グランドキャニオンの天気や気温の特徴は?観光時の服装や日の出の時間も紹介!

グランドキャニオンをご存知ですか?峡谷が美しいグランドキャニオン。アリゾナ州を代表する美しい観光スポットの特徴などを中心にご紹介いたします。大自然の中での観光は、天気にも大きく左右されます。天気の情報をおさえて旅の準備などに活かしてみましょう。

グランドキャニオンの天気や気温の特徴は?観光時の服装や日の出の時間も紹介!のイメージ

目次

  1. 1「グランドキャニオン」って?
  2. 2天気が良い日がおすすめ?グランドキャニオンの見どころ
  3. 3アクセス方法って?グランドキャニオンを訪ねよう
  4. 4天気を気にしつつグランドキャニオンを楽しもう
  5. 5グランドキャニオンにあるもう一つのエリア
  6. 6気温って?グランドキャニオンの天気
  7. 7グランドキャニオンの天気に丁度良い「服装」って?
  8. 8夏の天気をチェック!グランドキャニオンを訪ねよう
  9. 9冬の天気って?冬にグランドキャニオンを訪ねるなら
  10. 10天気の良い日の「日の出」が美しいグランドキャニオン
  11. 11美しい景色を天気の良い日に写真に残そう
  12. 12グランドキャニオンはどうやって観光すれば良いの?
  13. 13天気が良いならグランドキャニオン周辺に行こう
  14. 14天気を調べてアンテロープキャニオンも観光しよう
  15. 15ナバホ族の聖地にも足を延ばそう
  16. 16天気を調べてアメリカで国立公園を訪ねよう
  17. 17グランドキャニオンの大自然!天気を攻略して楽しもう
  18. 18グランドキャニオンの天気の日に訪ねるおすすめスポット
  19. 19天気を調べて準備万端で出かけよう
  20. 20グランドキャニオンに行ってみよう

「グランドキャニオン」って?

美しい渓谷からなるグランドキャニオン。アメリカのアリゾナ州の砂漠地帯にあるグランドキャニオンにはたくさんの見どころがあります。美しいグランドキャニオンを、一度は写真やテレビで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?グランドキャニオンへの観光を考えている方におすすめのお得な情報をまとめてご紹介いたします。

天気が良い日がおすすめ?グランドキャニオンの見どころ

アメリカで有名な観光スポットを訪ねてみよう

世界的に有名なグランドキャニオン。国立公園の一部であるグランドキャニオンには数々の魅力があります。アリゾナ州にある周辺の公園などと合わせて、グランドキャニオンに観光で訪れたい!と感じている人は多いのではないでしょうか。毎年世界各国から観光客が訪れるグランドキャニオン。アメリカで有名な場所に行きたいならおすすめです。

世界遺産としても注目が集まる

世界遺産を世界各国で訪ねるのが好き。そんな方はグランドキャニオンをアリゾナ州で訪ねてみませんか?グランドキャニオンは1970年代に世界遺産として登録されました。アメリカの世界遺産を訪ねる旅に出かけたい。そんな風に考えている方に、グランドキャニオンは魅力溢れる観光スポットとなっています。アメリカの世界遺産も調べてみましょう。

歴史ある観光スポットとしても注目

歴史ある観光スポットとして、グランドキャニオンには注目が集まります。グランドキャニオンの渓谷を観察することで、いろんな地層を確認することができます。地球の歴史に興味がある!そんな方にもグランドキャニオンは興味深い観光スポットとなる事でしょう。グランドキャニオンを実際に近くで見るために、観光に足を運んでみませんか?

アクセス方法って?グランドキャニオンを訪ねよう

グランドキャニオンへアクセスするには?

広大な敷地に、たくさんの観光スポットが広がるアメリカ。実際に観光で訪ねてみようと思っても、アクセスするのが簡単ではないこともあります。グランドキャニオンは、アメリカのアリゾナ州にあります。日本から訪ねる方は、アリゾナ州の空港を目指せば良いの?と疑問に思っている方も中にはいるかもしれません。アクセス方法を紹介します。

飛行機でラスベガスへ行こう

グランドキャニオンに観光で訪れる場合、飛行機でラスベガスの空港に行き、そこからグランドキャニオンを目指すというのが人気のルートとなっています。カジノやショービジネスなどで有名なラスベガス。こちらの観光も兼ねて大自然の中に広がるグランドキャニオンに足を運んでみるのも面白いかもしれません。旅の予定を立ててみましょう。

ラスベガスを中心にツアーに参加してみる?

ラスベガスを拠点として、グランドキャニオンのツアーなどに参加してみるのも人気となっています。ツアー人参加する事で、自分で旅の予定を全て組む必要がなくなります。グランドキャニオンへの観光は、他にも自分でレンタカーを借りてドライブがてら訪ねるという方法もあります。アメリカをドライブするのが好きと言う方におすすめです。

天気を気にしつつグランドキャニオンを楽しもう

グランドキャニオンにはいろんなエリアがある

グランドキャニオンは国立公園の中にあります。国立公園は、その広さでも知られています。あまりにも広くて、何を観光したらよいのか分からない。そんなことがないように、いくつかの観光エリアをチェックしてみましょう。グランドキャニオンは、ノースリムとサウスリムのように、各エリアが割り振られています。各エリアを見てみましょう。

サウスリムの特徴って?

サウスリムは、南壁を意味します。南壁は、グランドキャニオンの南に位置するエリアです。グランドキャニオンの観光でとくに有名のがサウスリムです。サウスリムでは、美しい渓谷やコラド川などを楽しむことができます。観光客の方が訪ねやすいようにいろんな施設が整っているという点でも、天気の良い日はこちらのエリアには人気が集まります。

ノースリムにも注目が集まる

グランドキャニオンには他にもノースリムと言う北壁のエリアもあります。グランドキャニオンの北側に位置するこちらのエリア。こちらのエリアは、一年中解放されているわけではなく、一年の中でも5月から10月までの期間限定となっています。ノースリムはサウスリムからのアクセスが少々不便と言う点で少々訪ねにくくなっています。

Thumbグランドキャニオンの天気や気温の特徴は?観光時の服装や日の出の時間も紹介!
グランドキャニオンをご存知ですか?峡谷が美しいグランドキャニオン。アリゾナ州を代表する美しい...

グランドキャニオンにあるもう一つのエリア

ワラパイ居留区にあるスカイウォークに注目

もう一つグランドキャニオンの敷地の外にあるこちらのエリア。ワラパイ居留区では、スカイウォークを楽しむことができます。ガラス張りの橋から美しい渓谷を眺めることができるとあって人気のスポットなっています。スカイウォークは観光スポットとしてグランドキャニオンと一緒に訪ねるのにおすすめです。観光は別となるので注意しましょう。

スカイウォークの楽しみ方って?

スカイウォークをグランドキャニオンの観光に取り入れたいと考えている方は、こちらの情報も合わせて知らべてみましょう。スカイウォークは、入場料金がかかります。大勢の観光客と一緒にガラス張りの橋から美しい渓谷を眺めることができる、とても貴重な機会です。天気の情報などもチェックして訪ねてみましょう。天気の良い日はおすすめです。

気温って?グランドキャニオンの天気

大自然の中の観光!気温をチェックしてみよう

大自然の中の観光。天気の情報は、観光にも大きく影響してきます。砂漠地帯のグランドキャニオンは、日本の気候とは一味違う感じとなっています。せっかく観光に訪れても、天気が悪かったり、思っていた気候ではなかったりすると、体調を崩してしまう事もあります。グランドキャニオンの気候をチェックして、旅に備えましょう。

ノースリムとサウスリムでは気温が違う?

グランドキャニオンの気候。ノースリムとサウスリムでは、標高が違うため気温が変わってきます。どちらを観光で訪ねるのかによっても若干状況が変わってくるので注意が必要です。砂漠地帯のグランドキャニオンは一年を通して砂漠特有の気候が特徴的となっています。訪ねる時期によって、暑いのと寒いの両方に気を付けてみる事をおすすめします。

グランドキャニオンの天気に丁度良い「服装」って?

観光地で気になる服装

観光に訪れる時気になるのが服装です。現地の人のような服装を選ぶのは難しくても、観光を快適に楽しむために丁度良い服装をよういしてみませんか?グランドキャニオンを訪れる際におすすめの服装は季節によっても変わってきます。国立公園と言うことで大自然の中にある公園では公園を訪れるのにふさわしい格好で訪ねてみる事をおすすめします。

日帰りツアーに参加するなら

ラスベガスからの日帰りツアーなども人気のグランドキャニオン。ラスベガスを拠点にグランドキャニオンに行こうと思っている方は、日帰りツアーに参加する際の服装を用意しましょう。市内と国立公園は気温が変わります。グランドキャニオン行きのツアーに参加する予定がすでに決まっている方は、夏と冬それぞれにぴったしの服装を選びましょう。

夏と冬!両方の観光に備えよう

夏と冬。どちらも観光にはおすすめです。違う季節にグランドキャニオンをあえて訪ねることで、違う景色を楽しむことができます。夏と冬、両方とも観光に適した服装を用意して、グランドキャニオンでの観光を楽しんでみましょう。気温を比較することで、だいたいどんな準備が必要なのか目途を立てることができます。

夏の天気をチェック!グランドキャニオンを訪ねよう

夏の気温をチェックしてみよう

グランドキャニオンの夏の気温はどんな感じでしょうか?グランドキャニオンの夏は、6月から8月にかけての期間となっています。夏の気になる気温は、25度から30度となっていて、真夏の気候となっています。夏にグランドキャニオンを訪ねる方は、日本の夏のように準備をする必要があります。どんな服装が良さそうかチェックしてみましょう。

夏の観光向きの服装って?

真夏の気温と言うことで、グランドキャニオンの観光には、夏の格好でそのまま行っても大丈夫そうですが、実際は気温が一日の中で大きく変動します。特に日の出を見るためにグランドキャニオンを訪れたいと思っている方は、夏の服装だけでグランドキャニオンを訪ねると寒く感じることがあるはずです。ジャケットなども持参しましょう。

冬の天気って?冬にグランドキャニオンを訪ねるなら

グランドキャニオンの冬の気温って?

グランドキャニオンを、逆に冬の時期に訪ねたいと考えている観光客の方も中にはいるかもしれません。大自然の中の観光スポットは、天気によってもまったく観光内容が変わってきます。12月から2月にかけての冬のグランドキャニオンの気温は、低くなっています。10度がだいたいの平均気温となり、それ以下になる事もあります。

冬の気温におすすめの服装って?

冬の寒い時期にグランドキャニオンを訪ねる場合、冬の気温にぴったしの服装で出かける必要があります。グランドキャニオンで楽しく観光をすすめるためにも、冬の服装をしっかりと準備して旅に出かけましょう。防寒具として持っていて役立つのは、手袋などのアイテムです。寒すぎて観光にならなかったということがないように気を付けましょう。

天気の良い日の「日の出」が美しいグランドキャニオン

美しい日の出は観光におすすめ

夏や冬など季節ごとの美しさを見せてくれるグランドキャニオン。そんなグランドキャニオンでは、日の出を観光するのも人気となっています。大自然の中で日の出を眺めることができたら、とても良い旅の思い出となる事でしょう。グランドキャニオンの日の出を楽しみに、こちらの観光スポットに訪れるという方も中にはいるようです。

日の出を見るためにホテルに滞在してみよう

ラスベガスからアクセス可能なグランドキャニオン。日の出を見るためにはどうしたらよいの?そんな風に疑問に思っている方もいるかもしれません。グランドキャニオンへの日帰りツアーに参加するのではなく、日の出を見るためにグランドキャニオンに滞在できるツアーに参加してみるのもおすすめです。敷地内にあるホテルを予約するのも人気です。

美しい景色を天気の良い日に写真に残そう

ユニークな写真を撮ろう

壮大な自然が美しいグランドキャニオン。写真をどこで撮ろうかと迷ってしまう事もあるかもしれません。グランドキャニオンにあるいくつかのエリア。サウスリムでの観光が一番人気となっていますが、他のエリアも訪ねる時間がある方は、現地でしか撮ることができない少し変わった写真を天気の良い日は撮って見るのも楽しいかもしれません。

グランドキャニオンならではの写真を撮ろう

せっかくグランドキャニオンを訪ねたら、ここでしか撮る事ができない素敵な写真を記念に撮影してみませんか?ついつい美しい景色に圧倒されて、景色の写真ばっかりにならないようにしましょう。グランドキャニオンでは、渓谷の中にいる自分もカメラにしっかりとおさめましょう。一人で訪ねる方は、他の観光客の方に撮影をお願いしてみましょう。

グランドキャニオンはどうやって観光すれば良いの?

サウスリムに観光で行くのが主流

グランドキャニオンには、いくつかのエリアがあります。観光でグランドキャニオンに行く場合、サウスリムに行くのが主流となっています。サウスリムには、いくつかの可能名所があります。冬になると閉鎖ししてまうノースリムとは違って、サウスリムには一年を通して多くの観光客が足を運びます。日の出を眺めたいという方にもおすすめです。

車でグランドキャニオンにアクセスするのは可能?

日の出を楽しむのにおすすめのサウスリムなどがあるグランドキャニオン。こちらへの観光を考えている方の中には、自分で車をレンタルしてアクセスしようと思っている方もいるかもしれません。車でグランドキャニオンにアクセスすれば、好きな時間帯に移動することができます。天気の良い中、自由な旅を楽しみたいという方にもおすすめです。

車だと不便な場合もある?

車でグランドキャニオンを訪ねる場合、不便なこともあります。グランドキャニオンに向かうための道は、日本の様な道ではありません。大自然の中のドライブを楽しみたいという方は、先に動画などでどんな感じの道なのか確認しておくことをおすすめします。車で訪ねることで他の観光スポットへ足を延ばす事もできます。天気にも気を付けましょう。

天気が良いならグランドキャニオン周辺に行こう

ラスベガスの観光もおすすめ

ショービジネスやカジノで有名なラスベガス。華やかな観光とグランドキャニオンの観光をくみあわせてみるのもおすすめです。華やかな世界を楽しみたい。そんな方にラスベガスの観光はおすすめです。ラスベガスを観光の拠点とすることで、いろんな場所に足を運ぶことができます。気になっている方は、ラスベガスについて調べてみましょう。

他の公園を訪ねるのも人気

グランドキャニオンの観光と組み合わせるのにおすすめなのが、他の国立公園を訪ねる旅です。グランドキャニオンがある周辺には、有名な他の公園もいくつかあります。天気の良い日に大自然の中を観光する機会は、アメリカならではの貴重な機会です。車でドライブするのが好きと言う方は、自分でいくつかの公園を周る旅を企画してみませんか?

天気を調べてアンテロープキャニオンも観光しよう

アンテロープキャニオンを観光で訪ねてみよう

アンテロープキャニオンも、グランドキャニオンから近い位置にある注目の公園です。グランドキャニオンと一緒に他の観光スポットに足を運ぼうと思っている方にこちらの公園はおすすめです。日本でも人気の高いアンテロープキャニオンでは、神秘的な景色を楽しむことができます。グランドキャニオンとは一味違う自然の美しさを楽しみましょう。

アンテロープキャニオンヘアのアクセス方法

車でドライブすると、アンテロープキャニオンまでのアクセス時間は4時間ほどとなっています。アンテロープキャニオンにだけ行こうと思っている方は、ラスベガス発のツアーなどに参加してみるのもおすすめです。地図の上では近く見えても実際に足を運ぼうとするととても遠いこともあります。観光のチャンスを逃さないように気を付けましょう。

アンテロープキャニオンの見どころ

アンテロープキャニオンにはいくつもの見どころがあります。こちらではアッパーキャニオンや、ローワーキャニオンと呼ばれるキャニオンの観光を楽しむことができます。特にアッパーキャニオンを訪ねる場合、日中に訪ねる事をおすすめします。大自然の中で日の出を楽しみたいという方は、グランドキャニオンの方がおすすめです。

ナバホ族の聖地にも足を延ばそう

トライバルパークも人気の観光スポット

モニュメントバレーと呼ばれる、トライバルパークも、グランドキャニオンの周辺の観光スポットとしておすすめです。トライバルパークは、アメリカの先住民であるナバホ族の聖地として知られている観光スポットです。こちらのトライバルパークの観光も人気となっています。是非あわせて役立つ観光情報をチェックしてみましょう。

トライバルパークの敷地内に滞在することも可能

トライバルパーク内には、滞在するためのホテルなどもあります。ビジターセンターの近くにあるホテルに滞在することで、日の出などをモニュメントバレーで楽しむことができます。ナバホ族の聖地として知られている公園。観光に訪れたら、まずはビジターセンターを訪れて観光をすすめてみましょう。敷地内にはたくさんの名所があります。

モニュメントバレーの見どころって?

グランドキャニオン同様、自然の観光が見どころのモニュメントバレーでは、天気の情報などもしっかりと確認して訪ねたいところです。モニュメントバレーには、スリーシスターズやトーテムポールなど、ユニークな岩山を楽しむことができます。映画の撮影にも使われたことがあるモニュメントバレー。記念撮影をするのにもおすすめです。

天気を調べてアメリカで国立公園を訪ねよう

アメリカにはたくさんの国立公園がある

ナショナルパークと呼ばれている国立公園は、アメリカのいろんな場所にあります。世界遺産としても登録されているグランドキャニオンの観光を終えたら、今度は他の国立公園に足を運んでみませんか?アメリカには、オリンピック国立公園や、ザイオン国立公園など様々な公園があります。いろいろと情報を調べて旅の予定に組み込んでみましょう。

国立公園の天気を調べて訪ねよう

国立公園はいろんな州にあります。各州によって、天気なども異なるため国立公園を訪ねる際はいろいろとした準備をして訪ねる事をおすすめします。標高が高い場所にある公園や、天気がころころ変わる公園など。せっかく訪ねたけど、ちゃんと準備して行かなかったため楽しめなった。そんな事がないように、旅の準備をしっかりとしましょう。

グランドキャニオンの大自然!天気を攻略して楽しもう

日の出から日没まで

グランドキャニオンでは日の出を眺めるのも人気です。日の出の時間帯に合わせてグランドキャニオンで時間を過ごしたいと考えている方は、服装にも気を付けましょう。夏などは日中は気温がある程度上がりますが、それでも日の出の時間帯は冷え込みます。日の出の時間帯を狙って訪ねる予定の方は、温かい格好で足を運んでみましょう。

お土産も探してみよう

グランドキャニオンでは、素晴らしい写真をたくさん取ることで、素敵なお土産として持ち帰ることも可能です。写真を撮る際は、しっかりと自分が写っている写真も残しましょう。他にもグランドキャニオンではサウスリムにあるインフォメーションセンターでお土産を購入することもできます。お土産を探している方は立ち寄ってみましょう。

天気によって見え方が違う

グランドキャニオンのサウスリムの敷地内にはいくつかのビューを楽しめる場所があります。一か所で長く時間を過ごすのも良さそうですが、効率よく敷地内を観光してみましょう。天気にあまり左右されることなく観光を楽しむことができるグランドキャニオン。先にいろいろと情報を集めておくことで、実際に足を運んだ時に役立てましょう。

グランドキャニオンの天気の日に訪ねるおすすめスポット

日の出におすすめのスポットって?

グランドキャニオンならどこでも日の出を楽しめるのでは?そんな風に考えている方も中にはいるかもしれません。グランドキャニオンで日の出を楽しむのに特に注目の場所が「マーサポイント」と呼ばれる場所です。こちらは、サウスリムにある観光スポットで、美しい渓谷を眺めることができるポイントしても知られています。

夏や冬!両方の季節に訪ねてみよう

長期的にアメリカにいる。そんな方は、夏と冬両方にグランドキャニオンを訪ねてみませんか?冬のグランドキャニオンは気温が低いということで知られていますが、この時期ならではの景色を楽しむことができます。夏の観光とは一味違う観光となりそうですが、グランドキャニオンのファンの方は、冬の日の出などにも注目してみましょう。

天気を調べて準備万端で出かけよう

さっそく旅の準備をしてみよう

グランドキャニオンでも雨は降ります。春と秋の乾燥している時期以外は雨の対策も整えて訪ねる事をおすすめします。グランドキャニオンの天気を攻略することで、周辺の観光にも役立ててみましょう。もっと詳しくグランドキャニオンの魅力について知りたいと考えている方は、動画や本などで色んな旅の情報を集めて準備を進めてみましょう。

グランドキャニオンに行ってみよう

日本人の観光でも人気のグランドキャニオン。自然が美しい観光スポットは、夏や冬どちらのシーズンに訪ねるのにもおすすめです。グランドキャニオンを訪ねる際は、天気などをしっかりとチェックして、旅の準備を進めましょう。ラスベガスからの日帰りツアーなどに参加することで、旅をスムーズに進めてみるのもおすすめです。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Chaikha

人気の記事

人気のあるまとめランキング