ユーコン川をカヌーで川下り!おすすめコースは?オーロラが見れる可能性も!

カナダの「ユーコン川」は有名な観光スポットの一つです。多くの人が素晴らしい景色を見に観光に訪れます。「ユーコン川」のことをもっと知るとさらに楽しい旅となること間違いなしです。カナダのユーコン川下りについて、情報をピックアップしました。

ユーコン川をカヌーで川下り!おすすめコースは?オーロラが見れる可能性も!のイメージ

目次

  1. カナダのユーコン川をカヌーで下ろう!
  2. ユーコン川へのアクセス
  3. ホワイトホースの街
  4. はじめてのユーコン川下りにおすすめコース
  5. 日帰りユーコン川弾丸カヌー20kmツアーも
  6. ユーコン川の大自然を満喫するおすすめのコース
  7. 野生動物しか出会わない!ユーコン川カヌー満喫コース
  8. 夜空に舞うオーロラを見るツアーコース
  9. おすすめのユーコン川おみやげ1:せっけん
  10. ユーコン川のおすすめおみやげ2:コーヒー豆
  11. ユーコン川!夏は川下りに冬はオーロラ!

カナダのユーコン川をカヌーで下ろう!

theyukon1000さんの投稿
26185613 1550803971682005 4350776792533958656 n

ユーコン川(Yukon River)は、カナダのユーコン準州(Yukon Teritory)からアメリカのアラスカ州を流れ、ベーリング海に注ぐ全長3,700kmの大きな河川です。その源流はユーコン準州の南、ブリティッシュコロンビア州に無数に佇む湖のひとつ、アトリン湖(Atlin Lake)のルウェリン氷河です。そんなユーコン川をご紹介いたします。

ユーコン川へのアクセス

blondeexcuseさんの投稿
20184973 154959171738892 6855303120549838848 n

日本からまずアメリカ国境近くに位置するカナダの太平洋側再南端のバンクーバー国際空港へ。成田、羽田、関空からエア・カナダ、ANA、JALなどが直行便も出ています。カナダへの渡航には電子渡航認証(eTA)が必要です。高圧ガスなどを使用したスプレー式の物は、機内への持ち込み、預け入れもできませんので注意してください。

rgambrelさんの投稿
28753042 1632209696833052 4305145908930019328 n

バンクーバーは北米有数の世界都市ですから、民族も言語も多様で、人口のおよそ半数は、主に英語で喋りません。バンクーバーの夏は平均22度で、涼しく乾燥していて、とても過ごしやすい気候の都市です。一方で、秋から春までは雨が続く地域になっております。

ユーコン川での川下りをするには、ユーコン準州の州都ホワイトホースという小さな街に向かいます。バンクーバーから国内線に乗り継ぎ、エリック・ニールセン・ホワイトホース国際空港(Erik Nielsen Whitehorse International Airport)へは当日のうちに到着できます。国内線はエア・カナダとエア・ノースの2社が乗り継いでいます。

ホワイトホースの街

simplyysamsさんの投稿
14073247 226388591091264 1158770049 n

1864年に始まったゴールドラッシュの時代、一攫千金を夢見る人たちがドーソンシティへの中継地点として集まって来たのがホワイトホースの街です。またユーコンの清流と美しい自然に惹かれた人がカナダの各地から移住してきました。またアーティストやミュージシャンも多く、ホワイトホースの街には自由とクリエイティブな空気が流れています。

はじめてのユーコン川下りにおすすめコース

初心者に安心「Klondike Canoeing Rentals」

1泊2日のガイドつきユーコン川下りコースです。ホワイトホースのオフィスに10時集合、ミーティング、装備のチェック、不足品があれば買い物を補い、お昼からカヌーで出発します。キャンプ地のブレイバーンRDに到着後、テントを設営してキャンプです。翌日は遅い朝食後、キャンプを撤収、ゴールを目指してカヌーを漕ぎ進めます。

columbiariverpaddleさんの投稿
13531925 296621767348019 1791405460 n

はじめてのユーコン川下りにちょうど良いアクティビティ、少人数のグループで参加するコースです。無理なく川下りもアウトドア体験もできて、なにより日本人のオーナーガイドが、日本語で指導してくれるのが安心です。聞き取れない外国語のナビゲートでは不安な人にもおすすめのコースです。

日帰りユーコン川弾丸カヌー20kmツアーも

日帰りツアーも「Klondike Canoeing Rentals」

brandondreyerさんの投稿
19122067 309264742851219 5824287549606068224 n

ホワイトホース空港までガイドがお迎えして、カヌーとカヌー用品をレンタルします。ホワイトホースのユーコン川から漕ぎ出して、ホワイトホースの北の境界、タッキーニ川とユーコン川が分離するタッキーニ・ブリッジまでの20kmをカヌーで川下りするツアーです。いくら気軽に楽しめるからといっても、カヌー中の携帯電話は繋がりません。

送迎付き、日本人のオーナーガイド、集合から解散まで5時間程度の、弾丸カヌー・アクティビティです。2名様から催行します。バンクーバーで1日持て余すような時に、ちょっと足を伸ばしてユーコン川の川下りをギューっと堪能できるツアーコースです。日帰りカヌーのシーズンは9月後半まで可能です。

ユーコン川の大自然を満喫するおすすめのコース

elisegiordanoさんの投稿
11379951 1650497071853161 2000884414 n

ホワイトホースからレイク・ラバージ(Lake Laberge)まではカヌーを積んで水上飛行機で一気に移動。ここでテントの設営、カヌーの講習、おトイレのしかた、アウトドアでのさまざまな注意点を教わります。翌日からは、いよいよカヌーに乗ってレイク・ラバージの北端から漕ぎ出します。この日は25km地点まで進み、キャンプを張ります。

christina.buckleさんの投稿
20635168 1972406606376112 4875800020068073472 n

翌日もカヌーを漕いで出発地点から50km地点、デズリン川と合流するフータリンカで陸に上がりキャンプを張ります。出発地点からフータンリカまでは「30マイルリバー」と呼ばれ、澄んだ水の流れがユーコン川の中でも最も美しいと称賛されています。出発地から110km地点のビッグ・サーモンで4日目のキャンプを張ります。

richard.discherさんの投稿
11266151 846806412023730 238667309 n

カヌーの旅の最終日は、先住民のフィッシング・キャンプがあるリトル・サーモンがゴールです。7月中旬から8月中旬までサーモン・フィッシング期間には、サーモンを燻製にする様子を見ることができます。リトル・サーモンの横をハイウェイを利用して、カヌーと共に自動車でホワイトホースへ帰還します。その後はホテルでの宿泊です。

tomo_kuwataさんの投稿
19227157 809457569228628 2814556639607128064 n

ホワイトホースのアウトドアツアー企画会社「Sweet River Enterprises」は、HTB「水曜どうでしょう」番組内の企画「ユーコン川160キロ〜地獄の6日間」で、現地ガイドとして同行したのもオーナーの熊谷さんです。日本人ガイドさんと共に雄大な景色を堪能することができます。

野生動物しか出会わない!ユーコン川カヌー満喫コース

umitani_ichirohさんの投稿
16790386 721680138009256 2327193880052629504 n

ユーコン川の支流テスリン川(Teslin River)ここは野生動物の宝庫です。カヌーを漕ぎ出したら、8日間は人も民家も道すら目に触れることはありません。このワイルドな川下りは正真正銘の野生を体験する9泊10日のコースです。日本人のガイドだから安心です。「テスリン・ユーコン川9泊10日のSweet River Enterprises 」もおすすめです。

立派な角を持つヘラ鹿(moose)やビーバーが川を横切り、両岸の木の枝から人間を見下ろす白頭ワシと目を合わせながら、フィッシングのために釣り糸を垂らす時間も堪能します。川下りの中盤でテスリン川はユーコン川と合流し、さらにゆったりとカヌーを漕いで川下りが進みます。

hgeorge76さんの投稿
25008838 438200376595252 4902074091659329536 n

ゴール地点から、カヌーといっしょに自動車でピックアップ、ハイウェイで一路ホワイトホースのホテルに戻り、ワイルドなアクティビティの疲れを癒やします。カナダの大自然を一番近くで感じることができる、カヌーの旅は心癒される、アクティビティになります。

夜空に舞うオーロラを見るツアーコース

オーロラは地磁気極(地球のS・N極)を中心とするドーナツ状のエリアに発生し、これを「オーロラ・ベルト(オーロラ帯)」と呼びます。一方で北極点・南極点ではあまり観測できません。南極と北極で出現したオーロラの形状や動きが同調して観られることも知られています。

kuro_t.48さんの投稿
28435111 176791676433843 2567146294061563904 n

ユーコン川が流れるカナダ、アラスカのフェアバンクス、スウェーデンのキルナなどは、オーロラがよく見られる場所として多くの観光客や写真家が集まります。旅行会社が企画するオーロラツアーは、夜になってホテルからバスで鑑賞できるスポットへ移動するタイプが約9割を占めると言われています。

xav_hさんの投稿
19931844 247163132444860 7159459776600997888 n

時間延長や、オーロラ背景にツーリストを撮影するサービスがアップチャージで付くので注意してください。一人あたりの費用は比較的リーズナブルなことが多いですが、大人数ならではの時間制限が厳しいことがネックです。タイミングよくオーロラに出会えればよいですが。

カナダの日常の家庭生活を体験し、オーロラまで鑑賞できるツアーコースもあります。ホストファミリーがホワイトホースの空港までお出迎えしてくれます。クロスカントリー・スキーのレンタル店でサイズ合わせをして、ディナーのあとは、心ゆくまでオーロラを待ちます。日中はクロスカントリーで冬の森や湖を堪能するアクティビティの連続です。

若い夫婦が営む小さなロッジで、焚き火を囲みながらオーロラを見る〈森の隠れ家:カークロス・ロッジ〉、ユーコン川の源流マーシュ湖の畔に立つ豪華なロッジでじっくりオーロラを見る〈豪華ロッジ:イン・オンザレイク〉、原生の大自然が残るクルアニ国立公園〈大自然に包まれる宿:クルアニ・ロッジ〉等もあります。

Thumbカナダでオーロラを見よう!見れる確率は?おすすめの時期や場所・服装を調査!
オーロラは北極圏や南極圏に位置する都市で見ることのできる幻想的な現象で、一生に一度は見てみた...
Thumbイエローナイフでオーロラ鑑賞!見れる確率は?おすすめの時期や服装も調査!
北極圏や南極圏には、大空を舞う幻想的な光のカーテン「オーロラ」を見られる都市があります。オー...

おすすめのユーコン川おみやげ1:せっけん

Yukon soaps companyの「the essential soap bars」は、20年地元の人に愛されてきた、素朴さが魅力のせっけんです。見た目の素朴さだけでなく、ナチュラルな自然の素材にこだわって作られています。なかでも「yukon pure」は赤ちゃんや敏感肌の人にもに理想的なせっけん。高品質の天然素材だけでできています。

yukonsoapsさんの投稿
20688414 1371007046345817 7767100995040968704 n

寒気がチリチリと肌を刺すユーコンの澄んだ夜空に架かるオーロラのように、あなたの気持ちを情熱的に刺激する「aurora's passion」。静かに燃え上がるような「aurora's passion」には、ユーコンのローズヒップ、クロロフィル、純度の高いエッセンシャルオイルを含有しているのが特徴です。色も形もこんなに多様です。

yukonsoapsさんの投稿
14719142 340149953000693 8142285363512082432 n

the essential soap barsのラインは、一個$5.50と価格も比較的お求めやすく、あれこれたくさん買って、お土産に持って変えるのにぴったりです。ホワイトホースの街ではAroma Borealis Herb Shop、Bean North Coffee Roasting、Yukon Transportation Museum、Waterstone Products、ホテルB&Bなどでも購入可能。

ユーコン川のおすすめおみやげ2:コーヒー豆

realgirl0さんの投稿
24174909 148870672421772 2854705568688373760 n

ホワイトホースには世界のシアトル系コーヒーチェーン「スターバックス」もありますが、ユーコンのコーヒー豆「BEAN NORTH COFFEE ROASTING」をぜひお土産にどうぞ。いろんな可愛いパッケージも見ていて飽きず、選択することが楽しいです。こちらのお店では、先に紹介した「essential soap bars」石鹸も販売しています。

ユーコン川!夏は川下りに冬はオーロラ!

vanheartyvrさんの投稿
1390076 1557769341102036 52002181 n

カナダ、ユーコン川をカヌーで下るアクティビティの情報のまとめでした。悠久の大河ユーコン川は流れが比較的穏やかなので、お子様連れのファミリーでも安心して楽しめるアクティビティです。長い人生の中でも、一度は訪れてみたい清流をカヌー下り体験は、あなたの一生の宝ものになることでしょう。

Thumbカナダ観光おすすめスポット17選!自然豊かな名所満載!見どころも紹介!
アメリカと並び北米の2大国家の一つであるカナダには近代的な都市とともに多くの自然があり、観光...

関連記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ