岩手『南部鉄器』の老舗&おすすめ販売店紹介!人気の急須や魅力を紹介!

岩手県を代表する特産品は南部鉄器です。歴史もあり、日本全土に知られています。手作りで重厚感があふれる南部鉄器は、カラフルになり、海外にも進出していて、岩手県おすすめの特産品になっています。老舗がひしめく南部鉄器、その魅力や伝統を探ってみましょう。

岩手『南部鉄器』の老舗&おすすめ販売店紹介!人気の急須や魅力を紹介!のイメージ

目次

  1. 1岩手県の特産品南部鉄器
  2. 2南部鉄器の歴史
  3. 3南部鉄器は地域の恵み
  4. 4伝統も魅力南部鉄器
  5. 5岩手県南部鉄器協同組合連合会
  6. 6南部鉄器の老舗「OIGEN」
  7. 7もう一軒の南部鉄器の老舗「岩鋳」
  8. 8新しい南部鉄器メーカー「壱鋳堂」
  9. 9南部鉄器の老舗「鈴木盛久工房」
  10. 10独自の南部鉄器販売「虎山工房」
  11. 11南部鉄器の溶け出す鉄分も魅力「薫山工房」
  12. 12盛岡の南部鉄器の販売店「特産品プラザ らら・いわて」
  13. 13通信販売で南部鉄器を買う
  14. 14南部鉄瓶の使い方
  15. 15おすすめの南部鉄器の特徴
  16. 16南部鉄器使用者の口コミ
  17. 17世界が認める南部鉄器
  18. 18EUにおすすめ南部鉄器のカラフル急須
  19. 19南部鉄瓶と南部急須の違い
  20. 20人生をともにできる南部鉄器

岩手県の特産品南部鉄器

29093319 2210027312616392 4578807163308212224 n
shigeomorihisa

東北岩手県の工芸品といえば、まず思い出すのが南部鉄器です。アラレ模様が施された鉄の急須はしばしば見かけます。それだけ岩手県を代表する有名な特産品ですが、南部鉄器について知っているようで、今一つ、分からない部分もあります。それでも、南部鉄器は岩手の人気の工芸品として絶対的な知名度があります。使うほど愛着が湧くという南部鉄器、その根強い人気の秘密を知りましょう。

南部鉄器の歴史

14360090 203625460049612 5310515113457876992 n
iwatoshi0610

南部鉄器は、今から約400年前の17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師の初代仁左衛門清行を招き、茶の湯釜をつくらせたのが、南部鉄器の始まりと伝えられています。南部の鉄に、粘土や炭などの良質な原材料に恵まれたこともあり、さらに、南部藩が保護育成に努めたことで発展を続けました。茶道具の製造から始まった南部鉄器も、茶釜から日用品にいたるまで幅広く鉄器を製造しています。

盛岡の南部鉄器の歴史は、有坂家、鈴木家、藤田家、釜師小泉家の老舗4家がつないだ歴史といえます。中でも、老舗中の老舗、小泉家は万治2年(1659年)に、南部藩に召し抱えられた京都出身の小泉五郎七清行がルーツです。当初は茶釜を製作していました。延宝7年(1679年)に製造された時鐘は現存しています。小泉家三代仁左衛門は今に続く南部鉄瓶の創始者と伝えられています。

南部鉄器は地域の恵み

28765194 413145872488646 3745363957745975296 n
seireinoki

南部鉄器が製造される岩手県の盛岡市、奥州市は、昔から豊富な鉄資源に恵まれていました。砂鉄、岩鉄などの良質な資源に、良質な木炭も生産されていて、鋳物産業に最適な条件が揃っていました。そこに、優れた技術が加わり、鋳物づくりが発達しました。茶の湯の発達にともない、茶の湯でも使われるように注ぎ口と鉉をつけた鉄瓶が造られました。その後、手軽に使える湯沸かしとして普及しました。

28766041 1847265585318416 4691238691174088704 n
cresson.inc

南部鉄器は、伝統的な鉄器の印象が強いのですが、最近は、現代人の暮らしで使われるように、様々な商品が開発されています。よりよく使われるように、機能的なデザインの新商品も開発されています。海外にも魅力的な鉄器となるよう、海外をターゲットにした南部鉄器も開発されています。80以上の工程を経て製造される南部鉄器は、丈夫で長く使用でき、国内外におすすめの鉄器です。

伝統も魅力南部鉄器

南部鉄器は、昭和50年(1975年)2月17日に、当時の通商産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されています。産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、優れた技を後世に伝えている伝統工芸士が、南部鉄器の職人さんにも、21名います。南部鉄器は伝統工芸品として魅力あふれる、確固たる地位を築いています。

29093418 426385741116366 741949054853840896 n
miho_t0802

現在では南部鉄器協同組合と水沢鋳物工業協同組合が連合して、「岩手県南部鉄器協同組合連合会」を設立して、地域団体商標として登録されています。南部鉄器は、岩手県南部鉄器協同組合連合会の加盟業者によって製造されている鉄器です。74の事業所があります。今は、岩手県の伝統的工芸品となり、両地区での生産品を南部鉄器と称しています。

岩手県南部鉄器協同組合連合会

11372337 163433350675194 621222881 n
okujirou

南部鉄器の歴史は、江戸時代に南部氏の南部藩(盛岡藩)領内だった岩手県盛岡市、花巻市石鳥谷町と岩手郡雫石町の鋳物業者が、昭和21年(1949年)に「南部鉄瓶商工業協同組合」(現在の「南部鉄器協同組合」岩手県盛岡市)を設立しました。また、江戸時代に伊達氏、仙台藩領内だった胆地区の鋳物業者が昭和29年(1954年)に「水沢鋳物工業協同組合」を設立しました。

11820438 169624413375595 937233653 n
kulumi4

歴史上では異なる発展を遂げた2つの組合が、昭和34年(1959年)に統一組織になる「岩手県南部鉄器協同組合連合会」を設立しました。南部藩に伝わる盛岡市の南部鉄器と、岩手県の南部に伝わる、岩手県南部の南部鉄器です。どちらも、岩手県の南部鉄器です。今は、岩手県南部鉄器共同組合連合会の一つの組織になっています。

住所:岩手県盛岡市繁字入野64-102手づくり村内
電話番号:019-689-2336

南部鉄器の老舗「OIGEN」

28153725 1700460269992893 1507482380720406528 n
chef_satoshi

南部鉄器鋳造の老舗「OIGEN(及源鋳造株式会社)」は、直売店である「ファクトリーショップ」を持っています。奥州市の南部鉄器は、平安時代後期に奥州藤原氏が近江国から鋳物職人を招き、始まったと伝わっています。数ある南部鉄器製造会社のなかで、ユニークな南部鉄器を作るOIGENは、南部鉄器づくり160年以上の歴史を持つ老舗で、直売店ファクトリーショップがあります。

老舗ならではの魅力があふれる南部鉄器

28153082 166797913862617 2645979452412002304 n
shimajiro40

及源の製品はサスティナブル(環境的持続可能な)やエコロジーを考えた、毎日の暮らしが楽しめる南部鉄器にこだわっています。飽きずに長く使えます。及源の伝統に、洗練された美しさが加味され、不思議な魅力が漂います。江戸時代から職人技として伝えられる、鉄瓶を高温で焼き付ける「金気止め(かなけどめ)」の技法も施されています。老舗ならではの技法です。

26066694 157828771526985 2209148370369380352 n
oigen1852

及源は金気止めの技術を完成度の高い安定した工業的防錆としました。製品の型もデジタル化し、精度の高く鋳肌の美しい商品ができています。及源の伝統的な技術に、最新のCAD等のデジタル技術も駆使してさらなる新しい技術を開発しています。老舗ならではで、伝統技法の継承者を育成し未来に繋げる事業も始めています。

住所:岩手県奥州市水沢区羽田町字堀ノ内45
電話番号:0197-24-2411

OIGEN製品販売店:ファクトリーショップ

26427268 172996166807386 2799494670336393216 n
yumimato10969

OIGEN工場と隣あわせの場所に魅力あふれる販売店があります。販売店は2015年1月にリニューアルしました。お店のコンセプトは「愉しむをたのしむ」です。ファクトリーショップは、南部鉄器の代表的な老舗メーカーである及源鋳造の工場の敷地内にあることで、南部鉄器が造られる工程も含めて、製品を買う楽しみが増してもらえるように試みられています。販売店はおすすめです。


 

26066007 209152099653630 7241377262635843584 n
ayanotsutsui

ショップの2階には、伝統的な鉄器からモダンなデザインの商品まで、多くの南部鉄器が並んでいます。平安時代から続く伝統産業ですが、現代的なお洒落な製品は目を惹きます。まさに南部鉄器のギャラリーです。見ていて飽きることがありません。鉄瓶、万能鍋、ダッチオーブン、炊飯鍋、ココット、など、直営店の豊富なラインアップです。おすすめの南部鉄器販売店です。

住所:岩手県奥州市水沢区羽田町堀ノ内45
電話番号:0197-24-2411

Thumb盛岡観光ならここ!名所や人気デートスポット・おすすめグルメも紹介!
岩手県の県庁所在地である盛岡市には、子供から大人まで楽しめる人気の観光スポットが点在していま...

もう一軒の南部鉄器の老舗「岩鋳」

24839095 368551160224209 1473175874177073152 n
japan_035

岩鋳(いわちゅう)の創業は明治35年(1902年)です。120年近い老舗の南部鉄器製造所です。それでも、南部鉄器の工房としては決して古いほうではありません。岩鋳は、鉄瓶だけでなく、南部鉄器製造技術を駆使して新製品を積極的に開発しています。1960年代から可能な限り工程の機械化を進めて、鉄瓶以外の魅力的な鉄製品も作っています。

27581095 217421505482810 1885382525732257792 n
lindyiso

南部鐵器の伝統を代表する岩鋳の鉄瓶は、使い込むほどに風合いが生まれ、使う人によって鉄瓶の表情が変わります。鉄瓶は一生もので自分でじっくり育てながら使います。岩鋳は機能性とデザイン性を兼ね備えたキッチンウェアも作っています。IHにも対応しています。南部鉄器の小物類として、風鈴や文鎮、香炉、キャンドルスタンドなど、現代の生活に活かせる製品が揃っています。

住所:岩手県盛岡市南仙北2-23-9電話
電話番号:019-635-2501

ファミリーにおすすめ「岩鋳鉄器館」

928142 273129166171279 1228886744 n
sayaka_choco

岩鋳の工場に併設された「岩鋳鉄器館」に販売店があります。岩鋳で製造した南部鉄器が販売されています。鉄の器で沸かしたお湯を使ったコーヒーは、ひと際美味しいそうです。販売店で注目のアイテムは、モダンなコーヒーポットセットです。ガスコンロにもIH調理器にも対応したポットは人気です。本場の南部鉄のペーパーウェイトや風鈴などは千円代からあり、おすすめのお土産です。

岩手県盛岡市南仙北2-23-9
電話番号 019-635-2505

Thumb盛岡のお土産どれにする?人気スイーツからおすすめ工芸品まで一挙紹介!
盛岡でおすすめの人気お土産を特集します。盛岡は東北でも人気の観光地の1つです。そんな盛岡には...

新しい南部鉄器メーカー「壱鋳堂」

27892993 413919552395611 1933482603214536704 n
syamatko

壱鋳堂(いっちゅうどう)は、平成21年に設立した新しい会社です。製品にも新しい南部鉄器が揃っています。カラフルな南部鉄のティーポットや南部鉄のティーポット敷があります。コースターもあり、最新デザインの南部鉄の魅力あふれる風鈴もあります。もちろん、南部鉄瓶もあります。新しい南部鉄器の製造メーカーです。

住所:岩手県盛岡市下太田下川原55-1
電話番号:019-681-0560

壱鋳堂製品の販売店:かわとく壱番館

11849374 697304253735116 1535277339 n
site_chiho

壱鋳堂の南部鉄器を購入するには、盛岡にあるクラフト品の販売店、「かわとく壱番館」が便利です。かわとくには工藝館があり、地域の伝統産業の製品が展示されています。南部鉄器も展示され、壱鋳堂の南部鉄器も取り扱われています。かわとく工藝館はキューブ店の中にあります。他社の南部鉄器もあり、見学だけでもおすすめです。

岩手県盛岡市菜園一丁目8番15号
電話番号:019-652-9210

南部鉄器の老舗「鈴木盛久工房」

11192569 421624668009393 1598905285 n
naijelgraph

鈴木盛久工房(すずきもりひさこうぼう)は伝統ある高名な南部鉄器の老舗工房です。鈴木家は寛永2年(1625年)、鈴木越前守縫殿家綱が甲州より御用鋳物師として召し抱えられました。十三代盛久は無形文化財、人間国宝として昭和49年(1974年)に国の指定を受けています。鈴木家十一代喜八製作の霰南部形鉄瓶は記念切手になりました。南部鉄器の伝統技術を守っています。

28754380 1806115382774496 2374310775096344576 n
shigeomorihisa

格調高い伝統的なデザインの茶の湯釜や鉄瓶、銚子もあります。香炉、茶托、瓶敷など、全般的にオーソドックスなデザインで、南部鉄器の伝統美が活きています。製品というよりも南部鉄器の作品をつくる作家もいる南部鉄器の老舗工房です。南部鉄器の歴史を確実に踏襲しています。

住所:岩手県盛岡市南大通1-6-7
電話番号:019-622-3809 

鈴木盛久工房の製品は販売店かわとく壱番館で!

26865354 350492462097393 6847153656328880128 n
itchudo_japan

鈴木盛久工房の南部鉄器を購入するには、盛岡にあるクラフト専門店「壱番館」が便利です。鈴木盛久工房の南部鉄器販売店としてかわとく壱番館はおすすめD酢。かわとく壱番間は、キューブ店と内丸店があります。鈴木盛久工房は南部鉄器製造工房の中でも、老舗中の老舗ですが、製品を工房でも購入できます。格調高い鈴木盛久工房の南部鉄器は贈答品としても最高に喜ばれます。

岩手県盛岡市内丸16番1号(かわとく内丸店)
電話番号:住所:019-625-2288

独自の南部鉄器販売「虎山工房」

20590205 1066384213496189 2661162625659830272 n
yume.nz

南部鉄器販売(株)虎山(こざん)工房は、昭和30年(1955年)に設立しています。南部鉄器の伝統、鋳型を使う焼型工法の鉄瓶を中心に製作しています。鋳型用の木型を改良して、丸型が主流の鉄瓶を改良し、丸型から、六角形などの多角形の鉄瓶を開発しています。さらに、量産できる新たな工法を独自技術として開発しています。

14733339 611349545713534 4061869327672934400 n
_yurac0

虎山(こざん)の由来は、初代釜師虎山の出身地の近くで、昔、南部藩が虎を飼っていたことで、虎山と命名されたそうです。作品は、湯釜、鉄瓶が中心で南部鉄器の定番アラレ文様が得意です。南部鉄器特有の細やかでありながら重厚な味わいの「茶の湯釜」や「鉄瓶」が入念な手づくりで製作されています。

住所:岩手県盛岡市つなぎ尾入野64-12
電話番号:019-689-2565

南部鉄器の溶け出す鉄分も魅力「薫山工房」

11007830 1426758697620866 627431947 n
oke608

薫山工房(くんざんこうぼう)で制作される南部鉄瓶は、南部鉄器の伝統的技法をベースにし、入念な手作業で一つ一つ作られています。出来あがった作品の品質の良さは、折り紙付きです。本場盛岡を代表する鉄瓶としても認められています。薫山工房の南部鉄器に愛着を持つ愛用者は全国にいます。

10601714 1639893412918616 1050927454 n
ryuseikilala

薫山工房の創業者、浅田薫(初代薫山)は鈴木主善堂に弟子入りし、昭和12年(1937年)に独立して、大沢川原小路に「薫山工房」を開きました。現在は、盛岡手づくり村内に工房があります。薫山工房の南部鉄器は鉄分の補給に大変効果があるといわれています。健康にも良いおすすめの南部鉄器です。

住所:岩手県盛岡市繋字尾入野64-12
電話番号:019-689-2657

Thumb『盛岡手づくり村』で伝統工芸の手作り体験!アクセスや料金情報も!
盛岡を代表する観光スポットである「盛岡手づくり村」。盛岡の伝統工芸を守る職人たちの作業風景を...

盛岡の南部鉄器の販売店「特産品プラザ らら・いわて」

28765556 380172539127606 7276629989129191424 n
takepi.f

岩手県のらら・いわては、昭和39年12月に設立された、岩手県産株式会社が運営する岩手県の特産品を販売する販売店です。岩手県の特産品の販路拡大を通じて、県内の産業振興にも寄与することを目的としています。第三セクターの会社による、県内特産品の販売店になります。ここも、南部鉄器の販売店です。

住所ː岩手県盛岡市菜園一丁目3-6
電話番号ː019-626-8178

通信販売で南部鉄器を買う

28153426 111334986365014 9067945438224580608 n
_atera_

南部鉄器を購入したくても、岩手県まで出かけられない場合は、通信販売で購入することができます。南部鉄器を製造する有名なメーカーは、南部鉄器の通信販売を行っています。通信販売のカタログを吟味して、南部鉄器のサイズも確認して購入しましょう。本物の南部鉄器を信頼できる南部鉄器のメーカーから求めましょう。

南部鉄瓶の使い方

28763159 1798611103775453 8939521406358519808 n
222_zuk.dance

南部鉄器は使用方法を守ると長年使用できるだけでなく、南部鉄器特有の風合いが出てきます。南部鉄器の中でも南部鉄瓶を使う場合、正しい使い方を守ると、自分好みの鉄瓶になります。大切なポイントは、初めて使う時は一度お湯を沸かして、湧いたお湯を捨ててから使いましょう。お湯を沸かすときは弱火で使用します。

28430228 713872378819531 8136887452909436928 n
sora888888

使用した後は、充分に乾かします。鉄瓶の内側は褐色に変わっていきます。タワシは使ってはいけません。すすぐだけで充分です。熱した鉄瓶は相当熱くなっていますので、絶対に素手では触らないことです。丈夫な素材ですが、乱暴に扱って落としたりすると、割れることもあります。

おすすめの南部鉄器の特徴

おすすめ1:鉄分が補給できる

12628130 995822083820270 226277593 n
rie.aroma_de_rapport

鉄瓶、鉄鍋などは使うだけで、不足しがちな鉄分を体内に取り入れる事が出来ます。鉄瓶で沸かしたお湯には、体に吸収されやすい二価鉄が含まれています。鉄器の二価鉄は水に程よく溶けて体内に吸収されます。鉄分補給には効果的です。貧血予防に効果があるといわれ、貧血体質の方におすすめです。

おすすめ2:お湯が冷めにくい

27578677 216933145538663 7679466628362272768 n
tokyo_morning

南部鉄瓶は熱伝道性が良く、保温性も優れています。南部鉄器は鉄器そのものにも厚みがあり、保温性に優れ、熱も均一に伝えます。南部鉄瓶の外側に、規則正しく無数についている突起物は、中のお湯の保温性が高まる効果があります。このように、南部鉄瓶はお湯がさめにくいおすすめの茶器です。

おすすめ3:カルキを取り除き美味しいお湯になる

18095851 398852573835257 5376301647221751808 n
kima0613

日本の水道水にはカルキが含まれています。南部鉄瓶で沸かしたお湯はカルキが飛びます。そうして、まろやかで美味しいお湯になります。鉄瓶は使えば使うほど、より美味しいお湯になるともいわれています。鉄瓶で沸かしたお湯を使うことで、お茶の味は非常に柔らかく、甘くなります。コーヒーも紅茶も鉄瓶を使うことで、より美味しい味になります。魅力的な鉄瓶です。

おすすめ4:格調高い伝統美

29087232 1887497987961373 2922113946527727616 n
tarot_simon

南部鉄器は、伝統の技を受け継いだ職人の手で、一つ一つ繊細に、かつ丁寧に造られます。使えば使うほど、南部鉄独特の味わいと、重厚な雰囲気が醸し出されます。鉄瓶や鍋などの日用品から、伝統の南部鉄の風鈴もあります。さらに、最近は魅力的なインテリアオブジェとして、広い用途に使用されています。

南部鉄器使用者の口コミ

16790126 1321706597887340 3018598870708912128 n
ki_mm0303

実際に南部急須を使った人々の口コミをまとめると、南部急須でお湯がまろやかになり白湯でも美味しく飲めます。急須の形も良く、魅力的なお手頃価格でした。鉄分不足が補えそうです。南部急須で淹れた紅茶は美味しく感じます。思ったよりも重くなく、ちょうどいい重さで毎日無理なく使えます。

12356576 466566283515876 1701888775 n
merrily8425

南部鉄器の急須は手入れが面倒と聞いていましたが、使い終わったらコンロの上に置いて、余熱で乾くので助かります。一人分のお湯を沸かにはちょうどよい大きさで使いやすいです。等と、口コミは全般的に手軽に使得て便利と書き込まれています。今回は、直火ができるタイプの急須や鉄瓶の口コミです。

世界が認める南部鉄器

28765897 2150875615137238 6681816399188328448 n
mishimakagu

日本の伝統的な特産品が海外で高く評価されています。最近では、日本酒がその代表です。同じように、南部鉄器も海外で人気の日本の容器です。ずっしりした重量感がある南部鉄器が人気になっています。鉄瓶は世界中にありますが、日本の南部鉄器のような洗練された造形美を備えた鉄瓶や急須はありません。その美しさから世界で愛用されています。

EUにおすすめ南部鉄器のカラフル急須

15034683 1839332449647273 5771393558477012992 n
kimmey0703

約20年前から、ヨーロッパで南部鉄器のカラー急須が人気です。2010年の上海万博で、南部鉄瓶が人気を博しました。海外で、南部鉄器は着実に人気が拡大しています。良いものを長く使い続けるヨーロッパで「壊れにくく、丈夫で長持ちするから」という理由で、南部鉄瓶や南部急須が選ばれているようです。EUの日知人には魅力あふれる容器です。

28430640 602761840059333 5966813801645867008 n
taro_naito

ヨーロッパで人気の南部鉄器の急須ですが、カラー化が進んでいます。白、シェル、ミモザ、ローズ、アジュール、ピンク、モカゴールド、ブロンズ、イヴェール、ボルドーの色があります。重厚感が漂う黒色に拘らない、海外ならではのカラー急須です。インテリアとしても人気大です。日本でもカラフル急須は魅力的なインテリアになります。

南部鉄瓶と南部急須の違い

22794163 296519577511717 3718845992141848576 n
tim_tim_l.happy

鉄瓶と急須の違いが説明できますか。まず、普通の生活では急須はお目にかかりますが、鉄瓶は急須に比べると、目ぬする機会は多くありません。鉄瓶は、飲用の湯を沸かす鋳鉄製の容器です。あくまで、湯を沸かすための容器です。南部鉄瓶は火にかけてお湯を沸かすのです。

28151601 150228682317119 4322006786597978112 n
paganini12318

一方、急須は火にかけません。お茶を淹れるために使用する容器です。あくまで、一般的な南部急須ですが、火にはかけられません。急須は内側にホーローを施してありますので、火にかけてしまうと、内側のホーローが剥がれてしまうことがあります。そもそも、最初から火にかけないことを前提にしていますので、急須を火にかけるのは避けましょう。

27891250 1557893117613676 8249199988706377728 n
hachirohe

鉄瓶と急須の大きさですが、一般的に、急須は鉄瓶に比べて小さく作られています。大きめの急須もあり、小さめの鉄瓶もあるので、購入の時は細心の注意が要ります。南部鉄器の急須や鉄瓶には必ず、「鉄瓶」か「急須」が明記されています。鉄瓶、急須の確認が必要です。鉄瓶は直火可ですが、急須は直火不可です。

人生をともにできる南部鉄器

南部鉄器は、使い方しだいで味わい深い趣きある鉄器に変化します。100年も持つといわれる南部鉄器、自分の人生とともに使える南部鉄器です。大事に使いながら、手入れを怠らず、自分好みの南部鉄器に育てていく楽しみ方もあります。南部鉄器は日本の鉄文化として、日常生活に生きています。南部鉄器を使いましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ