鎌倉『宝戒寺』の見どころは?御朱印や歴史・四季の花の見頃を紹介!

かつて幕府が置かれた古都鎌倉には、今もなおたくさんの歴史的建造物が存在します。足利尊氏が建立したとされる宝戒寺もまたそのひとつです。そんな宝戒寺の歴史や見どころを紹介します。御朱印や御朱印帳・アクセス方法や、梅・萩など四季の花も紹介しますのでご覧下さい!

鎌倉『宝戒寺』の見どころは?御朱印や歴史・四季の花の見頃を紹介!のイメージ

目次

  1. 1宝戒寺は見どころがいっぱい
  2. 2宝戒寺とは
  3. 3宝戒寺の歴史
  4. 4宝戒寺の御朱印
  5. 5宝戒寺の御朱印帳
  6. 6宝戒寺は鎌倉七福神巡りのひとつ
  7. 7宝戒寺の参拝時間と拝観料
  8. 8宝戒寺へのアクセス方法
  9. 9宝戒寺の見どころ1:聖徳太子堂
  10. 10宝戒寺の見どころ2:徳祟大権現堂
  11. 11宝戒寺の見どころ3:大聖歓喜天堂
  12. 12宝戒寺の見どころ4:本堂
  13. 13宝戒寺の見どころ5:美しい春の花
  14. 14宝戒寺の見どころ6:美しい夏の花
  15. 15宝戒寺の見どころ7:美しい秋の花
  16. 16宝戒寺の見どころ8:美しい冬の花
  17. 17宝戒寺付近の観光スポット
  18. 18宝戒寺に行こう

宝戒寺は見どころがいっぱい

鎌倉市にある宝戒寺(ほうかいじ)は、鎌倉にある歴史ある寺院のひとつです。鎌倉と言うと鶴岡八幡宮や明月院・高徳院が有名で、宝戒寺は比較すると知名度は低めです。しかし、境内には歴史を感じさせる建造物があり梅や萩など美しい花が咲くなど、見どころがたくさんあります。そんな宝戒寺の歴史や御朱印・アクセス方法などを紹介します。

Thumb神奈川観光の穴場を一挙紹介!自然のパワースポット・デート向けの場所も!
神奈川県の観光というと、横浜や箱根を思い浮かべる人が多いと思いますが、広い神奈川には他にもま...

宝戒寺とは

宝戒寺は花の名所

26294508 171036373506024 431908589959905280 n
charry1950

宝戒寺は、神奈川県鎌倉市小町にある北条氏の屋敷跡に建てられた天台宗の寺院です。花の名所として有名で、境内には四季折々の花が咲き、参拝者を楽しませます。特に有名なのが梅と萩の花で、秋のお彼岸辺りにはおよそ200株の白萩の花が咲き誇り、萩寺という名でも知られています。

Thumb鎌倉のあじさい特集!名所から穴場まで見頃の開花時期や混雑状況をリサーチ!
鎌倉には美しいあじさいが見れる隠れた名所が沢山あります。今回は意外と知られていない鎌倉の隠れ...

宝戒寺の歴史

慰霊のために建てられた寺

宝戒寺が建立されたのは、鎌倉幕府が滅亡した後の1335年になります。1333年の新田義貞による鎌倉の戦いで、鎌倉幕府最後の執権である北条高時と北条一族は菩提寺のひとつである東勝寺にて自害しました。その2年後、北条高時ら北条一族の慰霊を目的として後醍醐天皇の命により足利尊氏が建立しました。

宝戒寺の御朱印

御朱印は全3種類

20635266 117792162208729 5189576131551952896 n
holakanappe

宝戒寺の御朱印は、本堂内にある寺務所にていただくことができます。寺務所は、入ってすぐ右側にあります。御朱印は御本尊の子育て経読地蔵大菩薩と准胝観音(じゅんていかんのん)・毘沙門天の3種類で、どれも御朱印代は300円になります。本堂の入口付近にあるのですぐに御朱印をいただきたくなりますが、御朱印をいただく際には必ず参拝してからいただきましょう。

宝戒寺の御朱印帳

オリジナルの御朱印帳は?

15535310 681695108668370 4186333498476331008 n
fleur_de_lis37

寺院によってはオリジナルの御朱印帳が存在しますが、宝戒寺にはオリジナルの御朱印帳はありません。御朱印帳自体は寺務所にありますので宝戒寺で購入してから御朱印をいただくこともできますが、御朱印をいただく際には事前にお好みの御朱印帳を購入してからもおすすめです。

近隣にオリジナル御朱印帳あり

14716462 331701987193515 2787280921512902656 n
kous.t

また、鎌倉にはオリジナルの御朱印帳のある寺院がいくつも存在します。宝戒寺の近隣だと、有名な鶴岡八幡宮でオリジナルの御朱印帳があります。鶴岡八幡宮のオリジナルの御朱印帳は、2種類あります。先に鶴岡八幡宮を参拝し、オリジナルの御朱印帳を購入してから宝戒寺で参拝して御朱印をいただくのもおすすめです。

宝戒寺は鎌倉七福神巡りのひとつ

七福神巡りとは?

15338416 222975884795837 6173492378163216384 n
copoohta

七福神巡りとは、七福神を祀っている寺社を巡ることによって福を授かるというものです。七福神巡りは全国にありますが鎌倉にも独自の七福神巡りがあり、宝戒寺の毘沙門天も含まれています。宝戒寺以外には、浄智寺の布袋・鶴岡八幡宮の旗上弁財天社の弁天・妙法寺の寿老人・本覚寺の夷・長谷寺の大黒天・御霊神社の福禄寿です。

専用色紙がおすすめ

26073630 211278796087715 7311266061398048768 n
ryomiyatatoru

七福神巡りは、各寺社を参拝する際に御朱印もいただくとよりご利益があるとされています。御朱印は御朱印帳にいただくこともできますが、おすすめは専用の色紙にいただくことです。専用の色紙は寺社で購入可能ですが、事前に電話をして確認をすることをおすすめします。

Thumb神奈川のパワースポット特集!恋愛運・金運・仕事運の有名スポットが多数!
神奈川県は日本の首都である東京の隣に位置する都道府県なのですが、そこで訪れるだけでパワーがも...

宝戒寺の参拝時間と拝観料

閉門時間に注意

宝戒寺の参拝時間は、8時から16時30分と閉門が比較的早いです。拝観料は、小学生・中学生が100円で高校生以上が200円です。御朱印をいただきたい場合や四季折々の花をじっくりと楽しみたい場合は、時間帯に注意してください。花をじっくりと楽しみたい場合は、8時の開門に合わせて行くと参拝者が少なくゆったりと見られます。

宝戒寺へのアクセス方法

公共交通機関でのアクセス方法

30087651 2053199731486296 3932741775868821504 n
mokume_2821

宝戒寺へ公共交通機関でアクセスする場合は、電車とバスの2種類あります。電車でアクセスする場合、最寄駅は鎌倉駅になります。鎌倉駅から宝戒寺まで徒歩15分ほどで着きます。バスでアクセスする場合、鎌倉駅の東口からバスに乗り、大学前で下車しましょう。電車とバスを使ってのアクセスが一番おすすめの方法です。

車でのアクセス方法

28764009 2052546121689002 4377540172569378816 n
rekiyutabiofficial

宝戒寺へ車でアクセスする場合、横浜横須賀道路の朝比奈インターで下車し、県道204号線を経由して向かいましょう。およそ20分ほどで着きます。しかし、宝戒寺には専用駐車場がありませんので、車でのアクセスはあまりおすすめできません。車でアクセスする場合は、周辺にあるコインパーキングを利用することになりますので気を付けてください。

宝戒寺の見どころ1:聖徳太子堂

大工の神様・聖徳太子

宝戒寺の見どころを紹介します。聖徳太子堂に祀られる聖徳太子は、法隆寺などの仏教建築に携わり、仏教の保護に尽力しました。また、太子講という講義を開き、建築の技術を広めたとされています。そこから、聖徳太子は大工の神様として信仰されるようになりました。そして室町時代には大工だけではなく、鍛冶屋や左官などの職人にも信仰されるようになりました。

17126669 1999775676916686 3853010144719798272 n
kari.surf

宝戒寺の聖徳太子堂では、毎年1月22日に聖徳太子講が執り行われます。職人たちが集まり、技術の向上や商売繁盛を祈願し、聖徳太子堂内で護摩を焚き読経の後に木遣唄(きやりうた)が奉納されます。木遣唄というのは、複数人で重いものを引き上げる際にした掛け声が元として作られたとされる唄のことです。

宝戒寺の見どころ2:徳祟大権現堂

北条高時を祀る

12934884 1709029542720123 1173020477 n
lisa.33.wings

徳祟大権現堂(とくそうだいごんげんどう)は、鎌倉の戦いで自害した北条高時が祀られています。徳祟大権現という名は、後醍醐天皇より下賜された神号です。鎌倉幕府の執権職を世襲し栄華を誇った北条氏ですが、最後の権力者になる北条高時は境内にひっそりと祀られています。

17933782 128284724382096 1088968934763266048 n
yyassuoo.s

鎌倉幕府が滅んだ5月22日には、徳祟大権現会・大般若経転読会が奉納されます。大般若経というのは正確には大般若波羅蜜多経(だいはんにゃはらみったきょう)といいます。三蔵法師がインドより持ち帰った600巻にも及ぶものです。この大般若経を流し読みすることを転読といいます。そして歌舞音曲という華やかな歌や踊りが奉納されるのです。

宝戒寺の見どころ3:大聖歓喜天堂

秘仏・歓喜天立像

10354535 1564408817144374 2022354057 n
yummyumi22

大聖歓喜天堂(だいしょうかんぎてんどう)には、日本最古の木造聖天と言われている歓喜天立像が安置されています。歓喜天立像は秘仏といって、信仰上の理由によって一般公開されていません。歓喜天はヒンドゥー教のガネーシャが起源で、象の頭に人の身体を持っています。主に単身像と立ち姿で包容している双身像とあり、宝戒寺の歓喜天は双身像と言われています。

19050574 129119200999577 1575996381925998592 n
toshouguyoshimune

歓喜天には、夫婦和合や子宝などのご利益があるとされています。また、大聖歓喜天堂の中には歓喜天立像以外に仏涅槃図や十一面観世音菩薩などが安置されています。5月23日には大聖歓喜天供といって、歓喜天立像が安置されている厨子の前でお経をあげて諸願成就を祈ります。

宝戒寺の見どころ4:本堂

10009341 173515706368963 1110043993 n
tokyomanual

本堂には、ご本尊であり国の重要文化財の子育経読地蔵大菩薩や鎌倉七福神巡りの毘沙門天・天台宗では仏母とされている准胝観音など、合わせて17体もの像が安置されています。そのため、宝戒寺のご利益は幅広いです。思わず写真を撮りたくなるような立派な仏像たちが安置されていますが、本堂内は撮影禁止です。

宝戒寺の見どころ5:美しい春の花

桜などの華やかな花々

宝戒寺の境内にはたくさんの植物が植えられており、春夏秋冬楽しめます。春には、木瓜(ぼけ)・桜・ハクモクレン・無患子(むくろじ)の花が見られます。木瓜の花は2月から3月頃・桜とハクモクレンは3月から4月頃・無患子は6月から8月頃が見頃です。ハクモクレンは中国原産のモクレン科の植物で、白くふっくらとした花が咲きます。

木瓜は平安時代に中国から日本に渡ってきたバラ科の植物で、瓜に似た実を付けます。美しい白や紅の花を咲かせ、庭園樹や盆栽にも人気があります。無患子は主にアジアに分布するムクロジ科の植物で、淡い緑色の花を付けます。無患子の実は壺のような形をしており、その中にある黒い実は羽子板の羽に使われています。

宝戒寺の見どころ6:美しい夏の花

睡蓮などの涼やかな花々

夏に楽しめる花は、睡蓮・百日紅(さるすべり)・花虎の尾(はなとらのお)です。睡蓮は7月から9月頃・百日紅は8月上旬から9月中旬頃・花虎の尾は8月から9月頃が見頃です。睡蓮という名の植物は、正確には存在しません。睡蓮とはスイレン科スイレン属の植物の総称になります。日本で言われる睡蓮は品種改良されたもので、日本に自生しているのは白い花を咲かせるヒツジグサのみです。

百日紅は中国原産のミソハギ科の植物で、枝の先端に美しい紅や白の花を咲かせます。100日間紅色の花を咲かせることから百日紅という名が付いたと言われています。また百日紅は猿滑とも表記し、こちらは木登りの得意な猿ですら滑ってしまいそうなスベスベとした幹をしているためと言われています。

花虎の尾は大正時代に日本にやってきた北米原産のシソ科の植物で、白やピンク・紫の花を咲かせます。別名を角虎の尾とも言い、これは茎が角張っており花が咲くとまるで虎の尾のように見えるからで、花が美しい事から花虎の尾とも呼ばれるようになりました。下の蕾から開花するのが特徴で、茎の形が四角いため花が規則正しく四方に向かっています。

宝戒寺の見どころ7:美しい秋の花

萩などの淑やかな花々

秋にはホトトギスや酔芙蓉(すいふよう)・萩・ツワブキなどの花が楽しめます。ホトトギスは7月下旬から10月頃・酔芙蓉は8月下旬から10月頃・萩は9月中・ツワブキは10月から11月頃が見頃になります。ホトトギスは東アジア原産のユリ科の植物です。花にある斑点が特徴で、この斑点がホトトギスの羽毛の斑点に似ていることからホトトギスという名が付きました。

酔芙蓉は中国と日本に分布するアオイ科の植物です。酔芙蓉という名は、花の色が朝は白なのに夕方までには紅色に変化し、そのさまがまるでお酒に酔っているかのように見えるため名付けられました。ツワブキはフキのような葉が特徴のキク科の植物で、黄色い花を咲かせます。有毒ですが、あく抜きなどして食用にしたり、民間薬に使用されたりしてきました。

12093829 1021802244517091 1823349558 n
_erimaki_

萩は、名前にもある通り秋を代表するマメ科の植物です。熱帯亜熱帯に広く分布し、日本では古くから親しまれ、秋の季語として歌もたくさん詠まれてきました。宝戒寺の萩は有名で、秋になるとたくさんの参拝客を楽しませてくれます。他にも9月上旬から下旬が見頃の彼岸花や12月が見頃の紅葉など魅力的な植物がたくさんあり、秋の参拝はとてもおすすめです。

宝戒寺の見どころ8:美しい冬の花

梅などの気品ある花々

冬には梅を始め椿・水仙・福寿草の花が楽しめます。椿は期間が長く10月下旬から5月頃・水仙は12月から3月頃・梅と福寿草は2月から3月頃が見頃です。椿はツバキ科の植物で、日本原産です。江戸時代には各地域で広く愛され、様々な地域で色々な品種の椿が作られました。サザンカと似ていますが、花の散り方や咲き方で見分けることができます。

水仙は地中海沿岸原産のヒガンバナ科の植物です。品種が多く、広く愛されている植物です。学名のナルシサスは、ギリシャ神話に登場するナルキッソスの逸話から来ています。福寿草はキンポウゲ科の植物で、旧暦の正月に咲くことから元日草や朔日草などという名でも呼ばれています。椿と同じく、江戸時代から人々に愛され様々な品種が作られました。

29416720 1643927312364628 647667139657859072 n
kyk_photo

宝戒寺の梅は、秋に咲く萩と同じく美しいと有名です。梅も白梅や紅梅・蝋梅・しだれ梅と種類も様々です。その中でも一際目を惹くのが、思いの壗(おもいのまま)という名の梅です。この梅は大変珍しく、ひとつの株に紅白の花が咲きます。人の手で花の色を決められす、思いのままに紅白の花を付けることから名付けられました。

宝戒寺付近の観光スポット

東勝寺跡

東勝寺は、北条高時ら北条一族が自害したという北条氏の菩提寺のひとつです。かつては大きな寺でしたが室町時代には廃絶し、現在は跡地のみとなっています。鎌倉幕府滅亡の地として知られ、史跡名勝天然記念物として保護されています。北条高時らが自害したとされる腹切りやぐらという場所が残されており、色々な噂が絶えません。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、鎌倉八幡宮とも言われる源頼朝ゆかりの神社です。流鏑馬神事が有名で、海外からも観光客がたくさん訪れる有名な観光スポットです。八幡宮で祀られている八幡神は武運の神様ですが歴史的な背景もあり、鶴岡八幡宮では武運以外にも仕事運や出世運・安産や良縁など様々なご利益があるとされています。

Thumb神奈川の心霊スポット最恐ランキング!病院や廃墟など噂の場所を厳選!
みなさんは神奈川県の心霊スポットでどこが有名かご存じでしょうか。今回は神奈川県内にある心霊ス...
Thumb神奈川の有名神社でパワースポット巡り!御朱印やご利益を一挙紹介!
御朱印はご存知ですか。神社を参拝した証としていただける、ありがたいものです。御朱印は御朱印帳...

宝戒寺に行こう

いかがでしたでしょうか?宝戒寺には鎌倉幕府滅亡に関係する歴史が存在し、現在でもそれに関係する行事が行われています。また、四季折々の花を楽しめるスポットでもあり、参拝者を楽しませてくれます。鎌倉へ観光に訪れた際には、ぜひ宝戒寺へ足を運んでみてください!

関連記事

Noimage
この記事のライター
hanausagi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ