アメリカレンタカーの借り方まとめ!保険や免許は?おすすめ車種も紹介!

アメリカ旅行を効率よく楽しくできるもののひとつに、レンタカーを借りるという方法があります。レンタカーでアメリカを走行すると、行きたいところへどこまでも訪れることが可能です。出発前にぜひ借り方の詳細や保険や免許証、車種などを確認しておきましょう。

アメリカレンタカーの借り方まとめ!保険や免許は?おすすめ車種も紹介!のイメージ

目次

  1. アメリカ旅行でレンタカーを借りよう
  2. アメリカではレンタカーがおすすめ
  3. アメリカのレンタカーの年齢制限は?
  4. アメリカのスーパーチープレンタカーは追加料金なし
  5. 英語ができなくてもアメリカでレンタカーできる!
  6. アメリカでレンタカーすると戸惑う左ハンドル
  7. アメリカの事前予約レンタカーが現地で倍の値段?
  8. アメリカ旅行のレンタカー車種やガソリンの注意
  9. アメリカでレンタカーは事前予約がおすすめ
  10. アメリカでレンタカーする際に必要な物
  11. アメリカのレンタカー会社のおすすめは?
  12. アメリカのレンタカー比較サイトがお得な借り方
  13. アメリカのレンタカーの自動車損害賠償保険
  14. アメリカのレンタカーの追加自動車損害賠償保険
  15. アメリカのレンタカーの自車輌損害補償制度
  16. アメリカのレンタカーのロードサービス加入も重要な保険
  17. アメリカのハーツの乗り捨てレンタカー
  18. アメリカのダラーの乗り捨てレンタカー
  19. アメリカのアラモの乗り捨てレンタカー
  20. アメリカのバジェットの乗り捨てレンタカー
  21. アメリカのエイビスの乗り捨てレンタカー
  22. アメリカのレンタカーのおすすめ車種は?
  23. アメリカでレンタカーを運転するときの注意点
  24. アメリカでレンタカーをして楽しい旅を!

アメリカ旅行でレンタカーを借りよう

アメリカを旅行する際、レンタカーを借りるとより自由に行きたいところへ訪れることが可能となります。バスや電車などと違って、時間を気にすることなく、いつでもどこへでも行けるメリットがあります。また荷物が多くなっても車内に入れておけるのもポイントです。そこで、アメリカでレンタカーをする際の借り方や保険、おすすめ車種などを含めて、詳細をご紹介いたします。

アメリカではレンタカーがおすすめ

アメリカ旅行の際、日本人である私たちはレンタカーを借りることが可能です。広いアメリカでは、鉄道やバスで旅行もできますが、隅から隅まであらゆるところに行きたい場合は、レンタカーが一番おすすめです。海外からの旅行者のみならず、アメリカ人も自国の広大な地でレンタカーを利用します。

よって、外国からの観光客が多く出入りする国際空港などでは、必ずと言っていいほどレンタカーがあるので、大変借りやすくなっています。日本人観光客は、日本で車の免許を持っている方なら、誰でもアメリカでレンタカーを借りることが可能です。車の運転に自信のある方や、アメリカを自由自在に旅行したい方は、ぜひ借りることをおすすめします。

Thumbアメリカの都市おすすめランキングTOP13!観光で気になる治安や特徴も!

アメリカのレンタカーの年齢制限は?

アメリカでレンタカーをする場合、年齢が20歳以上であれば借りることができます。ただ年齢が25歳未満の方は、ヤングドライバー料金が課せられます。それは一人につき1日20ドルから30ドル追加料金が取られることとなります。一人につきその追加料金が課せられるため、一緒に旅行する人全員が25歳未満であれば全員に課せられます。

21歳から24歳の方がアメリカ旅行の前に、ネット上で「全て込み」のパッケージプランを選択してレンタカーを申し込み支払いを行う借り方の場合、ヤングドライバー料金(underage rental fee) が表示されないことも多々あるため、現地で追加料金を支払うこととなりますので、注意しましょう。

アメリカのスーパーチープレンタカーは追加料金なし

そのため、年齢が25歳未満の方は、借り方に気を付けながらネット予約等を行いましょう。しかし、スーパーチープレンタカーでレンタカーする場合のレンタル料金は、最初に支払う料金内に保険料や税金など全て含まれており、海外の免許証や走行距離超過などによる制限や追加料金がないため、安心した借り方ができます。

また、旅行者が20歳未満の場合でも、中小レンタカー会社であればレンタカーを借りることが可能な場合でもあるようです。若い世代の方は、そういったところでの借り方を調べてみましょう。いずれにせよ、アメリカ旅行をレンタカーでする際は、自身や同行者の年齢等をしっかり確認して、注意して予約支払いを行うことをおすすめします。

英語ができなくてもアメリカでレンタカーできる!

アメリカへ旅行したいけれど、英語には自信がないという方も多いかと思います。観光はなんとかなるとしても、やはりいろいろな手続きのあるレンタカーのお店では借り方に不安を感じてしまいます。しかし、そんな旅行者でも、意外にすんなりとアメリカでレンタカーを借りていることが多いのも事実です。

アメリカでレンタカーをする際は、特に英語を流暢にしゃべることができなくても、問題ない借り方ができます。ジェスチャーや英単語だけでも通じますし、書類などあればそれを見せればあとはレンタカーのお店で全てやってくれるはずです。旅行者側が英語が得意でないと分かると、それなりの対応をしてくれます。

ただ、何も下調べ等せずにアメリカのレンタカーのお店へ出向き、そこで保険や料金などの細かい内容を英語で聞いてから選択するのはかなり借り方としては難しいと思いますので、おすすめは日本で予約をしてから出発をすることです。そしてその際は、保険等全てパックになったものだと、借り方としては安心かつ簡単です。

Thumbアメリカの田舎に旅行しよう!おすすめの州は?都会では見れない風景が魅力!

アメリカでレンタカーすると戸惑う左ハンドル

アメリカでレンタカーというと、はやり左ハンドルで、日本と逆という不安が付いてきます。日本で慣れている運転を、いきなりアメリカ旅行でレンタカーをしてすぐに運転できるのでしょうか。でも実は、走る車線も反対となるため、意外とすんなり運転できてしまいます。実際にあまり困惑しなかったという感想を持つ日本人が多いです。

ただ、他に車が走っていれば大丈夫ですが、そうでない場合、思わず逆走してしまう人もいるので、そこは気を付けましょう。日本人がアメリカでレンタカーをし運転中に間違いやすいことと言えば、ワイパーとウィンカーです。角を曲がろうとしてワイパーを動かしてしまったりは、よくあることです。

アメリカの事前予約レンタカーが現地で倍の値段?

アメリカでのレンタカーは、事前に日本でネット予約する借り方が最も多いでしょう。予約するレンタカーのお店や車種などにもよりますが、こんなケースもあります。ネット予約で提示された料金が格安だったからと安心して、現地のレンタカーのカウンターへ行くと、3倍も4倍も高い料金を言われてしまうなどです。

たいていそういう場合は、保険が上乗せされているので、保険は付けないなどと伝えても、最低限の保険は付けないといけないこともあります。それを上乗せしたとしても、最初のネットでの提示料金よりも2倍ほど高い料金を支払うこともあります。よって、アメリカでのレンタカーは、保険などの上乗せ料金のことも考慮しておくことをおすすめします。

アメリカ旅行のレンタカー車種やガソリンの注意

アメリカのレンタカーでは、ネットでの事前予約時に他社よりもかなり格安だからと飛びついても、結局現地で保険等の上乗せがあったりと、最終的に支払う料金は他社と大して変わらないということが多いです。また、借り方の注意点として、一人旅行や二人だけという場合は、それなりに適切なサイズの車が無難です。あまり巨大な車だとガソリンも高くなってしまいます。

レンタカーを返却するときに、ガソリンは満タンにすることをおすすめしますが、できなければそのまま返却も可能です。しかし、追加料金が課せられます。満タンより少々メーターが減っていても、追加料金が課せられることもあるので、借り方のポイントとして満タンにして返却することをおすすめします。ガソリンの追加料金は、かなり割高になるからです。

アメリカでレンタカーは事前予約がおすすめ

アメリカのレンタカーの会社によっては、ネット予約をして現地で現金で支払おうとするとできなど、さまざまな予期せぬことが起こることもあります。しかし、アメリカで有名なレンタカーの会社にすると、いろいろと融通が利くことも多いです。ネット予約でも現金払いができるなど、旅行者にとってやりやすくなっているようです。

しかし、全部が全部というわけではないので、事前に確認することをおすすめします。また、有名なレンタカーの会社だと、ネット予約の際の料金提示も良心的にしてくれるところが多いです。予約なしで現地で直接手続きする借り方もありますが、車種など特定の車を希望するのであれば、事前予約していくことをおすすめします。

アメリカでレンタカーする際に必要な物

アメリカのレンタカーのお店で、レンタカーを借りる際に必要な物は、国際免許証と日本の免許証、パスポートそしてクレジットカードです。国際免許証に関しては、実は持っていなくても借りることができます。ただ、旅行中運転している最中に何か起こった場合、日本の免許証を提示しても日本語しか記載されていないため、現地の警察官やアメリカ人には理解できません。

英語が堪能であれば英語で説明すれば良いのですが、不得意な方は日本で国際免許証を取得しておくことをおすすめします。実は、国際免許証というのは正式な免許証ではありません。日本発行の日本の免許証のみが正式な免許証です。国際免許証は、その翻訳版の免許証です。ただ、事故や違反の際に、現地の警察官がきちんと理解できるよう、国際免許証を取得しておきましょう。

アメリカのレンタカー会社のおすすめは?

アメリカのレンタカー会社はさまざまですが、最も有名なところでは、「ハーツレンタカー(Hertz)」、「ダラーレンタカー(Dollar)」、「エイビスレンタカー(AVIS)」、「アラモレンタカー(Alamo)」、「バジェットレンタカー(Budget)」などです。全てアメリカ本土及びハワイ、グアムに営業所があるため利用しやすいです。

費用面から考えると、「ハーツレンタカー(Hertz)」が最も高くつくようです。その他のレンタカー会社は、さほど料金に関しては違いがないです。ハーツのウェブサイトの情報によると、ハワイを含めてアメリカやカナダそしてヨーロッパの一部では、日本音声機能の付いたカーナビの機種もそろっているそうです。ただし、画面表示は英語です。

アメリカのレンタカー比較サイトがお得な借り方

アメリカのレンタカーでとても賢くお得な借り方ができるものとして、「レンティングカーズ」を使用してそれぞれ比較するのがおすすめです。アメリカという海外でレンタカーをする際は、やはり料金や安全性、保険、サポートなど気になることが多いのも事実です。それぞれ同じサイトで一気に時間をかけずに、各会社を比較できるのがポイントです。
 

レンタカーの比較サイトを利用すると、常に最安値を提示してくれ、日時や車種、保険などの総価格を含めて比較できます。元々現地のサイトだったため、安心して利用できるのもポイントです。こういったものを利用することで、アメリカの大手レンタカー会社を一括比較でき、一つひとつのサイトで調べる手間が省けます。

アメリカのレンタカーの自動車損害賠償保険

海外のみならず、日本国内でもレンタカーを借りる際はいざというときのために保険に加入する人が多いです。アメリカでレンタカーする観光客も多くの人が保険に加入します。まず加入をおすすめする保険として、「自動車損害賠償保険(PP)」です。これは、日本での強制保険に当たり、事故になった際最低限の保障をするものです。

実はこの「自動車損害賠償保険(PP)」は、借りるレンタカー全てに付保されています。つまり、これはオプション保険ではなく、レンタカーをする人全てが支払うことになります。日本と同様強制加入の保険のため、どうするのか迷う必要がなく、自動的に付いてくるので安心です。

アメリカのレンタカーの追加自動車損害賠償保険

続いて、アメリカでレンタカーをする際におすすめの保険に、「追加自動車損害賠償保険(SLI)」があります。これは、事故を起こしたときに、相手の人、または物に対してカバーされる保険です。つまり、対人および対物の保険となります。先に述べた「自動車損害賠償(PP)」では、対人対物への請求金額を全て賄うのは難しいため、この保険が存在します。

訴訟大国であるアメリカでは、対人対物に関する完璧な保険は旅行をより安心にするためにも特に必要となります。慣れないアメリカの道路を左ハンドルで運転するわけですから、交通事故は日本で運転するよりは起こりやすくなるかもしれません。人身損害や物損への賠償金は多額になるケースが多いのも事実です。

アメリカのレンタカーの自車輌損害補償制度

その他、アメリカのレンタカーでおすすめの保険に「自車輌損害補償制度(LDW)」があります。これは、車両保険のことで、借りたレンタカーの修理費用等を支払ってくれるものです。レンタカーを破損した際、自己負担は0となります。ダラーレンタカーでは、こちらの保険は全てのプランに付いているそうです。

アメリカでは、レンタカーを返却した際、日本ほど細かいキズなどのチェックはないことが多いようです。それは、恐らく「自車輌損害補償制度(LDW)」に入っている車両であることが前提なのでしょう。いずれにせよ、英語での交渉だとかアメリカでの運転に少しでも不安がある方は、必ず入っておくことをおすすめします。

アメリカのレンタカーのロードサービス加入も重要な保険

ロードサービスは、運転中にエンジントラブルやパンクなどが起こった際に適用される保険です。その他、バッテリーが上がってしまったとか、タイヤがバーストしてしまったなど、さまざまな場面で使えるため、こちらも非常に重要です。特に、道路がガタガタの田舎の方や街から抜けて広大な土地へ行くなど、車に何かしらのトラブルが起こる可能性があれば加入しましょう。

また、雪などの豪雪地帯へ行く場合もロードサービスは非常にありがたい保険です。レンタカーで事故を起こしまった場合、レンタカー会社へ電話するとすぐに対応もしてくれます。ハイウェイに乗って長距離の旅行をするなど、アメリカ縦断や横断旅行を計画している方にもおすすめです。

アメリカのハーツの乗り捨てレンタカー

アメリカ旅行でレンタカーをした際に、大変便利なのが、乗り捨てできることです。レンタカーの会社や営業所にもよりますが、乗り捨てを希望する方は、そのサービスを扱っているレンタカー会社を選びましょう。アメリカの大手レンタカー会社のハーツでは、アメリカの空港を含め2300か所のハーツ営業所で乗り捨てが可能です。

アメリカのダラーの乗り捨てレンタカー

アメリカの大手レンタカーのひとつダラーでもハーツと同じく、アメリカの各エリアで乗り捨てが可能です。ハーツと同様、詳細な費用等や乗り捨てできる場所や営業所は、予約前や後に自身で問い合わせすることが必要です。ウェブサイトでレンタカーの金額などを見るには、「Return to different location(乗り捨て)」にチェックを入れてください。

アメリカのアラモの乗り捨てレンタカー

アメリカ大手レンタル会社アラモのウェブサイトによると、アメリカ国内にあるほとんどの営業所で乗り捨てが可能と記載されています。また、嬉しいポイントとして、フロリダ州内とカリフォルニア州内そしてカリフォルニア州ネバタ州間は無料というところです。この辺りを乗り捨てで旅行する方は、アラモもチェックしてみましょう。

アメリカのバジェットの乗り捨てレンタカー

アメリカの大手レンタカー会社バジェットでも乗り捨ては可能です。しかし、バジェットのウェブサイトによると、営業所や車種によって制限があるとのことで、場合によっては乗り捨て料金が発生することもあります。よって、詳細に関しては、予約前や現地で自身で問い合わせをする必要があります。

アメリカのエイビスの乗り捨てレンタカー

エイビスもアメリカの大手レンタカー会社であり、こちらも乗り捨てが可能です。しかし、エイビスのウェブサイトによると、借出しの営業所と返却の営業所が異なる場合は、課税対象で乗り捨て料金が発生することもあるそうです。事前に問い合わせをするなり、料金等の詳細を把握しておくことをおすすめします。

Thumbアメリカ観光で行くべきスポット11選!人気の名所や見どころを紹介!

アメリカのレンタカーのおすすめ車種は?

アメリカ旅行でレンタカーを借りる場合は、適切な車種を選択することが重要です。もちろんあこがれの車を選んで、旅行中楽しむこともできます。旅行に同行する人数や、総日数、アメリカ旅行の目的などなど、あらゆることを考慮して選ぶと良いです。さらに、車種によって料金などが変わってくるので、予算にも合わせましょう。

旅行する総人数全員が乗れ、さらにそのレンタカーの上限人数より1人分以上少ないほうが、荷物を置いたり余裕を持って観光することが可能です。旅行しているとお土産なども買いますし、どんどん荷物は増えて行きます。また、アメリカ縦断や横断など走行距離が多い場合は、大型車がおすすめです。

最も安く済む車種は、エコノミー(2ドア/4ドア)です。少人数や荷物の少ない人に最適なコンパクトサイズは、街で小回りが利きやすくなります。ミッドサイズ(2ドア/4ドア)は、1日がかりで長距離を運転する人や3人以上いる場合におすすめです。フルサイズ(2ドア/4ドア)は、広く静かで快適であり長距離に向いています。トランクにもたくさんの荷物が積めます。

また、オープンカー(コンバーチブル)は、風を感じられ解放感たっぷりとなるため、ハワイなどで2人で旅行する場合に最適です。7人以上ではミニバンが便利で、後部席をフラットにすることも可能です。4人家族で1週間程度借りるのにもおすすめです。その他さまざまな車種があるので、あらゆることを考慮して選びましょう。

アメリカでレンタカーを運転するときの注意点

日本とはさまざまな面で違うアメリカの交通ルールや道路状況などは、実際に行ってから把握し始めるより、事前にだいたいのことは学んでおくことが重要です。アメリカでは、車のスピードも日本より速いところが多いようです。高速道路の制限速度が80マイル(128キロ)で、かなりスピードを出せる特徴があります。

大都会のダウンタウンなどをひとたび離れると、最低速度にそういうのがあるのもアメリカです。ただ、高速道路なども含めて、スピードに慣れていないのであれば、制限速度をきちんと守った上で交通ルールに沿って運転しましょう。高速道路で追い越したい人は、追い越して行ってくれます。

また、日本では出口車線は外側に位置付けられていますが、アメリカでは内側車線が出口に続いていることもあるので、混乱する人もいるでしょう。さらに入り組んでいる高速道路では6、7車線あることも。瞬時に自身のいるべき車線を把握しなければならないこともあるようです。優良レーンも存在するため、注意しながら運転してください。

さらに、日本人観光客が困惑しやすいことに、アメリカでは州によって赤信号でも右折可能です。きちんと周囲を確認して、安全であれば信号が赤でも右折している車が多いです。行けるのに止まっていると、クラクションをならされることもあります。訪れる州の交通ルールをしっかりと調べておきましょう。

Thumbアメリカの文化を調査!旅行でも実感!日本との生活習慣の違いや特徴は?

アメリカでレンタカーをして楽しい旅を!

アメリカ旅行では全てが英語になる分、英語が苦手な方がレンタカーを借りるのは大変に感じてしまいます。しかし、事前にしっかりと詳細を把握しておけば現地で慌てることもありません。旅行中は何が起こるか分かりませんので、保険に関してはしっかりとかけておくことがポイントとなります。ぜひ楽しいアメリカ旅行をしてください。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ