岩手の方言紹介!可愛いと評判の言葉多数!「じぇじぇ」って本当に使う?

岩手県にはたくさんの方言があります。じぇじぇなどの可愛いい表現をはじめ、標準語とかけ離れた意味を持つものまで様々です。岩手県の方言は、そんな面白さもあります。今回は、岩手県の方言の意味や使い方などを紹介します。そんな魅力についてもたっぷりと触れていきます。

岩手の方言紹介!可愛いと評判の言葉多数!「じぇじぇ」って本当に使う?のイメージ

目次

  1. 1岩手には可愛い表現の方言がいっぱい!
  2. 2宮古弁の特徴について
  3. 3盛岡弁の特徴について
  4. 4岩手の可愛い方言1:じぇじぇ
  5. 5岩手の可愛い方言2:日常会話で使うもの
  6. 6岩手の可愛い方言3:ごんぼほり
  7. 7岩手の可愛い方言4:けろ
  8. 8岩手の可愛い方言5:おらがえ
  9. 9岩手の可愛い方言6:めんこい
  10. 10岩手の可愛い方言7:きゃっぱり
  11. 11岩手の可愛い方言8:けんだ
  12. 12岩手の可愛い方言9:ほんだがい
  13. 13岩手の可愛い方言10:ひゃっこい
  14. 14岩手の可愛い方言11:ほんでね
  15. 15岩手の可愛い方言12:しょす
  16. 16岩手の可愛い方言13:け
  17. 17岩手の可愛い方言14:こ
  18. 18岩手の可愛い方言15:ふたつける
  19. 19岩手の可愛い方言番外編:面白い表現
  20. 20岩手県の代表的な方言を厳選して紹介

岩手には可愛い表現の方言がいっぱい!

NHKの朝ドラ「あまちゃん」にて方言が取り上げられたことから、岩手県には可愛い表現の方言がたくさんあると話題になりました。記憶に新しい「じぇじぇ」などもその一つです。岩手の方言は地域によっても違いがあります。宮古市を中心とした宮古弁と盛岡市を中心として盛岡弁とに大きく分けられます。イントネーションの違いなどがあります。

Thumb岩手山の登山ルート解説!初心者から難易度上級まで!山小屋やアクセス情報も!
岩手山は岩手県のシンボル的存在になっており、日本百名山にも選出されている山となっております。...

宮古弁の特徴について

宮古の方言の特徴として、あまり口を開かなくても話せる言葉が多いところがあります。宮古市は寒い地域なので、寒さを抑えることから、口を大きく開かなくても話せる言葉を使う工夫が生まれました。盛岡弁に比べて、標準語に近いというところも特徴と言えます。同じ岩手県においても、盛岡市を中心とした盛岡弁とは異なる部分も多くあります。

盛岡弁の特徴について

ドラマで話題となった「じぇじぇ」もこの地域で使われる方言です。岩手県南部とは、岩手県にある地域で盛岡地区と沿岸地区と接している場所です。ここで使われる方言は「盛岡弁」や「南部弁」と呼ばれています。東北方言の一つにもなっており、岩手県だけでなく、青森県でも使われる方言です。

盛岡弁の代表的な言葉に「あのなはん」「おでってくなんせ」「~でがんす」などがありますが、若い人をはじめ、年配の人も今ではあまり使われなくなりました。標準語とは違った表現が多いものも多いというところも、盛岡弁の特徴です。標準語と同じ意味を持ち方言も、言い方が柔らかな感じがある所も魅力ではないでしょうか。

岩手の可愛い方言1:じぇじぇ

NHKのドラマ「あまちゃん」で一躍有名になった方言でもある「じぇじぇ」、実は岩手県内で一般的に使われる方言ではなく、ごく一部でしか使われていない方言です。限定された地区の海女さん業界用語と言われています。ドラマのロケ地にもなった、岩手県久慈市の小袖地区で使われています。

「じぇじぇ」は感情表現をする方言です。ちょっとびっくりした時は「じぇ」と言い、かなりびっくりした時は「じぇじぇ」、本当にびっくりした時は「じぇじぇじぇ」と言います。そんな、分かり易くて面白い方言です。現地の海女さんの言葉を聞き、ドラマで実際に使うことにより全国的に有名な言葉となりました。

「じぇ」の意味は、「えっ!」や「あっ!」などのように驚きの表現を表す言葉です。より大きな驚きを示すには「じぇじぇ」や「じぇじぇじぇじぇ」のように「じぇ」を繰り返し使います。「しかし」や「あるいは」といった接続詞としての意味もあります。少しガッカリした場合の表現に用いたりもします。

今でこそ、有名な方言となりましたが、小袖地区で猟をする年配の漁師や海女の人しか使われていませんでした。そのため、久慈市民でもあまり知られていない方言でした。同じ感じの方言として、「じゃじゃじゃ」という方言もあります。「じゃ、じゃ、じゃ、たまげだなぁ」のような感じで使う、驚きの表現です。

岩手の可愛い方言2:日常会話で使うもの

しない

岩手の方言で「しない」というのは「しなさい」という意味になります。「~しないよ」と言えば「~しなさいよ」という表現になります。標準語では命令的な口調になってしまうところが、「しない」と言われると、柔らかな感じがあります。岩手の方言の代表的な部分と言えます。

なんぎだ

岩手の方言では、標準語で「つらい」というところを「なんぎだ」と言います。つらい、きつい、大変などのように似た感じの言葉がいくつかありますが、このような状態を総称として、岩手の方言では「なんぎだ~」という表現が用いられています。一つでいろいろな意味を持つ、便利な方言です。

なのさ

岩手の方言では語尾が「~なのさ」と表現されることが多く、様々な場面で、ごく自然に使われています。標準語では、「今日、道に迷っている人を助けました」という感じにいうところを、岩手の方言では、「今日、道に迷っている人を助けてあげたのさ」といういい方になります。「~なのさ」を付けると、柔らかな感じがあります。

おでんせ

「おいでください」や「いらっしゃいませ」という意味がある、挨拶の言葉です。盛岡駅には、「よくおでんした」という看板もあります。東北地方以外の方が目にすると、勘違いもありそうな感じがあります。ちょっと面白いニュアンスもある方言です。岩手県の方言の魅力でもあります。

なして

なぜやどうしてという感じに、問いかけに使われる方言です。「なしてできねえ」のような感じで使います。岩手県に限らず、北海道や青森をはじめ、島根、佐賀、福岡、宮崎などの場所でも使われている方言で、聞きなれた方も多く、馴染みのある方も多い方言ともいえます。

おもっそぐね

面白くないという意味の方言で、宮古弁です。「おもっせぐねえ」や「おもっそぐねえ」という言い方になります。「その話、おもっそぐねえ」という感じで使います。反対に、面白いという場合の方言は、「おもっせー」と言います。おもっせーと聞くと、全国的にも意味が通じる感じがあります。

よがんす

いいですとか良いという意味で使う方言です。いい意味ばかりではなく、「よがんす」の使い方によっては、結構ですのように断りの場面やそれは良いのですがという感じに、遠回しの言い方をするときにも使われます。標準語とは違い、あいまいな表現をする部分もあり判断が難しいところもある方言です。

ぼっこれだ

岩手県では、壊れる、壊した、動かないなどの機械が正常に動作しない様子を表現する場合、「ぼっこれだ」といいます。ただ、「ぼっこれだ」というとあまり意味が分からない方も多いのではないでしょうか。「ぼっこわれだ」ということもあり、こちらだと意味が通じる感じがあります。

おねげぇもすあんす

岩手県の方言で、「お願い申します」という言葉を表す時、「おねげぇもすあんす」という方言を使います。盛岡弁ならではという感じのニュアンスがあり、他の地域の方が耳にすると一度では、分かりづらい部分もあります。同様な感じで、申し訳ありませんでしたという意味合いの、「おもさげなござんすた」という盛岡弁もあります。

岩手の可愛い方言3:ごんぼほり

駄々っ子やいじけ虫という意味があり、あまりよい表現ではありません。「欲しいおもちゃを買ってもらえずにごんぼほってるんだよ」という感じに使います。子供に限らず、大人にも使えます。子供は微笑ましい光景ともいえますが、大人の場合はあまりいい印象を受けません。使い分けが必要な方言です。盛岡弁の一つになります。

岩手の可愛い方言4:けろ

「付き合ってけろ」のように、語尾につけて使います。「~けろ」という方言は、どことなく可愛いらい響きがあります。同じ感じで使える表現で、「~だっちゃ」という方言もあります。人気漫画「うる星やつら」で有名な方言です。こちらも同様に東北らしさがある方言と言えます。

岩手の可愛い方言5:おらがえ

おれの家という意味になります。岩手では、女の人もおれと言うところも岩手県民の特徴です。おれに限らず、東北地方では女性でもおらと呼ぶ場所がたくさんあります。使い方は、「おらがえに来ないか」という感じになります。比較的多くの場面で使われる方言と言えます。

岩手の可愛い方言6:めんこい

岩手県の方言で、可愛いという意味があります。岩手県民以外はあまり使わない感じですが、全国的に知られる有名な方言の一つと言えます。「この犬は本当にめんこい」というような感じで使います。「めんこい〜」という感じで、語尾を伸ばすと更に可愛さが増す感じがあります。

岩手の可愛い方言7:きゃっぱり

足が水に漬かって靴がずぶぬれになる状態のことを指します。「田んぼに行ったら溝さはまって、きゃっぱした。」という感じで、使います。意味は、「田んぼに行ったら溝にはまって、靴がずぶぬれになってしまった。」という感じになります。一言で、状態を示すことができる便利な方言です。方言の面白いところです。

岩手の可愛い方言8:けんだ

「けんだ」とは、ちょうだいやくださいといった意味があります。標準語よりも、けんだという方言のほうで、行ったほうが可愛い感じがあります。女性や子供が使うといったイメージがある方言です。テレビドラマなどでも、聞かれることが多いフレーズですので、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

岩手の可愛い方言9:ほんだがい

「ほんだがい」は、「そうですか」という意味になります。盛岡弁なので、イントネーションも緩やかな感じがあります。そのため、丁寧な印象があるので、優しい感じを受けます。問いかけに対して、返答するような場面に使うことが多い方言となります。テレビなどでも耳にする方言ではないでしょうか。

岩手の可愛い方言10:ひゃっこい

冷たいという意味になります。ひやっこいと表現する場所もあり、ほぼ全国的に意味が通じる珍しい方言の一つと言えます。また、関東の一部でも「ひゃっこい」を使う場所もあります。そのため、東京都内でひゃっこいと言っても通じます。冷たいものを食べた後、思わず「ひゃっこい」と出るような場面で使います。

岩手の可愛い方言11:ほんでね

「ほんでね」は「違う、そうではない」という意味があります。青森の一部でも使われている方言ですが、盛岡でも使われています。こちらも、代表的な盛岡弁と言えます。関東地方などではあまり耳にする機会がない、方言と言えます。だからこそ、斬新さや面白い感じがあります。

岩手の可愛い方言12:しょす

恥ずかしいという意味をもと方言です。「お」を付けて、「おしょす」という形でも使われます。ですが、おしょすという言葉はあまり耳にしませんが、しょすのほうは、岩手県内を歩いていても普通に耳にすることがあります。旅行の際などに、気にかけてみましょう。盛岡弁になります。

岩手の可愛い方言13:け

食べなさいという意味の方言になります。「はやく、け」という感じで使用します。この場合は、はやく食べなさいという意味になります。岩手県の方言には、1字で意味を成す方言が数多くあります。不思議な感じもあり、面白い感じもあります。盛岡弁の特徴とも言えます。

岩手の可愛い方言14:こ

来なさいという意味で、「こっちゃ、こ」といった感じに使います。野の場合は、こっちに来なさいという意味となります。わりと、親しい間柄で使われる感じの方言と言えます。「来なさい」というと、命令されているのうな感じがしますが、「こ」と言われると、わりと柔らかい感じがあります。盛岡弁の一つです。

岩手の可愛い方言15:ふたつける

岩手県で、ふたつけるというと、蓋を付けるのではなく、殴るという意味になります。岩手県で、「ふたつけるぞ」と言われた場合、相手の方は相当怒っていると考えてください。そうそう使われる言葉では何ので、耳にする機会は少ないのですが、こちらは、盛岡弁で危険な方言となります。

岩手の可愛い方言番外編:面白い表現

ぺっこもらうがぁ

少し貰うかなという意味の方言です。ぺっことは、少しや小さいと言う感じの意味合いです。「ぺっこけらいや」は、少しくださいということとなります。また、「あんだ、ぺっこだな」は、「あなた小さいですね」という意味となります。標準語とは全く違った感じで、面白い感じがあります。

あらがだ終わった!

ほとんどが終わった時に使う方言です。あらがだとは、ほとんどという意味があり、全てではなく、少し残っている状態のことを言います。「この仕事があらがだ終わった」とか「あらがだ進んだ」というふうに使う方言で、もうすぐ終わる状態のときに使います。山形らしい面白い感じのある方言と言えます。

うざねはいで疲れだ

苦労をして、疲れたという意味の方言です。うざねとは、苦労するとか難儀するなどのことを言います。使い方は、「今日の雪かき、うざねだなあ」などのような感じになります。この場合、「雪かきが大変だなあ」といった意味となります。山形ならではの、面白い方言の一つです。

それちょすな!

それ、触るなという意味の方言になります。ちょすとは、さわる、ふれるという意味あいです。ちょすなは、触って欲しくない場合に使う方言で、逆に触って欲しいときには、「ちょしてけろ」といいます。山形らしさがあり、口調も柔らかく、面白い感じがあります。盛岡弁にはこのような方言が数多くあります。

こちょがしいからこちょがすな!

くすぐったいから、くすぐるなという、意味の方言となります。最近、若者の中では、こちょがしいを、「こちょい」と表現しています。標準語を使っている場所の人からすると、一見何を言っているのかわからない感じがありますが、意味を聞くとなるほどと感じることができます。こちらも、岩手県の面白いニュアンスの方言となります。

岩手県の代表的な方言を厳選して紹介

岩手県には、大きく分けて宮古弁と盛岡弁とがあります。今回紹介した以外にも岩手県で絵は、多くの方言が使われています。標準語とかけ離れたもの表現もあり、そんな面白い表現も魅力の一つになっています。岩手県の土地柄、のどかな感じがする所も岩手県の方言の特徴と言えます。じぇじぇをはじめ、可愛い方言が多数あります。

関連記事

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ