キャピラノ吊り橋が怖い!行き方や入場料は?高さや見どころも紹介!

カナダ人気観光地キャピラノ吊り橋をご存知ですか?キャピラノ吊り橋はカナダ・ノースバンクーバーにあるキャピラノ川に架かる吊り橋です。吊り橋以外にも様々な施設があり、年間80万人以上が訪れる観光地です。今回は行き方や入場料などの基本情報や見どころをご紹介します。

キャピラノ吊り橋が怖い!行き方や入場料は?高さや見どころも紹介!のイメージ

目次

  1. 1キャピラノ吊り橋とは?
  2. 2キャピラノ吊り橋の歴史
  3. 3キャピラノ吊り橋への行き方はシャトルバスが便利
  4. 4入場料は?チケットはどこで買うの?
  5. 5キャピラノ吊り橋の見どころ①吊り橋からの絶景
  6. 6キャピラノ吊り橋の見どころ②スリル満点!クリフウォーク
  7. 7キャピラノ吊り橋の見どころ③ツリートップ・アドベンチャー
  8. 8キャピラノ吊り橋の見どころ④トーテムポール
  9. 9キャピラノ吊り橋の見どころ④レストランとお土産屋さん
  10. 10キャピラノ吊り橋の見どころ⑥イルミネーション
  11. 11キャピラノ吊り橋その他の見どころ
  12. 12キャピラノ吊り橋へはどんな服装がいい?
  13. 13一年中楽しめるキャピラノ吊り橋

キャピラノ吊り橋とは?

27581303 896147197221606 6482637466929987584 n
asuton0118

キャピラノ吊り橋は1日平均約2,000人、年間80万人の人が訪れるバンクーバー観光では絶対に外せない、人気の観光スポットです。キャピラノ渓谷に架かる吊り橋をメインにさまざまな施設が集まったカナダの迫力ある自然を満喫できる公園です。今回はキャピラノ吊り橋への行き方や見どころをご紹介します。

Thumbカナダ観光おすすめスポット17選!自然豊かな名所満載!見どころも紹介!
アメリカと並び北米の2大国家の一つであるカナダには近代的な都市とともに多くの自然があり、観光...

キャピラノ吊り橋の歴史

キャピラノとは先住民スコーミッシュ族の言葉で美しい川 Kia’palano を意味します。先住民たちは約8千年前から自然と共存しながら暮らしてました。キャピラノ吊り橋は1889年に、バンクーバーの公園局長ジョージ・グラント・マッカイによって最初の橋が建立されました。

当時は麻のロープで作られていましたが、1903年に今のケーブルのブリッジに張り替えられたそうです。現在の橋は1956年に架けられたものです。キャピラノ渓谷に架かる長さ137m、高さ70mの吊り橋で歩行者用としては世界最長です。この吊り橋を中心に、ノースバンクーバーの大自然を楽しむことのできる公園施設です。

キャピラノ吊り橋への行き方はシャトルバスが便利

キャピラノ吊り橋への行き方は、無料のシャトルバスがおすすめです。シャトルバスの乗車場所は始発のカナダプレイスが分かりやすいです。キャピラノ行きのシャトルバスの看板を見つけてください。分からない時は緑色の服のスタッフに行き方を確認してください。シャトルバスは15分おきに運航しているので乗り遅れの心配もなく安心です。

シャトルバスでの行き方だと、カナダプレイスからバンクーバーを経由して30分ほどでキャピラノ吊り橋へ到着です。バスの車内ではドライバーさんが簡単な観光案内をしてくれるので道中も楽しめます。ルート上であれば帰りに途中で降車できることもあるみたいなので、希望の場合はドライバーさんに確認してみてください。

入場料は?チケットはどこで買うの?

チケット売り場はシャトルバス停留所の目の前にあるのですぐにわかります。キャピラノ吊り橋の入場料は大人42.95カナダドル(約3,600円)、シニア(65歳以上)29.95カナダドル(約2,500円)子ども14.95カナダドル(約1,250円)です。学生の方は学生証を提示すると入場料が安くなるそうです。日本語のガイドマップも置いてあります。
 

21041030 524471774559211 3622298421567684608 n
hitomi_1991

営業時間は通常9時から17時ですが行く際は公式サイトで時間を確認してから行ってください。入場の際に手の甲に赤いスタンプを押してもらえるので見せると再入場が可能です。このスタンプを見せると帰りのシャトルバスに乗ることができるので、シャトルバスを利用する方は忘れずにスタンプを押してもらってください。

キャピラノ吊り橋の見どころ①吊り橋からの絶景

なんと言ってもキャピラノ吊り橋の一番の魅力は、高さ70m、長さ140mを誇る橋の空中散歩。まるで宙に浮いているような感覚が楽しめます。さらに人気観光地のため吊り橋の上にはたくさんの人がいるので、左右にぐらぐら揺れ、スリル満点。高所恐怖症の方は足がすくむ高さですが、勇気を出して一歩踏み出せば絶景が待っています。

橋を渡っていると、周りに広がる大自然をすべて独り占めしているような気分を味わうことができます。カナダの大自然が味わえるのもとっても貴重な体験と言えます。WORLD SPOT世界の絶景・秘境100にて世界で最も恐ろしい吊り橋のひとつに取り上げられたキャピラノ吊り橋。是非そのスリルと絶景を味わってみてください。

キャピラノ吊り橋の見どころ②スリル満点!クリフウォーク

クリフウォークは2011年にできたアトラクションです。キャピラノ川の上空91mから突き出す全長213mの渓谷の絶壁を囲む遊歩道です。思わず目をつむりたくなるような高さです。なんとビル30階に相当する高さだそうです。遊歩道には強化ガラスでできた床から地上を見渡せる部分もありスリルある空中散歩が楽しめます。

クリフウォークから眺めるこの森は、世界でも有数の温帯雨林で中には樹齢1300年を超える木もあるそうです。運がよければクマやシカなどの野生動物が見れるかもしれません。崖下からかなりの高さがありスリリングですが、遊歩道はとても頑丈に作られていて吊り橋みたいに揺れることもないので安全に楽しめます。

キャピラノ吊り橋の見どころ③ツリートップ・アドベンチャー

キャピラノの吊り橋を渡るとあるのがツリートップ・アドベンチャー。ツリートップ・アドベンチャーは木の上を縫うように架けられた7つの吊り橋を渡るアトラクションです。木から木へ、地上から高さ30mをまるでリスになったかのように空中回廊を歩き回ることができます。

29402656 164268317563779 3059624509989453824 n
julie.traveler

7つの吊り橋は木を傷めないように釘を一本も使わないで設置されているそうです。また、地上には多くのトレイルがあるので散策をしながら森林浴を楽しめます。高さもそれ程高くないので大人から子どもまで楽しめるアトラクションです。マイナスイオンをたくさん吸ってリフレッシュしながら森の中を探検してみてください。

キャピラノ吊り橋の見どころ④トーテムポール

入場料を払い、入り口を入ると色鮮やかなトーテムポールがお出迎えしてくれます。カナダの至る所で見られるトーテムポールですが、トーテムポールとは、元々北西沿岸部に住む先住民の多くが作る彫刻の柱のことで、先祖から代々伝わる神話や伝説など、その家の歴史を氏族と縁の深い人や動物などに表して柱に刻んだ「紋章」と考えられています。

ここに並ぶトーテムポールは1930年代、ファーストネーションズ(先住民)が吊り橋の所有者から誘いを受け、吊り橋近くにトーテムポールを持ち寄って飾ったのが発端です。ここのトーテムポールは北米最大の私有コレクションで今も当時の状態が保たれている貴重なものだそうです。行かれた際は色々なトーテムポールと記念撮影してみて下さい。

キャピラノ吊り橋の見どころ④レストランとお土産屋さん

レストランやお土産屋さんも充実しています。地元の特産品を使った料理が味わえるレストランもあり食事は心配いりません。アイスクリームは美味しいと評判なので味わってみてください。4月~10月とイルミネーションの時期には売店もオープンしておりハンバーガーやホットドッグなどの軽食を楽しめます。

15876491 391827197830801 3316355398423805952 n
kazuuuuuyo_max_sheltie

オーナー自身が買い付けをしているお土産屋さんにはユニークなカナダグッズが揃っています。カナダ名産のメープルシロップやスモークサーモン、お菓子などの食料品から民芸品や洋服など品揃えが豊富なので見るだけでも楽しいです。歩き疲れたら休憩がてら行ってみてください。

キャピラノ吊り橋の見どころ⑥イルミネーション

11月下旬から1月までは公園全体がライトアップされ幻想的なイルミネーションが楽しめます。"Canyon Lights"と名付けられ昼間とはまた違った美しさを楽しむことが出来ます。暗闇の中に浮かび上がる光の吊り橋や散策路はとても幻想的でロマンチックです。バンクーバーの三大クリスマスイルミネーションの名所になっています。

24178033 1701760169889954 3487773139549552640 n
navitourcanada

園内ではクリスマスバンドの生演奏などもあり雰囲気を盛り上げてくれます。世界で最大規模の46.4m「生きたままのクリスマスツリー」も必見です。クリスマス時期はシャトルバスも増便されるそうです。クリスマスシーズンに行かれる方は是非夜のイルミネーションに行ってみてください。

キャピラノ吊り橋その他の見どころ

その他にもキャピラノ吊り橋公園内の見どころはたくさんあります。歴史やレインフォレストをもっと知りたい方は無料のガイドツアーに参加するのもおすすめです。ヒストリカルツアーとネイチャーツアーの2種類のツアーが開催されてるので、時間がある方は是非参加してみてください。

バンクーバーやキャピラノの歴史などを学ぶことができるストーリーセンターや先住民ファースト・ネーションの文化に触れることができるキアパラノがあります。園内にはスタンプラリーが設置してあり、スタンプをすべて集めると証明書がもらえるので旅の記念にもなります。

キャピラノ吊り橋へはどんな服装がいい?

公園内は舗装されてる道がほとんどですが、園内全体を歩くとかなりの距離になります。サンダルなどではなく、スニーカーなど歩きやすい靴をおすすめします。普段着でも大丈夫ですが、森の中を散策するので運動に適した格好がおすすめです。汗をかいたり、山の中で寒さを感じたりするので体温調整ができるよう重ね着をするのがいいでしょう。

25011191 196054170944024 5399490098343444480 n
___mi_s7

ウインドブレーカーなど風を通しにくい薄手のはおりものがあると便利です。また、雨の日には無料のポンチョの貸出しもあるそうなので、両手が自由になるポンチョは便利なので利用しましょう。カメラやビデオカメラの持ち込みは大丈夫です。車椅子での入場やベビーカーは使用不可になります。小さなお子様連れは抱っこ紐があると便利です。

一年中楽しめるキャピラノ吊り橋

春から夏は森林浴、秋は紅葉、冬は雪景色と1年を通して様々な絶景が楽しめます。入場料は少し高めですが、これだけの施設が入場料に含まれてるなら納得ですね。バンクーバーのダウンタウンからも近く、行き方も無料シャトルバスで一本と簡単なので、カナダに訪れた際はキャピラノ吊り橋で、カナダの雄大な自然を満喫してください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yukaaa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ