山形『月山神社』御朱印求めて頂上本宮まで登山!お守りやアクセス紹介!

亡くなった懐かしい人に会いたくなったら月山神社を含め、出羽三山へ参拝してみませんか?月山神社の本宮は月山の頂上にあります。険しい登山の道中で亡くなった人に思う存分思いを馳せる事ができ、暗い気持ちを払拭できる月山神社を紹介します。

山形『月山神社』御朱印求めて頂上本宮まで登山!お守りやアクセス紹介!のイメージ

目次

  1. 1月山神社は亡くなった人に会える場所
  2. 2月山へのアクセス
  3. 3月山神社本宮へ行くときの注意点
  4. 4月山神社本宮へ行く際の服装
  5. 5月山登山に必要な携行品
  6. 6月山神社への登山コース1:羽黒山口ルート
  7. 7月山神社への登山コース2:湯殿山口ルート
  8. 8月山神社への登山コース3:姥沢(志津)ルート
  9. 9月山神社への登山コース4:岩根沢口ルート
  10. 10月山神社への登山コース5:本道寺口ルート
  11. 11月山神社への登山ルート6:肘折口ルート
  12. 12月山神社中之宮である御田原神社
  13. 13月山9合目には真名井神社
  14. 14出羽三山の月山神社の参拝方法
  15. 15月山神社の見開き御朱印のもらい方
  16. 16月山神社の御祭神
  17. 17月山神社のご利益
  18. 18月山神社の参拝の証
  19. 19休憩は月山頂上小屋へ
  20. 20懐かしい人に会いたくなったら月山神社へ

月山神社は亡くなった人に会える場所

貴方は、身近な人が亡くなったときにまた会いたいなと思ったことはありませんか。山形の出羽三山に当たる月山神社は、なくなった人に出会えるパワースポットとして昔から有名なスポットです。月山神社の本宮にアクセスするには、本格的な登山装備で臨んだほうがいいほど険しい道程です。更に珍しい見開き御朱印がもらえる月山神社を紹介します。

月山へのアクセス

月山神社へ登山をするためには、主な3つのアクセスルートがあります。羽黒山口ルートや湯殿山口ルート、姥沢(志津)ルートです。羽黒山口の場合は、JR鶴岡駅からバスで1時間半乗ると月山の8合目までアクセスすることができます。また、JR山形駅からの場合は、高速2時間でJR鶴岡駅へアクセスできます。車で羽黒山口に行く場合は、8合目に150台駐められる駐車場があります。

湯殿山本宮前が登山口の湯殿山口ルートは、装束場までが急な岩坂、鉄梯子で修験場という名にふさわしい道のりです。JR山形駅から高速バスで1時間30分乗り、庄内あさひバスストップで下車してから、朝日小前のバス停まで徒歩10分歩きます。その後、バスで40分で湯殿山口へアクセスが可能です。湯殿山口の駐車場は、150台駐車可能です。

羽黒山口ルートと同様JR鶴岡駅からのアクセスも可能です。JR鶴岡駅からバスで1時間20分かけて湯殿山口へアクセスします。JR鶴岡駅から湯殿山口へ行けばバスのみで行けるので、おすすめです。登山途中で姥沢(志津)ルートへ合流します。修験道の厳しさを知りたい人や体力に自信がなければ、やめておいたほうが良いルートです。

リフトを使うなら、姥沢(志津)ルートがおすすめです。JR山形駅から高速バスで1時間で月山口へ着くので、バスを乗り換え30分ほどで月山姥沢口へアクセスできます。登山口近くの宿に宿泊している人に限り、送迎がある場合があります。また、心臓破りの急坂を除けば、比較的登りやすい登山コースで、駐車場も月山姥沢口なら500台駐車することが可能です。

山形にある3つのコース以外にも中級の岩根沢コース、上級の本道寺口コースや肘折口コースがあります。こちらは、5時間から9時間以上かかるので、基本的には羽黒山口ルート、湯殿口ルート、姥沢(志津)ルートを使う人が多いです。初級中級では物足りない人や長く登山を楽しみたい人はアクセス方法を調べてみてはいかがでしょうか。

月山神社本宮へ行くときの注意点

片道3時間から4時間ほどで登山できる月山ですが、突然濃霧となり動けなくなることがあるので、非常食と雨具が必須です。雨具は傘よりも登山用の雨具が良さそうです。また、月山の山開きは、7月1日から10月中旬だけで、7月中旬にも関わらず、雪が残っており滑ることもあるので、軽アイゼンや杖があると安全に登ることが可能です。

また、通行止め情報については、山形県鶴岡市公式サイトがあるのでそちらで確認しましょう。月山神社へ参拝したい場合も雪が深く、登山することは難しいので、山開き期間に必ず行きましょう。救急連絡先である消防署羽黒分署、鶴岡市立荘内病院、鶴岡警察署の電話番号は、必ず携帯電話やスマホの中に登録しておいたほうが良さそうです。

月山神社本宮へ行く際の服装

月山神社へ行く際の服装は、登山に適した服装で行きましょう。帽子、半袖シャツ、長袖シャツ、セーターなどの中間着、長ズボンは必須です。山形なので気温低めですが当日の気温や状況によってリュックにしまうことを考慮し、セーターはフリースなど軽くて温かいものをチョイスします。休憩スポットが幾つかあるので、そこで服装が適切かどうか確認しましょう。

岩場が多いので、手袋も必ず準備しましょう。また、コンタクトや裸眼の人は、砂埃やゴミ、紫外線対策にメガネやゴーグルも持っておくと安心です。足場が悪いので、トレッキングポールや杖があると比較的歩くやすくなります。東北である山形の月山では残雪があるので、軽アイゼンを装着もしくは持っていくとその前の休憩所で装着できて安心です。

17932559 727967737386029 8803157178258030592 n
yamagasukinadake

山形の月山で重要になってくるのは、靴と靴下です。特に月山は山開きすぐの場合は、残雪がくるぶしより上の高さまである部分があります。その為、トレッキングシューズではなく、きちんと足首を保護する長さのある防水性の高い登山靴がおすすめです。また、靴下も発汗性の高いウールで、靴擦れを起こす原因になる綿の靴下は避けましょう。

また、月山神社へ御朱印を貰いに行くのなら、御朱印帳を忘れてはいけません。さらに、見開き御朱印なので見開きページ分開いている御朱印帳を準備しましょう。もし、御朱印帳を忘れてしまった場合は、その場で購入しましょう。当日、御朱印帳を忘れて、月山神社で売り切れていた場合は事情を話して紙でいただけるか相談してみましょう。

Thumb『月山』は山形登山の筆頭!標高や山開き・服装・ルート解説!山小屋情報も!
山形で登山と言えば月山は外せません。山形県の中央部の出羽丘陵の南側に位置する月山は冬はスキー...

月山登山に必要な携行品

月山登山には必ず必要な携行品があります。非常食と雨具です。雨具は、防寒着としても利用できるので、晴れていても携行しておきましょう。防水透湿性の物がいいので、登山用品専門店で登山用を買っておいたほうが良いです。傘や写真のようなのレインコートなどでは登山の邪魔になったり、蒸れてしまい逆に体温を奪ってしまうので適さないようです。

非常食は、カロリーメイトなどの栄養補助食品、乾パン、缶詰、ナッツ、ソイジョイなどのビスケットやクラッカーなど、火を使わなくても食べられる腐らない栄養価が高いものを中心に準備します。軍隊や船舶などで使用されている非常食に適したレーションと呼ばれるものもありますので、そちらを準備しても良さそうです。

また、非常食用の栄養補助食品などが苦手な場合は、アルファ米など水だけあれば食べられるお米も販売されていますので、水に余裕がある場合はこちらも非常食として有効です。ただ、非常事態の場合にはまず、水の確保が先決なので、アルファ米など水が必要な調理用品よりは、ビスケットなどのほうが良さそうです。

また、非常食の携行ですが、大体1食274キロカロリー摂取として、1日分に当たる3食分、心配な人は3食分位を携行しておくと良さそうです。また、登山途中に行動食を持っておくとそちらも非常食として活用ができます。チョコや飴がおすすめです。おにぎりなども有効ですが、具によっては腐りやすいので、非常食には適しません。

また、水も重要です。大体日帰りで5時間位だと2リットルほどあると良いです。羽黒山口ルートは片道3時間で休憩スポットで給水する場合を除き、3リットルから4リットルほどあると非常時にも安心です。水筒も金属製からペットボトルまでありますが、今後も登山する場合は、登山専用の水筒を購入することをおすすめします。

また、実は忘れやすい携行品がトイレットペーパーとゴミ袋、救急用品、保険証、あと濃霧に遭遇したとき用にヘッドライトと予備の電池があると本当に安心です。トイレットペーパーが設置されていないトイレもありますので、最低でもポケットティッシュは多めに持参しましょう。保険証はコピーでも構いませんが必ず携行しましょう。

月山神社への登山コース1:羽黒山口ルート

羽黒山口から月山神社本宮へアクセスする場合は、岩場が多いですが、8合目の月山レストハウスから出発できるので、距離の割に登りやすいコースです。他の登山者も多いコースなので、一人で参加する人も安心です。トイレは、月山8合目駐車場にもありますが、できれば月山レストハウスで一度済ませておきましょう。食事が必要な場合もこちらで済ませておくと安心です。

登山途中のトイレ休憩場所は3箇所です。食事できる場所でもあるので、比較的管理されているトイレです。御田原参篭所、仏生池小屋、月山神社近くの月山山頂小屋では、必ず装備の確認やトイレ休憩などを済ませましょう。水筒を温存する必要があるので、水筒の水量が不安な場合はこちらで水分補給をしておくこともおすすめです。

Thumb山形・羽黒山登山で長い石段を制覇!神聖な空気を体感!アクセス情報も!
山形県にある羽黒山は、東北地方を代表するパワースポットです。山伏の修行場でもある山中には神聖...

月山神社への登山コース2:湯殿山口ルート

起伏が激しいので、月山神社へ行く人より登山を楽しむ中級者向けのようです。最初は、湯殿山神社の参拝入り口からのアクセスになります。こちらは、トイレは参拝入り口に付く前に済ませておく必要があります。沢沿いに登山道があるので、足元が滑りやすい部分があるので、ストックやトレッキングポールは両手用にしましょう。

こちらのコースは途中からリフトを使う姥沢(志津)コースと合流になります。合流までに鉄梯子が月光坂から装束場までの間に3箇所あります。装束場には給水所とトイレがありますので、休憩をすることが可能です。掃除が行き届いていない部分がある可能性もあるので、利用する場合は気をつけましょう。

このコースでは、浄身川の岩陰から水が湧き出ており、飲めます。装束場で給水を忘れた人はここの水を飲んでも良さそうです。牛首にも休憩所がありますが、トイレや休憩所はありません。また、鍛冶小屋跡は、最近まで山小屋を営業していたそうですが、現在は閉店しているのでトイレや給水スポットではありません。

このコースは、装束場と月山神社近くの小屋以外にトイレがありません。所要時間は、3時間半でスタート地点にもトイレはなかったので、トイレが心配な人や体力に自信がない人はおすすめできません。また、給水所も少ないので多めに携行しましょう。紫灯森でシラネアオイが、山頂でクロユリなどが楽しめる植物好きにはたまらない道のりです。

月山神社への登山コース3:姥沢(志津)ルート

このコースは、リフトを使うので、トイレや給水所も多く、スタート地点の姥沢駐車場の周囲には、ペンションがあるので、ペンションに泊まってから登山ができるアクセスも良好な場所です。また、こちらのリフト下駅は夏スキーの入り口として混雑するようです。月山神社参拝のための登山と一緒にスキーを楽しんでも楽しいかもしれません。

リフト上駅は、眺望がよく志津温泉や山形の月山湖がよく見えるそうです。ここまででトイレ休憩と給水、必要な人はここまでで済ませておきましょう。特にトイレは、リフト上駅以降は月山神社のある月山頂上までありません。所要時間はリフトを利用する時間も含め3時間ほどです。姥ヶ岳と月山の湯殿山口ルートの牛首へアクセスする分岐があるので間違えないように注意しましょう。

月山神社への登山コース4:岩根沢口ルート

湯殿山神社の摂社である岩根沢三神社がある山形の岩見沢から月山神社のあるへアクセスします。こちらは、5時間かかるルートですが、車で短縮できるルートなので、中級ですが登りやすいルートです。ただ給水所とトイレが少ないので注意が必要です。また、岩根沢登山口の駐車場は5、6台しか駐車できませんので、満車の場合は他の場所へ駐めましょう。

月山神社への登山コース5:本道寺口ルート

この本道寺コースは、月山登山上級者向けです。道は緩やかですが、残雪が多いこと、月山神社がある頂上まで7時間以上かかることを考えると初心者や中級者には難しい道のりです。また清川行人小屋から月山神社のある月山山頂までトイレがありません。給水所も同じく清川行人小屋しかないため、ペース配分が難しいルートだといえます。

月山神社への登山ルート6:肘折口ルート

月山最長の肘折口ルートは、月山神社まで9時間以上かかります。登山道もしっかりしており、急斜面にもロープがあります。登山口には、10台駐められる駐車場があります。ブナ林や大湿地花畑、また途中にある岩場には賽の河原と名前がついており、月山の大自然を余すことなく、大満喫できるコースですが、賽の河原の岩場等難所が幾つかあります。

月山神社中之宮である御田原神社

21827568 133844643905212 1657661461322792960 n
houteng4594

御祭神が奇稲田姫である御田原神社です。奇稲田姫といえば日本書紀や古事記に出てくるスサノオノミコトの妻に当たる人物で稲作に豊穣をもたらす力があるとされており、五穀豊穣や縁結び、夫婦和合などのご利益があるとされています。御田原神社の近くは馬蹄草の多少により豊穣かどうか吉凶を占うことがあるほど稲作に縁が深い神社です。

14073171 171905669910724 461637621 n
6002_kozue

また、面白いのは御田原神社の社殿です。月山神社の20年に1度の式年遷宮ででた古材を利用して、社殿が建てられています。そのため、月山神社の本宮まで参詣することが難しい人が参拝することがあります。月山神社本宮の古材を利用しているので、御田原神社を参拝すれば月山神社本宮に参拝したときと同等のご利益を得ることができます。

月山9合目には真名井神社

11850117 474194636086285 853407181 n
fusa235

真名井神社は仏生池の近くにあります。食物・穀物を司る豊受姫が祀られています。元伊勢としても有名な京都の籠神社の奥宮である真名井神社と同じ名前です。こちらも豊受姫の別称である豊受大御神が祀られています。真名井とは水につけられる最高の敬称ということなので、山形の月山神社と元伊勢には何か関係があるのかもしれません。

13725740 536927173178472 2061417096 n
blue.typhoon

また、真名井神社の近くの仏生池には、仏生池小屋という小屋があります。こちらには力餅やおでん、コーヒーなどメニューも豊富です。山では貴重な主人手作りのカミナリ豆腐が入った温かい味噌汁も人気です。食事や穀物を司る真名井神社に相応しい品揃えです。宿泊も可能ですし、お弁当なども購入可能です。

17881491 2259600574265439 7028985881398607872 n
minako_idogawa

素泊まり寝具なしの場合は2800円から1泊2食つき、主人が腕によりをかけた山菜の精進料理のおもてなしを受けたい方は8400円です。精進料理が気になる方は、山形県鶴岡市内で清源坊というお店を小屋の主人が営んでいるそうなので、そちらでも気軽に精進料理を楽しむことができます。仏生池は月山内でおすすめの休憩スポットです。

出羽三山の月山神社の参拝方法

羽黒山で心清め、湯殿山で心を癒やし、月山でパワーを充電されると良いとされている出羽三山です。亡くなった人にもう一度会いたい人は、湯殿山から羽黒山へそして一番パワーが強いとされる月山神社を参拝すれば良いとされています。修験道も多いので、白装束で登山して参拝している人が現在でも多い場所になります。

亡くなった人に会いに来た人でなければ、出羽三山の参拝順が変わります。宿坊で精進潔斎し、羽黒山で現世の穢を清めるまでは、先程の参拝方法と同じです。その後、白装束で月山神社へ向かいます。弥陀ヶ原を越えて、仏生池で死に水を取ることで参拝者は真の仏になるそうです。この時、仏となった状態で月山神社本宮を参拝します。

その後、仙人沢の湯殿山本宮を目指します。湯殿山本宮にて産湯をもらうことで、新しい生命として生まれ変わって参拝を終えることができます。死に水を取る仏生池では池の中に阿弥陀如来像が祀られていたそうですが、現在は池の中ではなく、参道側に祀られ参拝者を見守っているそうですので、月山神社へ行く道中の死に水を取る際に見つけてみましょう。

月山神社の見開き御朱印のもらい方

23161351 206817006528103 4128624982152445952 n
hirororororz

出羽三山では、御朱印では珍しい見開きページでもらえます。月山中之宮として奇稲田姫を祀っている御田原神社でも見開き御朱印をもらうことができます。月山中之宮という印が中央に来て御田原神社と手書きで書いていただけます。御田原神社でも見開き御朱印をもらえることを知らない人も多いので、御朱印を集めている人は注意しましょう。

月山神社本宮では、必ずお祓いを受ける必要がありますので、まず御朱印をもらう前に必ず行いましょう。月山神社本宮では、月山頂上という印が中央にある御朱印がもらえます。また、東北総鎮守、出羽三山霊場という文字も印の中に入っています。ごくたまに印を逆さに押されている人がいるそうです。月山神社本宮内では、撮影禁止になっているので注意しましょう。

月山神社の御祭神

月山神社は神社ですが、阿弥陀如来がご本尊です。御祭神は、月読命です。明治以前は、神仏習合であったので両方祀っていたそうですが、現在の月山神社は神仏分離をし、天照大神の弟である月読命が御祭神となっています。修験道を中心とした山岳信仰の場としても古来より信仰の厚い場所になります。室町以前は八幡大菩薩が月山の神とされていました。

月山神社のご利益

16908918 1796491934008737 5332485159667105792 n
fuhito_low_kamatari

月読命は、夜、海、魂や死後の世界を司り、水を司る農業神としても篤い信仰を昔から受けています。ご利益は天下泰平、国土安穏、産業発展、五穀豊穣、大漁満足が月山神社前の看板に記載されている公式のご利益です。月山神社の縁年は卯年とされており、干支が卯年に月山神社本宮へ参拝するとご利益があがると言われています。

月山神社の参拝の証

月山神社は、人の形をした紙に息を吹きかけ邪気払いをします。その後お神酒をいただいてお祓いを終了します。その際、お祓い料は500円ですが、参拝認定証とお祓いをしたという御祓守を一緒にいただけます。月山神社にはなで兎守など、縁のある兎にあやかったお守りや話題の見開き御朱印も御祓後に購入できます。

休憩は月山頂上小屋へ

14482863 1160088814085082 5007001491320340480 n
haruka_sasaki_0309

1945年から月山の頂上で家族営業を続けている小屋が、月山神社近くの月山頂上小屋です。営業は6月の下旬頃から9月頃までです。休憩、宿泊ができ、飲み物も購入が可能です。食事や炊事優先ではありますが、入浴が可能な日があるそうです。宿泊を希望している人は、到着したときに聞いてみたらわかるそうですが、予約時にはわからないそうです。

14287991 544896465693974 830666719 n
mika__223

1泊2食付きの場合は、税別で8400円、素泊まりの場合は、税別で5600円です。予約は必須ですので、予約をしていない場合は、余裕を持って下山しましょう。また、シーズン中とシーズン以外で予約や問い合わせの電話番号が異なります。予約は電話のみですが、問い合わせに関してはホームページでも行っていますので、活用しましょう。

懐かしい人に会いたくなったら月山神社へ

出羽三山に属する月山神社へ参拝すれば、亡くなった人へ伝言を頼めるそうです。伝え忘れたことや近況報告など、故人を思い出したとき、心残りがある場合は、月山神社へ参拝してみてはいかがでしょうか。登山によって気分が晴れやかになり、前へ進む力を分けてもらえること間違いなしです。あなたも山形の月山神社へ行ってみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
藤沢直

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ