岩手日本酒ランキングTOP15!おすすめ銘柄や人気のお土産を紹介!

岩手県は酒の産地として有名です。全国的に名高い南部杜氏の伝統があり、酒造りの秘伝が受け継がれています。特に岩手県の日本酒は県内各地で醸造され、個性的な日本酒や驚かされるような日本酒もあります。全国的人気の日本酒も多い日本酒の宝庫、岩手県の日本酒探訪です

岩手日本酒ランキングTOP15!おすすめ銘柄や人気のお土産を紹介!のイメージ

目次

  1. 1岩手は日本酒の宝庫
  2. 2岩手日本酒ランキングTOP15:龍泉八重桜
  3. 3岩手日本酒ランキングTOP14:鷲の尾
  4. 4岩手日本酒ランキングTOP13:酉与右衛門(酔右衛門)
  5. 5岩手日本酒ランキングTOP12:鬼剣舞
  6. 6岩手日本酒ランキングTOP11:浜娘
  7. 7岩手日本酒ランキングTOP10:浜千鳥
  8. 8岩手日本酒ランキングTOP9:吾妻嶺(あずまみね)
  9. 9岩手日本酒ランキングTOP8:菊の司(きくのつかさ)
  10. 10岩手日本酒ランキングTOP7:七福神
  11. 11岩手日本酒ランキングTOP6:あさ開
  12. 12岩手日本酒ランキングTOP5:タクシードライバー
  13. 13岩手日本酒ランキングTOP4:月の輪
  14. 14岩手日本酒ランキングTOP3: 酔仙(すいせん)
  15. 15岩手日本酒ランキングTOP2:廣喜(ひろき)
  16. 16岩手日本酒ランキングTOP1:南部美人
  17. 17岩手の日本酒はおすすめのお酒!

岩手は日本酒の宝庫

28159041 574923102858291 576044965109432320 n
fuuujisan

奥羽山脈や北上高地の清らかでおいしい豊富な水と、北上川沿いの平地で作られる岩手県の上質でおいしいお米を原料にして、日本酒のプロフェッショナル、南部杜氏の技が加わり、岩手のおいしい日本酒が出来上がります。広い岩手県です。醸造される日本酒も多いのですが、そんな数ある岩手県の銘酒から選りすぐりの15種類の銘柄を、15のランキングで紹介します。

Thumb岩手・一関ランチおすすめランキングTOP7!郷土料理に人気の個室も紹介!
個性あふれる飲食店が集まる一関は、岩手南部を代表するランチスポットです。女子におすすめしたい...

岩手日本酒ランキングTOP15:龍泉八重桜

21827528 278090326012152 545714069273837568 n
koshiibuki9

龍泉八重桜(りゅうせんやえざくら)は、平成29年第105回全国新酒鑑評会金賞を受賞した銘酒です。酒造りのマスター、南部杜氏上が新たに造りました。上質な日本酒に仕上がっています。南部杜氏の酒造りの技が凝縮したお酒です。原材料は、米、米麹、醸造アルコール、原料米は山田錦100%です。名水の評判が高い、龍泉洞地底湖の水仕込みです。

安政年間の創業ː泉金酒造

20688505 108791166497987 5840123476278509568 n
_x_x_haru_x_x_

龍泉八重桜の醸造元は泉金酒造です。龍泉八重桜以外の有名銘柄も多数あります。江戸時代の安政元年(1854年)より続く、老舗酒蔵です。「一燈照隅」(ただ一途に自分の真心を尽くと、それに励まされ、他人も分かってくれるす。) が企業理念です。日本の文化でもある日本酒、次世代に伝えるべく酒造りの正道を進んでいる酒造元です。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字太田30番地
電話番号: 0194-22-3211

岩手日本酒ランキングTOP14:鷲の尾

26866900 1087514691391714 4393013900354781184 n
k.sai1985

「鷲の尾」の原料米は、岩手県で開発され栽培された酒造好適米「結の香」です。上品で穏やか、柔らかい味です。優雅な日本酒として、酒どころ岩手のなかでも、お土産として人気の高い日本酒です。岩手のお土産におすすめです。因みに、本当に日本酒の良さを知るには、それなりの教養が備わった方が良いそうです。そうなると、日本酒の奥行きが理解できるそうです。

文政12年創業株式会社わしの尾

岩手の酒蔵「株式会社わしの尾」は、社所有の公的資料によれば、文政12年(1829年)に創業開始しています。「鷲の尾」の酒名は、大鷲が住んでいた岩手山の山麓の清らかな湧水を使用して醸造されることから「鷲の尾」と命名されました。また、雪解けとともに山頂に残る雪の形が、大鷲が羽を広げた形に見えることから、この雪の形にあやかり「鷲の尾」と名づけられたとも伝えられています。

住所:岩手県八幡平市大更第22地割158番地
電話番号:0195-76-3211

岩手日本酒ランキングTOP13:酉与右衛門(酔右衛門)

23164828 187518031796179 2332840804269162496 n
takachiyan5090

酔右衛門(よえもん)は、個性的な酒造りを行う川村酒造店のお酒です。使用米は自家田の山田錦や契約農家栽培の亀の尾など、地元米が中心です。飲みごたえがあり、食中酒としてのバランスが整い、冷酒から常温までの温度帯で、微妙に変化するお酒の味わいも楽しめます。超辛口で真の酒好きにおすすめです。

 

創業当時のままː合資会社川村酒造店

18812576 1673052676056106 6636488804699996160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
show_comachi

川村酒造店は、大正11年(1922)年に、川村酉与右衛門により、合資会社川村酒造店として創業しています。創業者の酉与右衛門は、わずか16歳で酒造の出稼ぎに赴き、24歳で一人前の酒造りと認められる杜氏に就任しています。様々な清酒品評会で入賞し、広く杜氏としての実力が認められ、伝統の南部杜氏組合の創立に寄与したそうです。

住所:岩手県花巻市石鳥谷町好地12-132
電話番号: 0198-45-2226

岩手日本酒ランキングTOP12:鬼剣舞

30602574 220461568712208 2414298591364382720 n
mdk.im

鬼剣舞(おにけんばい)は、鬼の面を付けてダイナミックに乱舞する北上地区の伝統的な踊りです。その名と同じ人気の清酒です。衝撃の日本酒といわれる「タクシードライバー」の「喜久盛酒造(きくざかりしゅぞう)」のもう一つの人気銘柄の清酒です。原料米は岩手県産のひとめぼれです。岩手の日本酒として安定した人気があります。 

居酒屋向けの日本酒ː鬼剣舞

喜久盛酒造株式会社(きくざかりしゅぞう)は、岩手県北上市と花巻市で清酒製造業を行う酒蔵です。明治27年(1894年)に藤村酒造店として創業しています。酒蔵の経営者は個性的な方が多いのですが、喜久盛酒造野の現社長、藤村卓也氏も「鑑評会の先生の高評価よりも、焼鳥屋の親父に好まれる酒」を目指しているそうです。居酒屋ファンにおすすめの酒造りを目指しています。

住所:岩手県北上市更木3-54
電話番号:0197-66-2625

岩手日本酒ランキングTOP11:浜娘

12976434 878202675622283 1201525026 n
yutaka_kikuchiiii

岩手の日本酒として人気の浜娘(はまむすめ)です。数種類の銘柄がありますが、浜娘定番の純米大吟醸は、原料米は岩手県産米100%、精米歩合60%、酒造りの決め手になる酵母には、岩手県オリジナル酵母を使用しています。岩手県の二品種です。アルコール度数は17%です。優しい口あたりで、米の旨味がしっかりと味わえるお酒です。岩手県のお土産におすすめです。

東日本震災から復活した赤武酒造

株式会社赤武酒造(あかぶしゅぞう)は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で、大槌町の蔵が流出しましたが、2013年に盛岡市内に醸造蔵を建て復活しました。同時に、新銘柄として「赤武(あかぶ)」が誕生しています。赤武酒造のみならず、たくさんの岩手の酒蔵が震災の被害を受けていますが、愛され続けている岩手のお酒です。確実に復活しています。

住所ː岩手県盛岡市北飯岡1丁目8-60
電話番号:019-681-8895

岩手日本酒ランキングTOP10:浜千鳥

25010576 1982447422081301 3985380186378993664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
miyabi.syunnsai

「浜千鳥(はまちどり)」の由来は、風光明媚な陸中海岸の浜辺に群れる千鳥をイメージして名付けられました。岩手県の豊かな自然が生み出す、お米と水を最大限生かし、そこに、優れた伝統を引き継いだ杜氏の酒造りのノウハウが活かされた日本酒です。浜千鳥吟醸酒の材料米は国産米を使用し、米こうじも国産米を使用しています。

岩手の酒造好適米「吟ぎんが」使用

24274218 125953928183832 6893985215220285440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_hamachidori_

株式会社浜千鳥は、大正12年(1923年)の創業です。原料米は、岩手県産酒造好適米といわれる「吟ぎんが」が使用されています。最近では地元大槌町産の吟ぎんがを使用した地産地消酒「ゆめほなみ」を仕込んでいます。酒の味の決め手は水です。浜千鳥では、北上山地系仙磐山の伏流水を使用しています。軟水で口当たりも優しく浜千鳥のおいしさの決め手になっています。

住所:岩手県釜石市小川町3丁目8−7
電話番号:0193-23-5613

岩手日本酒ランキングTOP9:吾妻嶺(あずまみね)

27880389 152172262159080 3039266317761773568 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaz_aka_gin

岩手県のほぼ中央、紫波町に位置する吾妻嶺酒造は、内陸地で冬場は、氷点下10度よりも下がる厳しい気候です。そんな環境で酒づくりを行っています。東根(あずまね)山を源とする伏流水をベースに、自分の田で栽培した酒米を主に、麹米も掛け米も岩手産の酒米を使用しています。あくまで、地元岩手の酒造りから出来上がった日本酒、吾妻峯です。

合名会社 吾妻嶺酒造店

16789208 1830607430487070 220681973788573696 n
sakeofnippon

吾妻嶺酒造店は江戸時代中期の天明元年(1781年)「志和酒造店」として創業しています。大規模ではありませんが、南部杜氏の伝統を忠実に受け継いで、吾妻峯らしい、岩手らしいお酒を目指して、酒造りに励んでいます。生産量に関係なく、杜氏の心がこもった日本酒が出来上がっています。気持ちが入った日本酒はお土産におすすめです。

住所ː岩手県紫波郡紫波町土舘字内川5
電話番号ːː019-673-7221

岩手日本酒ランキングTOP8:菊の司(きくのつかさ)

28152359 547303885669364 2321895015690797056 n
lighters30

和の酒「菊の司」に使用される原料水は、盛岡を流れる中津川の伏流水を井戸から汲み上げて使っています。盛岡のお酒は、南部杜氏のホームグラウンドの日本酒です。南部杜氏の伝統の技が活きています。お酒の名前になっている、菊は日本を代表する花で、花の王様です。王様=司、から「菊の司」と、命名されました。どんな料理にも合う辛口のお酒です。

江戸時代の創業:菊の司酒造株式会社

菊の司酒造株式会社は、安永年間(1772年)に酒造業を開始しました。江戸時代から続く、老舗の酒蔵です。菊の司酒造の別銘柄に「七福神」があります。こちらも人気のお酒です。岩手県民に指示され、出荷量の7割超は県内で消費されています。地元で長く親しまれる造り酒屋です。2銘柄ともに、おすすめの岩手県のお土産になります。

住所ː岩手県盛岡紺屋町4-20
電話番号ː019-624-1311   

岩手日本酒ランキングTOP7:七福神

26187318 1419114788198407 5750585975231217664 n
norio_honmachi

七福神にも、大吟醸、純米酒などの様々なタイプ、銘柄があります。微妙に異なるそれぞれのおいしさが楽しめます。全般的に、辛口の喉越しと、しっかりとした味わいが絶妙のバランスに仕上がっています。「七福神」は、昭和40年代前半から販売され、今でも根強い人気の銘酒です。みんなが喜ぶ岩手県のお土産になる日本酒です。

海外進出も!

12105075 1607154979536818 1844340721 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mihosugawara

「七福神」は、「菊の司」と同じ、1772年創業の「菊の司酒造株式会社」の日本酒です。「菊の司」同様、こちらも人気のお酒です。岩手県民に愛されていますが、最近は、首都圏へも進出しています。さらに、海外で人気が出ている日本酒です。菊の司酒造株式会社は海外進出に力を入れています。日本のお土産になる日も近いです。

住所ː岩手県盛岡紺屋町4-20
電話番号ː019-624-1311    

岩手日本酒ランキングTOP6:あさ開

28427485 227539207807111 1937208384264601600 n
rikiya_food

何といっても「あさ開」は、現代の名工として名高い南部杜氏、藤尾正彦さんが中核となり醸造されている銘酒です。大吟醸、吟醸など、タイプが異なる銘柄が揃っています。藤尾さんを中心に確実な酒造りを行っています。キレのある辛口タイプで、酒の味とともに、料理の味をいっそう引き立てます。受賞歴も多く、味も香も良い風味抜群の人気日本酒です。

枕詞の酒ː株式会社あさ開

26872416 236307993577486 2018466004408991744 n
cat22cloud

株式会社あさ開=あさびらきは、和歌に使われていた、枕詞から採ったそうです。知性あふれた教養高き創業者の人柄をはかり知ることができる、格調高い社名です。元々は。由緒正しき南部藩士だった村井源三が武士を辞して、明治4年(1871年)に創業し、酒づくりを始めました。明治という新時代の幕開けに相応しい「あさ開」です。

住所ː岩手県盛岡市大慈寺町10-34
電話番号ː019-652-3111    

岩手日本酒ランキングTOP5:タクシードライバー

25010426 154919928486263 7904312560059416576 n
sake.okuhiroya

衝撃の地酒として強烈なファンがいる「タクシードライバー」ロバートデニーロのラベルのインパクトは、これが日本酒と、一瞬錯覚させられます。それでいて、味は辛口で、岩手は当然ですが、首都圏や大阪で圧倒的な人気の地酒です。それもそのはずで、タクシードライバーは、酒米、酵母など全材料がオール岩手県産の純米原酒です。岩手の新しい銘酒です。

社長が魅力:喜久盛酒造

16124364 101772970332306 645132151175512064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_juntagram

「タクシードライバー」は「鬼剣舞」と同じ喜久盛酒造の清酒です。岩手のお酒造りの話になると、喜久盛酒造五代目の社長、藤村卓也さんは外せません。酒造業界に関係ないゲームデザイナーだったようですが、先代の急逝で弱冠30歳にして5代目に就任されました。それ以降、独自の酒造りを展開しています。しかし、それは、4代にわたる酒造りの基礎の上に立ってできる技です。

住所:岩手県北上市更木3-54
電話番号:0197-66-2625

岩手日本酒ランキングTOP4:月の輪

28429276 163215150898236 8562694006738255872 n
bigfoot_0084

地元、紫波町にある源氏ゆかりの歴史遺産「月の輪形」から、命名された日本酒です。旨味と甘味が程良く混ざりあった辛口ですが、酒量がすすむ心地よいのど越しがあります。大吟醸月の輪は、平成28酒造年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。すっきりまろやかな飲み口で、味わい深い日本酒です。お土産におすすめの岩手の日本酒です。

酒造りの技のソフトクリーム

26871074 151633842203067 8121598743725211648 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
isoladovest

(有)月の輪酒造店が酒造業を創業したのは、明治19年(1886年)です。企業理念は「企業としてではなく家業として」があります。酒造りの杜氏の心意気を失わずに、常に本当の日本酒を目指す姿勢を忘れない気概です。月の輪酒造店は酒造りのノウハウを生かしたソフトクリーム「わかさやアイスクリームガーデン」も販売しています。おすすめです。

住所ː岩手県紫波郡紫波町高水寺向畑101
電話番号ː019-672-1133

岩手日本酒ランキングTOP3: 酔仙(すいせん)

19122442 321103745018426 8944953784073715712 n
hasu____

酔仙は、「美酒伝承」のこだわりの日本酒です。呑み飽きしない「きれい」なお酒となるように「軽快な麹づくり」「奇麗な水、強い水」に拘り、酒造りをしています。画像は酔仙の大吟醸ですが、「魚ラベル」のとし純米酒も人気です。日本酒のとしての旨味が評判の日本酒です。「酔仙」も岩手のお土産におすすめの日本酒です。

大震災から復興ː酔仙酒造株式会社

陸全高田市にある酔仙酒造株式会社は、昭和19年(1944年)創業の、岩手の酒造業界では比較的新しい会社です。2011年3月11日の東日本大震災では、海岸から2キロメートルの場所に位置する会社も、多大な損害を受けています。重要文化財の建物も流されました。それでも、逆境のなかで、新工場を設立し復興を遂げています。応援をおすすめします。

住所ː岩手県陸前高田市高田町字大石1-1
電話番号ː0192-47-4130

岩手日本酒ランキングTOP2:廣喜(ひろき)

11327014 922935044434577 1423591391 n
menkosora

廣喜の醸造元、廣田酒造店は自社製品のほとんどの銘柄に、岩手県産米を使用しています。お酒の決め手となる水も、地元紫波町のくせがなくやわらかい、やさしい水を使用しています。そのこだわりが、芳醇な旨みを引き出し、柔らか味の日本酒になりました。全国的人気の銘柄になっています。岩手のお土産になる日本酒です。

広く喜ばれるお酒造りː廣田酒造店廣田酒造店

16908713 280424455721613 7834878035693142016 n
hirota_shuzouten

廣田酒造店は明治36年(1903年)に創業開始した110年以上も続く老舗酒追会社です。「南部杜氏発祥の里」といわれる岩手県紫波郡紫波町にあります。画像の通り、小さな酒蔵ですが、南部杜氏の伝統を引き継ぐ酒蔵です。廣喜は「廣く多くの人々に喜ばれる酒」として生まれました。名前の通り、地域や岩手県だけでなく、全国に知られるようになっています。

住所ː岩手県紫波郡紫波町宮手字泉屋敷2-4
電話番号ː019-673-7706

岩手日本酒ランキングTOP1:南部美人

南部美人は、キレが良く、すっきりとした辛口のお酒です。岩手県の銘酒ですが、早い時期から全国展開していますので、岩手県の日本酒の中では、全国的に知名度が抜群に高くなっています。日本酒の王道を歩む岩手の銘酒といえます。JALの機内でも振る舞われる、日本を代表する日本酒です。岩手のお土産に、断然おすすめです。

酒造りは毎年1年生!

27574026 904714899707305 9107545049578602496 n
isoladovest

株式会社南部美人は「酒造りは何年やっても、毎年が一年生」という言葉を胸に、酒造りに真摯に取り組んでいます。確かにお酒の元となるお米は毎年の収穫量も、実り方も違います。年により出来栄えが異なり、それぞれの年毎に最高のお酒造りが要求されます。南部杜氏、直伝の南部美人は岩手県を代表する日本酒です。早くから海外へ進出し「サザンビューティー」世界に親しまれています。

住所ː岩手県二戸市福岡上町13
電話番号ː0195-23-3133

岩手の日本酒はおすすめのお酒!

10549634 1807670476124698 616116467 n
kgmgmg

全国の有名な酒造りの地と比べても、南部杜氏の本拠地が岩手県は酒造りが進んでいます。岩手県は広大で、各地で酒造りが盛んです。今回は15銘柄でしたが、各銘柄にも、純米酒、大吟醸、吟醸など、タイプの異なる銘柄があります。さらに、取り上げた以外の銘酒は数十倍もあります。岩手県に出かけ、現場で美味しい岩手のお酒をいただきましょう!

Thumb平泉『中尊寺』は岩手一のおすすめ観光地!料金やアクセス・駐車場紹介!
岩手県の平泉にある「中尊寺」は。世界遺産にも登録されている場所です。今回は、中尊寺の成り立ち...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ