八幡平アスピーテラインは人気ドライブコース!開通はいつ?紅葉も絶景!

八幡平アスピーテラインをご存知ですか?秋田県と岩手県を横断する八幡平を楽しめるドライブ、ハイキングコースです。四季折々に美しい姿を見せる八幡平は絶好の観光名所。開通はいつ?紅葉はきれい?今回はこの八幡平アスピーテラインについてご紹介します!

八幡平アスピーテラインは人気ドライブコース!開通はいつ?紅葉も絶景!のイメージ

目次

  1. 1八幡平アスピーテラインへドライブ
  2. 2八幡平アスピーテラインとは?
  3. 3八幡平アスピーテラインは十和田八幡国立公園
  4. 4八幡平アスピーテラインは人気のドライブコース
  5. 5八幡平アスピーテラインのある八幡平とは?
  6. 6八幡平アスピーテラインの自然
  7. 7八幡平アスピーテラインの野鳥たち
  8. 8八幡平アスピーテラインはいつが人気?
  9. 9八幡アスピーテラインは紅葉も人気
  10. 10八幡アスピーテラインの紅葉時の混雑状況
  11. 11八幡アスピーテラインからながめる岩手山
  12. 12八幡アスピーテラインから遊歩道へ
  13. 13八幡平アスピーテラインの見返り峠
  14. 14八幡平山頂までの登山道
  15. 15八幡平アスピーテラインのおすすめの黒谷地湿原
  16. 16八幡平アスピーテラインの源太岩展望台
  17. 17八幡平アスピーテラインまでのアクセス方法
  18. 18次の休みにはぜひ八幡平アスピーテラインへ

八幡平アスピーテラインへドライブ

楽しいメンバーと一緒においしい飲み物をもっていざドライブへ!せっかくいくなら景色のきれいなところへ行ってみたいところ。八幡平アスピーテラインはどの季節も楽しめる絶好のドライブコースです。見頃は?紅葉はきれい?写真スポットは?今回はこちらの八幡平アスピーテラインについてご紹介します!

八幡平アスピーテラインとは?

八幡平アスピーテラインは秋田県と岩手県を横断する八幡平を楽しめる全長27kmあるドライブコースです。八幡平は台地状火山で開放的な山々を一望できる景色が魅力の観光スポットです。

冬も夏も紅葉の季節も美しい見ていて飽きない景色の変化が人気でおすすめです。思い思いに好きな景色で写真撮影をする方多くおられます。

岩手山や森吉山などが見渡せる写真スポット。時間が止まったかのようなシンと涼しい空気が流れている岩手県と秋田県自慢の観光名所です。秋田県から岩手県にアクセスするのに便利なドライブコース。帰りは八幡平樹海ラインを通って帰ってくるのも人気のおすすめアクセスルートです。バイクドライバーが憧れるツーリングコースでもあります。

Thumb秋田八幡平スキー場は豊かな積雪に白銀のパウダースノー!宿泊先情報も!
秋田八幡平スキー場は毎年たくさんの積雪があり、とても良い雪質の中での滑りを楽しめます。ここで...

八幡平アスピーテラインは十和田八幡国立公園

八幡平アスピーテラインは十和田八幡平国立公園に指定されています。八甲田山、十和田湖、奥入瀬渓流から八幡平、岩手山、秋田駒ケ岳一帯を国立公園としています。

美しい山々から湖、湿原、沼地、丘など様々な地形からなる変化に富んだ国立公園です。温泉が多く、火山帯なために地形も特殊で野鳥も多く生息していることも特徴の一つです。

キツネなど自然の中で生活する動物たちがふらっと八幡平アスピーテラインに出てくることもあります。あえて手付かずのまま残されている十和田湖八幡平国立公園は、野生の動物たちが四季とともに変化する自然とともに生きている日本自慢の景勝地です。動物たちに会ったら、えさをあげたりせず静かに見守ってあげてください。

Thumb十和田湖・休屋周辺観光スポット11選!遊覧船や乙女の像も!壮大な景色を満喫!
十和田湖や湖畔の休屋地区とその周辺を観光する、十和田湖・休屋周辺観光が密かな人気です。十和田...

八幡平アスピーテラインは人気のドライブコース

八幡平アスピーテラインは4月から11月頃までの開通期間、火山帯独特の平坦な自然ではない変化に富んだ景色がとても魅力的なドライブコースです。

途中見える岩手山を展望できるポイントでは、ひらけた景色の中に岩手山が浮かび上がり緩やかなカーブとともに景色が変わり、絶景と人気の写真スポットでおすすめです。

八幡平アスピーテラインの道は走りやすく緩やかなカーブなので、ドライブを楽しみながら景色も堪能できるおすすめドライブコースです。八幡平アスピーテラインと八幡平樹海ラインの両方を走ってぐるっと八幡平を見て回って約1時間半。途中休憩したり遊歩道を歩いたりゆったりとしたペースで一日遊べます。

八幡平は冬の間は雪が良く降るので冬季は閉鎖されています。開通は4月頃となっていますが、その年によって閉鎖時期も開通時期も多少変動します。詳しくは秋田県・岩手県の公式サイトをご確認ください。開通したあとは安全が確認されていますのでドライブを楽しむことができます。

八幡平アスピーテラインのある八幡平とは?

八幡平は十和田八幡平国立公園に指定されている奥羽山脈北部に位置する山々を指していいます。数々の火山帯を抱え、自然の力によって変形したり沼地や湿原が無数に発生している魅力的なおすすめ観光スポットです。およそ100万年前に噴火した火山によってできたとされています。

八幡平は岩手県と秋田県自慢の観光スポットです。八幡平一帯は火山帯なので八幡平アスピーテライン近くにはこの付近でも有数の温泉があります。八幡平アスピーテラインをドライブした帰りに温泉によって帰るなんていうのもおすすめです。温泉に泊まって八幡平を堪能するのもいいかもしれません。

Thumb八幡平のおすすめ温泉ランキング!人気の秘湯や宿・日帰り湯紹介!
秋田県の八幡平には、温泉郷がいくつもあり、それぞれ異なったタイプの温泉を楽しめます。湯治宿か...
Thumb八幡平のおすすめ観光スポット31選!人気のグルメや見どころコースも紹介!
岩手県と秋田県の県境に位置する八幡平には、見どころ満載の観光スポットがたくさんそろっています...

八幡平アスピーテラインの自然

ブナやアオモリトドマツの原生林があります。さらさらと柔らかい雰囲気を醸し出すブナの木は風が通り抜けるときにブーンと鳴ることからブナと名付けられたといわれています。葉の間から光が差し込む姿は温かくてとっても綺麗。ブナの実は栄養価が高く人間でも食べることができるそうです。八幡平の貴重な栄養源です。

オオシラビソは日本の特有種であるマツ科の植物でここ八幡平にオオシラビソを見に来る専門家もいるというほど見かけます。寒さが厳しくなるためにオオシラビソの特徴ともいえる高さがあまりここでは見られませんが先端が丸い優しい姿のオオシラビソは八幡平の景色を一層美しくしてくれています。植物を写真に収めるのもおすすめです。

八幡平アスピーテラインの野鳥たち

野鳥観察が八幡平でも人気です。こちらは動物食で爬虫類や哺乳類の死骸やうさぎ、ヘビなどを空高くから探しているイヌワシ。ドライブしていると頭の上を悠々と飛んでいるイヌワシに出会えるかもしれません。王者の貫禄たっぷりの美しい外見でここ八幡平でも抜群の存在感を誇っています。ほかにもオオタカなどタカ類が生息しています。

高原に住む野鳥というと思い浮かべる方も多いかもしれません。上の写真はアオジです。レモン色に近い黄色と深いグリーンと黒い模様が入ったアオジは葉や枝の間にうまくかくれています。スズメほどの大きさなので小さく警戒心が強くて人間の前に姿を見せることはほとんどないのでお目にかかれたらかなりラッキーです。

カッコウ科のツツドリは夏鳥です。ポポっという声も時々聞くことができます。毛の長い毛虫が好きで毛虫が発生する木々、例えば春であれば桜の木などの近くで見かけます。こちらも警戒心が強いのでなかなか姿を見せてくれませんが高原では貴重な役割を果たしている野鳥です。

鮮やかな青が特徴のオオルリです。こちらも八幡平で見かけることができます。4月から10月くらいまでちょうど冬の間閉鎖している八幡平アスピーテラインが開通している時期に日本に渡ってくる渡り鳥です。よく通る声と鮮やかな外見で愛鳥家たちに人気の野鳥です。

八幡平アスピーテラインはいつが人気?

八幡平アスピーテラインというとまず思い浮かべるのが上の写真のような氷の壁の中を走っていくドライブコースです。

冬の期間は通行止めとなっていますが4月中旬に開通して間もないころは「雪の回廊」と呼ばれる両側が何メートルにもなる壁に挟まれた他では見られないドライブコースになります。

八幡平の独特の地形がうっすらと雪をかぶった姿はまさに絶景!開通したらいざドライブへ!多くの沼地や谷、湿原を抱え、人の入り込めない山々と植物、野生動物たちの息づく自然の世界が広がっているのを上から見下ろすことができます。まさに写真の絶景スポット。自然の大きさに飲み込まれてしまいそうな迫力を感じます。

八幡アスピーテラインは紅葉も人気

今回ご紹介したいのは八幡平アスピーテラインは紅葉の名所でもあるということです。10月上旬ごろから紅葉が見られます。

山々が高さや角度によって徐々に紅葉していくので長い間楽しむことができます。こちらの紅葉は岩手県でも人気NO.1といわれています。カーブを切る度に違った景色を見せてくれます。

秋の八幡平アスピーテラインでは紅葉に合わせてイベントもいろいろと開催されています。10月上旬には八幡平山賊祭りが開かれ、地元の農産物が売られたりステージイベントもあります。10月半ばには八幡平紅葉まつりがあり、紅葉ウォーキングやフリーマーケットなどが毎年行われています。

八幡平アスピーテラインはブナが多く生息し、ブナは柔らかいオレンジ色に紅葉するので一斉に色を変えるこの時期はまさに見頃です。

カエデなど他の紅葉する木々とのコラボレーションはまさにおすすめ。絶好の写真スポットがいたるところにあります。統一されていない山並みの形がまた八幡平アスピーテラインの魅力の一つです。

ちょっとモミジにも似た雰囲気のカエデがたくさん見られる八幡平アスピーテライン。このカエデの木一本で赤くなったり黄色みがかっていたり緑だったりといろいろな色を付けてくれるのでそれだけで八幡平全体の色合いが鮮やかになります。遊歩道を歩いた時のサクサクっとする音も風情があって魅力的。紅葉には欠かせない木です。

八幡アスピーテラインの紅葉時の混雑状況

八幡平アスピーテラインの紅葉時はイベントなども行われるため普段よりも交通量は多くなりますが渋滞を心配する必要はありません。ただ駐車場は場所によって混み合います。緩やかなよく整備された山道も並ぶことなく走ることができます。他の紅葉名所に比べると9月中旬から紅葉し始めるので少し早めかもしれません。

紅葉時は山肌が一面に色づき朝方、日中、夕方とまた時間帯によって違う景色を堪能できます。見頃は高さによって多少異なってくるので9月中旬から10月半ばまで長く楽しむことができます。紅葉時に渋滞を気にせず身に行けるおすすめポイントです。見頃の時期に合わせて出かけてみましょう。

八幡アスピーテラインからながめる岩手山

八幡平アスピーテラインから眺めることができる美しい山岩手山。日本百名山にも指定されている岩手県最高峰の山です。何度も噴火を振り返してきた火山ですが1919年に水蒸気爆発を起こして以降目立つ噴火はしていません。うっすらと雪をかぶった姿は本当に美しいです。開通してもまだ春の間は雪をかぶっています。

標高2,038mの岩手県最高峰の岩手山。程よい高さなため登山者に愛されており毎年大勢の登山客が訪れます。八幡平と同じく火山を繰り返してできた地形なため、物珍しい形の岩や湿地、高山植物も多く生息しています。登山は5月から10月までが可能です。おすすめ写真スポットがいっぱいある美しい山です。

Thumb岩手山の登山ルート解説!初心者から難易度上級まで!山小屋やアクセス情報も!
岩手山は岩手県のシンボル的存在になっており、日本百名山にも選出されている山となっております。...
Thumb岩手山の噴火の歴史や温泉紹介!おすすめの見どころ完全網羅!神社もあり!
岩手山は県のシンボルであり岩手県の最高峰の山です。夏は登山、アウトドア、冬はスキーと四季を通...

八幡アスピーテラインから遊歩道へ

見返り峠は岩手県と秋田県の県境に位置しています。岩手山が中央にそびえたっておりゆっくりと景色を楽しむのに持って来いの休憩所です。ここからゆっくりと遊歩道を散策しながら自然を楽しむことができます。見返り峠の休憩所には食堂やお土産屋さんも充実しています。トイレもここで済ませていくことができます。

八幡平アスピーテラインの見返り峠

見返り峠に車を置いて散策。何度も噴火を繰り返してきた八幡平らしくガマ沼やめがね沼など沼地もいくつかあります。湿原をゆっくりと歩きながら頂上まで行くことができます。

ここ見返り峠ではお土産品や名産品が充実。紅葉シーズンや開通したての時は駐車場が少し混雑することがあります。少し早めの時間に行かれることをおすすめします。

八幡平名産の八幡平地熱蒸気染めや秋田名産のきりたんぽなど秋田県と岩手県の人気の名産品を買うことができます。改装したきれいなレストランで秋田県と岩手県の名物を食べることもできます。頂上まで来て美しい景色を堪能したあとは腹ごしらえ。ゆっくりとまた自然を楽しみながら下りていくことにしましょう。

秋田名物のババヘラアイスクリームもここで時々売られています。秋田県内の国道を走っているとどこかで出会える秋田で有名なシャーベット状の人気のアイスクリームです。ババ(年配の女性)がヘラですくって盛り付けてくれることから来たというちょっと変わった名前ですが、懐かしい味がするおいしいアイスです。

八幡平山頂までの登山道

八幡平アスピーテラインの見返り峠に車を置いて八幡平頂上までは歩いて20分程度。遊歩道をゆっくりと湿地を楽しみながら行く山登りというよりも散策といった感じの登山が楽しめます。野鳥のさえずりや高山植物を楽しみながらのんびりと歩いて登ることができます。夏でも20度ちょっとなので一つ羽織るものを持っていくことをおすすめします。

八幡平アスピーテラインのおすすめの黒谷地湿原

途中黒谷地湿原というところがあります。黒谷地湿原駐車場があるのでそこに車を停めて少し歩くと湿原を散策することができます。湿原とは淡水によって湿った高原のこと。上の写真のように植物が水分を含んで育ち、山々の合間にオアシスを作り出しています。展望台があるのでそこで少し景色を堪能できます。

ここから山頂まで登山を楽しむことも出来ます。水分を含んだ湿原がどことなく涼しくて真夏でもさわやかな風が毎日吹いています。頂上から20分かけての山頂までのハイキングは緩やかなコースで物足りないという方は、ここに車を置いて登山を楽しまれるのもおすすめです。ここも岩手山がきれいに見渡せる人気の写真スポットです。

八幡平アスピーテラインの源太岩展望台

こちらは八幡平アスピーテラインを登っていくと頂上まで行く手前、標高1,259mあたりで会うことができる源平岩展望台です。八幡平全体を見渡すことができる高台にあり目下に季節折々の美しさを見せてくれる八幡平や岩手山、八幡沼などを見ることができます。駐車スペースはそれほどありませんがおすすめ写真スポットです。

八幡平アスピーテラインまでのアクセス方法

八幡平アスピーテラインへのアクセス方法は東北道松尾八幡平ICで降りて15分ほど。八幡平アスピーテライン入り口から入ります。盛岡駅からのアクセスはバスに乗って2時間ほどになります。駐車場は有料のところと無料のところがあります。レンタカーを借りて自分でドライブも自由が利いておすすめです。

次の休みにはぜひ八幡平アスピーテラインへ

いかがでしたか?八幡平アスピーテラインは冬を経ての開通したばかりの雪の壁の中を走るのも魅力的ですが、紅葉時も絶景です。見頃は他の紅葉名所に比べて少し早め。写真スポットもたくさんあります。今年の紅葉は八幡平アスピーテラインに行かれてみることをおすすめします!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ