泥湯温泉奥山旅館は秋田の人気秘湯!日帰りや混浴風呂・アクセスを紹介!

秋田県にある泥湯温泉奥山旅館は、人気の秘湯として知られています。体にとても良い温泉を楽しむことができるので、多くの人が訪れます。ここでは、泥湯温泉奥山旅館のことを知らない人のために、アクセス方法や営業期間、温泉や料理などについて紹介していきます。

泥湯温泉奥山旅館は秋田の人気秘湯!日帰りや混浴風呂・アクセスを紹介!のイメージ

目次

  1. 1泥湯温泉奥山旅館の紹介
  2. 2泥湯温泉奥山旅館へのアクセス
  3. 3泥湯温泉奥山旅館の営業期間
  4. 4泥湯温泉奥山旅館の宿泊と日帰り料金
  5. 5泥湯温泉奥山旅館のお風呂1:天狗の湯
  6. 6泥湯温泉奥山旅館のお風呂2:川の湯
  7. 7泥湯温泉奥山旅館のお風呂3:目荒いの湯
  8. 8泥湯温泉奥山旅館のお風呂4:新湯
  9. 9泥湯温泉奥山旅館の料理
  10. 10泥湯温泉奥山旅館の湯治プラン
  11. 11泥湯温泉奥山旅館付近の観光施設:川原毛地獄
  12. 12泥湯温泉奥山旅館に行こう

泥湯温泉奥山旅館の紹介

秋田県泥湯温泉奥山旅館を一度訪れた人ならば、また訪れたくなるという人が多くいます。秘湯ということで、多くの温泉ファンにも愛されています。宿泊はもちろんのこと、日帰りでも訪れる人がたくさんいます。泥湯温泉奥山旅館の温泉を利用した、湯治プランもあり、体にとても良い効果のある温泉という証明にもなっています。

泥湯温泉奥山旅館へのアクセス

10809879 396940000463209 326564795 n
gofro_akabeco

泥湯温泉奥山旅館への車でのアクセスは、湯沢横手道路須川インターで下りて、県道51号線を走り、県道310号線を走ると到着します。夏期期間のみ通行できるアクセス方法もあります。東北自動車道古川インターで下り、鳴子経由で国道108号線、県道310号線を走るルートです。夏期に訪れるならば、夏期限定のアクセスできるルートがおすすめです。

11375240 1010270512338205 745119762 n
rayaztecs

公共交通機関でのアクセスは、JR奥羽本線湯沢駅で下ります。湯沢駅で下りてからのアクセス手段は、旅館に問い合わせると教えてくれます。ちなみに、5名以上のグループであれば、湯沢駅から送迎してもらえます。送迎は予約が必要となるので、忘れないようにして下さい。車でのアクセスならば、ドライブを楽しみながら訪れて下さい。

泥湯温泉奥山旅館の営業期間

24254642 238003040068263 3247882066263539712 n
kazsy.14

泥湯温泉奥山旅館は、一年中営業しているわけではありません。毎年11月中旬から4月下旬までは、冬期休業に入ってしまいます。秋田の冬はとても雪が多くなり、泥湯温泉奥山旅館に訪れることが困難になってしまうためです。泥湯温泉へのルートは、年中通行できるルートがありますが、雪との戦いになってしまいます。

23969606 161083714497567 3792348675171155968 n
onsennyama5

営業終了時期と営業開始時期は、泥湯温泉奥山旅館の公式ホームページで公開されます。泥湯温泉は秘湯ということで、多くのファンがいて、営業再開されるのを首を長くして待っているはずです。半年余りの営業期間となりますが、営業している時期には複数回訪れてもらいたいです。素晴らしい自然の中の温泉が待っています。

泥湯温泉奥山旅館の宿泊と日帰り料金

23594283 182126945698159 7836684666441564160 n
saku2192

泥湯温泉奥山旅館は、2016年7月に火事の被害に遭ってしまい、2017年は日帰り入浴のみの営業となっていました。2018年には、宿泊棟の再建に着手する予定で、新たな宿泊棟完成が待ち遠しいです。日帰り入浴は10時から17時まで利用可能で、大人500円となっています。泥湯温泉の秘湯が500円という料金で入れるのはとてもお得です。

23347898 291683291350819 176733587788267520 n
tabitoyado

宿泊棟が再開された時に備えて、宿泊料金も紹介します。部屋は和室タイプで、トイレ無し・トイレ有りで分かれており、1室2名以上利用料金はトイレ無しで税別6300円から、トイレ有りで税別8400円からとなっています。なお、食事を付けるか付けないかで料金は異なります。宿泊棟が再建された時の参考にしてもらえれば幸いです。

泥湯温泉奥山旅館のお風呂1:天狗の湯

23279587 2029547297274662 5607932978706513920 n
ddbste2

天狗の湯は別館にあり、内風呂が男女別になっていますが、露天風呂は混浴となっています。露天風呂が混浴となっていることもあり、家族やグループ同士で入ることができます。混浴が苦手と言う人でも、内風呂に行けば、男女分かれて入ることができるので安心です。目の前には手つかずの自然の姿を見ることができます。

22860874 2092889510943015 8173148607659114496 n
yumeguritecho

天狗の湯の泉質は、硫酸塩泉となっており、酸性です。天狗の湯では、家族風呂も備えており、家族同士で貸切って入ることも可能です。温泉が家のお風呂のように楽しめる贅沢さを味わうことができます。混浴は温泉の醍醐味と思っている人にはおすすめしたいお湯です。大人数で楽しめるお風呂なので、みんな一緒に楽しみましょう。

泥湯温泉奥山旅館のお風呂2:川の湯

21436090 335192570284365 7661617160891924480 n
39horibe

川の湯は旅館棟にあり、岩風呂となっています。基本的に混浴ですが、男女分かれて入ることができる時間帯もあります。男性は7時30分から8時30分、18時から18時45分で、女性は6時30分から7時30分、18時45分から19時30分です。混浴が良いという人にも、混浴が苦手な人にも安心して入ることができるお風呂です。

20902165 694530920737228 7209744158485905408 n
sayaka3835

泉質は硫黄泉となっており、硫黄の香りがほんのりします。岩に囲まれたお風呂は、温泉気分を盛り上げてくれるでしょう。内風呂になっており、外の景色を眺めることはできませんが、温泉風情はしっかりと味わうことができます。古き良き旅館の良さを活かしたお風呂になっているので、まさに秘湯と呼ぶにふさわしい温泉です。

泥湯温泉奥山旅館のお風呂3:目荒いの湯

20181468 1312217298905701 5062202790420414464 n
taka_tora2000

目荒いの湯は、足湯になっています。温泉地で足湯を楽しむのは、もはや定番の楽しみ方と言えるでしょう。足だけ温泉に浸かるだけでも、体に温泉の良い効果を与えてくれます。秘湯と呼ばれている温泉地での足湯は、有名温泉地とは違う良さを感じることができるでしょう。日帰り旅行でちょっと温泉を楽しみたい場合に最高です。

20065372 250585642109865 6576553992078229504 n
kerokerodemeko

目荒いの湯の泉質は、強い酸性になっているので、目荒いの湯という名前ですが、目は絶対に洗わないようにして下さい。あくまで足湯になっているので、足湯で顔や目を洗う人はあまりいないはずですが、小さい子供は体ごと浸かってしまう可能性があるので、注意して下さい。日帰りで帰りの運転もしないといけない運転手の疲れを癒して下さい。

泥湯温泉奥山旅館のお風呂4:新湯

17495225 409428359428521 5411276137143730176 n
kojma_yataro

新湯は旅館棟にある大露天風呂です。奥山旅館にある一番大きな露天風呂で、たくさんの人数が同時に入ることができます。露天風呂の魅力というのは、周辺の景色を一緒に楽しめるということですが、白い山肌や小地獄の風景を見ることができます。泥湯温泉から近くにある観光スポットの風景を楽しむことができます

11427377 1636783429914285 1202150649 n
rayaztecs

新湯は単純泉となっているため、酸性のお湯が苦手と言う人でも問題なく入ってもらえます。とても良い雰囲気の露天風呂になっているため、本格的な温泉の雰囲気を味わいたいという人におすすめしたいです。大露天風呂で自然と一体化した気分で楽しんでもらい、奥山旅館の良い思い出にしてもらいたいです。

泥湯温泉奥山旅館の料理

12070841 690644054368465 1530767671 n
k_1219ms

泥湯温泉奥山旅館で出される料理は、地元で獲れた川魚や山菜がメインとなります。鯉の洗いが人気メニューとなっていますが、旅館で鯉の洗いを提供するところは、ずいぶん少なくなってきたと言えます。鯉の甘露煮も人気メニューとなっており、鯉とタレの味わいが非常にマッチしており、一度食べるとクセになるという人がたくさんいます。

14709645 1614073938889309 3016071333994823680 n
i.am.yugo

この旅館で出している山里料理は、山里で獲れる食材の良さを最大限に出しています。山里にある旅館に来たら、山里料理を食べたいと思う人が多いので、とても好評です。別注料理でおすすめしたいのが、皆瀬牛のヒレステーキです。秋田県の特産品として知られており、最高においしい肉の味が楽しめます。料理も是非楽しんでもらいたいです。

泥湯温泉奥山旅館の湯治プラン

11809805 1625225224429988 618685794 n
rayaztecs

泥湯温泉奥山旅館では、湯治プランを用意しています。湯治プランを利用できるのは、通常営業をしていない11月末から4月下旬にかけてです。一般のお客さんがいないため、湯治に専念してもらうことができます。3泊4日6食付で、2名以上の利用で11250円となっています。冬期の利用になるため、暖房費が別途で必要となります。

11820551 702622333103330 253261020 n
rayaztecs

3泊4日で6食もついてきて、11250円という料金で湯治ができるというのは、かなりお得と言えるでしょう。秋田が雪深くなってくる時期に、温泉でのんびりと体のために利用できるのは、最高の贅沢と言えるでしょう。雪が深くなってくると、道にも雪が多くなってくるので、旅館を訪れる時には注意して訪れて下さい。

泥湯温泉奥山旅館付近の観光施設:川原毛地獄

11375871 1094568053893241 1140696525 n
7_tk_12

川原毛地獄は、泥湯温泉からすぐのところにあり、日本三大霊地の1つと知られています。まさに地獄という表現にふさわしい光景を見ることができます。怪岩・奇岩がたくさんあり、ところどころから水蒸気を噴き出しています。硫黄の臭いがして、いかにも温泉地獄と言う感じがします。秋田というよりも日本独特の風景とも言えるでしょう。

23594725 339863706476671 9171302773935833088 n
cornfleak01

水蒸気が噴き出しているところに近づくと危ないですが、遊歩道が完備されているため、安全に観光できるようになっています。川原毛地獄から15分くらい歩いたところにある、川原毛地獄大湯滝は、温泉が滝になっています。滝は冷たい水というイメージを完全に覆す滝です。温泉をうまく利用した観光スポットなので注目して下さい。

Thumb川原毛地獄は秋田のパワースポット!お湯の滝や温泉もあり!アクセス紹介!
秋田県湯沢市にある「川原毛地獄」は、その名のとおり荒涼とした地獄の様な景色が広がり、自然から...

泥湯温泉奥山旅館に行こう

泥湯温泉奥山旅館は、これからも秋田の秘湯として多くの人々に愛されるでしょう。営業している期間が限られているので、注意して下さい。泥湯温泉奥山旅館に来たら、温泉に浸かり、ゆっくりと過ごして下さい。まだ訪れたことがない人は、アクセス方法を知ってもらい、日帰り入浴でも良いので、是非訪れてもらいたいです。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング