秋田竿燈まつり徹底解説!日程や妙技会に由来を紹介!ねぶり流し館情報も!

東北を代表するおまつりが、秋田の竿燈まつりです。寺社神が中心となっているおまつりでなく、庶民が中心となり発展したお祭りです。竿燈という稲穂を形どった大きな飾りを、手だけでなく額や肩や腰で支えながら立った状態を維持する妙技は、それだけでも見る価値満載です。

秋田竿燈まつり徹底解説!日程や妙技会に由来を紹介!ねぶり流し館情報も!のイメージ

目次

  1. 夏の秋田には竿燈がある!
  2. 竿燈で盛り上がる秋田の夏
  3. 竿燈は五穀豊穣の願い!
  4. 竿燈の歴史は「眠り流し」から
  5. 竿燈団体の名前の由来
  6. 竿燈は大きい!
  7. 竿燈まつりの技
  8. 秋田竿燈まつりの出で立ち
  9. 竿燈のもう一つの主役 竿燈のお囃子
  10. 秋田竿燈まつりは毎年8月3日~6日
  11. 竿燈まつりの観覧席
  12. 秋田竿燈まつりの開催場所
  13. 年に一度の竿燈の技の発表会 竿燈妙技会
  14. 竿燈まつりの屋台村も人気爆発!
  15. 竿燈まつり屋台村人気グルメ
  16. 秋田竿燈まつりのお土産
  17. 秋田竿燈まつりの博物館「ねぶり流し館」
  18. 竿燈まつりの秋田市へのアクセス
  19. 秋田竿燈を130万人が見学
  20. 秋田竿燈まつりは秋田の夏

夏の秋田には竿燈がある!

東北の日本海側に位置する秋田県、美味しいお米、秋田こまちの産地として有名です。さらに、その美味しいお米と清らかな水で、日本一といわれるお酒が数多く作られる酒蔵です。そんな、秋田を代表するお祭りが、秋田竿燈まつりです。稲穂を模した10メートル以上の竿燈を巧みな技術で、優雅に美ししく掲げるのです。そんな、秋田のおまつり竿燈について調べてみましょう。

竿燈で盛り上がる秋田の夏

竿燈(かんとう)は、毎年8月3日 から 6日にかけて、秋田県秋田市で行われるおまつりです。竿燈の正式な名称は「秋田竿燈まつり」になります。字の通り、竹の竿と、あかりやともしびの燈で、竿燈になります。46個のあかり(提灯)が竿に飾られた、竿燈を見事な手さばき、型さばき、腰さばきで立たせます。数多くの竿燈が繰り出し、夏の夜にあかりの一大ページェントが繰り広げられます。

竿燈は五穀豊穣の願い!

竿燈は、竿燈全体が稲穂に例えられ、また、米俵に似た形の提灯を米俵に見立て、豊作を祈願するおまつりです。竿燈まつりが重要無形民俗文化財に指定されています。青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつりと並んで東北三大祭りの1つに数えられています。東北の夏の風物詩です。由来や特徴を人気の秘密を精げましょう。

竿燈の歴史は「眠り流し」から

tomo810507さんの投稿
20633632 457065151336511 3867338778389512192 n

竿燈まつりの由来は「眠り流し」の歴史からスタート

kaoru4228さんの投稿
29087381 437244376697057 7814520479120621568 n

秋田竿燈の歴史は「眠り流し」にたどり着くといわれています。元々の眠り流しは、現在の七夕にも見られる、願掛けです。当時は、笹や合歓木(ねむのき)に願い事を書いた短冊を下げ、それを手にして街中を練り歩き、最後は川へ流していました。睡魔を払い、汚れを流すという思いが込められていました。眠り流しは、宝暦年間(1751年から1764年)には行われていた歴史ある行事でした。

秋田竿灯まつりの歴史

竿燈の歴史を探るうえで参考となる、竿燈に関する文献があります。現存している歴史上で最も古い竿燈についての、信頼できる文献は、江戸時代の、寛政元年(1789年)の津村淙庵の紀行文「雪の降る道」の、旧暦の7月6日に行われた、ねぶり流しが記録されています。長い竿を十文字に構え、それに灯火を多数付けて、太鼓を打ちながら長い行列で町を練り歩く、昔の竿燈の姿が記載されています。

his_japanさんの投稿
20582384 1393169380791286 7145631012700028928 n

歴史上では、ねぶり流しから始まった、秋田竿燈まつりですが、五穀豊穣や技芸上達を願って七夕とともに、お盆を迎える行事でもあります。竿燈はお盆の時期に、家々に立てる高灯籠を持って歩けるようにしたのが竿燈の始まりといわれています。いつからか、それを競うようになり、提灯の数が数十個と増えていき、現在の形になりました。厄よけや五穀豊穣などを願う精神は変わっていません。

竿燈団体の名前の由来

halvwynさんの投稿
22221281 1893056780947431 7555272031181209600 n

秋田竿燈は、藩政以前から秋田市周辺に伝えられているねぶり流しに由来しますが、現在、竿燈を演じる団体は町内を単位とする団体が多くあります。中には、今は使われていない古い町名に由来した町名が、そのまま使われています。竿燈に、かつての町名が由来となっている団体があることは、歴史を大切にする秋田市民の歴史を大切にする精神です。

Thumb秋田の祭り大集合!竿燈にかまくらまで一挙紹介!開催時期や場所は?

竿燈は大きい!

arisa.s201さんの投稿
13743639 1157300100987784 1708784699 n

竿燈について、由緒や歴史や構造など、さらに詳しく知りましょう。竿燈は、大若、中若、小若、幼若の4サイズがあります。竿燈まつりは、子供から参加しますので、4サイズの竿燈が必要になります。長さも、重さも、提灯の大きさも、提灯の数も違ってきます。さらに、お囃子の人たちも多数いて、それだけ、多くの秋田市民が竿燈まつりに参加します。

竿燈幼若の詳細

uri__aさんの投稿
926203 193929860957835 10399070 n

竿燈、幼若のサイズは、長さが5メートルです。重さは5キロです。提灯の大きさは30センチ✕21センチです。提灯の数が24個になります。幼若の竿燈を扱うのは、小学校の低学年以下になります。それでも、屋外ですから、風邪の影響もあり、子供がバランスをとるのは大変です。

竿燈小若の詳細

teru0731さんの投稿
10932198 1531477577123684 1298877744 n

竿燈、小若のサイズは、長さが7メートルです。重さは15キロです。提灯の大きさは48センチ✕36センチです。提灯の数が24個になります。小若の竿燈を扱うのは、小学校3、4、5、6年生に中学生が対象になります。重さが15キロの竿燈を扱うのは、小学生にはかなりの訓練が必要になります。

竿燈中若の詳細

justlikejapanさんの投稿
17267787 1434781813219507 6200825305221824512 n

竿燈、中若のサイズは、長さが9メートルです。重さは30キロです。提灯の大きさは48センチ✕36センチです。提灯の数が46個になります。中若の竿燈を扱うのは、高校生以上が対象になりますが、中学生でも扱う猛者もいます。重さが30キロの竿燈は、安定感は増しますが、重量はかなり堪えます。基礎体力が必要です。

竿燈の華大若の詳細

hmiyumaさんの投稿
20478705 150577415519979 5796286136657641472 n

何んといっても、竿燈の華は大若です。大若の大きさは、長さが12メートルです。重さは50キロです。提灯の大きさは64センチ✕45センチです。提灯の数が46個になります。夜の街に華やかに輝く、勇壮な姿が浮かび上がります。大若を腰や肩に乗せる技術は、体力に修練とバランス感覚が必要になります。そのうえで経験も要ります。

竿燈まつりの技

竿燈は歴史的には五穀豊穣や健康、安寧を願うことに由来していますが、竿燈の美しさも加わり、竿燈をいかに美しく見せるかで、竿燈を扱う技術が、竿燈の歴史とともに発展しました。竿燈を扱う技術を競う妙技会もあるほどです。竿燈の5つの技の紹介です。竿燈を観覧する時の楽しみが増します。

妙技会で披露される歴史ある竿燈の技1ː平手

7nurseman8さんの投稿
20583261 111754119459035 5616186677488779264 n

竿燈の基本技です。竿燈を利き腕の手のひらに乗せて高々とかざし上げてみせます。この時、拍手がもらえます。基本技ですが、力強く豪快で、力自慢の見せ場になります。もう一方の腕をぱっと開いて、バランスを取らないと、竿燈が倒れることもあります。竿燈の基本でしっかりマスターしなければならない技です。

妙技会で披露される歴史ある竿燈の技2ː額

aknphotさんの投稿
20766594 123950441575953 2693105598815272960 n

曲芸師が額でバランスをとるのは見かけますが、10メートル以上もある竿燈を額で支えるのは、首の強さも求められ、体感の強さも必要になります。まさに、首の根元が座った重量感あふれる技です。静止して両手をいっぱいに開いてバランスをとりながら、観客席にアピールです。最大の見せ場になります。

妙技会で披露される歴史ある竿燈の技3ː肩

aknphotさんの投稿
20766556 1899518320265598 3566665345110376448 n

体が十分に使え、一旦マスターすると演じやすい技です。利き腕を曲げないまま、竿をまっすぐ肩まで降ろして、首の付け根に静止させます。竿灯と軸足が一直線になることで竿燈の重量を体で受け富めます。両手と体でバランスを取ります。観客席に両手でアピールができます。

妙技会で披露される歴史ある竿燈の技4ː腰

kouta.t14さんの投稿
20688582 465579340474632 5698524430368505856 n

かなり修練が必要な高度で派手な技です。上体をほどよく横に傾けて両足を開き、体全体のバランスを保ちます。歴史ある竿燈の妙技の中でも、最大の妙技です。腰でバランスを保てれば、自然と観客席から拍手が湧き出します。視線が遠くなるだけ、バランスを取ることが大変です。妙議会でも決め手となる大技です。

妙技会で披露される歴史ある竿燈の技5ː流し

qureshoutさんの投稿
28156132 230527644185631 4479535063049961472 n

次の差し手が竹を継ぎやすいように支える、力技でもあります。利き手で竿燈を差し上げて、一旦手のひらで静止します。竿を指の間から少しずつ、じわりじわりと15センチから20センチ移動させて、持ちこたえながらずらします。次の差し手が受けてくれて、竿燈が続いていきます。

秋田竿燈まつりの出で立ち

竿燈まつりには、歴史を誇る由緒正しきお神輿や豪華絢爛な山車もありません。主役は竿燈です。竿燈の由緒は、七夕の眠り流しから発展したのですから、それもそのはずです。庶民が主役の竿燈まつりです。竿燈と、お囃子の笛、太鼓で秋田竿燈まつりはすべてです。半纏と拷衣と豆絞りの手ぬぐいの出で立ちは、歴史的な竿燈まつりの定番衣装です。

wenshuhueiさんの投稿
13767474 181708335580225 1160053911 n

竿燈で使用する提灯にしろ、衣装にしろ、多くない職人さん達が、竿燈まつりの成功のために、極めた技術を披露しています。秋田の人だから、竿燈まつりのためなら努力を惜しまない気質がにじみ出ています。提灯も衣装も、竿燈まつりの主役達になる出来栄えです。由緒ある竿燈の歴史と伝統を受け継ぎながら、新しい竿燈に繋いでいる職人気質が感じられます。

竿燈のもう一つの主役 竿燈のお囃子

竿燈にお囃子は切り離せない、歴史的に受け継がれたお囃子です。竿燈のお囃子は笛と太鼓で奏でます。笛も太古も小学生から参加しています。竿燈が、秋田市民のお祭りである証拠でもあります。お囃子にのって竿燈を操ると、みごとな竿燈さばきがよりいっそう輝く演出になります。あるお囃子も竿燈の一部です。

kouta.t14さんの投稿
20688296 350267428740824 4325106056473608192 n

竿燈の囃子にはカントが入城する時の「流し囃子」と、竿燈が演技をするときに演奏する「本囃子」の二つがあります。竿燈のお囃子の由来は、一つが、秋田囃子や土崎の湊ばやしに由来しているといわれています。さらに、佐竹氏が秋田に来る前に治めていた常陸国の天神ばやしが、竿燈囃子の原型といわれ天神林に由来している説もあります。

秋田竿燈まつりは毎年8月3日~6日

今年の秋田竿燈まつりの日程

2018年の竿燈まつりの日程は、8月3日(金)~8月6日(月)の期間、開催されます。期間中、観覧席への入場は、午後6時35分からです。竿燈は午後6時50分から入場します。竿燈の演技は午後7時25分からスタートします。午後8時35分から、ふれあいの時間で、写真撮影や竿燈体験ができます。会場は竿燈大道りです。

竿燈まつりの観覧席

baboo1128さんの投稿
20634875 477439472614248 8015631974863470592 n

300近い竿燈が演技する竿燈まつりです。そのすべてを楽しむためには、観覧席がおすすめです。観覧席の前になると、竿燈の差し手も自然と力が入ってきます。秋田の歴史的な竿燈まつりです。しっかりと記憶に留めておくためにも、観覧席での見学がベストスポットです。歴史ある竿燈を観覧席で見ましょう。

竿燈まつりの観覧席には桝席も

mminsjkさんの投稿
20482711 1758053364491852 5548541509512462336 n

竿燈の観覧席料金は、桝席が1桝(定員6名)20000円です。場所は、ローソン大町二丁目前になります。観覧席、S席は、中央道壁上ひな壇席3000円になります。観覧席、A席は桝席、S席以外のひな壇席とパイプいす席になります。観覧席、B席は長椅子席になります。観覧席でゆっくりと竿燈が楽しめます。大人も子どもも同料金になります。観覧席予約センターの電話番号は、018-866-9977です。

観覧席は観覧ベストポジション

keiko10172さんの投稿
11376324 815454995234838 1622770607 n

観覧席から見る竿灯まつりは、目の前で、長さ12メートルのみごとな竿燈が見られます。どんどん続いて出てくる竿燈はに圧倒されます。差し手によって少しずつ異なる竿燈さばきが、観覧席からははっきりと見分けられます。観覧席は有料ですが、それだけの価値が充分に感じられる由緒正しき妙技が見られます。

秋田竿燈まつりの開催場所

0o.jellyfish.o0さんの投稿
11371051 471472046356056 1862316618 n

秋田竿燈まつりの開催会場は、県道26号線「二丁目橋」交差点から「山王十字路」の間の通称「竿燈大通り」と呼ばれる道路です。全長約800mの区間で、竿燈まつりが開催されます。JR秋田駅から西に伸びている通りですから、秋田駅から徒歩で10分程度の距離から、竿燈がスタートします。

年に一度の竿燈の技の発表会 竿燈妙技会

rockets66さんの投稿
20633375 1995536334056706 6517894844872916992 n

秋田竿燈まつりには、差し手が技の精度を競い合う「竿燈妙技会」が開催されます。大会は、昼間に開催されることから、「昼竿燈」とも呼ばれています。青い空を背景にして昼間に繰り広げられる、昼竿燈は純粋に竿燈の技量の優劣を競う、妙技会といっても立派な競技大会です。根っからの竿燈好きにたまらない竿燈妙技会です。

p.take34さんの投稿
20583012 108973716443568 7324846133807677440 n

妙技会では、竿燈で最も大きい大若を使用します。高さ12メートル、重さ50キロの「大若」を操る個人戦には百人を超える竿灯のエキスパートが、年に一度の妙技会で、鍛え上げた技を披露します。審査員7人が厳粛に採点して順位を決定します。妙技会の優勝者は秋田のヒーローです。観客席から「ドッコイショ」と掛け声がかかったり、盛大な拍手があり妙技会が盛り上がります。

hitong_tongさんの投稿
20634084 1661221003901511 4492973659236859904 n

竿燈の妙技会は、大若団体規定、大若個人規定、大若団体自由、大若囃子方、小若団体規定、小若囃子方の6部門があります。妙技会のパンフレットによれば、審査するポイントは、①型の美しさや安定した姿勢、②直径6メートルの円内での演技、③竿に両手をかけなかったか、④竿燈の安定性、⑤踏ん張りの力強さが挙げられています。基礎体力も要求されます。

sin.treeさんの投稿
13706816 1012191988878473 2126534006 n

妙技会には、竿燈まつりに付き物のお囃子の大会もあります。会場内に組まれた櫓の上で笛1名、太鼓2名により、「流し囃子」と「竿燈囃子」が演奏されます。妙技会での囃子方の審査のポイントとしては、①上太鼓、下太鼓のリズムとバランス、②バチさばきの威勢の良さ、③笛の音色の伸び、④メロディーの伝統性、⑤笛と太鼓の調和が審査対象です。高度な演奏技術が求められるお囃子の妙技会です。

Thumb秋田駅周辺のおすすめ観光スポット紹介!散策しながらランチや買い物しよう!

竿燈まつりの屋台村も人気爆発!

kzemaroさんの投稿
11280328 1702776886610407 1040517607 n

日本全国、お祭りといえば屋台は外せません。秋田竿燈まつりにも、おまつりに付き物の大規模な屋台があります。竿燈まつりの屋台村は楽しいスポットです。屋台村だけでも十分に楽しめます。最近は、秋田県各地からの出店もあり、充実した屋台村になっています。屋台村には、ミニチュア竿燈と幼若の竿燈があるり、竿燈体験コーナーもあって観光客に好評です。

kzemaroさんの投稿
11374358 415615055315553 1678620621 n

最近の屋台村は充実していて、グルメフェスティバルという名前で、秋田県内各地のご当地名物などを集めた会場が3ヵ所で開催されます。中には、B-1グランプリ優勝の「横手焼きそば」も出店しています。本物の横手焼きそばが、秋田市で食べられます。秋田といえば、「ババヘラ」、「ババヘラアイス」です。その味といい、職人技のアイスといえます。

竿燈まつり屋台村人気グルメ

ronron0704さんの投稿
13736105 225100074557244 184916991 n

竿燈まつりの屋台村で、これまでに屋台村に出店して人気を博したグルメを選んでみました。すでに、一部紹介したグルメももっと詳細に説明します。不思議なものですが、屋外の屋台村で味わうグルメは、普段よりもおいしく感じることがあります。根拠はよくわかりませんが、屋台村で食べる地元グルメはおいしいく感じるだけでなく、屋台村はおいしのです。

屋台村の人気グルメ1ːB1グランプリ「横手焼きそば」

insta.momochiさんの投稿
29403857 2106915436001919 2308103549285826560 n

秋田県横手市といえば、冬のかまくらが有名ですが、今は、かまくらよりも横手焼きそばの方が全国に知られています。横手は秋田から車で2時間から3時間近くかかりますから、秋田竿燈まつりの屋台村で、横手焼きそばが食べられるのはラッキーです。太麺の焼きそばに、オリジナルの出汁入りウスターソースがかかります。さらに、半熟目玉焼きが乘って完成です。

屋台村の人気グルメ2ː日本三大うどん「稲庭うどん」

saix_ksmbさんの投稿
21879325 473669709672789 8961144097087684608 n

うどん通には知られている秋田の稲庭うどん、秋田県湯沢市で作られている干したうどんです。平べったい麺が特徴です。農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれています。滑らかな食感が特徴です。ひやむぎより少し太く、やや黄色味かかった色をしています。稲庭うどんも屋台村で食べられます。

屋台村の人気グルメ3ː焼いた貝「秋田かやき」

junko06191207さんの投稿
22220795 1180803725397221 6543557416200437760 n

「かやき」の由来は、貝焼き、が秋田弁風に訛ったものです。ホタテやアワビなどの大きな貝殻を料理したのが起源です。いつからか、一人用の鍋のことを「かやき」と呼ぶようになっていました。季節の野菜や魚など、楽しめる秋田市民の味です。屋台村でも食べられます。

屋台村の人気グルメ4ː新B級グルメ「よこまき」

gosannen_akinojinさんの投稿
21371865 556588814732162 4587807099773255680 n

横手の新B級グルメです。屋台料理の「箸巻き」用にカットされた焼きそば、キャベツ、ひき肉等をお好み焼き風に薄く焼いて、割り箸に巻いたものです。ソースとマヨネーズをかけて食べます。橋巻きですから、持ち運びができて、屋台村にはピッタリのメニューです。

屋台村の人気グルメ5ːもはや職人技「ババヘラアイス」

mino.s_oさんの投稿
26871734 155177941954069 4840273497999540224 n

ババヘラの由来は、街道沿いやイベント会場で、中年以上の女性が金属製のヘラでアイス用のコーンへ、アイスを飾り付けて、見事な花の形に仕上げていくことから、ババヘラアイスと呼ばれるようになりました。味もさることながら、その見事な出来栄えは職人の領域です。ババヘラ職人アイスです。屋台村にも出店します。

屋台村の人気グルメ6ː人気のブランド豚肉「桃豚」

izakaya.masterさんの投稿
26072287 163520354285372 795544749149782016 n

紅の豚ではありません。「桃豚」です。秋田県小坂町のにある、ポークランド、十和田湖高原ファーム、ファームランドの3つの養豚場で飼育されたブランド豚です。桃豚のネーミングの由来は複数ありますが、名前通り、お肉が淡いピンク色をしているからです。そんな、貴重な豚肉が屋台村で食べられます。

Thumb秋田の名物グルメを一挙紹介!郷土料理はきりたんぽだけじゃない!

秋田竿燈まつりのお土産

shinya_watariさんの投稿
20838239 1718736221756321 2960301153591492608 n

秋田竿灯まつりにいけば、竿燈まつりに関係するお土産が欲しくなります。秋田竿燈まつりに、公式グッズがあります。Tシャツは、裏面プリントがあり、税込2000円で販売しています。手ぬぐい1枚は税込1000円です。うちわ1枚が税込150円です。公式グッズは間違いありません。

秋田竿燈まつりでもお土産は「金萬」

cafe_pommeさんの投稿
15535044 129058797587918 5447522328227348480 n

秋田県を代表するお土産といえば、やはり「金萬」です。食べだしたら28個食べるまで止まらない、といわれるくらい、美味しい秋田を代表する銘菓です。秋田市で作っているお菓子ですから、秋田竿燈を見学した際に、お土産として購入をおすすめします。秋田駅前の金座街で誕生したという由来がある「金萬」です。秋田土産の王様、金萬をお土産にしましょう。

秋田竿燈まつりの博物館「ねぶり流し館」

ねぶり流し館は秋田市民俗芸能伝承館

_ta_ma_miさんの投稿
16584005 104979223355606 8501290087667990528 n

ねぶり流し館は、正式には秋田市民俗芸能伝承館と言います。秋田駅から徒歩で10分の場所です。竿燈まつりのシーズンでなくとも、ねぶり流し館は見学できます。「竿燈まつり」をはじめ、土崎神明社曳山行事の曳山、梵天などの資料も、ねぶり流し館に展示してあります。常時、秋田市の民俗芸能を展示しています。ねぶり流し館館内で、本物の竿燈に触れることもできます。

ねぶり流し館で竿燈の実演

japanese_northern_countryさんの投稿
14309882 1776438369264825 569591216 n

ねぶり流し館の開館時間は、午前9時30分から午後4時30分まで開館しています。ねぶり流し館は、4月から10月の機関の、土曜、日曜の午後には竿燈の実演もあります。竿燈まつりの時期以外で、竿燈の実演が見られるねぶり流し館です。入館料金は、一般100円で、高校生以下は無料になっています。竿燈の基本を知ることができる、ねぶり流し館です。

jeannielanguageさんの投稿
26071691 387808871666490 8817954216766078976 n

ねぶり流し館では、竿燈の実演だけでなく、ねぶり流し館では、秋田市や秋田県各地に由来する民族芸能の発表会も開催しています。民謡の宝庫の秋田県ですから、ねぶり流し館では県に由来する民謡を学ぶ講習会も開催されます。このように、ねぶり流し館は秋田市に湯T来する伝統芸能の保存継承に努力しています。

住所ː秋田県秋田市大町1-3-30
電話番号ː018-866-7091

竿燈まつりの秋田市へのアクセス

mnb_skrさんの投稿
28435539 1983124365160601 3025731428408098816 n

秋田竿燈まつりは、秋田駅前の大通りで繰り広げられますので、JRの秋田駅までのアクセスが大事になります。秋田県は東北の日本海側の県ですから、鉄道(JR)や車や、空の便を使って秋田入りする方法があります。秋田竿灯まつり期間中は、大変混みあいますので、事前の予約をおすすめします。

private_factory_1974さんの投稿
29093691 1433267210117319 4652595049345843200 n

竿燈まつりが開催されつ、竿燈大通りまでのアクセスは、JRの鉄道を使う場合は、秋田新幹線で秋田駅で下車して、西口から徒歩で10分で竿燈まつりの会場に到着できます。飛行機で秋田に行く場合は、秋田空港までのフライトで、秋田空港からリムジンバスに乗って、北都銀行前か、交通公社前下車すれば大丈夫です。所要時間は約50分になります。

44odkさんの投稿
20688142 1875605072466430 1607738217468002304 n

車を使って、秋田竿燈まつりを見学するっ倍ですが、秋田道秋田中央ICから県道62号線を経由して約20分で会場に着きます。ただし、竿燈まつり開催中はもう少し時間がかかりそうです。さらに、駐車場の問題ですが車が駐車できる駐車場として、開催場所近郊の代表的な駐車場が、秋田県立体育館(140台)、裁判合同庁舎(100台)、秋田県庁(280台)、秋田地方総合庁舎(70台)などになります。

秋田竿燈を130万人が見学

hotstop777さんの投稿
23161076 1890710407818194 5488804931106242560 n

東北の夏まつりは盛大に開催されるおまつりがたくさんあります。長く厳しい冬が続くため、その間に蓄えたエネルギーが夏に、一気に爆発しているようです。秋田竿燈まつり、4日間の開催期間中の人では、約130万人といわれています。秋田県外からの来場者も多く訪ねてきます。

秋田竿燈まつりは秋田の夏

300本近い竿燈が夏の夜空に揺れる光景は、まさに光る稲穂のページェントです。観客席や沿道を埋めた大勢の見物人が「光の稲穂」の競演を堪能します。毎年も8月の3日から6日にかけて、秋田竿燈まつりが開催されます。瑞穂の国、日本に相応しい秋田の竿燈まつりに出かけましょう。

関連記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ