アメリカチップの払い方まとめ!ホテルやレストランの相場は?カード払いも!

アメリカ旅行の際に、いくら渡せば良いのか迷う「チップ」。払いすぎても、少なくてもいけませんが、なかなか相手に聞けるものでもありません。そこで、今回は、アメリカ旅行で役立つチップを払うシーンに合わせた相場や、カードと現金での払い方を詳しくご紹介いたします。

アメリカチップの払い方まとめ!ホテルやレストランの相場は?カード払いも!のイメージ

目次

  1. アメリカのチップの払い方や相場をご紹介
  2. どうしてアメリカではチップを支払うの?
  3. アメリカのチップの払い方1:現金払い
  4. アメリカのチップの払い方2:カード払い
  5. アメリカのチップの相場1:ホテルのルームメイド
  6. アメリカのチップの相場2:ホテルのルームサービス
  7. アメリカのチップの相場3:ホテルのベルボーイ
  8. アメリカのチップの相場4:タクシー
  9. アメリカのチップの相場5:レストラン
  10. アメリカのチップの相場6:バーやクラブ
  11. アメリカのチップの相場7:観光バス
  12. アメリカのチップの相場8:エステやネイルサロン
  13. アメリカでもチップを払わなくて良い場合
  14. チップを支払うべきかどうか分からない時は?
  15. 知っていると役立つチップを簡単に計算する方法
  16. アメリカではTPOに合わせた払い方でチップを渡そう!

アメリカのチップの払い方や相場をご紹介

greek___god__さんの投稿
12301293 186039505077352 1155613901 n

日本とは違った商習慣のあるアメリカ合衆国。その最たるものが、サービスを受けた際に支払うチップです。日本人にはあまり馴染みのないチップは、払い方も、どの程度渡すべきなのかも、イマイチ分からないという方がほとんどだと思います。今回は、レストランやホテルなど、アメリカで渡すチップの相場と払い方をまとめます。

どうしてアメリカではチップを支払うの?

アメリカで、サービスを提供してくれた方に日常的に支払われているチップ。どうしてチップ制度がアメリカにあるか、ご存知でしょうか?アメリカでレストランやホテル等のサービス業に従事するスタッフは、実は基本給がかなり低く、チップで生計を立てている方がほとんど。タクシードライバーやバスドライバー等も同じです。

monalisasmileappさんの投稿
28430105 2033104240348360 6817099815948648448 n

このような背景からアメリカでは、サービスに対して相応のチップを支払うという文化があり、レストランのウェイターやウェイトレスも、ホテルのベルボーイもルームメイドも、少しでも多くチップをもらえるように、日夜サービスに励んでいます。チップ制度は、アメリカの日常生活に根付いているため、チップボックスがレジに備えてあることも。

日本人には、イマイチ相場の分からないアメリカのチップ。実は、払わなくて良い場合もあります!もちろん、払わなくて良い場所でチップを払っても何も問題はありませんが、事前に知っておいて損はありません。アメリカのホテルやレストランで、気持ちの良いサービスを受けるためにも、チップの払い方や相場を知っておきましょう。

Thumbアメリカ観光で行くべきスポット11選!人気の名所や見どころを紹介!

アメリカのチップの払い方1:現金払い

それでは、早速アメリカでチップを支払う際に役立つ情報を見ていきましょう。まず、最初にご紹介するのは、チップの払い方です。日本人にも比較的わかりやすく馴染みのあるチップの払い方は、オーソドックスに現金で払う支払い方です。アメリカでホテルに宿泊した際には、ベッドメイキングやベルボーイ等、様々な人がサービスを提供してくれます。

kounosuke____kさんの投稿
19437134 240554583106898 4957352438177726464 n

そんな場面で、もっとも役立つ払い方が現金払いです。特に、アメリカでホテルにチェックインする際に荷物の多かった場合や、滞在中に部屋でお子さんが粗相をしてしまった場合など、チップを多めに払うとサービスもよくなります。現金でのチップの払い方は、それぞれの場面に応じて変わってきますので、各項目で詳しくご紹介致します。

Thumbアメリカ世界遺産ランキング!自然豊かな景観が人気のおすすめスポットを紹介!

アメリカのチップの払い方2:カード払い

americanjaunterさんの投稿
28156750 186773698597184 2857549618722373632 n

続いてご紹介するアメリカのチップの払い方は、クレジットカードを使って払う払い方です。現金での払い方と違って、日本人にはあまり馴染みのない払い方ですが、カード社会アメリカでは、どちらかというとメジャーな支払い方法と言えます。カードでチップを払う場合は、レシートにあるGRATUITYという欄に手書きで金額を書きます。

アメリカに限らず、ホテルやレストラン等の支払いをクレジットカードで行う際、必ず店員さんやホテルスタッフがレシートを持ってきます。アメリカのレシートは、この画像のように、飲食にかかった金額が書かれており、その下にチップを意味するGRATUITYの欄があるのです。ここにチップとして払いたい金額を記入し、合計金額をTOTALに書きます。

jthesさんの投稿
27578855 216727835554687 4519270687428313088 n

ホテルやレストランによっては、カード払いのレシートに、GRATUITYではなく、TIPと表記されている場合もあります。どちらも同じ払い方で、チップとして払いたい金額と、サービスの合計料金を記入して、サインをすればOKです。アメリカでは、レストランやエステサロンなど、カードでしか支払えない店もありますのでご注意下さい。

Thumbアメリカの文化を調査!旅行でも実感!日本との生活習慣の違いや特徴は?

アメリカのチップの相場1:ホテルのルームメイド

decorgoldさんの投稿
26871467 169103120380631 4243011596311330816 n

ここからは、アメリカのチップの相場を払うシーン別にご紹介していきます。まず、最初にご紹介するのは、ホテルのルームメイドに対してチップを支払う場合です。ベッドメイキングやお部屋のお掃除をしてくれるホテルのルームメイドには、現金でチップを払う払い方が一般的です。「枕銭」とも言われますが、ベッドサイドに2ドルほど置きましょう。

phenom.momさんの投稿
28435453 581474045536986 5429527106746843136 n

アメリカのホテルでルームメイドに払うチップの相場は、2ドル前後となっていますが、部屋でお酒をこぼしてしまったり、特に汚してしまった時などは、多めにチップを置いておく方が良いでしょう。アメリカのホテルの中には、チップを置いていないとルームメイドが荷物を盗んだりするような場所もあります。チップを置いて気持ちよく滞在しましょう。

Thumbアメリカのステーキハウスに行こう!おすすめの焼き方やサイズ・値段は?!

アメリカのチップの相場2:ホテルのルームサービス

disneyhungryさんの投稿
28429366 138266923662356 2164295129249087488 n

2つめにご紹介するアメリカで支払うチップ相場は、ホテルでルームサービスをお願いした場合です。ほとんどのアメリカのホテルでは、ルームサービスを頼んだ場合、部屋に料金をつけてもらい、チェックアウト時に支払うシステムとなっています。そのため、わざわざチップを払わなくても、サービス料にチップが含まれている場合が大半です。

しかしながら、部屋までルームサービスの食事を運んでくれたことへのお礼として、ボーイさんやメイドさんに、2ドルほど現金でチップを渡すと喜ばれます。また、アメリカのホテルでは、ルームサービスでも、簡単な給仕をするサービスを提供しているホテルもありますので、相場である2ドルほどの紙幣を用意しておくと安心です。

アメリカのチップの相場3:ホテルのベルボーイ

mikarudoさんの投稿
20184884 444124612623275 7999362454062628864 n

3つ目にご紹介するアメリカでチップを支払う場面は、ホテルにチェックインする際、荷物を運んでくれるベルボーイへのチップ。カード社会アメリカとは申しましたが、こちらも、現金で払う払い方が一般的です。ベルボーイへのチップの相場も、ホテルのルームメイドと同じく2ドルほどとなります。必ず1ドル紙幣を空港で両替しておきましょう。

cockapoo.leoさんの投稿
28152711 494190554316000 7083439916318720000 n

ホテルでベルボーイにチップを払うタイミングは、お部屋に荷物を運んでもらい、ボーイさんが部屋を出て行く時です。この時に、笑顔でThank youと一言添えられたらバッチリです。アメリカ横断など長期旅行を予定していて荷物が多い場合や、家族や子供など、人数が多くて荷物も重い場合等は、チップも多めにはずむのがマナーです。

アメリカのチップの相場4:タクシー

テレビドラマや映画でもよく見かけるアメリカでタクシーを利用するシーン。ここでも、チップを支払う必要があります。アメリカのタクシードライバーも、チップで生計を立てている労働者がほとんど。チップをケチったことで、荷物を盗まれたり、そのまま強盗されたり、恐ろしい目に遭うこともありますので、気をつけたいところです。

johnnyjohnson63さんの投稿
28428872 447560549007044 1050944107528060928 n

アメリカのタクシーのチップの相場は乗車料金の約10%から15%ほどとなっています。タクシーの乗車距離が短く、料金が安くなった場合でも、最低1ドルは支払うのが相場です。タクシーのチップの支払い方法は、現金とカードの両方で行えます。カードで払う時は、先ほどご紹介した支払い方法と同じく、チップの分と合計を書いてサインします。

Thumbアメリカ南部を観光!おすすめの州を紹介!現地の料理や治安情報を調査!

アメリカのチップの相場5:レストラン

xxlisasilxxさんの投稿
19429123 169401910267056 3060961979985297408 n

ホテルやタクシーと合わせて、アメリカでチップを支払う場面となるのがレストランを利用した際。アメリカのレストランのチップの相場は、伝票の合計金額の15%から20%ほどとなっています。この時、伝票に記載されている税金の分は対象外となりますので、忘れないようにしましょう。また、サービス料金が加算されている時も払わなくてOKです。

wyndhamgrandphuketさんの投稿
19436832 1716177388686599 7901760486197166080 n

レストランでのチップの払い方は、飲食した代金と合わせて、現金でお会計の際にテーブルで渡すか、レジで会計を済ませた後、直接サービスをしてくれたウェイターやウェイトレスさんに渡す2つの方法があります。サプライズやお肉をお魚に変更してもらうなど、特別なリクエストに応えてもらった場合は、チップをはずみましょう!

edgymixさんの投稿
1741469 359890374151351 449717761 n

同じレストランでもビュッフェスタイルの場合は、チップが10%から15%と安くなります。また、レストランと合わせて覚えておきたいのが、カフェのチップの相場です。コーヒーを運ぶなど、簡単なサービスをしてくれるカフェでのチップの相場は、飲食した料金の約10%から15%が相場となっています。デリバリーをお願いした場合も同様です。

アメリカのチップの相場6:バーやクラブ

223tlvさんの投稿
28156380 136896910470433 5158950970327040000 n

アメリカでもニューヨークやロサンゼルスなど、大都市へ行ったらナイトライフも楽しむ方が多いと思います。そこで覚えておきたいのが、バーやクラブでのチップの相場です。バーで飲み物をオーダーした時は、1ドリンクにつき、1ドルから3ドルほどを支払うのが相場となっています。注文する度に支払うのが一般的な支払い方法です。

アメリカのチップの相場7:観光バス

lindachoi0922さんの投稿
28432781 154972488526623 5288615448877727744 n

アメリカの旅行中に、現地発のオプショナルツアー等で、観光バスを利用する方も多いと思います。アメリカのツアーコンダクターは、バスのドライバーと兼任していることが多く、やはり基本給が低めの職業です。観光バスでは、ツアー終了後に2ドルから10ドルぐらいのチップを渡すのが相場となっています。楽しませてくれたお礼として渡しましょう。

アメリカのチップの相場8:エステやネイルサロン

mireiamariさんの投稿
12751098 958283720915467 1462968963 n

観光でアメリカへ行く方は、あまり利用しないかもしれませんが、アメリカでは、エステやヘアサロン、そしてネイルサロン等の美容サービスを受けた場合もチップを支払う必要があります。美容サービスのチップの相場は、支払い料金の15%から20%ほどです。チップの払い方は、レジで支払う際に料金に上乗せするか、直接スタッフに払う方法があります。

savorbeautyさんの投稿
12965113 1583065858688530 2147387323 n

アメリカ旅行でも、ハネムーンでハワイを訪れたり、ご褒美旅行でマイアミビーチを観光したり、スパやエステを使うこともあるかもしれません。思い入れのある旅で特別な対応をしてくれたスタッフがいたら、ぜひ、直接チップを手渡してみましょう。「ありがとう」の気持ちと共に、きっと思い出に残る素敵な旅になること間違いなしです。

アメリカでもチップを払わなくて良い場合

アメリカでのチップの支払い方法から相場まで、場面ごとにご紹介してきましたが、アメリカでは、チップを支払わなくても良い場合もあります。この画像のレシートでは18% Gratuityと書かれており、6.48ドルが既に請求されています。こういった場合は、基本的にチップを支払う必要はありません。チップはあくまでも心付けです。

nao0612koさんの投稿
16585539 608345106017378 1775619220529217536 n

先ほどレストランの項目でいくつかのシーンをご紹介しましたが、アメリカのファーストフード店やフードコートでは、接客するスタッフもいませんので、チップを支払う必要はありません。アメリカ人でも、心外なサービスを受けたり、接客で不愉快な思いをしたら、チップを払わないことがあります。気持ちで渡すのが本来のチップのあり方です。

Thumbアメリカ東海岸おすすめ都市11選!観光に役立つ人気の理由や特徴も紹介!

チップを支払うべきかどうか分からない時は?

t5005stagramさんの投稿
26869385 146397912674544 2420467869503455232 n

アメリカでチップを払う場面を、思いつくままあげてみましたが、他にもチップを支払う必要がある場面が出てくるかも?しれません。そんな時に、使える例文をいくつか英語であげてみますので、ぜひ、ご参考になさって下さい。「代金にチップは含まれていますか?」と聞く場合は" Is the guratuity fee (or tip) included?"と言いましょう。

現金でチップを渡すときに、お釣りも含めて受け取って欲しい場合は"I don't need change. Please take them."と言ってみましょう。また、アメリカでは、レストランでお会計をする際は、テーブルで支払います。「お勘定お願いします」というのは"Check please”。ついでながら、イギリス英語では"Bill please”と言うのが一般的です。

知っていると役立つチップを簡単に計算する方法

アメリカの粋なレストランで食事を済ませた後は、お会計もスマートに済ませたいものです。そこで、おすすめなのがチップを計算する簡単な方法を覚えておくことです。アメリカのチップの相場は10%から20%なので、合計金額が35ドルなら10%で3.50ドル。20%ならその2倍の7ドル。15%なら中間の5ドルと覚えておきましょう。

アメリカではTPOに合わせた払い方でチップを渡そう!

opticalw1さんの投稿
17439352 1454244987921669 4437028832578371584 n

アメリカでのチップの払い方や相場についてご紹介致しました。アメリカでは、チップによって生活している労働者も多いことから、小額のサービスでも1、2ドルのチップを渡すのがマナーです。アメリカでチップを小銭で渡すのはスマートではありません。旅行前には、必ず小額紙幣のアメリカドルも両替して、日本人の粋な所をアメリカ人にも見せましょう!

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ