積丹「お食事処みさき」の名物メニューはウニ丼?営業時間も調査!

北海道の北西の海岸に突き出している積丹。ウニ、ヤリイカなど四季折々、新鮮な北の海の幸が食べられるお店がたくさんです。今回はその中でも人気のお食事処みさきのメニューをご紹介します。積丹のお食事処みさきのうに丼をはじめ人気メニューや営業時間をリサーチしました。

積丹「お食事処みさき」の名物メニューはウニ丼?営業時間も調査!のイメージ

目次

  1. 1積丹のお食事処岬みさきをご紹介!
  2. 2積丹のお食事処みさきの営業時間
  3. 3積丹のお食事処みさきのこだわりの生うに
  4. 4積丹のお食事処みさきの人気メニュー1:生うに丼
  5. 5積丹のお食事処みさきの人気メニュー2:赤ばふんうに丼
  6. 6積丹のお食事処みさきの人気メニュー4:いか刺し
  7. 7積丹のお食事処みさきの人気メニュー3:うにいくら丼
  8. 8積丹のお食事処みさきの人気メニュー5:あわび生ちらし
  9. 9積丹のお食事処みさきの人気メニュー6:焼き魚
  10. 10お食事処みさきで積丹の魚介を満喫しよう!

積丹のお食事処岬みさきをご紹介!

北海道の北西海岸に突き出した積丹。岸壁や絶壁が続く海岸線が魅力的な半島です。昔はにしんの魚揚で人気のスポットでしたが、1996年に国道229号線の開通以来、ドライブのスポットでも人気を呼んでいます。しかし積丹の本来の魅力は美味しい海の幸!特に生うには人気です。今回は積丹の天然うに丼で人気のお食事処みさきをリサーチしました。

Thumb積丹の温泉特集!日帰り入浴から宿泊までおすすめの旅館やホテルを紹介!
積丹の温泉特集をご紹介します。積丹は北海道西部、後志総合振興局にある半島です。北海道の観光と...

積丹のお食事処みさきの営業時間

13652116 519091898275827 196128961 n
aqua.tarokichi

積丹の漁師が営む食堂、お食事処みさきは2018年度は4月27日(金)にお店を開店し10月31日(水)まで営業しています。時間は午前9時45分から午後4時までです。ラストオーダーは午後3時45分です。冬期間は日本海から吹き付ける強風で荒波が打ち付けるため休業しています。開店期間も天候が悪い日は閉店しています。

28753921 627737017618525 7120381333758541824 n
you_china1868

開店期間の定休日は毎月第2と第4水曜日です。お食事処みさきは4月27日から開店していますが、6月1日にうに漁解禁までは、積丹ではない北海道産の生うにが提供されます。また天候によって、漁師が海に出られない日もあるので、その時は積丹のうにを目当てに出かけてもありつけないこともあります。

積丹の味覚の人気はうにであり、うにの旬の時期は夏の時期で、夏をすぎて秋になると、うには産卵期を迎え、身の味が落ちてしまいます。そのため冬季は、お食事処みさきは食堂を開店していないそうです。積丹には冬も美味しい海の味覚はありますが、民宿を同時に経営している食堂は、厳寒期も通年で営業し積丹の海の味覚を提供しています。

住所:北海道積丹郡積丹町大字日司町236
電話番号:0135-45-6547
 

積丹のお食事処みさきのこだわりの生うに

積丹は四季折々、美味しい海の味覚が楽しめるエリアと人気です。特に積丹の人気メニューにあがる美味しい生うに!積丹のお食事処みさきの生うにはトロリと甘く、うに漁解禁になると、お食事処みさきの前にはうに目当てに行れるができるほどの人気ぶり。うに漁師の店主自ら海に出てウニを獲り、獲れたてのウニの殻を割り丁寧に身を取り出します。

積丹のうには6月1日から8月31日が漁解禁となり、積丹の食堂では積丹で獲れたうに丼が人気のメニューにあがります。この期間、積丹の漁師はこぞってウニ漁に出ます。白っぽい身のムラサキウニは淡白で上品味わいウニです。それに対して濃いオレンジのバフンウニは濃厚な感じです。

積丹の食堂、お食事処みさきの店主はうに漁師であるためお食事処のうには積丹の中でも天下一品です。積丹の天然ウニの味を堪能してもらうため、防腐剤など一切使用せず、最高の天然ウニを提供しています。店主は午前4時にウニ漁に出航。海でねばること4時間。午前8時に帰港後すぐに獲れたてのウニを殻から丁寧に取り出します。

Thumb積丹の観光スポットを総ざらい!おすすめのモデルコースから穴場まで! 
北海道積丹は、北海道の中でも大自然が残る観光スポットです。積丹地区は、北海道の小樽から西側に...

積丹のお食事処みさきの人気メニュー1:生うに丼

21149211 312119672585547 2579934958617362432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
emmmmiiii0206

積丹の味覚の代名詞と言えばうに。お食事処みさきの生うに丼は6月1日より積丹の天然ウニが使用し提供されます。4月27日より開店する食堂ですが、積丹のうにが提供されるのはが6月1日からです。それまでは襟裳沖などのムラサキウニが提供されます。9月に入るとうにが産卵期に入り、旨さが落ちてしまうので8月31日までしか提供されません。

18252320 285228031904729 5757156261581815808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
reptilia_fish

積丹のうには白うにと赤うにの2種類のうにがあります。白うにはムラサキウニを指し、積丹半島で獲れる8割りを占めています。白うにの味は赤うにに比べると淡白で上品な味わいです。おすすめは生うに(白うに)と活うに、みそ汁、そのほか1品付いたうに丼セットはおすすめメニューですが、1日20食限定の定食です。

Thumb積丹ブルーのおすすめの時期や見れる場所をリサーチ!なぜ青いの?
北海道で唯一海中公園に指定されている積丹の海は、「積丹ブルー」と呼ばれるほど青く美しくきれい...

積丹のお食事処みさきの人気メニュー2:赤ばふんうに丼

23279879 136662796989365 6715165514571710464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tyata19

積丹の人気の海の味覚のうにの種類の赤うにを使ったうに丼。赤うにはバフンウニを指し、身の色は鮮やかなオレンジ色をしています。値段は白うによりやや高いですが、これは白うにより漁獲量が少ないためです。白うによりも濃厚な味で甘みの強い味わいです。漁獲量が少ない赤うには数量限定で提供されます。

11875383 1688302928055881 86833879 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rie0502n

お食事処みさきの赤ばふんうに丼は6月から8月の間、15食のみ提供されます。ただし、海が荒れたいて船を出せないときもあり、その時は赤ばふんうに丼を目当に足を運んでも食べることができないときもあります。積丹のうに漁解禁日以外の時は1月から5月が漁期の襟裳岬の「春うに」を使ってうに料理が提供されます。

Thumb積丹の黄金岬は展望台からの景色が絶景!行き方やおすすめのシーズンは?
北海道積丹の「黄金岬」は、海の絶景が拝めるスポットとして人気の観光スポットです。積丹ブルーと...

積丹のお食事処みさきの人気メニュー4:いか刺し

27891439 193419781391427 5904657623348674560 n
cheese0713_adhd.ptsd.utu

積丹のお食事処みさきが開店する4月下旬から6月にかけて旬を迎える人気のメニューのいか刺し。この時期、ヤリイカが旬の時期を迎えて、人気のメニューに上がります、ヤリイカのいか刺しは酒のつまみにもよく合い、ヤリイカのいか刺し定食もおすすめです。旬のヤリイカは歯ごたえもよく甘みがあって積丹の春の味覚で人気です。

ヤリイカは焼いても煮付けても揚げても、どのような調理法で料理しても美味しいかですが一番美味しいのは新鮮な刺身は絶品です。ヤリイカの刺身は柔らかく甘みがあります。積丹に訪れる多くの釣りファンにとってヤリイカは釣り上げるのが難しいと言われます。でもお食事処みさきの店主は長年の漁師の勘で新鮮なヤリイカを釣り上げ提供します。

Thumb積丹半島のうに丼人気店特集!おすすめの時期や解禁日は夏場?
北海道の西海岸中央部に位置する積丹半島。積丹半島はうにがおいしいことで全国的に有名な地域です...

積丹のお食事処みさきの人気メニュー3:うにいくら丼

10632411 815437775154409 478317317 n
pinoko_d

積丹の秋の味覚はサケ漁が盛んです。サケの焼き物はもちろん、いくらをのせたいくら丼が積丹町の食堂では旬を迎えます。お食事処みさきも、8月の積丹の天然のうに丼の季節が終わると、もちろんいくら丼が美味しい季節を迎えます。真っ赤なぴちぴちの弾力のある味付け最高のいくらは、いくら丼、海鮮丼などに入っています。

13166955 138639203208396 5976728 n
numa_c

お食事処みさきの海鮮三色丼はうに、いくら、ほぐされたカニの丼ぶり。そのほかうにといくら丼も人気です。うにといくらとやりいかの丼ぶりは1日限定15食。もちろんいくらだけがたんまりご飯の上に敷き詰められたいくら丼もおすすめです。少食の方用に半分のミニいくら丼の用意もあります。

Thumb神威岬を観光しよう!遊歩道からの積丹ブルーは絶景でおすすめ!
北海道の積丹半島にある神威岬は人気の絶景スポットです。神威岬から望む絶景は夏だけではなく、冬...

積丹のお食事処みさきの人気メニュー5:あわび生ちらし

積丹では10月1日からあらび漁が解禁なります。漁師が営む食堂のお食事処みさきでもこの時はあわびの料理はおすすめです。お食事処みさきでご堪能していただきたいおすすめメニューの1つです。あわび生ちらしのほか、あわび刺身定食があり、秋限定のメニューです。ただし天候により海が荒れてあわびが獲れず、提供できない時もあります。

28751728 2096156637310129 4607875927169302528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
suga_jpt

漁師が経営する民宿や食堂が多い積丹。天然うにや生うにが有名なのはもちろんですが、新鮮な海産物を味わえるめっかです。秋が深まる季節に漁解禁される積丹のあわびは本州のあわびに比べて、身がしまり磯の香りが濃く旨みが濃厚です。お食事処みさきで10月から1日10食提供されるあわび生ちらしはぜひ食べて頂きたいおすすめのメニューです。

積丹のお食事処みさきの人気メニュー6:焼き魚

安くて美味しいお食事処みさきのおすすめメニューは焼き魚定食。焼き魚はその時によって種類が違うことがありますが、ねらい目は脂ののったほっけは人気の焼き魚です。ほっけは通年獲れますが産卵前の春から秋、そうです!お食事処みさきが営業している時期は、特に脂がのっていておいしいそうです。鮮度がよく臭みもありません。

積丹の春はヤリイカと同様にサクラマスも美味しい季節。春はサクラマスの焼き魚が美味しく提供されます。サクラマスは市場にあまり出回りませんが、サケマス科の中でもとても美味しい積丹の味です。新鮮なサクラマスは刺身でいただくのが美味しいですが、焼き魚にしてもふっくらを見離れの良い美味しさがたまりません。

お食事処みさきで積丹の魚介を満喫しよう!

うにで有名な積丹。積丹のお食事処みさきはうに漁師が経営している食堂です。天然うにの美味しい丼ものは人気のメニューです。積丹の海の幸はうにだけではありません。春はヤリイカやサクラマス、秋はサケ、10月からはあわび漁解禁になり、身の締まった積丹のあわびも美味しいメニューに加わります。お食事処みさきの味、ぜひご賞味ください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ