『バラス島』は美しすぎる奇跡の島!行き方は?サンセットに感動!

沖縄から約400km離れた八重山諸島、その中の西表島と鳩間島の間に、『幻の島』または『奇跡の島』と呼ばれる「バラス島」があります。とても美しく、一生に一度は行きたいスポットに名前があがるほどです。そんなバラス島の魅力、バラス島の行き方、過ごし方をまとめました。

『バラス島』は美しすぎる奇跡の島!行き方は?サンセットに感動!のイメージ

目次

  1. 1奇跡の島と呼ばれるバラス島は素敵な島
  2. 2バラス島とはどんな島?
  3. 3バラス島はどこにある?
  4. 4バラス島へ自力で上陸することができる?
  5. 5バラス島への行き方
  6. 6バラス島へ行く際の準備
  7. 7バラス島の最適なシーズンは?
  8. 8バラス島での素敵な過ごし方1「見て感じる」
  9. 9バラス島での素敵な過ごし方2「歩く」
  10. 10バラス島での素敵な過ごし方3「シュノーケリング」
  11. 11バラス島での素敵な過ごし方4「ダイビング」
  12. 12バラス島での素敵な過ごし方5「サンセット鑑賞」
  13. 13バラス島での素敵な過ごし方6「フィッシング」
  14. 14バラス島に行こう!おすすめの時間帯1:早朝
  15. 15バラス島に行こう!おすすめの時間帯2:夕方
  16. 16バラス島に行こう!おすすめの時間帯3:夜
  17. 17沖縄観光ならぜひバラス島はおすすめ!

奇跡の島と呼ばれるバラス島は素敵な島

幻の島、また奇跡の島と呼ばれる沖縄にある「バラス島」。真っ白な島で、透き通った青い海のコントラストが美しい島です。バラス島は、日本地図の中に島として書かれていない場所です。グーグルマップでは、島という形は無く、およその位置だけ確認できます。そんなバラス島とはどんな島なのか、島の魅力、行き方、過ごし方をご紹介します。

バラス島とはどんな島?

バラス島とは、沖縄にある真っ白なサンゴ礁の島です。海流が混じりあう沖縄の海、その潮の流れによって折れたサンゴのかけらが蓄積してできた幻の島です。サンゴのかけらでできたバラス島ですが、成長するので奇跡の島とも言われています。1990年ごろまでは東側に一つの小さな島でしたが、西側にも島が成長し、二つの島となったといいます。

27579110 2023944561205466 7269727534302887936 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
iriomotewaterman

1998年の夏までは、バラス島は二つの島のままだったようです。同じ年、秋ごろの強い季節風の風の影響で、島がとうとう合体して一つの島となったと言われています。普通、サンゴ礁でできた島などは、潮が引いた時のみ現れるため幻の島と言われますが、バラス島は違います。潮が満ちても島として海面にある時が多い島です。

28435728 145226086295634 5449585265444126720 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
atszion

バラス島は、潮が引くと島が広がっていきます。現在、一番潮が引いた時は、細長い道のようなバラス島となりますが、毎日形を変えます。バラス島は、普段潮が満ちている時は、直径1m以下の島となります。しかし、大潮の時はバラス島は沈んでいますし、台風などの影響で、大潮ではない時でも海に沈んでいる時があり、幻の島と言われています。

27574304 2038534499737510 7211151035153252352 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sei.suburbia

サンゴのかけらの島のバラス島は、小さくなったり大きくなったり、島の中に浅いプールができたりするので、毎日その日の形を見るだけに訪れても楽しい島です。バラス島は、岩や土、砂などで固定されていないので、1年で約50cm動くと言われています。何年か経つと、違う景色となるのも幻の島と言われている理由です。

バラス島はどこにある?

幻の島、また奇跡の島と言われる沖縄のバラス島は、沖縄本島から南西へ約400km離れた「八重山諸島(やえやましょとう)」の中にあります。沖縄本島の次に大きい「西表島(いりおもてじま)」と、西表島から海を5km渡った場所に位置する、ドラマ「瑠璃の島」の舞台となった美しい「鳩間島(はとまじま)」のちょうど中間にあります。

Thumb石垣島の観光スポットおすすめランキング!定番名所から冬に人気の場所まで!
沖縄県の石垣島でおすすめの観光スポットの情報をご紹介していきます。石垣島は海の綺麗な観光名所...

バラス島へ自力で上陸することができる?

26869022 418575841914628 6017694007163879424 n
68eiko

沖縄県八重山郡竹富町上原にある「上原港」からおよそ2kmです。2kmくらいなら、シュノーケリングやダイビングという行き方で、自力で行こうと思う人もいるかもしれませんが、自力で行くのは難しいと言われています。遭難などの恐れもありますので、必ず実施されているツアーに申し込んで行きましょう。

バラス島への行き方

西表島から船

バラス島観光への行き方は、マリンショップなどのツアーになります。ツアーにより、色々な行き方がありますが、一般的な行き方は、組まれているツアーに申し込み、西表島から船に乗ってバラス島へ行く行き方です。約10分で到着します。西表島への行き方は、各県から石垣島空港へ飛行機で行き、石垣離島ターミナルから船に乗ります。

石垣島から船

また、石垣島で受付をしてくれるツアーに申し込むという行き方もあります。集合場所は石垣島で、西表島や鳩間島経由でバラス島と連れて行ってくれるツアーです。石垣島からは約45分で到着です。ツアー自体の所要時間は、半日から1日のスケジュールで組まれています。自力で西表島へ行き、ツアーに参加する面倒が無いのが特徴です。

鳩間島から船

鳩間島から出発するツアーに申し込むという行き方もあります。自力で鳩間島まで行く必要があります。鳩間島までの行き方は、石垣島の石垣離島ターミナルから鳩間島行き船が出ていますので、そう難しくはありません。石垣島や西表島からツアーで行くよりも、鳩間島発ツアーに申し込む行き方の方が、リーズナブルにツアーを組めます。

シーカヤックでの行き方もある

一般的には船で連れて行ってもらう行き方になりますが、異色のツアーとして、バラス島シーカヤックツアーも開催されています。海の波が穏やかな日のみと限定されますので、5月から10月が一般的ですが、オフシーズンでも応相談で申し込むことができます。ガイドと共に西表島から自分で漕いで行くことができるので、達成感があります。

24331790 1965597707048399 2807891464544059392 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
agein.asadai0909

シーカヤックとシュノーケリング、幻の島と体験できるので贅沢なツアーです。シーカヤックを漕いで行けるなら、個人でシーカヤックをレンタルして行くことができそうと思う人もいるかもしれませんが、自力で勝手に行くと遭難するおそれがありますので、危険です。必ず沖縄の海のこと、バラス島を知っている人のガイドが必要です。

Thumb石垣島・石垣空港まとめ!ラウンジや食事・お土産など!周辺のおすすめ施設も!
石垣島の石垣空港には美味しいお食事を楽しむことができるスポットや、お土産を買うことができるお...

バラス島へ行く際の準備

バラス島へ行く際は、濡れても大丈夫なように水着を着て行きます。その上にすぐにかわくような服を着て行きましょう。島はサンゴのかけらで木が育つ環境ではありませんので、木陰などありません。材質上、傘なども固定するのも難しい島です。沖縄の日差しは強いので、帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必ず必要です。

熱中症対策は必要です。飲み物が用意されているツアーもありますが、用意されていないツアーもあります。必ず事前に確認し、飲み物は必ず持って行きましょう。バラス島は、サンゴのかけら、裸足上陸しても痛くて歩けません。ビーチサンダルでも痛いくらいです。おすすめは、マリンシューズです。トイレも無いので済ませておきましょう。

バラス島の最適なシーズンは?

西表島や鳩間島は、1年中シュノーケリングやダイビングができる素晴らしい島です。冬もウエットスーツを着ることで海に入ることができますが、春から夏にかけて、カラフルな魚が泳いだり、サンゴが活動したりしますし、ツアーもその時期に多く行われていますのでベストシーズンと言えます。最高に美しい沖縄の海を見たいなら夏がおすすめです。

バラス島は小さな島です。ベストシーズンは、時間帯によって人で溢れています。もし、人がいない、神秘的なバラス島を満喫したいなら、オフシーズンに行くのも手です。残念ながら、ベストシーズンでもオフシーズンでも、潮が悪かったり、海が荒れていたりなど天候が悪い場合、時間変更、または中止となります。

Thumb西表島を観光するなら?人気アクティビティや名物グルメをまとめて紹介!
沖縄の西表島で観光におすすめのスポットの情報をご紹介していきます。西表島は沖縄にある離島とい...

バラス島での素敵な過ごし方1「見て感じる」

22499922 486510941720560 3709104417904001024 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mmmeriiiiiiii

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、まず見て感じるのはおすすめです。船で近づいていく時からバラス島の素晴らしい風景に感動します。本当に何もないのですが、自然が作り出す白と青のコントラストが心を癒してくれます。バラス島で行動する前に、素晴らしい島を見て、素晴らしい島の空気を感じてみて下さい。

バラス島での素敵な過ごし方2「歩く」

20394372 244581289394325 7150112806778437632 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
japanwalker.tw

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、端から端まで歩いてみるのはおすすめです。バラス島に上陸すると、普通の砂浜とはまた違った感じなので、テンションが上がります。バラス島を作っているサンゴ礁のかけらの踏み心地、そして歩くたびにザクザク、ギシギシという音を楽しんでください。

沖縄県の中でも南の方にあるバラス島の周りの海はとても澄んでいるので、海に入らなくても、少し遠くの海の中も見ることができます。ただ歩いているだけで、スイスイ泳いでいるカラフルな魚を見ることができます。また、時々、ウミガメが泳いでいるのも見えます。バラス島の海は、とっても綺麗で感動します。

バラス島での素敵な過ごし方3「シュノーケリング」

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、シュノーケリングもおすすめです。バラス島の周りはサンゴ礁でいっぱいなのでシュノーケリングは最高です。バラス島から少し離れた場所を泳ぐと、生きたサンゴ礁があります。そのサンゴ礁の間を泳いでいる綺麗な魚を、シュノーケリングで見ることができます。

シュノーケリングは本当に楽しい時間です。シュノーケリングでバラス島の周りを泳いでいると、時間はあっという間に過ぎていきます。シュノーケリングをしたことが無い人でも、少しシュノーケリングの練習をするだけで、不安から楽しさへと変わります。ツアーガイドが教えてくれますが、不安であればツアーに申し込む時に確認すると確実です。

バラス島での素敵な過ごし方4「ダイビング」

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、ダイビングもおすすめです。バラス島の周りは、3段階深さがあります。まずバラス島を構成しているサンゴのかけらの部分はとても浅い場所です。その周りに生きているサンゴ礁があり、水深2mくらいです。そしてもう少し先に行くと水深10m以上になります。

バラス島周辺には、ダイビングポイントが多く、サンゴ礁エリア、砂地エリアなど色々な環境が近いポイントに存在しています。色々な海を見たいならバラス島周辺のダイビングは最高です。ダイビングをしたいなら、ダイビングが付いているツアーに参加する必要があります。

もし、初めてのダイビングの場合、体験ダイビングという形になります。普通のダイビングは講習が必要ですし、資格が必要です。初心者は、1人でダイビングできませんので、ダイビング資格を持っている人と一緒に、ダイビングをします。ダイビングをする前に丁寧に教えてくれるツアーがおすすめです。

バラス島での素敵な過ごし方5「サンセット鑑賞」

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、サンセットを鑑賞するのも素敵な時間です。バラス島からみるサンセットはとても素敵で、感動さえ覚えます。夕方になるとバラス島へ来ていた人のほとんどが帰宅するので、プライベートビーチとなる日があります。太陽が水平線へと沈み、素晴らしいサンセットを見ることができます。

バラス島での素敵な過ごし方6「フィッシング」

22802481 713542445508923 3350992746297950208 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
junichi.nakane

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光では、フィッシングという楽しみ方もあります。ツアーにフィッシングが付いているものがあり、全て貸してくれます。バラス島から釣っている人もいますし、バラス島から少し離れて船で釣っている人もいます。またバラス島周辺で泳ぎながら魚を釣るツアーもあります。

バラス島があるエリアは、子供も大人も喜ぶ入れ食い状態の時もあります。ツアーによっては、全てをレンタル、そしてエサまで付けてくれるものもあるので、魚釣りをしてみたいけどエサが苦手という人でも楽しむことができます。釣った魚は帰って料理して食べさせてくれ、最後まで楽しい観光となるツアーもあり、おすすめです。

バラス島に行こう!おすすめの時間帯1:早朝

20688280 906357849524567 953326050715107328 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
dragonhirahara

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光での、おすすめの時間帯があります。ベストシーズンでも、8時半や9時出発のバラス島ツアーに参加すると、プライベートビーチのようなバラス島を体験できる時があります。色々な会社の早朝ツアーがありますので、必ずそうなるとは言えませんが、昼よりは人が少ないのは確実です。

まだ夜も明けないくらいの早朝ツアーでは、小さな太陽、サンライズを見ることができます。時間が経つにつれて、太陽が大きくなるのに感動します。西表島に滞在しているなら早朝6時などの時間帯もありますが、石垣島に滞在しているなら、石垣島離島ターミナルから出る船の時間を考えて、予定を立てるのはおすすめです。

バラス島に行こう!おすすめの時間帯2:夕方

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光での、おすすめの時間帯に夕方があります。昼から訪れて陽が沈むまでゆったり滞在することもできますが、昼間は人が多いので、夕方の陽が沈む前に到着するように出発し、サンセットを見ながらバラス島で過ごすのも人気があります。上級者コースで、サンセットシュノーケリングツアーも実施されています。

例外な日もありますが、ほとんどは、朝から来ている人、昼から来ている人たちが夕方には帰路につき、静かなバラス島となります。夕方の時間帯は、暑い昼間と違ってクールダウン。波の音を聞きながら、ゆっくりと沈む太陽は、とてもロマンチックで、最高です。ぜひおすすめの夕方です。

バラス島に行こう!おすすめの時間帯3:夜

幻の島、奇跡の島と言われるバラス島観光でのおすすめの時間に、夜もあります。夜のバラス島は、ベストシーズン中のツアーの中でも夏のみ実施されています。バラスには、明かりが一つもないため、濃い闇となります。真っ暗なので、星も良く見え、感動します。夏、バラス島には蚊がいないので、ゆっくり夜空を見上げることができるが魅力です。

沖縄観光ならぜひバラス島はおすすめ!

沖縄県の南西にある幻の島、また奇跡の島と呼ばれるバラス島。ここには白い島と透き通った海があり、晴れた日は、広い青い空や雲も加わり、素敵な風景の島です。シュノーケリングやダイビングで綺麗な海の中を覗けますし、夕方のサンセットは絶景です。沖縄へ観光に訪れた際は、ぜひ西表島まで足をのばし、バラス島はおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ