アメリカのコンセントを旅前に調査!形状や電源・電圧は?変圧器情報も!

アメリカで困るのはコンセントです。日本のコンセントや電源プラグのタイプは一緒なのか。コンセントの電圧は異なるのか。さらには、コンセントや電源プラグの形状はどうなのか、変圧器は必要なのか、悩みは尽きません。そこでアメリカのコンセントに詳しくなりましょう。

アメリカのコンセントを旅前に調査!形状や電源・電圧は?変圧器情報も!のイメージ

目次

  1. アメリカの電源コンセントの形状やタイプを知ろう
  2. 「コンセント」はアメリカでは通用しない!
  3. アメリカの電源コンセントのタイプと形状
  4. アメリカの電源コンセントの電圧タイプは?
  5. アメリカでも日本の電源コンセントを使用出来る?
  6. アメリカで日本の電源コンセントを使うなら変圧器!
  7. アメリカで電源コンセントが使える変圧器の入手方法!
  8. アメリカで変圧器が必要な電源コンセント
  9. アメリカで変圧器が不要な電源コンセント
  10. アメリカの電源コンセントは事前準備が重要!

アメリカの電源コンセントの形状やタイプを知ろう

buff_zakka_buyerさんの投稿
11190148 463472293811385 1134326481 n

アメリカに旅行や出張で訪れるとなった際、悩んでしまうポイントの1つが、コンセントです。日本で使っている電化製品やパソコン、携帯などは、日本の電源プラグで充電できるのでしょうか。また電圧やコンセントタイプは、アメリカはどうなっているのでしょう。やはり変圧器が必要なのか、アメリカのコンセント情報を特集します。

「コンセント」はアメリカでは通用しない!

ophe_leeさんの投稿
28750885 183764505732819 2380252596062388224 n

まず始めに、とっても大切な情報からお伝えしましょう。日本ではよく「コンセント」と言いますが、実はコンセントは英語ではなく、和製英語になります。そのため、アメリカで「コンセント」と聞いても、全く伝わらず困ってしまったという経験がある方も、少なくないようです。では英語では「コンセント」とは何というのでしょうか。

greenpetfoodさんの投稿
28152650 2068432926733808 8144981975908745216 n

実は英語でコンセントは、「outlet」「plug」「socket」のように言います。アメリカでコンセントについて、質問したり購入を検討する場合は、ぜひこの3単語を活用しましょう。すると、スムーズに会話が続き安心です。日本語の「コンセント」の由来は、concentric plugの略とも言われています。そこまで覚えておけば完璧です。

アメリカの電源コンセントのタイプと形状

では、早速アメリカのコンセントのタイプや形状をチェックしていきましょう。世界中にコンセントの形状は全部でなんと12種類も存在。その12種類というのは、タイプAから順番にタイプLまであり、各国によって形状やタイプはバラバラです。そのため、日本と違う形状やタイプの違う国に行く際には、電源プラグがコンセントにそもそも差せないことも。

そこで、アメリカと日本のコンセントタイプや形状ですが、アメリカのコンセントタイプや形状は、日本と同じAタイプになります。そのため、日本の電気製品は変換プラグを使わなくても、そのままアメリカのコンセントに差し込むことができます。ちなみに、アメリカの隣国カナダも、日本と同じAタイプを採用していますので、旅行の際に便利です。

ただし、アメリカのコンセントの形状は、3つの差し込み口があるタイプが多いので、全く知識がないと、そのまま日本の電源プラグを差していいものか、悩んでしまう方もいるようです。見た目こそ日本のコンセントと異なりますが、そのままアメリカの3つの差込口があるコンセントに差し込んでも大丈夫です。そこで気を付けたいのが、電圧となります。

アメリカの電源コンセントの電圧タイプは?

先ほど、アメリカと日本のコンセントタイプや形状は一緒とお話ししましたが、実は電圧が異なります。そのため、形状が一緒だからと言って安心してアメリカに行くと、電圧の違いから電化製品が使用出来なかったという、残念な結果になる人も。日本の電圧は100Vですが、アメリカは110Vから120Vなので、日本よりも電圧が高めになります。

youwattelectricさんの投稿
28158499 212963252587817 3978189002376216576 n

お持ちの電化製品の電圧について知りたいときは、電気機器の裏面だったり、電気製品の充電器、そして取扱説明書など、どこかに必ず記載がありますので、アメリカに渡米する前に必ず事前に確認しておきましょう。万が一電圧が未対応でも電気製品の場合は、「電圧変圧器」を使用すれば、そのままアメリカで使用することが可能です。

artchis_projectさんの投稿
28433359 2102425020036218 81985054460346368 n

大きなホテルや、観光客が多いホテルなどでは、事前に電圧変圧器を忘れてしまった場合など、フロントに問い合わせをすると、貸し出ししてくれるホテルもあります。しかし、全てのホテルで貸し出し対応しているわけではありません。そのため、120Vに未対応の電気製品をアメリカでも使いたい場合、電圧変圧器を日本から持参しましょう。

アメリカでも日本の電源コンセントを使用出来る?

hs_uan_lifeさんの投稿
28427995 899672993537195 3239769384142503936 n

先ほどご紹介したように、アメリカと日本では、電圧が若干異ります。そのため、120Vに対応しているスマホやデジタルカメラやパソコンなどの充電器や電化製品であれば、何も通さずともアメリカでも使用可能です。しかし未対応の電化製品ならば、日本から持参して「電圧変圧器」を使用するようにしましょう。また1つ持っていると大変便利です。

アメリカで日本の電源コンセントを使うなら変圧器!

最近では、各国対応の電圧変圧器が、手ごろな価格で手に入ります。そのため、ホテルで借りればいいやと安易に考えるわけではなく、ご自身で持参していった方が安心です。特にハイシーズンは競争率も高く、ホテルにあっても貸し出し中ということもよくあるからです。そこまでかさばるものではないため、事前に購入しアメリカへ持参しましょう。

アメリカで電源コンセントが使える変圧器の入手方法!

yzk7eay46hve27zvwvx7さんの投稿
14727597 1008894465889965 4879630147348594688 n

アメリカにせっかく行ったなら、スマホやデジタルカメラなどは、使用頻度も高く充電があっという間になくなることも多いです。そのため、必然とコンセントの利用率は高くなります。もちろん最近の日本の電化製品は変圧器なしで使えるものも多いですが、ヘアアイロンなどの電化製品は、変圧器が必要になることも。では、どこで入手できるのでしょうか。

インターネット

travelwithchildさんの投稿
13108964 1124093520982733 388927735 n

やはり一番手っ取り早いのは、インターネットでの購入でしょう。大手通販サイトのAmazonや楽天で、検索をかけると、色々な種類の電圧変圧器がヒットします。インターネットなら、それぞれの商品の口コミや使い勝手の感想なども一緒にチェックできるので便利です。また在庫があれば即納してもらえるのも、便利な点でしょう。

m.w.w.w.w.w.wさんの投稿
28151908 810625759148579 681939213448380416 n

そして、インターネットだと種類も大変豊富にそろっている上、価格も比較ができますので、効率よく買い物が出来ます。あまり海外旅行をせずに、アメリカだけ対応していればいいのであれば、電圧変圧器はそれほど高くありません。逆に、よく海外旅行に行く方には、世界各国対応のものを1つ買っておくと、どの国にいっても使用出来ます。

実店舗

prezzi_yama_kenさんの投稿
13658561 1166770776679654 1093526926 n

逆に、インターネットでの買い物はあまり慣れていない方や、渡米までにあまり時間がない場合は、やはり十店舗での買い物が便利でしょう。実際に商品を手に取ることができるので、大きさや重さも確認できますし、形状などもそれぞれなので、使いやすいものを目で確認して選ぶことができます。在庫があれば、すぐ購入できるのもメリットです。

torihamahidemiさんの投稿
21909427 135607827078133 7228709127747272704 n

また実店舗なら、店員さんに色々と質問も出来ますし、不安解消にもつながります。電圧変圧器だけでなく、電源プラグも色々な形状のものが、最近では手ごろな価格で購入することが出来ます。アメリカだけでなく、何か国も回る場合などは、事前に各国のタイプを調べて用意していきましょう。最近は100円均一でも、購入が可能です。

アメリカで変圧器が必要な電源コンセント

では、実際にどんな電化製品が電圧変圧器が必要なのか、少しご紹介していきましょう。まず古い電化製品は、あまり120Vまで対応になっていないものが多いので、要チェックです。古いので取扱説明書などはもう持っていないという場合は、インターネットなどで仕様を確認できる場合が多いので、電化製品のメーカーと品番で検索をかけましょう。

orinsan0303さんの投稿
28433017 210577466162874 5833560684645842944 n

また調理器具やドライヤー、美容家電など、比較的大きな家電は、アメリカへの旅行や出張で持参することが少ないため、あまり120Vまで対応しているものは少ない用です。最近ではコンセントにテープタイプで、その旨が記載されているものも多いため、良くチェックしてみましょう。特に、熱を使う電化製品は、電圧変圧器を使ったほうが安全です。

アメリカで変圧器が不要な電源コンセント

essing_performance_saさんの投稿
28153927 777956739078458 3703626689629126656 n

では、逆にアメリカでもそのまま使用出来、電圧変圧器が不要になっている電化製品というものは、どういったものがあるのかも、見ていきましょう。それは、旅行や出張などでも、比較的持参されることが多い電化製品です。パソコンやスマホの充電器をはじめ、ビデオカメラやカメラなども対応しているものがほとんどになっています。

ninetecさんの投稿
28151990 128718834621345 407427147523686400 n

またデジタルミュージックプレイヤーやゲーム機なども、120Vまで対応しているものが増えており、使用者の利便性を考えて作られている電化製品が増えています。あとは、外国人観光客が日本に来て、よく自国に買って帰る電化製品も、120Vまで対応しているものが多くあります。そして無印良品の家電も、対応のものが多くおすすめです。

アメリカの電源コンセントは事前準備が重要!

jung.groupさんの投稿
28156422 157365591637405 826466666845044736 n

いかがでしたでしょうか。アメリカの電源プラグの形状や、コンセントのタイプは、さほど日本と違わないことがわかりました。しかしながら、アメリカの電圧は少々日本と異なるため、日本の家電をアメリカで使用する際は、少々神経を使います。アメリカでも安心して使えるよう、ボーダレスな電源プラグの家電の購入がおすすめです。

Thumbアメリカの文化を調査!旅行でも実感!日本との生活習慣の違いや特徴は?

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ