鳥海ブルーラインでドライブ満喫!開通時期や鳥海山の観光スポットを紹介!

山形県と秋田県にまたがる観光道路「鳥海ブルーライン」は、全長約35kmにおよびます。道中見える鳥海山に感動し、四季によって見える景色が異なったり、ドライブにはおすすめです。今回は鳥海ブルーラインの開通時期や、鳥海山のおすすめ観光スポットについてご紹介します。

鳥海ブルーラインでドライブ満喫!開通時期や鳥海山の観光スポットを紹介!のイメージ

目次

  1. 1鳥海ブルーラインとは?
  2. 2鳥海ブルーラインのルートを紹介!
  3. 3秋田県側から鳥海ブルーラインをドライブしてみよう!
  4. 4山形県側から鳥海ブルーラインをドライブしてみよう!
  5. 5鳥海ブルーラインの開通時期や通行料は?
  6. 6季節ごとに違う顔を見せる鳥海ブルーライン!
  7. 7鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地1「十六羅漢岩」
  8. 8鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地2「陣屋」
  9. 9鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地3「ブナ林」
  10. 10鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地4「獅子ヶ鼻湿原」
  11. 11鳥海山を登山しよう1!初心者におすすめ「湯の台登山口コース」
  12. 12鳥海山を登山しよう2!登山慣れしている方におすすめコース!
  13. 13鳥海山を登山しよう3!絶景を楽しめる「象潟口コース」
  14. 14鳥海山を登山しよう4!古くからの登山ルート「吹浦口コース」
  15. 15鳥海山でハイキングをしよう1!手軽なハイキングコース「高瀬峡」
  16. 16鳥海山でハイキングをしよう2!年中ハイキングが楽しめる「一の滝・二の滝」
  17. 17鳥海ブルーラインのドライブに出かけよう!

鳥海ブルーラインとは?

鳥海ブルーラインは、鳥海山の五合目に向かう観光道路です。別名「秋田富士」「出羽富士」と呼ばれています。日本百名道の1つとしても有名で、鳥海ブルーライン開通時期には新緑や残雪、紅葉や高山植物などを楽しみながらドライブできる場所です。さらに、鳥海ブルーラインから見える鳥海山、日本海や庄内平野等に感動するでしょう。

Thumb秋田へ観光・旅行ならここ!人気スポット25選!名所や魅力を紹介!
海あり、山ありの秋田県には、自然を満喫できる景勝地や源泉かけ流しの温泉など、魅力あふれる名所...

鳥海ブルーラインのルートを紹介!

13715292 1754517164837549 299527298 n
ogichiyan3861

鳥海ブルーラインのルートについて、秋田県側と山形県側、それぞれご紹介します。ブルーライン秋田県側は、県道131号・鳥海公園小滝線となり、小滝から小滝までの区間で、全長16.8kmにおよびます。一方ブルーライン山形県側は、県道210号・鳥海公園吹浦線となり、吹浦から吹浦までの区間で、全長18.1kmにおよびます。

秋田県側から鳥海ブルーラインをドライブしてみよう!

22280448 297228837449070 6648675306250960896 n
asuka.1965

まずは、秋田県側から鳥海ブルーラインを走ってみます。日本海東北道象潟インターチェンジを出発し、県道131号線を経由し、ブルーラインを走り約30分で鉾立に到着します。鉾立は標高1150mに位置し、登山ルート入口の象潟口から400mほど舗装路を歩くと鉾立展望台があり、鳥海山や渓谷、日本海の眺めを楽しめます。

19379270 1285656048246430 2641156350167482368 n
akiraaaa_okabeeee

また鉾立の駐車場周辺には、鉾立ビジターセンターや食事ができる稲倉山荘などがあり、鳥海山の登山目的のみならず眺望目的で来られる観光客も多いおすすめスポットです。鉾立駐車場の下には奈曽渓谷が見れます。駐車スペースもあるため、ブルーラインのドライブのみならず鳥海山の登山や鉾立からの眺望とあわせて観光されるのもおすすめです。

山形県側から鳥海ブルーラインをドライブしてみよう!

21042468 209346002931661 7832916524129058816 n
keroro6040

山形県側から鳥海ブルーラインを走ってみます。山形道酒田みなとインターチェンジを出発し、国道7号線を経由し約20分で鳥海ブルーラインの入口に到着します。十六羅漢像付近海抜0mから上り、ブルーラインを約30分走行すると大平山荘に到着します。大平山荘は標高1000mに位置し、大平山荘前の展望台からは鳥海山や日本海等が見られます。

13651981 650735985089212 1064486123 n
kapibara.3113

大平山荘からの景色について、日本海側では夕日や海に浮かぶ飛島を眺望できます。また南側には庄内平野を見下ろし、天気が良ければ秋田県の男鹿半島や新潟県の粟島まで眺望できるおすすめ観光地です。さらに、大平山荘から700mほど鳥海ブルーラインを上った秋田県境付近が、鳥海山の登山口となります。

鳥海ブルーラインの開通時期や通行料は?

20065803 1852407411754265 4483378156836749312 n
msy.st327

鳥海ブルーラインの開通時期は、例年4月下旬~10月下旬となります。2018年は4月27日(金)より開通が予定され、当日は「鳥海ブルーライン開通式・春山開き」が山形県側で行われます。ブルーライン開通式は10時から小野曽旧料金所前にて、その後11時からブルーライン同時開通セレモニーが大平山荘駐車場にて開催されます。

18161313 1146420062131074 6061034144190693376 n
yuta1010jcg

鳥海ブルーライン開通式・春山開きの内容は、鳥海ブルーラインの開通を祝い、交通安全・春山登山の安全を祈願します。ゴールデンウィーク期間中は、ブルーラインにて雪の回廊の中をドライブすることもできます。その他、ブルーライン開通式では先着30名様に記念品が進呈、セレモニーでは大平山荘にて限定100食の豚汁サービスがあります。

鳥海ブルーラインの通行料は、無料となります。ブルーライン通行時間は、通常24時間通行可能となりますが、気象状況によっては17時~翌日8時まで夜間通行止めが発生する恐れがあります(4月下旬~5月下旬までは夜間通行止めの予定)。鳥海ブルーラインを利用される際には、現地付近の道路情報板に注意してご通行ください。

季節ごとに違う顔を見せる鳥海ブルーライン!

14733273 223745954711499 679437906099568640 n
sophie.lee.205

鳥海ブルーラインをドライブすると、季節ごとに見える景色が異なります。ブルーライン開通当初は、残雪を見ながら、夏は新緑、そして秋は紅葉を楽しめます。特におすすめが、紅葉シーズンです。鳥海山は紅葉時期に大変人気があり、一面真っ赤に色づく鳥海山を見ながらのブルーラインドライブは圧巻です。(紅葉時期:10月中旬から見頃。)

鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地1「十六羅漢岩」

21296211 511609995858783 2259871612012593152 n
zunsanzunsan

鳥海山1つ目のおすすめ観光地として、鳥海ブルーラインの山形県側入口にある「十六羅漢岩」をご紹介します。吹浦海禅寺21代寛海(かんかい)和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年かけて明治元年22体の磨崖仏を完工しました。

13414383 508436816016967 893514252 n
tougo_iseya

16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体、この規模で岩礁に刻まれているのは日本海側ではここだけといわれ、歴史的にも貴重な資源です。眺望台には歌碑や句碑があり、夕日や飛島をきれいに眺望できる名所です。

10693262 847839411922408 969527504 n
69sayzy

「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選(水産庁選定)」に選ばれ、毎年7月下旬には十六羅漢まつりが開催され、十六羅漢岩の前で海上安全祈願式典が行われます。加えて、この時期にあわせて夜間はライトアップが行われます。そばにはサンセット十六羅漢があり、休憩や食事もできます。営業時間は9時~17時となります。

鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地2「陣屋」

26322475 318856145299174 6557165968538206208 n
disco0407

鳥海山2つ目のおすすめ観光地として、鳥海ブルーラインの山形県側から標高292m(二合目)に位置する「陣屋」をご紹介します。陣屋は水芭蕉群生地として知られ、4月中旬から5月上旬にかけて水芭蕉がきれいに咲きます。全長約400mほど続く群生地のため、見応えは抜群です。ブルーラインドライブの合間に、ぜひ立ち寄ってほしい観光地です。

鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地3「ブナ林」

14723075 560900310767741 6244609829629853696 n
keiko_244

鳥海山3つ目のおすすめ観光地として、鳥海ブルーラインの標高790m(三合目と四合目の間)に位置する「神子石」付近に広がるブナの原生林をご紹介します。ブナの巨木の森からひそやかに湧く清らかな水、まるで樹木の根から生まれてくるように感じられる、鳥海山おすすめ観光地です。

鳥海ブルーラインを走ろう!鳥海山のおすすめ観光地4「獅子ヶ鼻湿原」

鳥海山4つ目のおすすめ観光地として、鳥海山麓中島台の獅子ヶ鼻湿原をご紹介します。獅子ヶ鼻湿原の見所は、何と言っても「あがりこ大王」と呼ばれる、日本最大級の異形ブナです。樹高25m、幹周り7.62mもある巨大ブナは圧巻です。あがりことは、地上から上がったところから子が出ているという意味を表していると言われています。

鳥海山を登山しよう1!初心者におすすめ「湯の台登山口コース」

14733397 1683045962013825 7419316482103836672 n
private_factory_1974

初心者におすすめの鳥海山登山コースをご紹介します。山形県側の湯の台口コースは、鳥海山登山の中で、最も標高の高い登山口まで車で行くことができ、最短で山頂まで行けるコースです。例年6月最終日曜日に山開きが行われ、9月末まで登山を楽しめます。鳥海高原ラインを車で進み、終点の「滝の小屋登山口」を目指します(標高1200m)。

22352336 687000238165197 9073903476987133952 n
shin007_1

滝の小屋登山口には、駐車場とトイレもあるので安心です。滝の小屋登山口から約30分、緩やかな登り坂を歩くと「滝の小屋(山小屋)」に到着します。滝の小屋を通過し、八丁坂を登り切れば、広い台地の「河原宿」に到着です。八丁坂は急な坂のため、初心者にとっては登るのに一苦労するかもしれません。

12328329 1678726645673306 1638955051 n
shimya

河原宿を越え、「大雪渓・小雪渓(心字雪渓)」に到着します。残雪の様子が「心」の字に見えることから、心字雪渓(しんじせっけい)と呼ばれています。7月末までは滑り止めが必要となります。鳥海山の頂上も近くに見えてきますが、日帰りの登山初心者はここから下山するのがおすすめです。

鳥海山を登山しよう2!登山慣れしている方におすすめコース!

14448185 341562839516383 3921126419068878848 n
yumahamayoshi

先ほど、初心者向けの鳥海山登山コースとして「湯の台口コース」をご紹介しましたが、登山慣れしている方におすすめのコースをご紹介します。初心者同様「心字雪渓」へ到着後、雪渓を登り「あざみ坂」を越えていきます(河原宿小屋からあざみ坂までは、徒歩約2時間かかります)。あざみ坂は、鳥海山屈指の急坂と言われています。

あざみ坂を登り切ると、「伏拝岳(ふしおがみだけ)」に到着します。伏拝岳の目の前には、新山ドームが見えてきます。伏拝岳からさらに登り、徒歩約1時間で「鳥海山大物忌神社」に到着します。鳥海山大物忌神社とは、出羽の國一宮として朝野の崇敬を集め、20年ごとに式年遷宮が行われています。

13329052 235072343541885 1084399866 n
yasu_shan

鳥海山大物忌神社まで到着すると、山頂まで残りわずかです。新山(鳥海山)まで徒歩約30分、溶岩の岩山をよじ登って進みます。標高2236mから見える日本海は圧巻です。おすすめは1泊2日で鳥海山登山をし、朝日が昇る瞬間を鳥海山山頂で見ることです。湯の台口コースは、道中さまざまな花を見ることもできるため、大変人気のコースです。

鳥海山を登山しよう3!絶景を楽しめる「象潟口コース」

16908682 1139093846217625 6918001598597693440 n
kagekiyo2006

続いて、秋田県側の象潟口鉾立からの鳥海山登山コースをご紹介します。鳥海ブルーラインで鳥海山の5合目「鉾立」へ向かいます。鉾立には広い駐車場や保養センター、ビジターセンター、展望台などがあります。象潟口からの鳥海山登山が人も多く、一番人気のコースと言われています。

鉾立をスタートし、6合目賽の河原を通過すると「御浜神社」へと到着します。下には「鳥海湖」がきれいに見え、奥には新山の頂上が見えてきます。付近の御浜小屋にはトイレも完備されているため、休憩にはおすすめの場所です。ちなみに、鳥海湖周囲にはハイキングできるコースもあったり、高山植物のお花畑もあり、登山以外にも楽しめます。

21879312 363147727450550 7508857913046204416 n
itayan88

ここで登山コースが2通りになりますが、扇子森、七五三掛方面がメジャーです。八丁坂の急階段を下り、七五三掛の先には「千蛇谷雪渓」があります。右に七高山、左に新山の景色を見れます。その後鳥海山大物忌神社に到着し、鳥海山山頂まで残りわずかです。日帰りでも楽しめますが、1泊して鳥海山山頂から朝日を拝むのもおすすめです。

鳥海山を登山しよう4!古くからの登山ルート「吹浦口コース」

14334397 1727532583939724 3864507587487596544 n
takahha

鳥海山登山ルートの「吹浦口コース」をご紹介します。山形県側のコースで、登山口を入ると急坂「伝石坂」が見えてきます。樹林帯のため景色を楽しめず登るのに苦戦しますが、伝石坂を越えると勾配も緩やかになり、景色を楽しむことができます。さらに、高山植物が咲く中をハイキング気分で歩けます。

伝石坂を登り終え辿り着いた見晴台からは、遠くに飛島が見えるすばらしい日本海の景色を堪能できます。休憩するのに適した場所です。休憩後は、整備された登山道を歩きながら鳥海湖を目指しましょう。吹浦口コースの目玉でもある高山植物を楽しみながらの登山となります。ここから御浜神社まで行くと、象潟口からのルートと合流します。

鳥海山でハイキングをしよう1!手軽なハイキングコース「高瀬峡」

10707020 765246283513925 1270272970 n
taoyan_ni

登山に続き、鳥海山おすすめのハイキングコースをご紹介します。1つ目は、山道を歩く手軽なハイキングコース「高瀬峡」です。たくさんの滝や淵が見れるルートです。藤井地区から林道に入り車で5分、「山の神」の祠のある駐車場に到着します。駐車場から徒歩で進むと湧水があり、水を汲みに来る人もいます。

21980581 121467161869257 2150251797371944960 n
k_mae.photo

つり橋を渡り、そのまま道なりに沿って登ると、「大滝」や「白糸の滝」などを見ることができます。運が良ければイワナやヤマメと出会えたり、ヤマユリ、クルマユリ、チゴユリ、ヤグルマソウ、ダイモンジソウなど季節により野草も楽しめます。時期は、新緑・紅葉が特におすすめです。

鳥海山でハイキングをしよう2!年中ハイキングが楽しめる「一の滝・二の滝」

13320018 1755415804695883 2045233041 n
blackberry.nico25

続いて、鳥海山で年中ハイキングが楽しめるコースをご紹介します。車で一の滝駐車場へ向かいます。下車後、赤い鳥居をくぐり、ブナ林を約5分歩くと、一の滝神社が見えてきます。一ノ滝から約20分歩くと、落差約20mの二ノ滝に到着します。鳥海山千畳ヶ原をはじめとする区域の水が集り、水量が多いです。

鳥海ブルーラインのドライブに出かけよう!

鳥海ブルーラインと、鳥海山のおすすめ観光地や過ごし方についてご紹介しました。鳥海ブルーラインの開通時期は限られていますが、無料でブルーラインを通行することができるお得感、加えて鳥海山や日本海などの景色を楽しむことができ、一石二鳥のおすすめスポットです。ブルーラインのドライブ、鳥海山の登山等でぜひ立ち寄ってください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
m0728iwa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ