ヒューストン空港徹底ガイド!免税店・お土産・ラウンジ・喫煙所など!

ヒューストン空港の正式名称はジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港。アメリカを代表する空港の一つです。ユナイテッド航空のハブ空港ともなっていますので日本からも訪れる機会があるかもしれません。そんな方に役立つヒューストン空港に関する情報をお伝えします。

ヒューストン空港徹底ガイド!免税店・お土産・ラウンジ・喫煙所など!のイメージ

目次

  1. 1アメリカを代表するヒューストン空港
  2. 2ヒューストン空港とは
  3. 3ヒューストン市のご紹介
  4. 4ヒューストン空港の歴史
  5. 5ヒューストン空港での乗り継ぎ
  6. 6ヒューストン空港での暇つぶし
  7. 7ヒューストン空港から気軽に行ける観光スポット
  8. 8ヒューストン空港で買えるお土産:カウボーイ
  9. 9テキサス州のお土産
  10. 10テキサス州の有名ホテル
  11. 11ヒューストン空港から行けるおすすめホテル
  12. 12ヒューストン空港にある免税店の紹介
  13. 13ヒューストン空港のラウンジのご紹介
  14. 14ヒューストン空港内の喫煙所
  15. 15ヒューストン空港へのアクセス
  16. 16ヒューストン空港ではカートは有料
  17. 17携帯やタブレットの電池がなくなっても大丈夫
  18. 18ヒューストン空港のWi-Fi環境
  19. 19ヒューストン空港は駐車場も充実
  20. 20ヒューストン空港の免税手続きができる場所
  21. 21ヒューストン空港での入国と出国
  22. 22魅力いっぱいのヒューストン空港

アメリカを代表するヒューストン空港

世界で14番目に多くの人が利用するといわれている巨大空港・ヒューストン空港。連日多くの人たちでにぎわっています。便利なハブ空港なので利用されたことのある方もおられるかもしれません。なかなか情報の少ないこの空港にいる時間を有意義に過ごすためにヒューストン空港についてご紹介していきます!

ヒューストン空港とは

ヒューストン空港はアメリカのテキサス州ヒューストンにある国際空港です。以前はヒューストン・インターコンチネンタル空港と呼ばれていましたが、1997年に41代アメリカ大統領のジョージ・H・W・ブッシュ(父ブッシュ)の名を取り現在のヒューストン空港という空港名に変更されることになりました。

ヒューストン市のご紹介

世界最大の医療研究機関のテキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターなどがあります。先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ都市なので多くの企業が本社をヒューストンに置いているのは必然と言えます。ヒューストン空港、ヒューストン港という全米最大級の貿易港を抱えているアメリカでの有数の交通の要衝です。

Thumbヒューストン観光の楽しみ方!人気のお土産や有名ホテルもまとめて紹介!
アメリカの航空宇宙局NASAがあることで有名な観光地「ヒューストン」。ヒューストンはテキサス...

ヒューストン空港の歴史

1969年にヒューストン・インターコンチネンタル空港として開港し、その後1997年に現在の名前になりました。かつてはアメリカコンチネンタル航空の本拠地として知られていましたが、会社が統合された後はユナイテッド航空の拠点となりハブ空港の一つとして機能しています。2015年には全日空が直行便を就航させ成田空港と行き来しています。

ヒューストン空港での乗り継ぎ

国際空港内には航空乗り継ぎのために5つのターミナルが用意されています。ターミナルAはエアカナダやユナイテッド航空の乗り継ぎで使用され、ターミナルDはその他の航空会社が使用しています。日本からANAでいらっしゃった方はこのターミナルDに到着します。ユナイテッド航空ですと新設されたターミナルEへ到着することでしょう。

乗り継ぎでもまずは入国

乗り継ぎでもまずは入国審査カウンターへ向かってください。皆同じ方向に向かって歩いていきますので一緒に行くといいでしょう。入国審査では看板の指示に従って進んでいきます。今はESTAという設備がありますが初めて使用される方にとっては時間がかかることを覚悟しておいてください。乗り継ぎのための時間に余裕を見ておきましょう。

ヒューストン空港での預かり荷物

ヒューストン空港では荷物を自動的に目的地まで乗り継ぎしてくれます。ヒューストン空港で荷物を受け取ることなく最終目的地まで行けるのです。もちろん最終目的地まで通しのチケットがあることが条件です。ですが基本的にアメリカの空港は乗り継ぎでも基本的には荷物をいったん受け取るものなので、チェックインの際に確認してください。

ヒューストン空港での暇つぶし

フリーWi-Fiがあります

長時間をヒューストン空港内で過ごすにはラウンジやレストラン・カフェで時間をつぶすかひたすらターミナルを歩き回っていくかのどちらかです。空港内はフリーWi-Fiが飛んでいますので、座るとこさえ確保できれば数時間の乗り継ぎぐらいなら時間を有意義につぶせるかもしれません。出国エリアでしたら免税店回りもいいかもしれません。

ディアブルックモール

もしヒューストン空港に飽きてまだまだ時間があるなら、近くのディアブルックモールというところもおすすめです。タクシーで15分くらいの所のハンブルという町にあります。ヒューストン市よりは近いですし、モールもいくつかあるので半日くらいは時間を過ごすことができます。ヒューストン市まで出る時間がない方にはピッタリです。

ハーモニー・イン・ジ・エア

乗り継ぎ時間をストレスフリーで過ごしてもらうためのおもてなしがアメリカらしくて素敵です。ターミナルA、ターミナルDで開催されるフリーコンサートでは、クラシックジャズをはじめとして、コンテンポラリージャズ、スムースジャズ、または世界中の音楽をお届けしています。ラウンジで過ごすお金がもったいない方にはおすすめです。

アートイベント

ヒューストン空港のターミナル各所に設置されている様々なアートコレクションをお楽しみいただくこともできます。種類も大変豊富ですのですべて回っていたらあっという間に待ち時間が過ぎてしまいますのでご注意ください。アート作品とそれが展示されている場所はヒューストン空港のホームページに詳細が記されています。

ヒューストン空港から気軽に行ける観光スポット

ヒューストンという町自体は実はあまり観光地として名の知れた場所はありません。観光ガイドを探した方はお分かりかと思いますが実はヒューストンのことを紹介した本もほとんどないのです。ですのでぜひダウンタウンへ行ってご自分なりの楽しみを探してみてください。タクシーですと50ドル程ですが、旅行者にはこれが一番手軽でいいかもしれません。

ヒューストン空港で買えるお土産:カウボーイ

ヒューストン空港のE2ゲートにあるアパレルグッズのお店、アメリカーナはおすすめです。ヒューストンはテキサス州。テキサスと言えばカウボーイ。カウボーイ関係のお土産をお求めでしたらここで買えます。カウボーイハットからレザーグッズまでその気になればカウボーイに変身してから日本に帰ることもできます。

お土産の他の定番は食べ物

空港内各所にあるCIBOエクスプレス・グルメマーケットに来ていただけらお土産にピッタリなアメリカっぽいチョコレートやクッキーなどが手に入ります。会社の同僚や大人数のために買うお土産をお探しならこのお店がばっちりです。ヒューストン空港の各ターミナルにお店がありますので、お土産の買い忘れがあったとしても、ここにくれば安心です。

免税店

出国してからだったとしてもエリア内にある免税店やその他のお店でもお土産物を沢山手に入れることができると思います。免税店ではついつい気持ちが高まってしまっていつもよりもたくさん買ってしまわないように注意しないといけません。ですが普段よりも安く買えるのが免税店の魅力です。ウィンドウショッピングでも十分楽しめます。

テキサス州のお土産

英語で「テキサスサイズ」といえば、大きいサイズという意味。何でもビッグサイズのテキサスで注目されているのが「バッキーズ」という名前のチェーン店です。とにかくビッグサイズな商品が並んでいますがその中でもおすすめはスナック類です。職場仲間やご近所へのお土産をお求めでしたら話題性のあるこちらの商品がおすすめです。

塩キャラメルビスコッティ

テキサス州ではありませんがお隣りオクラホマ州産のビスコッティ(Salted Caramel Bisotti)。コーヒーや牛乳に浸して食べる習慣があるアメリカならではのお菓子です。中にキャラメルが入っており、ホットミルクなどに浸して食べるとクッキーとキャラメルが柔らかくなっておいしいです。プレーン、レモン、ダークチョコなどがあります。

カウボーイブーツ

テキサスと言えばカウボーイグッズです。カウボーイブーツと聞くと高くて手が出ないという印象ですが、実は60ドルから100ドルくらいのとてもお手軽な価格帯のブーツもあります。特に日本の方にはシンプルなデザインのカウボーイブーツが人気があるようです。自分へのお土産にもおすすめ。でも重さがあるので飛行機でお帰りの際には注意が必要です。

カウボーイハット

ブーツとくればカウボーイハットです。これも値段は安い物から驚くような値段のものまで様々です。ですが自分の手で触れてみるとお分かりになると思いますが、高いものほど作りがしっかりしていて一生ものとして使うことができます。ご自分へのお土産としてそのままかぶって帰ってみてもいいかもしれません。

ウェスタンバックル

ブーツ、ハットを揃えたらやはり最後はこのアイテムです。大きめで頑丈そうなウェスタンバックルとジーンズを合わせれば無敵です。ベルトも一緒にお買いになることがあると思いますがサイズには要注意です。アメリカンサイズを間違って選んでしまうと二人分くらいの長さになります。バックルのデザインも様々です。

テキサス州の有名ホテル

アメリカで最も広大な州、テキサス。ホテルも高級で快適なものがたくさんあります。日本人が持つアメリカのイメージのほとんどはこのテキサス州発祥と言っても過言ではないでしょう。テキサス州のホテルに泊まれば本当のアメリカを体験することができるはずです。そんなテキサス州で人気のあるホテルをご紹介します。

フォーシーズンズ・リゾートアンドクラブダラス・アット・コリナス

ビジネスとレジャーどちらにのピッタリのホテルです。会議場も立派なものがあるので会議スペースを探しているならピッタリです。またゴルフ好きにはたまらないホテルです。あの丸山選手がPGA時代に優勝したことで知られている有名なゴルフコースが隣接されています。名門コースでプレイすれば、すてきなお土産話ができそうです。

マンション オン タートル クリーク ア ローズウッド

こちらもダラスにある高級ホテル。ダラスの社交場ともいえる有名ホテルなのでここに宿泊するというだけでステータスが上がります。空港までの送迎も専用のハイヤーが来て迎えてくれます。古き良きアメリカの高級感を味わうことが出来るのはこのホテルです。ローズウッドグループの底力を見せられ圧倒させられること間違いなしでしょう。

ハイアット リージェンシー ヒル カントリー

サンアントニオに佇む閑静なリゾートホテルです。スパやゴルフを始め豊富なアクティビティをホテルの敷地内で楽しむことができます。シーワールドやアラモの砦など有名な観光地へも車で行けるロケーションです。大人用プール、人工ビーチ、ウォータープレイグラウンドなど大人も子供もみんな楽しめるホテルです。

ヒューストン空港から行けるおすすめホテル

マリオット・ヒューストン

まずはエアポートホテルから。マリオットがエアポートホテルなんてとても贅沢です。朝早い便での出発の方などにはとても便利なホテルです。地下に降りればトラムがあります。これに乗ればどのターミナルへも行けます。空港から出なくていいのは魅力です。朝食にも定評がありますので朝から気分よく送り出してくれるホテルです。

ホリデー・イン・ヒューストンNE

ヒューストン空港からシャトルバスサービスがあるのがとても便利です。ホテルスタッフもフレンドリーで安心です。ホテル内のインテリアもモダンでややポップなテイストなので若い人たちにはピッタリかもしれません。でも家族向けにもピッタリ。ホリディ・インは保護者同伴の場合子供が無料になります。サイトで確認してから予約してください。

ヒューストン空港にある免税店の紹介

お土産物としては、地元の商品と言うわけではなくても、免税店で購入したものも結構喜んでいただけることがあります。乗り継ぎ時間に余裕があるときや早めにヒューストン空港に到着された時などは免税店での購入もおすすめです。ですが液体商品にはご注意ください。今後の乗り継ぎ地で機内に持ち込めない可能性もあります。

ATU Duty Free

空港内の各箇所にある免税店がこの免税店です。ターミナルA内だと9番ゲート、17番ゲート付近にあります。またターミナルBのセキュリティチェック付近にもこの免税店はあります。とにかく何でも揃っているのがこの免税店の魅力です。とりあえず入ってみればお好みの免税品を見つけることができます。

シャネル

ヒューストン空港のゲートD7付近にあるのが有名店シャネルの免税店です。大人の魅力たっぷりのシャネルでお買い物はとても楽しいです。化粧品や香水など女性を引き付ける品物でいっぱいです。旅行中は気持ちも高まって普段は躊躇してしまうような品物でも、思わず買ってしまうかもしれません。同伴の男性は要注意かもしれません。

Nuance Duty Free

B1ゲート付近にある免税店が、Nuance Duty Freeです。ここには免税店としては定番の品がたくさん置かれています。チョコレートや化粧品、スキンケア商品。それに加えてアルコール類やその他のお土産物などもこの免税店で買えます。また免税店としては定番ブランドのアルマーニ、カルバンクライン、ゴディバなども置かれています。

ヒューストン空港のラウンジのご紹介

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港にはユナイテッド航空の拠点空港なので自社が運営するラウンジ「UNITED CLUB」が5つもあります。一つの空港に5つも自社ラウンジがある空港は全米でもとても珍しいです。この空港の5つのラウンジは世界最多の自社ラウンジの体制です。

ANAを利用の方々もこのユナイテッドクラブラウンジを使用することができます。また他のスターアライアンス加盟航空会社の利用客もこのラウンジを使用できるのも嬉しいです。その他にもエールフランスのラウンジ、KLMのラウンジなども国際線があるターミナルDにあります。エコノミークラスでも支払いを行えば使用できます。

ユナイテッドのラウンジを利用する予定の方は注意しなければいけません。プライオリティパスという世界中の空港のラウンジを使用できるパスを購入済みの方もいらっしゃると思いまが、契約更新がされなかったために現在はこのパスではユナイテッド航空のラウンジは使えないそうです。KLMのラウンジなら使用できるそうです。

ヒューストン空港内の喫煙所

今では喫煙所が減っているので喫煙所の有無は喫煙者にとってはとても重要です。中には喫煙所の有無がエアラインや経路の選択にも影響するという程です。喫煙所がない空港を経由する便は避けて喫煙所がある空港を経由する便を探す人がいるそうです。ヒューストン空港はどうでしょうか。

喫煙所はありません

残念ながら、ここヒューストン空港施設内にも喫煙所はないようです。空港のホームページを調べてみても喫煙所に関する情報はありません。

煙草を吸いたい方への情報としては空港施設から25フィート離れなければ喫煙はしてはいけないという決まりになっているようです。

中には乗り継ぎの間に喫煙所で一服したい方もいらっしゃると思いますが、ヒューストン空港ではいったん出国をして、セキュリティチェックを経て外に出なければなりません。それでも施設内には喫煙所はないので敷地外に出て一服してまた戻ってこなければならないようです。

空港の外にある喫煙所に関しては空港ホームページに詳しい情報が載せられています。ここを見ると各ターミナルのエントランスを出たところに喫煙所が設置されているようです。ですがどの喫煙所もすべて空港の外部のようです。愛煙家には厳しい世の中になりました。

喫煙所を探しに外に出たはいいですが、単に外で喫煙をするだけです。しかもまたセキュリティを通って戻らないといけません。

今の時代、喫煙所がある事を期待することは全くできないようです。我慢できない方は、喫煙所がある空港をホームページなどで探して、そこを経由地として選択するほうがいいようです。

ヒューストン空港へのアクセス

ヒューストン空港から街中へのタクシーはゾーンごとの定額制です。ダウンタウンまでは約30分で料金は53.5ドル。ノースヒューストンまで約20分で45.85ドルです。午前0時から朝6時までは1ドル追加です。チップの目安は10パーセントから15パーセントくらいでしょう。

エアポートシャトルも便利です。目的地まで搬送してくれる乗り合いバンですが、同乗者の行き先によって結局遠回りすることもあるかもしれません。ターミナルE1階正面出口を出たところに乗り場があります。料金はダウンタウンまで24ドルからです。タクシーよりは安くすみます。

メトロという公共バスは一番リーズナブルな交通手段です。ダウンタウン・トランジットセンターまで約15分で料金は1.25ドルです。この公共バスを使うのが一番安いようです。ターミナルCの手荷物受取所南側を出たところに乗り場があります。メトロの公式サイトに時刻表、路線図、料金などが載っています。

ヒューストン空港ではカートは有料

アメリカの多くの空港はカートが有料になっています。ヒューストン空港でもカートは有料です。ホームページによるとカート置き場が書かれていますが、そこに「A small fee applise」と書かれていて有料であることを示唆しています。乗り継ぎや到着、出発の時に段ボールなどの荷物がある場合カートは必要です。小銭を用意しておきましょう。

携帯やタブレットの電池がなくなっても大丈夫

ヒューストン空港には無料の充電ステーションが各ターミナルに設置されています。ほとんどのデバイスで対応できる差込口が用意されていているので安心です。充電用のケーブルがないという方には少額でUSBケーブルを使用することもできるようです。ヒューストン空港内で乗り継ぎ時間をデバイスを使って過ごしたい方は安心です。

ヒューストン空港のWi-Fi環境

現代の旅行環境ではWi-Fiはもはや必要不可欠な設備です。ヒューストン空港でも無料Wi-Fiが用意されています。接続はとても簡単です。「Free Airport WIFI」を選択し、利用規約に同意するだけで、後は自動的にインターネットを使用できるようになります。海外から到着してすぐにWi-Fiが使えるのでとても便利です。

ヒューストン空港は駐車場も充実

車社会のアメリカですので駐車場も充実しています。しかし値段が様々。ターミナルにある駐車場はやや高く少し離れたところにあるエコパークですと、シャトルバスでヒューストン空港までいく必要がありますがその分費用は安く収められます。一方ではVIP気分を味わえるバレットパークというものもあります。お好みに応じて選択できます。

ヒューストン空港の免税手続きができる場所

旅行者にとっては必須の場所です。ヒューストン空港以外の免税店で購入したもので、VATの還付を受けられる場所があります。ヒューストン空港ではターミナルDとターミナルEにあります。営業時間に注意してください。ターミナルDは朝8時から夜11時45分まで。ターミナルEは朝9時から夜8時までです。

ヒューストン空港での入国と出国

ヒューストンが最終目的地だったとしても乗り継ぎ地点だったとしても、パスポートチェックを通って入国、出国をしなければなりません。ESTAと呼ばれる、入国のためのシステムもあるますが初めての方の場合は時間もかかります。セキュリティチェックの時間も考えると入国、出国のための時間を十分考えた計画が必要です。

Thumbアメリカの入国審査の注意事項まとめ!ESTAなど必要な手順を紹介!
同時多発テロ以降、アメリカの入国審査はますます厳しくなりました。そこで、アメリカの入国審査に...

魅力いっぱいのヒューストン空港

いかがだったでしょうか。ここまでヒューストン空港についてご紹介しました。外国へ行くだけで緊張される方には空港でのやり取りはそれだけでストレスになるかもしれません。ここにある情報を活用するならば、初めてヒューストン空港を利用する場合でも、きっと目的地までストレスフリーで行くことができるでしょう。

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング