ロサンゼルスの気候情報!天気や気温は?旅行におすすめの時期や服装も紹介!

ロサンゼルスの気候について年間を通した気温や降水量を「旅行」という観点から徹底的にリサーチしました。日本から遠く離れたロサンゼルスですが、気候に適したおすすめの服装やロサンゼルスガールのファッションの簡単な取入れ方法を学びましょう。

ロサンゼルスの気候情報!天気や気温は?旅行におすすめの時期や服装も紹介!のイメージ

目次

  1. 映画や洋楽でおなじみのロサンゼルス
  2. ロサンゼルスってアメリカのどこ?
  3. 暖かい気候のロサンゼルスでは何を楽しむ?
  4. ロサンゼルスの年間の気候を知ろう
  5. ロサンゼルスの夏の気候はじめじめしてる?
  6. ロサンゼルスの冬の気候ではTシャツ1枚?
  7. ロサンゼルス旅行におすすめの時期はいつ?
  8. 気候に注意したアウトドア系の持ち物
  9. 気候に注意したインドア系の持ち物
  10. 旅行中試したい気候に適したLAファッション
  11. ずっと暖かい気候のロサンゼルスという天国
  12. 暖かいロサンゼルスで心を開放しよう

映画や洋楽でおなじみのロサンゼルス

missmychanさんの投稿
28427261 1613258725426742 9204287654617677824 n

アメリカ映画や洋楽にもたびたび登場する「ロサンゼルス」。ロサンゼルスと聞くと、暖かい気候、ビーチサンダルやラフな格好をした人達や、ビーチやヤシの木などをなんとなくイメージしてしまいますが、ロサンゼルスはアメリカのどこに位置するのでしょうか。旅行の前に、ロサンゼルスの気候や気候に応じたおすすめ時期をリサーチしましょう。

ロサンゼルスってアメリカのどこ?

cantmisscalifornia_さんの投稿
28428891 1805611109484302 346220758294331392 n

「ロサンゼルス」とはカリフォルニア州のロサンゼルス郡のこと、またはそのロサンゼルス郡の中のロサンゼルス市のことを指します。アメリカは50の州に分けられ、更に各州にはいくつかの郡があり、群の中にはいくつかの市が存在します。ロサンゼルス郡の中には88の市が存在していて、その中の一つがロサンゼルス市になります。

sararara_0922さんの投稿
28155905 213721032545270 8470053791251562496 n

カリフォルニア州はアメリカ合衆国の一番西にある州で、ロサンゼルス郡はカリフォルニア州の下に位置します。つまりロサンゼルス(ロサンゼルス郡)はアメリカ合衆国の左下にある都市なのです。ロサンゼルス郡は観光地として大変人気ですが、観光地があるのはロサンゼルス市だけではないので今回はロサンゼルス郡全体の気候についてお話します。

暖かい気候のロサンゼルスでは何を楽しむ?

ロサンゼルスの年間の気候について話す前に、ロサンゼルスへの旅行の目的について簡単にご紹介したいと思います。気候に気をつけて服装を考えることは大事ですが、服装は気候だけではなく旅行でどこに行くかにも大きく左右されるからです。ロサンゼルスへ旅行するときに行く観光地はどんなところでしょうか。

yuiramさんの投稿
27581932 1548814465199933 889842053213585408 n

ロサンゼルスにはディズニーやユニバーサルスタジオなどのテーマパークやサンタモニカのビーチなどのアウトドア系から、美術館やショッピングモールなどのインドア系まで様々な観光地があります。気候に適した服装を考えるとともに、こういった観光事情と気候を組み合わせた旅行のプランを立てられれば完璧です。

Thumbロサンゼルス観光おすすめスポットランキング!名所満載!見どころも紹介!
Thumbロサンゼルスお土産17選!人気はお菓子やコスメ?ばらまき用おすすめも!

ロサンゼルスの年間の気候を知ろう

nobtuttさんの投稿
28152964 191436288296335 344114407548125184 n

ロサンゼルスの年間を通した気候について3つのポイントを挙げます。1つ目は、年間を通して気温はとても温かいということ。やはり、ヤシの木やビーチサンダルのイメージどおりロサンゼルスは暖かい気候の場所のようです。10月から5月の気候は20度前後、6月から9月でも25度から28度です。正に「温かい」と言える気候です。

onotravelotvさんの投稿
27891909 208902366518095 4246993825563672576 n

2つ目は、雨がほとんど降らなく乾燥した気候であること。年間を通して夏は特にじめじめした気候の東京と違いカラっとした気候です。ただ、ロサンゼルスにも一応雨季という気候が存在するようです。時期は12月から3月です。12月から徐々に降水量が上がり2月ごろにピークを迎えるようです。降水量は大体40mmから70mmほどです。

corissapsmithさんの投稿
27893222 1938673553115035 3585214638846902272 n

それでも東京の6月の降水量が190mmもあることを考えるとかなり低いです。そして3つ目は、昼夜の温度差が激しい気候であること。昼は暖かい気候なのに日が落ちて夜になると途端に夏の気候ではなくなり冷え込んでくるのがロサンゼルスの気候の特徴です。昼間天気が良いからといって油断していると気候によっては体調を壊しかねません。

ロサンゼルスの夏の気候はじめじめしてる?

cbslaさんの投稿
27890951 1872186849493372 8279211948860506112 n

ロサンゼルスの夏の気候は日本と全く違います。降水量が低く乾燥しているため非常にカラッとした天気です。日本のじめじめした夏に慣れた私達にとってロサンゼルスの夏は過ごしやすい夏であると言えそうです。しかし油断してはいけないのはロサンゼルスの紫外線です。天気が良い日はあっという間に日焼けしてしまいます。

thenickmaldonado18さんの投稿
28428701 226011994635728 6000875799996006400 n

夏にロサンゼルスを旅行する人におすすめの服装のポイントをおさらいしましょう。まず日中はTシャツなど普通の日本の夏の格好で大丈夫でしょう。ただし、紫外線には十分に気をつけましょう。おすすめは、UVカットの薄手のアウターを持っていくことです。紫外線予防にもなるし、夜になって冷えると薄いアウターとしても活躍してくれます。

ロサンゼルスの冬の気候ではTシャツ1枚?

serflosangelesさんの投稿
28750870 510902079310673 802817636315430912 n

先ほど述べたように、ロサンゼルスは年間を通してとても暖かい天気です。そのため、東京の冬のように厚手のコートとマフラーやストールなどは全く必要ではありません。というより、昼間は一年中半そでで過ごすことができます。ただ、気をつけたいのが夜になると急に気温が下がること、そしてもう1つがショッピングモールやカフェでの冷房です。

kushcushさんの投稿
28157171 184804622128036 7308066637180043264 n

ロサンゼルスでは年間を通して暖かい気候であることから冬でもかまわず冷房が効いていて、比較的脂肪分が少なく寒がりな日本人は対策をしていないと辛いでしょう。そのため冬の服装のおすすめとしては昼間は半そでで過ごし、コートまでいかなくても良いので厚手のスウェットやパーカーをリュックに忍ばせておきましょう。

thenickmaldonado18さんの投稿
28153011 928242207344584 211246080963117056 n

もう一つ、ロサンゼルスの冬について注意しておきたいのが「雨季」の存在です。日本の梅雨の時期ほどではないにしても、12月から3月は特に降水量が多くなり、この時期は天気が悪くなる事も多いです。そのためこの時期に旅行を考えている方は折りたたみ傘を常備しておくか、テーマパークに行く予定の人はレインコートを用意しておきましょう。

ロサンゼルス旅行におすすめの時期はいつ?

marlee_annaさんの投稿
28156955 401623563597566 4835165669488066560 n

ロサンゼルスはとても過ごしやすい気候で有名です。ビバリーヒルズが代表しているようにアメリカの多くのセレブがここに住みたがります。なので、ロサンゼルスには「シーズン」といえる時期が実はありません。「いつ行っても楽しめる」というのがロサンゼルスの良いところです。ただし、先ほども言いましたが雨季には気をつけましょう。

thenickmaldonado18さんの投稿
28151522 704937343228002 1414951944597798912 n

あえてオフシーズンを設けるとすれば、12月から3月は比較的雨の天気が多いため旅行を控えたほうが無難かもしれません。あと旅行時期を決める要因としては、飛行機のチケットの値段やテーマパークのイベント事、また女性なら年末のセール時期にショッピングを楽しむのも良いかもしれません。

気候に注意したアウトドア系の持ち物

tsubasa_in_thailandさんの投稿
27580489 2072283273007870 2732503969476640768 n

アウトドア系となると外でのショッピングや街歩き、テーマパークなどになります。まず気候について一番に考えたいのは紫外線対策です。これは女性に限ったことではなく男性も注意しておかないと日焼けの痛みでその後の旅行に支障をきたすことにもなりかねません。日焼け止めや帽子は必ず持っていきましょう。

tomlesさんの投稿
28433400 2060901770901328 6773366689414250496 n

加えておすすめしたいのが「スポーツタオル」です。冬でも暖かな気候なので汗をかく場面が多いですが、タオルは汗拭きにも使えますし、日没後の冷え始めた時間帯には首に巻いて簡単に温度調節ができます。また、首の後ろの日焼けを防いだり頭にかぶれば日よけにも使えます。フェイスタオルだと首に巻けないのでスポーツタオルが良いでしょう。

気候に注意したインドア系の持ち物

barcitolaさんの投稿
26866467 1423452491116492 3200128764440739840 n

インドア系と言えば、美術館やカフェ巡り、ショッピングモールなどになります。注意したいのはやはり冷房関係です。カラッとしているので日本ほど汗をかくことはありませんが、それでも旅行中は何かと活動的になるのでTシャツが汗で濡れてしまいます。濡れたTシャツで冷房がガンガンに効いた部屋に入れば、言うまでもありません。

smooshlifeさんの投稿
26269382 1974891496104422 2555693484593905664 n

そこでおすすめしたいのが、「着替え用のTシャツ」と「綿のストール」です。服が乾くだけで寒さは一段と和らぎますし、ストールがあればなにかと温度調整しやすいです。ストールは旅行中に自分で洗えるように綿の素材の物を選びましょう。間違っても暖かいロサンゼルスにウールやカシミヤのストールは持っていかないようにしましょう。

Thumbアボットキニー(ロサンゼルス)が大人気!おしゃれなカフェやレストランが豊富!

旅行中試したい気候に適したLAファッション

we.love.los.angelesさんの投稿
28156944 170773216896537 7680893545347022848 n

ロサンゼルスのファッションというと、カジュアルなサーフっぽいものをイメージします。ロサンゼルス旅行中は是非自分もロサンゼルスガールになりきったつもりでLAファッションを取り入れてみませんか。暖かい気候のためTシャツにショートパンツというカジュアルな格好が多いですが、LAファッションを簡単に取り入れる方法があります。

chicmi_laさんの投稿
28156122 1744062685655473 3157425695617974272 n

それは、ショートパンツやTシャツ、ストール、サンダルなどにネオン系の色を取り入れることです。ロサンゼルスはその暖かい気候のイメージどおり元気カラーのファッションが多いので、目立つネオンピンクやネオンイエローをどこかに取り入れておくだけで簡単に「ロスっぽい」ファッションになります。

ずっと暖かい気候のロサンゼルスという天国

yuki_non____さんの投稿
28427121 428606757595616 8510066904876974080 n

今回はロサンゼルスの気候を中心に旅行中の服装や持ち物選びのポイントを書きましたが、いかがでしたか。気候のことをかなり詳しく書きましたが、天気に関してはあまり心配する必要がなさそうです。知らない土地に旅行に行くとなると気候が気になりがちですが、ロサンゼルスはその点安心して良いでしょう。

_sariii_oo8さんの投稿
28427733 174144443374337 2057116853192359936 n

日本からは遠くはなれたロサンゼルスなのでなかなかイメージが付きにくいかもしれませんが、映画に出てくる通りのロサンゼルスらしく、気候はすばらしく且つ開放的な街のようです。このすばらしい気候を求めて多くの人がこの地に移住してきます。ロサンゼルスをロサンゼルスたらしめているのはこの暑くないでも暖かい気候なのでしょう。

暖かいロサンゼルスで心を開放しよう

onotravelotvさんの投稿
28151786 371741836625975 2267675069373218816 n

ロサンゼルスは暖かい気候からか日本と一味違った開放的な雰囲気で溢れています。気候一つで人は嬉しくもなるし憂鬱にもなります。この暖かい気候で一週間も過ごせばきっとハッピーになること間違いなしです。日本での日常を一時忘れて気候のすばらしいロサンゼルスで是非自分を開放してあげませんか。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ