鳥海山登山を徹底解説!登山時期やルートの難易度紹介!初心者コースもあり!

秋田県と山形県の県境にある鳥海山は日本百名山、日本百景の1つでもあり数多くの登山ルートがあって多くの登山者が訪れます。その中で鳥海山最古の登山ルートから初心者、上級者向けのルートまで秋田側、山形側とそれぞれいくつかのルートを紹介します。

鳥海山登山を徹底解説!登山時期やルートの難易度紹介!初心者コースもあり!のイメージ

目次

  1. 1鳥海山
  2. 2鳥海山とは
  3. 3鳥海山登山ルート
  4. 4鳥海山鉾立登山ルート1:絶景を見ながら登山
  5. 5鳥海山鉾立登山ルート2:みどころ
  6. 6鳥海山鉾立登山ルート3:アクセス
  7. 7鳥海山矢島口登山ルート1︰半分以上が雪渓
  8. 8鳥海山矢島口登山ルート2︰見どころ
  9. 9鳥海山百宅口登山ルート1:最後のガレ場は急斜面
  10. 10鳥海山百宅口登山ルート2:みどころ
  11. 11鳥海山百宅口登山ルート3:アクセス
  12. 12鳥海山猿倉口登山ルート1:山麓に唯一温泉があるルート
  13. 13鳥海山猿倉口登山ルート2:みどころ
  14. 14鳥海山猿倉口登山ルート3:アクセス
  15. 15鳥海山湯ノ台口登山ルート1:山頂まで最短距離
  16. 16鳥海山湯ノ台口登山ルート2:みどころ
  17. 17鳥海山湯ノ台口登山ルート3:アクセス
  18. 18鳥海山吹浦口登山ルート1:伝統的ルート
  19. 19鳥海山吹浦口登山ルート2:みどころ
  20. 20鳥海山二ノ滝口登山ルート1:唯一の渓谷ルート
  21. 21鳥海山二ノ滝口登山ルート2:みどころ
  22. 22鳥海山万助口登山ルート1:標高差No1
  23. 23鳥海山長坂口登山ルート1:尾根道の眺望を楽しめる
  24. 24鳥海山長坂口登山ルート2:みどころ
  25. 25鳥海山山形県側アクセス
  26. 26鳥海山山小屋情報:1
  27. 27鳥海山山小屋情報:2
  28. 28鳥海山の絶景を見に行こう

鳥海山

鳥海山は標高2236mで秋田と山形の県境にあり日本海に面し、秋田では秋田富士、山形では庄内富士と呼ばれ、日本百名山、日本百景のひとつでもあります。登山ルートは数多くあり、そのルートは手軽な初心者向けのものもあれば上級者向けなど様々あります。その中からいくつかの登山ルートを紹介します。

Thumb由利高原鉄道は絶景ローカル線!沿線の観光地も紹介!人気のアテンダントとは?
「由利高原鉄道」は秋田県の鳥海山山ろくと日本海を結ぶローカル線の列車です。「まごころ列車」と...

鳥海山とは

秋田では秋田富士、山形では庄内富士その他に出羽富士とも呼ばれています。山麓周辺の人々の守神として崇められ、気象変化が激しく四季の彩りも鮮やかで山頂には万年雪を有し、南側には夏の時期になると「心」の字の形で雪が残る心字雪渓があり、山頂からは北に白神山地、岩手山、南に佐渡ヶ島、東には太平洋が見渡せます。

高山植物も多く、固有種ではチョウカイアザミ、チョウカイフスマがあり登山者の目を楽しませてくれます。登山ルートも数多くあり色々な場所から放射状に山頂に向かっており秋田側山形側それぞれからの登山ルートは多種多様で難易度も色々あり途中での景色や山頂での景色が登山者を楽しませてくれます。

鳥海山登山ルート

鳥海山にはいくつもの登山ルートがあり鉾立ルート、吹浦口、長坂、万助、二ノ滝、湯ノ台、百宅、猿倉、矢口と他にもルートがあり、秋田、山形側それぞれからある鳥海山への登山ルートは放射線状に山頂に向かい、ルートの途中で合流します。分岐が多く登山者は登山ルートを往復せず行き帰り別の登山ルートを使い、それぞれのルートを楽しみます。

日本百景でもある鳥海山の登山ルートは初心者から上級者用ま​​で色々あり、それぞれ見所のポイントがあり訪れる登山者は鳥海山の山頂はもちろん途中の景色、夏山の緑と雪渓の白のコントラスト、鳥海湖、名物の岩や数々の高山植物に癒され、その時期ならではの景色を楽しませてもらいながら登山をします。

鳥海山鉾立登山ルート1:絶景を見ながら登山

mino_hihaさんの投稿
14241015 1764289360485759 73626630 n

秋田側からのこの鉾立ルートは約14.3km片道5時間ほどの​​​​ルートで初心者向けのルートです。鳥海山では最もポピュラーな登山ルートで登山道も整備され初心者の方にもおすすめです。ルート全体を通し見晴らしが良く大駐車場の脇を起点とし、展望台まで舗装道路で、この展望台から見る奈曽渓谷や白糸の滝は疲れや辛さを忘れさせてくれます。

coconut_reefsさんの投稿
21107577 122174025098407 2173762602969071616 n

6月までは6合目が近づくにつれ残雪が多くなり鉾立の石段は残雪で分かりにくいので登山道の表示に注意しながら進みます。夏の時期この辺りは高山植物が咲き乱れ給水も出来るので休憩所となっています。これから先はガレ場で緩やかな上り坂で御浜神社の鳥居が見え御浜小屋に至った所で吹浦、長坂道の登山道と合流します。

鳥海山鉾立登山ルート2:みどころ

sakilala1007さんの投稿
14448271 1834016200160370 7693208646808764416 n

鉾立ルートの見どころは進むにつれ背には日本海が見え、前方には鳥海山の中でも最高峰である新山や七高山、外輪山と絶景が楽しめます。そして、鳥海湖や豊富な高山植物の花畑もあります。鳥海湖の周辺はハイキングコースにもなっているので鳥海湖を周回してみるのもおすすめです。

alpaca_123さんの投稿
18161471 143361882869278 4578881178479624192 n

山頂に近づくとだんだんガレ場になり足元に注意しながら進み山頂の新山へつきます。下山時は往路復路ともに千蛇谷、外輪山どちらから行っても大丈夫です。千蛇谷では夏の時期でも雪渓が残っているので山肌と雪のコントラストは美しく、ぐるっと取り囲む様にある外輪山からは遥か遠くまで見渡すことができます。

鳥海山鉾立登山ルート3:アクセス

鳥海山鉾立登山口まではJR東日本羽越本線象潟駅を下車して、象潟合同タクシーバス鳥海ブルーライナーで終点の鉾立下車します。それかJR東日本羽越本線酒田駅か吹浦駅を下車し、庄内交通バス快速鉾立行きで終点の鉾立下車です。車は秋田側から国道7号または秋田県道58号鳥海ブルーライン経由で登山口へ行きます。

snkw_instaさんの投稿
22069274 119363128736071 538903110135840768 n

秋田県側から象潟矢島線、秋田県道131号鳥海公園小滝線で、鳥海ブルーライン経由で鳥海山鉾立登山口へ向かいます。山形県側からは国道7号の鳥海ブルーライン入口交差点又は国道345号十六羅漢交差点、山形県道210号鳥海公園吹浦線をブルーライン経由で鳥海山鉾立登山口へ行きます。

鳥海山矢島口登山ルート1︰半分以上が雪渓

keiko_244さんの投稿
14723075 560900310767741 6244609829629853696 n

矢島口ルートは秋田側では最古の鳥海山登山ルートです。距離は約9.4km4時間程の初心者から中級者向けのルートで積雪量が豊富なため随所に雪渓があるルートです。矢島口ルートは5合目の祓川がまで舗装道路になっていて4月下旬鳥海山の道路除雪がここまで終わると山開きです。6合目の賽の河原では小石を積み上げたケルンが多いです。

noboristyleさんの投稿
26342760 180721776015655 6049108218305576960 n

6合目から雪渓が多く7合目から美しい緑と雪のコントラストが広がり頂上付近の急な坂の舎利坂へ、8合目の奇勝七ッ釜、9合目の氷の薬師では溶岩でできた大きな岩があります。半分以上が雪渓で真夏でも雪渓を登って行くためアイゼンなど必要です。最高峰と同じ七高山の頂上からは新山や外輪山の眺望に魅了されます。

鳥海山矢島口登山ルート2︰見どころ

shibata424さんの投稿
19932695 317012698748135 8631683808715866112 n

このルートは山開きと共にサマースキーの時期にもなり、訪れる方も多く7月中旬まで雪渓が随所にあります。スタート地点は木道でハイキングに最適な竜ヶ崎湿原が広がり高山植物が沢山あります。5合目はタケカンバが生い茂るざんげ坂、6合目手前の坂はタッチラ坂と言い賽の河原では親達が子供の冥福を祈り積み上げたケルンがあります。

7合目の御田は神の苗田として祭られ田形をした水溜りが各所にあり美しい山の緑と雪のコントラストが素晴らしいです。8合目の奇勝七ッ釜は渓流の川底が7つの滝つぼを作り流下するためこの名がついたそうです。9合目の氷の薬師には溶岩で出来た神岩があり、山頂では遠方まで見える美しい絶景を見る事が出来ます

鳥海山百宅口登山ルート1:最後のガレ場は急斜面

okiatumさんの投稿
13694553 1743959862537633 911838064 n

鳥海山東側にある大清水を起点にした登山ルートで、距離が11.8km、片道約4時間半の後半大変ですが初心者から中級者向けのルートです。全体的に見晴らしが良く眺望を楽しめるルートです。4合目の大清水はキャンプ場で清水の湧き出る沢を渡り5合目の大倉の滝辺りから斜面が勾配をましてきます。

6合目のタッチラ坂を過ぎると徐々に勾配はきつくなり目の前に覆い被さるように7合目の屏風岩につきます。そして8合目の唐獅子平を通りケルンのある霧ヶ平、ここから外輪山までガレ場です。足元に注意しながら急勾配を進み外輪づたいに進み七高山、そして最高峰新山へ向かいます。

鳥海山百宅口登山ルート2:みどころ

全体的に見晴らしが良い登山ルートです。前半は緩斜面ですが徐々に勾配がキツくなるルートで5合目からだんだんと景色も低木帯に変わってくるので良くなってきます。唐獅子平には避難小屋があり後ろを見ると出羽丘稜、奥羽山脈の素晴らしい景色を見ることができ人も少ないため絶景を独り占めできます。

そして唐獅子平にはシンボルがあり、溶岩が作った熊の形をした岩が鎮座しています。そして9合目の霧ヶ平から外輪山までのガレ場は登り下りが激しく注意してください。霧が発生すると転倒、滑落、落石に細心の注意をはらい進んでください。そしてここをこえると最高峰の新山まですぐです。

鳥海山百宅口登山ルート3:アクセス

shibata424さんの投稿
29403308 1789740191087740 4717360845477117952 n

鳥海山百宅口へのアクセスは、羽後本庄駅から由利高原鉄道で40分ほどで由利高原鉄道矢島駅につき、そこで下車し、羽後交通定期バスで20分ほどで鳥海総合支所につきます。そこからタクシーで約45分、徒歩だと3時間30分ほどで鳥海山百宅口登山口の大清水に着きます。

鳥海山百宅口の登山口である大清水へは猿倉口ルート同様に、交通機関を乗り継いで行くことが大変です。直接車で行かれるなら良いのですが、交通機関で行く場合は、由利高原鉄道矢島駅から直接登山口までタクシーで行くことも可能なので、矢島駅から直接タクシーで行くことをおすすめします。

鳥海山猿倉口登山ルート1:山麓に唯一温泉があるルート

鳥海山猿倉口ルートは山麓の猿倉温泉を拠点にしたルートです。距離11.8km片道約5時間弱の初心者、中級者向けルートです。宿泊施設から登山口まで10kmあり、ブナ林の歩道を進み6合目の見返り坂を過ぎると展望が開け7合目の鶯谷につき、沢を渡り鶯平の標柱のある湿原を進むと避難小屋のある8合目に着き、矢島口ルートと合流します。

8合目の七ツ釜避難小屋を抜けたところで矢島口ルートと合流したら、大雪路をぬけ9合目の氷の薬師に着きます。8合目9合目の大雪路雪渓は慎重に行動してください。そして、ガレ場の舎利場も登り下りと落石に注意しながら進み七高山へむかいます。猿倉口ルートは8合目から先は矢島口ルートと同じルートです。矢島ルートを参照してください。

鳥海山猿倉口登山ルート2:みどころ

鳥海山猿倉ルートの、みどころは6合目にある見返り坂で登っている時に後を見返ると奥羽山脈、出羽丘稜の素晴らしい景色を見ることができます。大更に右手には海岸線も見え、良い展望を眺めながら進みます。そしてここから積雪と風雪で奇形になったタケカンバが現れ、林となっています。

そして、この鳥海山猿倉口ルートは唯一温泉があるルートです。鳥海山の麓にある猿倉温泉(湯川温泉)は宿泊施設にもなっていますし立ち寄り湯もあります。山頂で絶景を楽しみ下山したら、その疲れを癒すために温泉に直ぐに行けるのも、この鳥海山猿倉口ルートのみどころのひとつでもあります。

鳥海山猿倉口登山ルート3:アクセス

kamopanさんの投稿
21296446 1440707166010545 3354804641442299904 n

鳥海山猿倉口登山口へのアクセスは羽後本庄駅から由利高原鉄道で40分、由利高原鉄道矢島駅で下車して羽後交通定期バスで約20分、鳥海総合支所で下車し、市コミュニティーバスで10分で鳥海山休養施設鳥海荘で下車し、登山口まで車で15分、徒歩だと1時間40分ほどかかります。

makik0135さんの投稿
23416635 387531925000153 7471520405132410880 n

猿倉口ルートは登山口の所に駐車場があります。登山口まで行く交通機関が無いため宿泊施設の鳥海荘から歩かなければならないので登山口まで車で行くことをおすすめします。鳥海荘から登山口までは約10kmあるので車で行った方が時間的にも体力的にも良いと思います。

鳥海山湯ノ台口登山ルート1:山頂まで最短距離

鳥海山湯ノ台口ルートは山形側からのルートで鳥海山登山ルートの中で最短距離で山頂まで行けるルートです。距離は約10.6km片道4時間30分ほどの初心者でも行けるルートです。夏の時期でも雪渓が多くルート全般見晴らしが良いです。公園道路終点から車道終点まで行きそこから滝の小屋、八丁坂と進み河原宿へ行きます。

河原宿からは大雪渓、小雪渓があり、アイゼンは必要です。大雪渓は山に向かって左、小雪渓は右側を登るのが良いです。雪渓を越えると鳥海山屈指の急坂あざみ坂があり外輪山を通って山頂を目指します。あざみ坂からは吹浦口ルートと同じルートとなっているので、吹浦口ルートを参考にしてください。

鳥海山湯ノ台口登山ルート2:みどころ

ssteeeeさんの投稿
11246405 944528268945473 140090716 n

山形側からのこのルートは夏から秋の時期は特に人気のルートで有名な心字雪渓がみれる初心者の方にもおすすめのルートです。全般的に見晴らしが良く原生林に囲まれた火口湖、鶴間池を眼下に見渡せるのぞきで休憩がおすすめです。河原宿ではチングルマ、ニッコウキスゲの群落、そして外輪山が素晴らしいです。

あざみ坂を越えると背後には河原宿方面が見渡せ、遠くに月山の姿、右手には庄内平野と日本海と見渡せます。ここからは吹浦口ルートと同じルートで山頂を目指します。このルートは8月になると雪が溶け夏道が出てきますが雪渓は進む事になるのでアイゼンは必要です。

鳥海山湯ノ台口登山ルート3:アクセス

山形側からのこのルートは以前は湯ノ台から登山が始まったのですが、公園道路湯ノ台滝の小屋線を通り車道終点まで行くと駐車場があり登山口となります。人気のルートで時期的に夏は駐車場が一杯になることも多く、終点の駐車場は45台、手前にも駐車場があり、そこは75台駐車できます。

このルートは鳥海山登山ルートでも特に人気のルートです。素晴らしい眺望はもちろん心字雪渓や豊富な高山植物が登山者を楽しませてくれ、万年雪を水源は時期を関係なく冷たく、夏でも手が切れそうなほど冷たいです。

鳥海山吹浦口登山ルート1:伝統的ルート

bar_yokoさんの投稿
26067982 913008142200458 5571132182790930432 n

鳥海山登山ルートで最も古く伝統的なルートです。距離は14km片道約5時間30分で初心者にもおすすめのルートです。登り始めが一番の難所の急坂の伝石坂があり、しばらくは展望もなく樹林帯をひたすら登ります。ここを越えると展望が開け勾配も緩やかになり見晴台があるのでここで休憩すると良いです。

itayan88さんの投稿
21879312 363147727450550 7508857913046204416 n

緩やかな湿原の清水大神を過ぎると高山植物が増え、とよを通過すると河原宿に入ります。愛宕坂の急坂を登ると一面スマガヤの草原になり御浜につき、鉾立、象潟口、長坂口と合流し東へ進み尾根道を進み扇子森上部へ向かい鳥海湖の南部からの道と合流しややキツい八丁坂、七五三掛に行き山頂を目指します。

鳥海山吹浦口登山ルート2:みどころ

noboristyleさんの投稿
26225997 198665484045544 1626956735828721664 n

このルートは伝石坂の後の見晴台での眼下の眺望は素晴らしいです。そして御浜周辺での高山植物の群生地もハクサンイチゲ、ニッコウキスゲなど花の鑑賞にも大変良いです。そしてこのルートは七五三掛のあと千蛇谷、外輪山ルートに別れ、千蛇谷では雪渓の展望があります。この雪渓は秋の紅葉の時期でも残っています。

asa.nobuさんの投稿
20590050 1415339718543789 9062465047069982720 n

外輪山ルートでは右手には外輪山の視野が広がるため高山植物も多く展望も素晴らしいです。そして左手の千蛇谷の雪渓がある展望も素晴らしく、七高山の手前では背後に新山ドームがそびえ、その眺望も素晴らしいのですが、ここからは溶岩の岩山を登るため手袋が必要になります。ルートの確認をしながら進んでください。

鳥海山二ノ滝口登山ルート1:唯一の渓谷ルート

neopaniさんの投稿
23164053 892091437610714 469044526468562944 n

山形側から行くこのルートは蛇石流を源流とする月光川の一支流に沿って登る唯一のルートで山頂まで19.7km片道7時間30分ほどの一泊二日ルートで、初心者にはキツい中級者、上級者ルートです。起点となる一ノ滝から二ノ滝までは手軽なハイキングコースとして人気で初心者のかたにもおすすめです。

k_mae.photoさんの投稿
22352552 867128220100961 5061628497458364416 n

二ノ滝からは沢沿いをひたすら登ります。二ノ滝随所にある滝や淵を見ながら登っていくとブナ林があり伝喜太小屋跡につき月山沢まで幾つもの滝や小沢を越えます。月山沢まで出ると外輪山、笙ヶ岳を間近に見れ千畳ヶ原の草原を登り幸次郎沢を経て湯ノ台口ルートに行きます。

鳥海山二ノ滝口登山ルート2:みどころ

night_ymさんの投稿
19765034 1877612972498584 3610945461499723776 n

山形側からの二ノ滝口ルートは鳥海山登山ルートの中では唯一の渓谷ルートです。一ノ滝から十以上の見ごたえある滝を立ち寄るルートで涼しげな渓流沿いやブナ林を歩きます。落差20mの見ごたえある二ノ滝は滝の上からもビュースポットがあり、山頂までの間に幾つもの見ごたえある滝を見ることができます。

shiikun11さんの投稿
19534867 1857466831173386 4447663089998888960 n

月山沢の渡渉を終え千畳ヶ原へでると視野が開け、大草原の広々としたその景色に、ここまでの疲れも一気に飛びます。そしてここは貴重な湿地帯であり分岐まで木道が整備され歩きやすいです。分岐から山に向かって行くと幸次郎沢があり、その後湯ノ台口の河原宿へつき山頂まで向かいます。

鳥海山万助口登山ルート1:標高差No1

鳥海山の秋田側、山形側全ルートの中で最も標高差のあるルートで片道約9時間、距離は25.7kmの上級者ルートです。このルートは渡戸まで仕事用の道が分かれてあるので注意してください。中村から一ノ坂そして渡戸と行き、渡戸まで来ると快適ばブナ林の中を進み万助小屋へたどり着きます。車を利用するなら一ノ坂を拠点とすることができます。

万助小屋で一泊し翌朝、万助小屋のすぐ裏から急坂になっていて登山道の土が流れてる所も多く滑りやすいので注意です。視界が開けてくると仙人平につき蛇石流がありますがすぐに出れます。そしてここから少し行くと二ノ滝口ルートと合流し御田ヶ原へ向かい山頂を目指します。

鳥海山長坂口登山ルート1:尾根道の眺望を楽しめる

uno.pic3さんの投稿
29090970 494207720998413 4267087091323633664 n

高瀬峡から笙ヶ岳へ続く長い尾根道を行くルートで地元の山岳部の訓練用のルートです。距離は25.7km片道約8時間30分のルートで初心者の方にはハードな上級者ルートです。登り始めすぐに分岐があり長坂道は右手です。山仕事用の道が分かれてあるので注意してください。雑木林を進み大きな岩の堅持岩があるとそこからは傾斜が増します。

登山道は赤土なので濡れていると滑りやすいので両手で木の枝豆や笹等を掴んで進み、突然視界が開けるとガラ場に着きます。ここから万助口ルートに行く道があります。ガラ場を進むと笙ヶ岳へつき、笙ヶ岳からは広い尾根を高山植物を見ながら進むと河原宿からの道と合流し御浜小屋へと向かいます。

鳥海山長坂口登山ルート2:みどころ

山形側から登る鳥海山長坂口ルートは前半はうっそうと生い茂る樹林帯を進みますが高瀬峡は滝や渓流を楽しむことが出来るトレッキングコースとして人気です。紅葉の時期は、渓谷が美しく彩られる姿を見ることができます。笙ヶ岳からは背後に庄内平野、前方に鳥海山を望めて景色を独り占めすることができます。

bianchi_77さんの投稿
33559572 373435753163657 8156193429689204736 n

他にも修験者たちの修行の場だった大滝や数多くの高山植物を見ることもできます。高瀬峡から笙ヶ岳の稜線が大変気持ち良いです。そしてこのルートは長坂道ルートとつながっているので、高瀬峡方面へ迂回し、美しい景色を見ながら歩を進めることができます。

鳥海山山形県側アクセス

今回ご紹介した山形県側からの鳥海山登山ルートのアクセスです。ほとんどが交通機関が無いため車かタクシーでのアクセスになります。吹浦口ルートは遊佐駅か吹浦駅から乗り合いタクシー(酒田第一タクシー)で太平山荘に行き、そこからは徒歩で太平登山口へ行きます。二ノ滝口は遊佐駅からタクシーで一ノ滝駐車場へ行き、そこから登山口です。

万助口ルートは遊佐駅から遊佐町営バスで中村下車で登山口に行けます。長坂口ルートも遊佐駅から遊佐町営バスに乗り長坂口で下車したら登山口へ行けます。鳥海山への登山は日帰りや一泊のルートもあります。飲料水はもちろん食料などもしっかりと準備したうえで鳥海山の登山を楽しんでください。

鳥海山山小屋情報:1

_yu_king_さんの投稿
11349323 208542559491352 1365048011 n

鳥海山は国定公園に指定されているのでキャンプは出来ません。山小屋や避難小屋がルート上にあるのでうまく活用してください。鉾立山荘は鉾立ルートの登山口にあり、営業時期は4月下旬から10月末までです。御浜小屋は鉾立、吹浦、長坂三つのルートで利用できます。営業時期は7月上旬から9月中旬で一泊二食7350円、素泊まり4200円です。

xiwata1202さんの投稿
21149001 119572542109664 4130166828167069696 n

祓川ヒュッテは矢島口ルートと猿倉口ルートで利用できます。竜ヶ原湿原の入口にある小屋です。営業時期は4月下旬から10月中旬で素泊まり1800円です。七ツ釜避難小屋は木造二階建の避難小屋で矢島口ルート8合目にあります。。通年利用できます。百宅口ルートは大清水避難小屋があり、百宅登山口にある避難小屋です。通年利用できます。

鳥海山山小屋情報:2

gonohamaさんの投稿
22278052 1085191168284026 5268147863833018368 n

唐獅子平避難小屋は背後に外輪山を望む事が出来る百宅口ルート上にある木造二階建ての避難小屋で通年利用できます。湯ノ台口ルートには滝の小屋があり、登山口から20分ほどの見張らしがよい高原に建つ山小屋で営業時期は6月下旬から10月下旬で一泊二食3500円で素泊まり2500円です。

adidocchi.with.the.3stripesさんの投稿
25006331 405693049848997 3044915642865025024 n

万助口ルートには万助平に小屋があり、山岳部やOBの人達によって定期的に清掃されているので快適な夜を過ごせます。通年利用できます。そして山頂の御室小屋は大物忌神社が運営している宿泊小屋で営業時期は7月上旬から9月中旬です。素泊まり4200円で一泊二食7350円です。

鳥海山の絶景を見に行こう

鳥海山の登山ルートは初心者から上級者まで沢山あります。そして登山だけでなく登山口周辺だけでも素晴らしい景色が沢山あります。夏だけでなく紅葉の時期も素晴らしく訪れる人々を楽しませてくれます。登山ルートが沢山あり分岐で合流するルートも多いので、無理はせず、ご自分のペースで鳥海山をたのしんでください。

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング