岩手『松尾鉱山跡』の廃墟ツアーが密かに人気!資料館で歴史に迫る!

かつては東北三大鉱山の一つに数えられ、東洋一の硫黄鉱山と言われていた岩手の松尾鉱山。閉山し廃墟となっているその跡地はノスタルジックというより、まるで蜃気楼でも見ているような感覚に陥ります。近年密かに人気の廃墟ツアー。今回は岩手の松尾鉱山跡の見所をご紹介ます。

岩手『松尾鉱山跡』の廃墟ツアーが密かに人気!資料館で歴史に迫る!のイメージ

目次

  1. 1岩手の松尾鉱山跡の廃墟ツアーが人気!
  2. 2松尾鉱山とは
  3. 3松尾鉱山跡の廃墟ツアー1:圧巻する景観
  4. 4松尾鉱山跡の廃墟ツアー2:歴史を感じる風景
  5. 5松尾鉱山跡の廃墟ツアー3:鉱山の規模を実感できる汚染水
  6. 6松尾鉱山跡の廃墟ツアー4:緑ヶ丘アパートと至誠寮
  7. 7松尾鉱山資料館に迫る1:松尾鉱山資料館とは
  8. 8松尾鉱山資料館に迫る2:写真撮影は禁止!
  9. 9松尾鉱山資料館に迫る3:鉱山町として栄えた様子が資料に残る
  10. 10松尾鉱山資料館に迫る4:屋外に展示されている展示物
  11. 11松尾鉱山資料館に迫る5:松尾鉱山の最盛期の資料が満載
  12. 12松尾鉱山資料館に迫る6:資料館の利用時間などについて
  13. 13松尾歴史民族資料館へのアクセス
  14. 14松尾昆山跡へのアクセス
  15. 15松尾鉱山跡の廃墟ツアーを計画しよう

岩手の松尾鉱山跡の廃墟ツアーが人気!

19世紀末に開山し1969年に閉山するまで主に硫黄を産出した岩手の松尾鉱山。その歴史は東洋一の硫黄鉱山だという歴史を残しています。規模は現在残っている松尾鉱山跡からもうかがえます。廃墟となっている松尾鉱山跡は、現在密かに岩手の廃墟ツアーと人気のエリア。資料館で松尾鉱山の迫り、密かに人気の廃墟ツアーの見所をご紹介します。

Thumb岩手・錦秋湖を観光!大滝や紅葉の絶景から癒しの温泉まで!道の駅でお土産も!
岩手県にある錦秋湖は特に紅葉の時期に、とても美しい風景が見られます。錦秋湖はよくある湖のよう...

松尾鉱山とは

19世紀末から1969年まで主に硫黄を産出していた歴史を持つ、岩手の松尾村(現在の八幡平市)の鉱山です。標高900mの山間部からゴンドラを利用して作業していました。1934(昭和9)年には東八幡平駅から八幡平市大更駅まで松尾鉱業鉄道がひかれるほどの歴史を残す、東北三大鉱山の歴史ある鉱山の一つです。

13267607 132815860468680 903897880 n
teruhiroyoshida

標高900mの無人の山間部に開かれた松尾鉱山は、東洋一の硫黄の産出を誇る歴史があります。太平洋戦争中は、朝鮮人労働者も一緒にそのエリアに住んでいました。戦後、松尾鉱山の労働者を確保するために、福利情勢施設の充実を図り、労働者が家族と住める水洗トイレやセントラルヒーティングを兼ね備えた集合住宅や独身寮が作られました。

15048077 1116570285123837 4461997788162424832 n
fuwarinko1103

鉄筋コンクリートのアパート、学校、病院、公園、催し物が行われる施設などが併設された一つの鉱山都市となったこのエリアは当時「雲上の楽園」と呼ばれ賑わった歴史を持っています。しかし高度成長期に入ると、硫黄の需要が減り、採算が悪化していき、1969年に松尾鉱山は閉山に至りました。その時当時の従業員は全員解雇されてしまいました。

Thumb岩手山の噴火の歴史や温泉紹介!おすすめの見どころ完全網羅!神社もあり!
岩手山は県のシンボルであり岩手県の最高峰の山です。夏は登山、アウトドア、冬はスキーと四季を通...

松尾鉱山跡の廃墟ツアー1:圧巻する景観

12070699 489304351246174 802685413 n
takehiro.j

松尾鉱山跡の見所は何といってもその跡地に建っている、廃墟となったアパートの群です。その眺めは岩手の陸の軍艦島と称され、規模の大きさと、廃墟の姿の中でも松尾鉱山の廃墟は、最も美しい廃墟美を誇っているとその観光に密かな人気があがっています。高原に突如と現れる窓ガラスが全てないコンクリートの廃アパート群には圧巻されます。

10729272 1390176161307340 1879406783 n
wkwku1

松尾鉱山跡の内部は、現在岩手県及び八幡平市では部外者の場内立ち入りを禁止しています。しかし県も市も鉱山跡を監視しているわけではないので、観光客によっては道路脇や、今だ硫黄の汚水排水を処理している中和処理場に続く道から内部を覗き見てしまう人もいるのだとか。ただもし事故が起こってもだれも責任を持ってくれません。

15875629 761434914012889 8791669150058545152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
masak53

鉱山跡は標高の高いところにあり、冬場は道路も不通になり、徒歩で向かっても、雪にうもれて圧巻できる廃墟のアパート群を望むことはできません。雪解けの5月末頃には廃墟跡を望むことができます。道路が開通されるのは毎年4月中旬(2018年度は4月15日)で、山頂までバスも運行され、鉱山跡の歴史を感じるアパート群を望めます。

Thumb岩手『浄土ヶ浜』観光は青の洞窟に遊覧船と魅力満載!駐車場や周辺ホテルも!
岩手県宮古市の海岸にある「浄土ヶ浜」は、その名のとおり極楽浄土のような景色が広がる、岩手で人...

松尾鉱山跡の廃墟ツアー2:歴史を感じる風景

11311289 988266627906214 1822864038 n
masashi81870

もともと松尾鉱山の町の周辺はブナ林でしたが、開山前に伐採されて町ができたのです。最盛期の頃は、町のまわりには牧草地が広がっていました。しかし硫黄の精錬からの煙で土が酸化され、その頃の町のまわりは荒地となっていました。現在はススキや笹が生い茂っています。廃墟跡と新たに生育した植物の眺めも時代の歴史を感じるものがあります。

11374393 1675345556020246 1649934535 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yukichi.h

道路脇から望める景観は幻の風景のようです。ガラスのない窓が付いているコンクリートの廃アパートが天空にそびえる様子は、廃墟の中でもなんだか美しさを感じます。廃アパートの中は立ち入り禁止ですが、一部、道路わきの緑ヶ丘アパートとそこから少し離れた独身寮の至誠寮は中が覗けます。扉や壁は朽ち果て、窓からは植物が生えています。

Thumb岩手の鍾乳洞をめぐる!パワースポット龍泉洞や幽玄洞などのツアーが人気!
岩手県は鍾乳洞が多い県です。広大な岩手県ですから、県内の各地で鍾乳洞が見られます。龍泉洞のよ...

松尾鉱山跡の廃墟ツアー3:鉱山の規模を実感できる汚染水

10735528 595573850549321 2108265806 n
bugel_and

鉱山跡へ向かう途中に突然現れる大きな赤い湖は、鉱山跡の処理水から出たヘドロを沈殿させるためのものらしいと言われます。坑内にはまだ200万トンほどの汚染排水があると言われ、処理まであと200年以上かかると予測されてます。それも松尾鉱山の歴史の長さと規模を物語ります。下手に開発に乗り出すと、現在の環境を破壊しかねないそうです。

928645 616652258436657 647839905 n
chomomomo

今だに残っている汚水排水は、雨が降ると、土の中から湧き出てくるのが現状だそうです。中和処理をしきりに行っているそうですが、なかなか浄化されないといわれるのは、硫黄の生産の多さを物語っている証拠です。石油エネルギーに代わるまで、日本が硫黄鉱山に頼っていた現実が今も証拠として残っているのです。

Thumb岩手観光BEST25!おすすめ穴場スポットやグルメまで一挙紹介!
岩手県は東北地方の太平洋に面しています。広い県で観光地が多くあります。岩手県はリアス式海岸の...

松尾鉱山跡の廃墟ツアー4:緑ヶ丘アパートと至誠寮

23734949 162929444317985 537377593586876416 n
peechan2784

薬品臭い赤い湖のようなエリアの先を進むと、その先に見えてくるのが松尾鉱山跡の廃アパート群です。手前には広大な湿原が広がっています。そこにはかつて木造の建物が立っていたそうですが、閉山時に焼却されてしまいました。その先に立っている廃アパートまではススキなどの植物が生い茂っており、近づけないのが現状です。

12081317 479426095570476 859307796 n
aoiaoiaoi.ai

松尾鉱山跡の廃アパートに続く道の途中に、家族者が利用した緑ケ丘アパートと独身寮として利用されていた至誠寮があります。どちらも壁や扉は朽ち果て、至誠寮の外側は鉄筋がむき出しになっています。この2棟は中を覗けます。見てみると、トイレ、洗濯機、テレビや食堂らしきも跡が見られます。床はもろく、軽く手で触れても壊れそうです。

Thumb岩手日本酒ランキングTOP15!おすすめ銘柄や人気のお土産を紹介!
岩手県は酒の産地として有名です。全国的に名高い南部杜氏の伝統があり、酒造りの秘伝が受け継がれ...

松尾鉱山資料館に迫る1:松尾鉱山資料館とは

17333309 184883755349007 7282736272982933504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ka_miho

「雲上の楽園」として知られる東洋一の硫黄の産地であった松尾鉱山の廃墟となった跡地は、幻のような姿を呈して今も残り、日本の歴史を刻んでいます。そこから少し下った所にある松尾鉱山の歴史を追う資料館では、旧松尾村地域の考古や民俗及び松尾鉱山の色々な歴史を振り返った資料が保存、展示されています。

18513194 216501458853054 8068782199446437888 n
shinji0428

東洋一の硫黄鉱山だった松尾鉱山跡の見学と同時に、当時使っていた工具や採掘された鉱石などが展示している資料館で、鉱山跡の歴史学ぶ観光がひそかに人気です。所要約20分。正式名称は松尾歴史民俗資料館といい1981(昭和56)年に建造され、2014(平成26)年に松尾鉱山資料の保存や展示の特別な施設として観光スポットと紹介されています。

住所:岩手県八幡平市柏台2丁目5−6
電話番号:0195-78-2598

松尾鉱山資料館に迫る2:写真撮影は禁止!

18298362 119803511919999 680986997724020736 n
syrup33g

松尾歴史民俗資料館の館内は写真撮影が禁止されています。それゆえ、館内をご紹介できる写真が少ないのは残念ですが、どんなものが保存や展示されているのかをご紹介すると、館内に保存や展示されている主なものは鉱山全体模型や鉱山関係の写真と、鉱山から採掘された硫化鉱や精製硫黄などが展示されています。

松尾鉱山は、19世紀末から閉山する1969年まで、主に硫黄を産出ししていた鉱山で、その規模は東洋一と言われていました。尾去沢鉱山、田老鉱山と並び東北三大鉱山と呼ばれていました。この資料館では、当時通称「ヤマ」という愛称で呼ばれていた松尾鉱山の当時の様子が、パネル写真やアルバム、絵画、生産用具等によって紹介されています。

松尾鉱山資料館に迫る3:鉱山町として栄えた様子が資料に残る

松尾鉱山の硫黄は黒色火薬の原料に利用されていました。これは合成繊維や医薬品や農薬などの原料でもありました。日本の産業や工房の発展に重要な資源にされていましたが、山奥での採掘ということで運搬やアクセスするのが困難であったためその開発は遅れがちだったと言われます。

10735528 595573850549321 2108265806 n
bugel_and

明治や大正時代に入ると本格的に硫黄の採掘が進められました。そのため山間部に開山したその場所に、労働力を確保するため、鉱山町が作られたのです。その様子がパネルや写真となって資料館に展示されています。資料館の敷地内に入ると目に入るのが、誠実の人の碑、松尾鉱山小学校校歌碑、安全の碑、閉山記念の碑があります。

松尾鉱山資料館に迫る4:屋外に展示されている展示物

20633290 137280370206066 5403300305565646848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yamaken650

誠実の碑は松尾鉱山の二代目社長の中村正雄氏の追慕碑です。隣には閉山に伴って建てられた閉校記念碑などがあります。鉱山本社のあった元山には小学校で起きた圧死事故で犠牲になった子供たちを弔う碑も建てられています。閉山後中和処理施設の事務所前には「よみがえる北上川」と刻まれた、北上川の清流化への願いが込められた碑があります。

11117203 355099324684980 1046709695 n
seion6d

松尾鉱山資料館の屋外に展示されているED251電気機関車前は、記念撮影に人気の場所です。これは松尾鉱業鉄道で使用されていた電気機関車で、車両入れ換えの時に利用されていたそうです。松尾鉱業鉄道は松尾鉱山と花輪線を結ぶ目的で運行された鉄道で、採掘した硫黄鉱石や物資の輸送、鉱山町に住む従業員や家族の輸送に利用されていました。

松尾鉱山資料館に迫る5:松尾鉱山の最盛期の資料が満載

35928085 1722347094513108 2125976835488481280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
y.r_1anniv

資料館の資料によると最盛期は1960(昭和35)年頃で鉱山町にはおよそ13594人が暮らしていたの記載されています。しかし日本が高度成長期に入ると、硫黄の需要が減り燦さんが悪化して、鉱山を運営する会社が倒産。それと共に鉱山町も廃墟となってしまったそうです。それに至るまでの資料が、資料館に残っています。

19436510 250843722067202 915656202526916608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
murasame_elegy

松尾鉱山跡の廃墟となっているアパート群の景観は、過去の鉱山の規模大きさをまさに物語っていますが、資料館ではその松尾鉱山の最盛期に、賑わった鉱山町の人々の暮らし振りの内容のものが多く展示されています。屋外の展示物には電気機関車のほかに郵便ポストや採掘に使った道具なども展示されています。

松尾鉱山資料館に迫る6:資料館の利用時間などについて

13649158 1267018033322898 1051093298 n
koerirakusaa

資料館の中は撮影禁止、また鉱山跡への立ち入りも基本的に禁止となっているにもかかわらず、近年ネットに投稿される写真はいかにして撮影されたのか、だれが許可したのかと問題になっているそうです。確かにその通りですが、秘かに人気の場所がどんなところだか知りたいのも、山々なところです。

21689337 498234083885837 1082050807601299456 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nishimurashirou

松尾歴史民俗資料館の開館は午前9時から午後4時30分。午後4時までに入館してください。毎週月曜日と12月29日から翌年の三が日は休館です。入館料は無料です。月曜日が祝日の場合は翌日が休刊日になりますのでご来館の時は気を付けてください。密かに人気の観光スポットですが、大変込み合うことはありません。

松尾歴史民族資料館へのアクセス

29403836 161373724513211 8813465116948299776 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
komeshin0318

公共交通機関を利用して松尾歴史民俗資料館へアクセスする場合は、JR盛岡駅からバスでアクセスします。盛岡駅前バス乗車口より盛岡県北バス、「松川温泉」または「八幡平マウンテンホテル」行きのバスに乗車し、「松尾鉱山資料館」で下車、徒歩3分です。盛岡駅からタクシーを利用するとかなりの距離なので最寄り駅からご利用ください。

28152399 2013382415597274 7264690546981994496 n
vzb10405

タクシーを利用する場合はJR盛岡駅下車、JR花輪線に乗り継ぎ「大更(おおさぶ)駅」下車。大更駅前にタクシー乗り場があります。料金は4000円から5000円程度要します。盛岡駅発の岩手県北バスは大更駅を経由しますので、JR花輪線で大更駅までに乗車していただき、大更駅からバスで「松尾鉱山資料館」へアクセスすることも可能です。

14033446 506083952935627 1952729628 n
225krider

車でアクセスする場合は東北自動車道松尾八幡平IC下車、国道45線を八幡平サーキットサンマリノ方面へ進みます。松尾八幡平ビジターセンターを左折し、しばらく走ると右手にあります。約10分程度です。資料館には駐車場があります。料金は無料。午後4時までに駐車してください。10台程駐車可能。大型車利用の際は資料館に問い合せください。

松尾昆山跡へのアクセス

22500411 1695419147156960 5758210225081417728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
agatha_agasa

松尾鉱山跡へのアクセスは資料館から約7km、山頂に向かいます。冬の期間は雪のため道路が封鎖されていて車でアクセスすることはできません。また徒歩で向かっても雪で、迫力のある廃墟を望むこともできません。雪解け時期4月中旬(2018年度は4月15日)に道路が開通し、同時に八幡平山頂のバスが運行されます。

14099651 170444693390402 1583195592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ginryushijin

松尾鉱山があった八幡平残っている、鉱山の従業員のために作られた家族用の緑ヶ丘アパートと独身寮の至誠寮は、内部まで見学できますが、冬期間はそこにいくまで道「八幡平アスピーテライン」が閉鎖されているほか、開通されてからも午後5時で閉まってしまうためのでご注意ください。

松尾鉱山跡の廃墟ツアーを計画しよう

14359612 1155587741173716 4139646894731165696 n
225krider

岩手の観光に秘かな人気に上がる松尾鉱山跡の廃墟ツアー。その景観は幻想的でまるで映画を見ているかのような錯覚にも陥ります。廃墟とはいえ、廃アパート群の眺めは圧巻で、廃墟の中でも美しい眺めと言われる松尾鉱山跡。岩手の旅行を計画された時はぜひ一度足を運んで、日本の歴史を堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ