神奈川の方言まとめ一覧!語尾の特徴・告白シーンに使えるフレーズも紹介!

神奈川県と言えば、横浜などがあり、都会的なイメージがありますが、実は多くの方言もあります。今回は神奈川のかわいらしい方言を一覧形式で紹介します。神奈川が発信源となるものや神奈川ならではの方言もあります。告白に使えるものなど、様々な方言を一覧にしてみました。

神奈川の方言まとめ一覧!語尾の特徴・告白シーンに使えるフレーズも紹介!のイメージ

目次

  1. 神奈川には様々な方言が存在する
  2. 神奈川の方言は西関東方言!
  3. 神奈川県内でも方言の違いがある!
  4. 現在はあまり方言は使われていない
  5. 神奈川で使う方言一覧1:だべ
  6. 神奈川で使う方言一覧2:じゃん
  7. 神奈川で使う方言一覧3:かたす
  8. 神奈川で使う方言一覧4:したっけ
  9. 神奈川で使う方言一覧5:けっぱぐる
  10. 神奈川で使う方言一覧6:っしょ~
  11. 神奈川で使う方言一覧7:ひゃっこい
  12. 神奈川で使う方言一覧8:うっちゃる
  13. 神奈川で使う方言一覧9:くっちゃべる
  14. 神奈川で使う方言一覧10:あんで?
  15. 神奈川で使う方言一覧11:角っこ
  16. 神奈川で使う方言一覧12:あんきだ
  17. 神奈川で使う方言一覧13:うんめろ
  18. 神奈川で使う方言一覧14:とっぽい
  19. 神奈川で使う方言一覧15:ちょこっと
  20. 神奈川で使う方言一覧16:うざったい
  21. 神奈川で使う方言一覧17:うち
  22. 神奈川で使う方言一覧18:こっちかし
  23. 神奈川で使う方言一覧19:横入り
  24. 神奈川で使う方言一覧番外編1:面白い表現
  25. 神奈川で使う方言一覧番外編2:告白の表現
  26. 神奈川の方言の語尾の特徴!

神奈川には様々な方言が存在する

神奈川県の方言は、横浜弁や川崎弁、秦野弁、湘南弁、平塚弁、藤沢弁、三崎弁、横須賀弁、小田原弁、西湖弁などのように地域によって特性があり、総称して神奈川方言といいます。今回は神奈川方言を一覧にまとめてみました。聞きなれたものから、あまり聞きなれないものまで様々です。いろいろと紹介していますので、参考にしてみてください。

Thumb神奈川のパワースポット特集!恋愛運・金運・仕事運の有名スポットが多数!
神奈川県は日本の首都である東京の隣に位置する都道府県なのですが、そこで訪れるだけでパワーがも...

神奈川の方言は西関東方言!

関東地方にも「西関東方言」と「東関東方言」があります。西関東方言が使われる場所は、栃木南西部、千葉、東京、山梨、群馬、埼玉、神奈川です。そのため、神奈川県以外の東京や千葉といった場所でも、意外と方言が通じることがあります。東関東方言は、茨城県、南西部以外の栃木県を指し、西関東方言大きな違いはアクセントがあります。

神奈川県内でも方言の違いがある!

神奈川県内にも、地域によって方言の違いがあります。基本的には、共通の方言が使われます。主に違いがある地域は、丹沢山地を挟んだ南北や相模川を挟んだ東西です。他にも、湘南地区、三浦半島では独自の言い方があります。横浜市では「~じゃん」と言いますが、湘南地区では「~べよ」と言います。

現在はあまり方言は使われていない

神奈川県は「~だべ」や「~じゃん」「したっけ」などの方言が有名ですが、現在は衰退傾向にあります。理由としては、東京に近いことから、標準語を使う場面が多いことが挙げられます。特に川崎や相模原、横浜といった場所ではあまり使われる機会が無くなってきています。

神奈川で使う方言一覧1:だべ

「~するよね」や「そうでしょう」というの意味があり、相手に問いかけたり、確認したりするときに使う言葉になります。 「明日花火大へ行くだべ?」のような感じで使います。神奈川県の方言としては、「だべ」や「~べ」「だんべ」があります。方言自体は、関東地方全域で使われますが、神奈川県野特徴としては、語尾は伸ばしません。

神奈川で使う方言一覧2:じゃん

神奈川の代表的な方言として、「じゃん」があります。じゃんという言葉自体に、特に意味はなく、語尾に付けます。「凄いじゃん。」という感じに表現します。また、「じゃん」の後に「ね」や「か」を付けたりもします。 「そうじゃんか。」とか、「もう会えないかと思ったじゃんか。」という具合になります。

神奈川で使う方言一覧3:かたす

かたすは、片づけるという意味で使われている方言になります。 「洗濯物を片付ける」は「洗濯物をかたす」と言う感じで使われます。標準語とかけ離れた感じはありません。また、「かたす」は元々、東京および関東地方全域で使われていた方言です。一度はあまり使われなくなりましたが、1990年代以降は再び使われるようになりました。

神奈川で使う方言一覧4:したっけ

yunko.satoさんの投稿
28753217 435090273594110 5500601909188231168 n

したっけは動詞につなげて使う方言で、~だから、~したらという意味になります。 会話の中で、「~したっけ、どうなった?」のように使われます。これは、「~したけど、どうなった」という意味となります。普通に通じる言葉なので、あまり方言といったところもありません。

神奈川で使う方言一覧5:けっぱぐる

蹴り飛ばす、やっつけるなどの意味で使われている方言です。「サッカーボールをけっぱぐるぞ~」という感じで使います。言葉の語尾につけて使われることが多い方言です。あまり、若い人の間では使われません。主に、横浜南部から横須賀エリアにかけての方言になります。

神奈川で使う方言一覧6:っしょ~

a1b1i2k4oさんの投稿
28766402 166780560645713 5038673881536135168 n

「○○でしょ~」というの意味で使われている方言になります。「ちゃんと宿題やりなさいって、言ったっしょ~」は「ちゃんと宿題をやりなさいって言ったでしょう」という意味になります。このように、語尾につけて表現します。神奈川県に限らず、全国的に使われるといったイメージがあります。

神奈川で使う方言一覧7:ひゃっこい

標準語で「冷たい」という言葉を、神奈川県では「ひゃっこい」と言います。冷たいものが食べたい時に、ひゃっこいもん食べたいねといった感じに使うのではなく、食べたけど思っていた以上に冷たかったといった場合に使います。「ひゃっこ!」という具合に、感情的な表現になります。

神奈川で使う方言一覧8:うっちゃる

「捨てる」や「売りさばく」という意味があります。「うっちゃる」という使い方よりも、「うっちゃっとけ」という使い方が一般的です。「いらないから、捨てておいて」というような感じで使います。どちらかというと、神奈川県民以外の方が聞いた場合、売ってしまえのような意味合いに聞こえます。

神奈川で使う方言一覧9:くっちゃべる

ao_7499さんの投稿
29092636 209980226248472 7300444831166234624 n

「くっちゃべる」は「しゃべる」という意味です。目上の人と話すというよりも、友達同士でおしゃべりをするという時に使われます。「くっちゃべってたら、あっという間に時間が過ぎた」といった場合は、「しゃべっていたら、あっという間に時間が過ぎた」という意味になります。

神奈川で使う方言一覧10:あんで?

なぜという、疑問形になることが多い方言です。「あんでよ~」は、「なぜだい?」という意味になります。例えば、「~が好きだ!」という感じで問いかけられた後に、「あんで?」といった感じに返すといった感じになります。言い方が、可愛らしい感じの方言です。疑問形になったり、語尾に付いたりと様々な使われ方をします。

神奈川で使う方言一覧11:角っこ

「かどっこ」は「角っこ」と書きますから、意味は読んで字のごとく「角」です。「タンスの角っこに足の小指ぶつけて痛いの」と言われたら「タンスの角に足の小指をぶつけて痛い」という意味になります。同じ「角」でも「かどっこ」というと、ちょっとかわいいするものです。

神奈川で使う方言一覧12:あんきだ

「あんきだ」とは、安心だという意味があります。神奈川県北部で主に使われ、愛知県で話される名古屋弁にも、「あんきだ」という言葉で、同じ意味を持ちます。「みんな、子供が大きいからあんきだ」は「子供が大きいので、安心だ」という意味になります。デートの時の告白時に使えそうな感じもあります。語尾に付くことが多い方言です。

神奈川で使う方言一覧13:うんめろ

たくさんという意味がある方言です。例でいうと、「うんめろくいなぁ」であれば、「たくさん食べなさい」ということになります。神奈川県民以外では、すぐに意味ができないこともあります。全国的にはあまり聞きなれない方言で、神奈川県独特の言い回しの方言といった感じです。

神奈川で使う方言一覧14:とっぽい

「とっぽい」は神奈川内でも特に秦野エリアで使われている方言で、「かっこいい」とか言う場合に使います。悪い意味では「非常識」という意味合いもあり、両極端な感じがあります。「あれってとっぽいね」は「あれはかっこいいね」という意味あいがあります。使い方に気を付ける言葉と言えます。

神奈川で使う方言一覧15:ちょこっと

神奈川県では、「ちょっと」のことを「ちょこっと」と言います。「ちょこっと好きだ」は「ちょっと好きだ」という意味です。イントネーションも可愛らしく、小さい子供やや中高生の女の子が使う場合が多い方言です。神奈川県に限らず、全国的にも聞きなれた言葉ともいえます。好きな人への告白にも使えそうです。

神奈川で使う方言一覧16:うざったい

tana_nao7042さんの投稿
28753444 258290638046209 6918501210668400640 n

良く使われる言葉の、「うざい」の変化形が「うざったい」で、「うっとおしい」という意味があります。ですが、神奈川弁で使割れる場合には、意味合いが少し異なります。主に虫など気味の悪い様子を見て「うざったい」というのが神奈川弁になります。「あの虫うざったくない?」などという使い方をします。

神奈川で使う方言一覧17:うち

神奈川県の女性は、「私」のことを「うち」と言います。例えば、告白などの場合、「うちは好きだ」などという感じに使います。神奈川県以外でも、関東地方では意外と使う人も多く見受けられます。意味的にも通じることが多いので、意外と定着している方言と言えます。

神奈川で使う方言一覧18:こっちかし

神奈川県では、こちら側のことを「こっちかし」と言います。「この鏡どこ置く?」と聞かれた場合には、「こっちかしが良い」という感じに使います。あちら側という場合には、「あっちかし」という表現になります。神奈川県内では、ごく自然に使われる方言です。

神奈川で使う方言一覧19:横入り

横入りとは、列などに並んでいる場合などに、割り込んで入って来ることを指します。レジに並んでいるときに「横入りされた」と使います。神奈川県民は普通に受かっている方言で、「割り込まれた」とはあまり言いません。それほど、定着した言葉となっています。

神奈川で使う方言一覧番外編1:面白い表現

これって神奈川じゃん

これって神奈川だよねという意味の方言です。また、じゃんは横浜を代表する方言の1つです。横浜市民であれば、無意識で語尾に使ってしまうほど、定着している方言です。可愛らしい感じで、横浜のある神奈川県以外にも、関東地方の他県でもしばしば使われます。ごく自然に出てくる方言です。

横入りするな

割り込みするなという意味があり、神奈川県民以外ではほとんど使われません。意味を聞くと、割り込みのことなんだとわかる感じがあります。神奈川県民以外の方に使うと、意味が通じないこともあるので、注意が必要です。神奈川県というと、都心にも近く標準語の感じがありますが、こちらは独特の方言と言えます。

うそんこつくな!

嘘つくなという意味の方言になります。うそんこは少し古い感じのする横浜弁で、最近はあまり聞かない感じがあります。どことなく田舎を連想させるということもあり、少し敬遠されているということもあります。響きが可愛らしいので、怒っている時に使うとそれほど怒っていないのではと思われるケースもあるようです。

ちょっとそこまであるってくわ

ちょっとそこまで歩いてくるわという意味がある方言です。あるってくは横浜弁の1つになりますが、子供の時に使われるケースが多い方言です。あるってという方言は、応用するとデートなどにも利用できます。歩いて、好きな気持ちを伝えたい告白の時にも使えます。ロマンティックな感じもあります。

部屋かたしといて

部屋を片付けておいてという意味があります。神奈川県民以外の方でも、普通に使われる標準語に近い感じもあります。子供の頃によく耳にする言葉ではないでしょうか。「部屋かたしなさい」と叱られた記憶がある方も多いのではないでしょうか。片付けるからかたすなので、意味も通じます。横浜では広く使われている表現です。

そんなものうっちゃっとけ

そんなもの捨ててしまえといった意味があります。少し古い感じの横浜弁で、うっちゃっとけと聞けば、売りさばけという意味でとらえることもできるので、難しい表現と言えます。神奈川県民以外の人はあまり聞きなれない言葉の一つと言えます。神奈川県の方と会話をする場合、注意が必要な言葉かもしれません。

勉強するのがかったるい

勉強するのがめんどくさいという意味がある方言です。学生が良く使う言葉が言えます。かったるいという方言は、神奈川県民だけでなく、各地で使われている感じがあり、全国的に意味も通じてるという感じもあります。少し崩して、「かったりいー」というのも、地元民らしい言い回しです。

こっちかしからあっちかしまで行く

「こっち側からあっち側まえ行く」と意味です。本来は、「こっちかわ」という方言だったのですが、表現がくだけて「こっちかし」に変化したと言われています。子供っぽい表現という感じがあることから、横浜市民はあまり使わないとのことです。面白い表現ですが、応用してみれば、デートの時の好きな気持ちを伝える告白にも使えます。

神奈川で使う方言一覧番外編2:告白の表現

俺と付き合うべ

神奈川県の代表する好きな気持ちを伝える、告白時の代表的なフレーズです。方言の意味は、「俺と付き合おう」ということです。神奈川県内でも、特に湘南地区の人がよくつかう「べ」を語尾に付けます。好きだという、相手を誘うような表現になります。田舎っぽい雰囲気があり、口調を柔らかくする感じもあります。

へたこた思い出つくろうなあ

この方言の意味は、「たくさん思い出つくろうな」ということとなります。「へたこた」という方言は、ほとんど使われませんが、神奈川弁となります。普段、あまり使わない方言だからこそ、好きな気持ちを伝えたい場合の、告白の際に使うという手もあります。気に逃されないよう、間を開けるのもポイントです。

おまえこっちかし

方言の意味は、「お前こっちこいよ」ということで、離れた場所では言いずらいことを、相手に近くに来てもらってから話すときに使います。呼び寄せるという少し、強引な感じもあるので、場面によって使い寄せることも必要となります。親しい人に、好きな気持ちを伝える、告白の際に便利な言葉です。

あるって帰ろう

標準語で、「歩いて帰ろう」ということを意味しています。歩いてを「あるって」っていうところが、神奈川県独特の言い回しになります。好きであることを告白したい場合の、一つの方言と言えます。神奈川県民の方は、実践してみましょう。神奈川県民以外の方でも、比較的意味が通じる感じがあります。

神奈川の方言の語尾の特徴!

神奈川の方言には、語尾に特徴があります。「べ」や「だべ」「んだべ」「じゃん」など語尾につくのが、特徴的な言い回しとなります。また、「だべ」などの後に、「さ~」や「か」や「ね~」という言葉が付くこともあります。かわいらしい方言もあるので、実践してみませんか。神奈川県には、意外に多くの方言があります。

関連記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ