千葉のかわいい方言一覧!語尾の特徴やおすすめの告白フレーズも紹介!

関東で近年密かに人気が上昇している千葉の方言をご存じですか?千葉にもちゃんとした方言があります。その語尾や特徴にはどんなものがあるのでしょうか。かわいい言い方や、告白するときはどんな言葉になるのかなど一覧にしてみましたのでご紹介します。

千葉のかわいい方言一覧!語尾の特徴やおすすめの告白フレーズも紹介!のイメージ

目次

  1. 千葉に方言があるの?
  2. 千葉弁の種類
  3. 千葉弁の特徴は?
  4. 千葉弁の語尾
  5. 千葉のかわいい方言一覧1 「ちっくり」
  6. 千葉のかわいい方言一覧2 「ねねこ」
  7. 千葉のかわいい方言一覧3 「わぁか」
  8. 千葉のかわいい方言一覧4 「あっぱとっぱ」
  9. 千葉のかわいい方言一覧5 「かんくるりんと」
  10. 千葉のかわいい方言一覧6 「たまたま」
  11. 千葉のかわいい方言一覧7 「もやもやしー」
  12. 千葉のかわいい方言一覧8 「だます」
  13. 千葉のかわいい方言一覧9 「まるっぽ」
  14. 千葉のかわいい方言一覧10 「したっけ」
  15. 千葉のかわいい方言一覧11 「ちゃける」
  16. 千葉の方言でのかわいい告白フレーズは?
  17. 千葉の方言はかわいくて魅力がたっぷり!

千葉に方言があるの?

関東では標準語で話すことが多いと思いますが、実はちゃんと方言もあります。近年関東の中でも千葉の方言がかわいいと人気が出てきているのをご存じでしょうか?千葉県民の方は「これって方言だったの?」と思う言葉も知らずに使っているかもしれません。そんな千葉の方言の特徴や、告白するときの言い回しなどを、一覧にしてご紹介していきます。

Thumb茨城弁はかわいい方言?告白に使いたい台詞など地元の言葉をマスター!
方言を使うとかわいいと最近よく聞きます。最近では、茨城の方言がかわいいと注目されているんです...

千葉弁の種類

千葉の方言のことを「千葉弁」と言いますが、その千葉弁の中でも大きく分けて「野田弁」「東総弁」「房州弁」の3種類があります。「野田弁」は主に野田市周辺で話される方言で、埼玉県東部の葛飾方言や茨城弁と似ているものになります。しかし方言と言っても決まったアクセントはなく、「無アクセント」であると言われています。

「東総弁」は房州弁と茨城弁の中間のような方言となっていて、主に北東部を中心に話される方言です。東北弁にも類似している部分があります。「房州弁」は房総半島南部を中心に話されている方言で、千葉弁の中でも一番なまりが強く特徴的な方言が使われています。語尾に「~だっぺ」「~ぺ」と付くほかに、「せえ」「しぇえ」などが付くのも特徴です。

千葉弁の特徴は?

千葉弁は大きく分けて3種類あるとお話ししましたが、3種類に分けられた方言でも共通して使われているものもいくつかあり、そこまで大きな違いがないと言われているのも「千葉弁」の特徴といえます。また、千葉県の北西部は東京方面に近いことから標準語で話す人がほとんどのため、「千葉弁」はほとんど使われることはないようです。

千葉は「漁師の街」とも言われていて、言葉どおり漁が盛んに行われています。特に南側の漁師の街の人々が話す言葉には勢いがあるので、聞いている側の人によっては「話し方がキツい」「もしかして怒ってるの?」などという印象を持つかもしれませんが、決して怒ったりしているわけではないので安心してください。

千葉弁の語尾

千葉弁の語尾「~だっぺ」「~ぺ」「せえ」「しぇえ」の他にも、語尾として使われている方言がいくつかあります。「~だへ」「~だどなあ」という語尾は肯定をするときに使用される言葉で、「そうだどなあ」といったように使います。こう言われた場合は「そうだよね」と同意としてくれているということです。

「~がや」という語尾は「~かな」という意味で使用され、「いいがや?」は「いいかな?」という使い方になります。「~こったよ」という語尾は「~事です」という意味で、「そういう事です」と言いたい場合は「そういうこった」という使い方をします。このように千葉弁にはいくつかの語尾があり、年配の方ほどよくこのような語尾を使用することが多いです。

また「~だっぺ」「~ぺ」という代表的な語尾は南房総を中心によく使われている語尾ですが、一概に千葉弁とは言えなかったりもします。というのも、この語尾は福島県や茨城県でも使用されていることがあるからです。しかし、だからこそ親しみやすさも兼ね備えているのが千葉弁の特徴ともいえるでしょう。

Thumb埼玉の方言はかわいいのか検証!独特の語尾や告白フレーズなど一覧で紹介!
埼玉の方言といえば、どんなものがあるのか気になります。関東圏内にある埼玉の方言は、どのような...

千葉のかわいい方言一覧1 「ちっくり」

まずご紹介する方言は「ちっくり」です。千葉弁でのちっくりの意味は背が低い、華奢などの意味があります。「あらちっくりでかわいい子だね」は「あの人は小柄でかわいい子ね」、「ちっくりだ体だねー」は「華奢な体だね」という風に背が小さくて小柄、体が細いといった時に使われます。語源はちっこいから来ているのかもしれません。

「ちっくり」は千葉以外でも使われることがある方言で、福井弁では「ちっくりさす」と言い、爪楊枝などの棒状のものを刺すときに使われるようです。また山梨県の甲州弁でも使われることがあり、こちらでは「わずかに」、「ちょっと」という意味があります。同じ言葉でも地方によって全く異なる言葉になるのが面白いです。

千葉のかわいい方言一覧2 「ねねこ」

「ねねこ」と聞くとパッと思いつくのが猫かな?と感じてしまうかもしれませんが、もちろん猫のことではありません。千葉弁で言われているねねこは「赤ん坊」という意味があります。「おまえの家の赤ん坊は大きいな」という場合「おめーらいのねねこ、いげーなー」などといった使われ方をします。

赤ちゃんはよく寝るイメージがあるので、ねんねをするところから「ねね」となり、子供というところから「ねねこ」という単語が生まれたのかもしれません。かわいらしい発音なので、ぜひ1度使ってみてはいかがでしょうか。ちなみに千葉弁で猫と言うときは「ねご」と濁点がつき、濁った発音になります。

千葉のかわいい方言一覧3 「わぁか」

「わぁか」という言葉はあまり聞いたことない単語ですが、何を意味しているかわかりますか?「わぁか」の方言は「少し」という意味をさします。「わぁかばっかだけっとよ」という使い方の場合、「少しだけですけどね」という言葉になります。普段使いで使用する方言なので、方言が強い地域では頻繁に聞くことができる単語といえます。

千葉弁で「少し」を示す方言は実は他にもあります。「ちぃと」「ちっと」という単語が「わぁか」と同様に、「少し」という意味を持ちます。「わぁか」も「ちぃと」もどちらも千葉弁らしいかわいい言い回しです。このように複数の言い回しがあるのも、隣県の方言と似たような言い方をする千葉弁の特徴です。

千葉のかわいい方言一覧4 「あっぱとっぱ」

次にご紹介する千葉のかわいい方言は「あっぱとっぱ」です。「あっぱとっぱ」は千葉弁で「あわてるようす」を表しています。「あっぱとっぱしっちゃーよー」という使い方をし、「あたふたしちゃうよー」という意味をさしています。ぱを繰り返すこの方言は千葉弁でもかわいいと言われている単語の1つです。

また「あっぱとっぱ」は茨城や福島などの複数の県でも使用される方言で、こちらも「あわてふためく様子・いっぱいいっぱいになる」という意味を表しています。意味はほとんど同じなので、千葉特有の方言ではないですが、近県でも使用される方言があるのも千葉弁の特徴でもあるので、使いやすい方言といえるでしょう。

千葉のかわいい方言一覧5 「かんくるりんと」

「かんくるりんと」という千葉の方言がありますが、これは何を意味する方言かわかりますか?くるりんという単語から回転するさまを表す擬音語に聞こえますが、まったく違うもので、こちらの方言は「すっかり」という意味で使われる単語になります。響きだけでもとてもかわいらしい方言に聞き取れます。

「かんくるりんと」の方言は「おめーどきめだごど、おらーかんくるりんと忘れっちまった」という使い方をし、これで「おまえと決めたことを、おれはすっかり忘れてしまった」という意味になります。他県では使用されておらず、「かんくるりんと」は千葉特有の方言になっています。

千葉のかわいい方言一覧6 「たまたま」

「そんな話、たまたま聞いだなー」というセリフがあったとして、標準語としても違和感なく聞き取れるもののように感じます。標準語だと偶然という意味で使われる言葉ですが、こちらもちゃんと千葉の方言として使用されています。では、たまたまという方言は一体どのような意味で使われているのかわかりますか?

千葉の方言では「たまたま」は「初めて」という意味で使用されています。ですので先ほどの「そんな話、たまたま聞いだなー」は「そんな話、初めて聞いたなあ」という意味になります。千葉に行ったときに、こちらの方言を知らないで聞いた場合には、少しややこしいことになりそうです。

千葉のかわいい方言一覧7 「もやもやしー」

「もやもやしー」という言葉も千葉の方言になります。「もやもやしー」とは「もったいない」という意味を持っていて、標準語でよく聞くモヤモヤしている気持ちを表す言葉ではありません。もやもやと繰り返し言葉のあとにくる「しー」の発音が特徴的で、こちらの方言もとてもかわいらしく聞こえます。

使用例としては「もやもやしーから残さず食べる」などがあり、他にもゆるんだ蛇口から漏れる水滴などを見た時や、物が壊れるまで使う時などの物を大切にする場合に利用することが多い良い方言になります。皆さんも食材や物を大事にするときに、ぜひ「もやもやしー」の千葉弁を使ってみてはいかがでしょうか。

千葉のかわいい方言一覧8 「だます」

もし千葉に行ったときに、いきなり「大泣きしてっからだましといたどー」なんて言葉を聞いたらビックリしませんか?泣いてるのにさらに騙すなんてヒドい!なんて気持ちになってしまいそうな言葉ですが、実はこの言葉も立派な方言で、決して嘘を言ったり、あざむいたりした時の言葉ではありません。

千葉の方言で「だます」は「子供をあやす」という意味で使用されているのです。漁師の街として知られている千葉ですが、少し乱暴に聞こえてしまうことが特徴でもあるので、方言を話している人は悪意を持っているわけではないので安心してください。ちなみに千葉弁で「人をだます」ときに使われる方言は「ちょこす」と言います。

千葉のかわいい方言一覧9 「まるっぽ」

「まるっぽ」というこちらのかわいらしい発音の方言は「丸のまま・まるごと」という意味があります。文字通り、手を加えないでもとの状態のままであることをさす方言なので、「この魚、まるっぽのまんまでよ!」を意訳すると「この魚は開きにせずそのままで!」という意味になります。

この「まるっぽ」の方言は千葉だけで使用されている方言ではなく、実は日本の幅広い地域で使われています。関東の一部地域や北近畿など、あちこちで聞くことができる単語で、「まるっぽ」の方言はどこの地域でも「丸のまま」という意味で使われていることがほとんどです。親しみやすい言葉なので、ぜひ使用してみてはいかでしょうか。

千葉のかわいい方言一覧10 「したっけ」

「したっけ」も文字だけ見ると、標準語でも普通に見かける言葉のように思えます。ですが、この言葉ももちろん方言で、一般的に言われている「○○したっけ?」という意味で使われるものではありません。「したっけ」とは接続詞として使用され、「そうしたら」「そうだとすると」「だけれども」などという意味合いがあります。

しかし、「したっけ」は千葉だけの方言ということではありません。「したっけ」は日本で幅広く使われている方言になり、特に北海道でも使われているのをご存じな方も多いのではないでしょうか。他にも茨城、埼玉、新潟、宮城などでも少数の方が使っているようですが、「したっけ」の意味はどこの地域でも同じ意味合いで使われています。

千葉のかわいい方言一覧11 「ちゃける」

「ちゃける」は「壊れる」という意味がある千葉の方言です。初めて聞いた人で意味がわかるという方は少ないかと思います。ですが、この方言は若い世代でも比較的使われている事が多いようです。「携帯が壊れちゃった」という意味であれば「携帯がちゃけた」という使い方をします。「ちゃ」の発音が「壊れた」というより柔らかい言い方に聞こえます。

また同じ千葉弁で「ちゃける」と似たような言葉があり、「ちゃっちゃう」と言います。こちらの方言は「捨ててしまう」という意味になります。「ペンがちゃけたからちゃっちゃおう」であれば、「ペンが壊れてしまったから捨ててしまおう」という意味合いになります。文字だけ見るとなんだか早口言葉のような印象です。

千葉の方言でのかわいい告白フレーズは?

方言での告白はとてもかわいらしくて素敵です。現在は千葉だけでなく、関東地方の若い世代はもうほとんど方言を話さずに標準語を使っている人が多いですが、そのために方言への憧れがある人も多いかと思います。特に「方言を使った素敵な告白をされてみたい!」と妄想を膨らませてみたことがある人はたくさんいるのではないでしょうか。

普段の会話で標準語しか話さない分、方言で告白されたときには胸がキュンキュンしてしまうこと間違いなしです。では千葉弁で告白をする際には、どのようなフレーズでの告白の仕方になるのかご紹介したいと思います。千葉弁での告白フレーズは「だがん、にすが好きだって言ってるんだっぺ」という言い回しになります。

この告白フレーズは標準語で「だから、あなたのことが好きだって言ってるんです」となります。「だがん」は「だから」という意味で、「にす」は「あなた」という意味になります。千葉弁の特徴を詰め込んだ告白は、素朴さがあり純粋でとてもかわいい印象にしてくれます。千葉県出身の皆様、恥ずかしがらずにぜひ千葉弁で告白をしてみてはいかがですか?

千葉の方言はかわいくて魅力がたっぷり!

標準語で話すと堅苦しくなりがちな言葉も、千葉弁で話すととてもかわいくて親しみやすい言葉になります。怒っている印象になりがちなフレーズも多少あるので注意も必要ですが、今回ご紹介したたくさんの千葉弁を使って話をしてみてはいかがでしょうか。方言は会話の内容も広げやすいので、きっとすぐ仲良くなれるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ