗り場に近いので「登山自動車道の駐車場」「大仏下駐車場」の利用は現実的ではありません。片道をロープウェイにするなら「ロープウェイ山麓駅近くの駐車場」が使えるでしょう。

18512919 387966494930826 6342571780179230720 n
crossnode

往復登山道を使って登山をする場合は、周辺の有料駐車場を利用するのが原則です。笹生肉店(まつばや)裏手の駐車場は1日800円、かぢや旅館の駐車場は1日1000円ですが、700円で日帰り温泉を利用すれば駐車料金は無料になります。登山の後に汗を流してはどうでしょうか。その他にも小さな有料駐車場がいくつかあります。

千葉の鋸山の登山ルート

27891356 2250484945238155 7641764679588511744 n
saitou1318

千葉の鋸山にはいくつかの登山ルートがあります。「車力道コース」はそれなりにキツイ面はありますが、一番ポピュラーなコースです。ここは石切り場から石を運んだ道で、岩の道に苔が生えていたりして趣があります。靴は最低滑らないスニーカー、暑さ寒さの調節が容易な服装でのぞんでください。

千葉の鋸山の「関東ふれあいの道コース」は「東京湾を望む道」とも言われる階段の多い登山コースです。スタート地点は「車力道コース」と同じです。足元はむき出しの土の部分も多いので、汚れても良いスニーカーで出かけましょう。「観月台」「石切り場跡」と通って「地球が丸く見える展望台」までの所要時間は1時間半ほどです。

「安兵衛井戸・沢コース」は本格的な登山コースですので、それなりの服装と装備で行きましょう。登山靴と軍手は必須、アブや蜂、マムシなどに遭遇する場合もあるので半袖シャツはNGです。ロープを使って上る場所や暗いトンネルのような場所もあり、初心者や子供は避けた方が良いコースです。また、一人での歩行もおすすめできません。

千葉の鋸山のハイキングルート

26864311 127055631443244 6129092406416506880 n
_juha____

千葉の鋸山のハイキングルートは大仏広場から「地獄のぞき」や「百尺観音」「山頂展望台」など見どころの多いエリアに整備されています。登山道とは違い、足元がコンクリートなどで整えられている部分が多くとても歩きやすくなっています。それでも歩く距離は長く、段差もあるので歩きやすい靴で行くのが鉄則です。

25005324 1543247019097357 1490576423075708928 n
pekico34

日本寺の大仏広場からハイキングルートを通って頂上に近い「地獄のぞき」などがあるエリアに上って行く場合、所要時間は約30分です。途中は後述する「東海千五百羅漢道」など見どころも多く、秋は紅葉を眺めたりして飽きずに歩けます。ロープウエイを利用する場合では高低差は少なくなるものの「地獄のぞき」までやはり30分ほどかかります。

千葉の鋸山登山の見どころ1:金谷美術館

14719748 1663683347254880 161189590042935296 n
_kaori.kubo_

千葉の鋸山の、登山でもハイキングでも楽しめる見どころを、ロープウェイのある金谷側から順にご紹介していきます。「金谷美術館」は2010年に開館した比較的新しい美術館です。本館の外壁は房州石の中でも高級な桜目石で装飾されていますので、展示内容だけでなく忘れずに外壁も見てください。

18646460 1348081021947636 4549025971746897920 n
r.minamino

千葉の鋸山に近い「金谷美術館」は町おこしの中から生まれた美術館で、展示してある作品は寄贈された作品に加え、貸与されたものも含まれているそうです。絵画の他、企画展示では茶器や書画なども展示されますし、週末にはコンサートやワークショップなども催されます。登山やハイキングの前後にアートに触れてみてはいかがでしょう。

住所:千葉県富津市金谷2146-1
電話番号:0439-69-8111

千葉の鋸山登山の見どころ2:鋸山ロープウェイ

24274375 168191997257832 8659925636753653760 n
mori2135

千葉の「鋸山ロープウェイ」は山麓駅から山頂駅までを所要時間4分ほどで結んでいます。このロープウェイを利用すれば、山頂駅から数十分歩くとはいえ、長くキツイ階段を上ることなく、かなり楽に「地獄のぞき」など鋸山の見どころにアクセスすることができます。紅葉の時期は空中からの紅葉狩りも楽しめます。

21296468 761984853986751 3471149593184436224 n
tunnels_downtown

千葉の「鋸山ロープウェイ」の山麓駅には売店があり、千葉県名産のビワや落花生を使ったお土産やオリジナル商品を販売しています。山頂駅には食堂、売店、プチカフェと共に「石切り資料コーナー」があり、鋸山で切り出されていた房州石について知ることができます。また、山頂駅の展望台には房州石でできたポストもあり、実際に使えます。

千葉の鋸山登山の見どころ3:十州一覧台

27891894 375718076167360 9167862281793437696 n
mountaincity_official

鋸山ロープウェイの山頂駅から次の見どころの「十州一覧台」までの所要時間は徒歩15分ほどです。「十州一覧台」は常陸から駿河まで関東の10国を一望できるという眺望の良さから名づけられました。東京湾と浜金谷市街を見下ろす景色は爽快で、天気が良ければ三浦半島はじめ富士山、伊豆半島なども見えます。

千葉の鋸山登山の見どころ4:百尺観音

28158420 880600502117440 7266842982727286784 n
cyatoko9077

「十州一覧台」から次の見どころの「百尺観音」までの所要時間は徒歩10分ほどです。「百尺観音」は石切り跡の絶壁に彫られた巨大な観音像で、高さは約30メートルあります。6年の歳月をかけて1966年に完成したもので、航空、航海、陸上交通の安全を守る仏像として崇められています。

千葉の鋸山登山の見どころ5:地獄のぞき

「百尺観音」から次の見どころの「地獄のぞき」までの所要時間は徒歩15分ほどです。「地獄のぞき」は高さ325メートルの場所にある展望台です。展望台の下は何もなく、つまり「地獄のぞき」は空中に張り出しているので、少し離れた場所から「地獄のぞき」を見るのも迫力があります。2人以上で行ったなら、交代で写真を撮りたいものです。

千葉の鋸山のハイライト「地獄のぞき」は狭いので、順番を待って先端に行かなくてはなりません。足場も悪く段差もあるので、怪我のないよう充分に気を付ける必要があります。先端から下を覗けば、かなりの高さで迫力満点、紅葉の時期は眼下に広がる色とりどりの木を一望できます。空がとても広く感じられる場所です。

千葉の鋸山登山の見どころ6:東海千五百羅漢道

28436043 162598141062625 2300955907661496320 n
charles_seong_won_ko

千葉の鋸山の必見ポイントの「地獄のぞき」から次の見どころの「東海千五百羅漢道」までの所要時間は徒歩10分ほどです。「東海千五百羅漢道」は「大仏広場」まで下って行く道で、全部で1553体もの石仏が沿道に並んでいます。これは江戸時代後期に現在の木更津市にいた石工の大野甚五郎が弟子と共に彫り続けたものと言われています。

27580445 2004090483166775 6828088386696249344 n
torngtorng1019

千葉の鋸山にある「東海千五百羅漢道」の石仏は風化でできた岩の窪みに何か所にも分けて並べられています。それぞれの場所は「西国観音」「百躰観音」「奥の院無漏窟」などと名付けられていますので、時間があればゆっくりと石仏鑑賞をしてください。喜怒哀楽の表情が豊かで、一つとして同じ顔はないと言われています。

千葉の鋸山登山の見どころ7:大仏広場

24845190 152455418714412 2930239307392221184 n
takayuki1192

千葉の鋸山にある「東海千五百羅漢道」から次の見どころの「大仏広場」までの所要時間は徒歩30分ほどです。下り道ですので、さほど苦なくたどり着けると思います。大仏の周辺は紅葉もきれいです。日本寺の大仏は薬師瑠璃光如来で、医薬の仏様です。左手に持っているのは薬壺なので、そこにも注目です。

26153572 136069227074814 5564131592256880640 n
humbano

千葉の鋸山の大仏の特徴は何といってもその大きさです。岩壁に彫られた摩崖仏で、屋外にあるのでさほど大きく見えませんが、高さは31メートルあります。奈良東大寺の大仏は高さ18メートル、神奈川県鎌倉の大仏は13メートルですから、いかに大きいかわかると思います。大仏の脇の地蔵尊の周りにおかれた無数の小さな地蔵たちにも注目です。

Thumb千葉の有名パワースポット17選!自然溢れる神社や洞窟などご利益バツグン!
千葉のパワースポットをご紹介します。千葉には自然がいっぱいで、洞窟や滝、神社といったパワース...

見どころいっぱいの鋸山登山に出かけよう

20905150 1946141845652784 1187721434173014016 n
yasu9040

このように千葉の鋸山は登山道、ハイキングコース、ロープウェイと色々な方法で上れる山です。海や森の自然の風景、石切り場や仏像といった人工の造形など見どころが多数ちりばめられていて、充実した時間を過ごせる観光地です。そして鋸山周辺では美味しい海鮮料理も食べられます。まだ行ったことのない人、次の訪問地は鋸山で決まりです。

Thumb房総半島のグルメと言えばコレ!人気海鮮・ランチ・穴場などをリサーチ!
千葉県の房総半島でおすすめのグルメスポットの情報を詳しくご紹介していきます。房総半島には海鮮...

関連記事

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ