『るーぶる仙台』で巡るバス観光!料金やコースは?駅発の半日ツアーも紹介!

杜の都、宮城県の仙台には「るーぷる仙台」というレトロな外観の観光用バスが走っています。このバスを利用すれば楽に仙台の町の中に点在する観光スポットを回ることができます。今回はこの「るーぷる仙台」と共に、仙台駅から行ける半日コースをご紹介します。

『るーぶる仙台』で巡るバス観光!料金やコースは?駅発の半日ツアーも紹介!のイメージ

目次

  1. 1「るーぷる仙台」は観光に便利な仙台市営のバス
  2. 2仙台の観光バス「るーぷる仙台」の利用案内
  3. 3仙台の観光バス「るーぷる仙台」の料金とお得なチケット
  4. 4仙台の観光バス「るーぷる仙台」の停留所
  5. 5仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ1:サンモール一番町商店街
  6. 6仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ2:晩翠草堂
  7. 7仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ3:瑞鳳殿
  8. 8仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ4:仙台市博物館
  9. 9仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ5:仙台城跡
  10. 10仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ6:大崎八幡宮
  11. 11仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ7:宮城県美術館
  12. 12仙台駅から行く半日観光コース1:JRバス「仙台お散歩号」
  13. 13仙台駅から行く半日観光コース2:JRバス「松島お散歩号」
  14. 14仙台駅から行く半日観光コース3:定義山参拝コース
  15. 15仙台駅から行く半日観光コース4:ニッカウヰスキー見学コース
  16. 16仙台駅から行く半日観光コース5:塩釜観光コース
  17. 17仙台の観光バス「るーぷる仙台」を乗りこなそう

「るーぷる仙台」は観光に便利な仙台市営のバス

宮城県の仙台には観光用のレトロなバス「るーぷる仙台」が走ってます。ループとは「輪」のことで、「るーぷる仙台」はその名の通り、仙台の町の見どころをつないで時計回りにぐるっと循環しています。今回は仙台観光の強い味方「るーぷる仙台」と、仙台駅を起点に半日程度で楽しめる仙台の周辺観光をご案内します。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」の利用案内

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の出発点は「仙台駅前」です。仙台駅西口のバスターミナル16番乗り場を出て、16ある停留所を1周約70分かけて一方通行で運行しています。反対周りはないので注意が必要です。隣の停留所でもバスの進行方向と反対なら、ぐるりと仙台の町なかを70分回って来ないとたどり着けません。

「るーぷる仙台」は平日は20分間隔、土日祝日は15分間隔で仙台駅前を出発しています。夏休みの8月は全日15分間隔になります。混雑する時期は、必ずしもトレードマークのレトロな車両で運行するとは限らないそうです。どの日でも「るーぷる仙台」の始発は9時、終発は16時になっています。観光の際は各地点でのダイヤの確認が必要です。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」の料金とお得なチケット

25024214 1618625331517639 5659814328216322048 n
rocking.soul

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の運賃は全線均一で、中学生以上の大人260円、小人130円、1才未満は無料です。また、大人1人に付き2人までの小人も料金無料です。料金は現金か交通系ICカードで支払います。車内で千円札の両替ができます。「るーぷる仙台」は真ん中のドアから乗り、前から降りますが、支払いは降りる時にします。

観光用バス「るーぷる仙台」には乗り放題の「るーぷる仙台一日乗車券」もあります。料金は大人620円、こども310円ですから、3回以上利用するなら一日乗車券がお得になります。バスの「るーぷる仙台」に加えて地下鉄も乗り放題になる「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」の料金は大人900円、小人450円です。

18879782 304418583318332 4264721075444645888 n
piromune

「るーぷる仙台」の一日乗車券を持っていると瑞鳳殿や宮城県美術館、仙台市博物館など、市内の主な観光スポットで割引が受けられます。また、ホテルの食事などでも割引がありお得です。「るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券」があれば、さらに地下鉄でアクセスできる八木山動物公園、仙台市科学館などで入場割引の特典が受けられます。

1739114 103961363275719 1122338996 n
re_akss

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」には2日間の乗り放題チケット「仙台まるごとパス」もあります。JR東日本が出しているもので、宮城県の松島や仙台から山形県の山寺、福島県のあぶくまエリアまでをカバーしている乗り放題チケットで、その中に「るーぷる仙台」の利用も含まれているのです。東北南部を旅行するにとても便利なチケットです。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」の停留所

29089435 585836055130217 3684695414386196480 n
2go.land

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所は、バスの形が付いたえんじ色の丸型なのですぐわかります。路線上には16の停留所があり、それぞれに番号が付いています。停留所の名前を見れば近くの観光スポットが分かり、観光コースの組み立てがしやすいので全停留所をご紹介します。

「るーぷる仙台」の停留所は、1.仙台駅前、2.青葉通一番町駅、3.晩翠草堂前、4.瑞鳳殿前、5.博物館・国際センター前、6.仙台城跡、7.青葉山植物園西、8.青葉山駅、9.理学部自然史標本館前、10.国際センター駅・宮城県美術館前、11.交通公園・三居沢水力発電所前、12.大崎八幡宮前、13.二校・宮城県美術館前、14.メディアテーク前、15.定禅寺通市役所前、16.広瀬通前です。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ1:サンモール一番町商店街

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所2番の「青葉通一番町駅」からすぐのところにある「サンモール一番町商店街」は大きなアーケード商店街で、伊達政宗や支倉常長のモチーフで飾られています。多くの老舗が店を構える場所でもあり、仙台の若者文化の発信地でもあります。いつでも地元の人でにぎわっている、お土産探しにも良い場所です。

29715776 901314536705379 9046074408191393792 n
sunnys_plussizeshop

仙台の「サンモール一番町商店街」では名物のずんだ製品の飲食がおすすめです。「ずんだ」は枝豆を潰したもので、ずんだ餅、ずんだシェーク、ずんだパフェなどのバリエーションがあります。またこの商店街には縁結びや商売繫盛で名高い「野中神社」がありますので立ち寄ってみてください。小さな神社ですがとても由緒ある神社です。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ2:晩翠草堂

18949522 1783913221920398 3827243145557442560 n
oyu253

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所3番は「晩翠草堂前」です。土井晩翠(どいばんすい)は「荒城の月」の作詞者として知られている人で仙台の生まれ、明治から昭和にかけて生きた詩人、英文学者です。「晩翠草堂」は彼が晩年を過ごした家で、愛用の品、写真や著書の資料が展示されています。

1688115 1538486236379644 199690960 n
takumovsky

観光用バス「るーぷる仙台」の停留所がある「晩翠草堂」は、ビルの谷間でそこだけ時間が止まったような佇まいです。昭和を感じる木造の日本家屋はとてもホッとできる空間。ボランティアガイドさんの話も楽しく、興味をもって晩翠について知ることができます。無料でさほど時間がかからずに見学できますので、是非観光候補に入れてください。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ3:瑞鳳殿

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所4番は「瑞鳳殿前」で、仙台観光のハイライトともいえる場所です。「瑞鳳殿(ずいほうでん)」は仙台の礎を築いた戦国武将、伊達政宗の眠る墓所です。1979年に再建された建物は極彩色で豪華絢爛、「瑞鳳殿」に入る門の彫刻や、廟の脇に並ぶ殉死した家臣などの宝篋印塔などにも注目です。

仙台駅からやや距離はあるものの、「るーぷる仙台」で容易にアクセスできる「瑞鳳殿」の敷地には、伊達政宗に続く2代藩主、3大藩主の廟もあります。「感仙殿」「善応殿」と呼ばれるそれらの建物も瑞鳳殿に負けず劣らず豪華です。「御子様御廟」と言われる第5代以降の藩主と公子公女の墓所も趣がありますので参拝をお忘れなく。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ4:仙台市博物館

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所5番は「博物館・国際センター前」です。「仙台市博物館」は伊達家から寄贈された貴重な歴史的な品々を保管展示するために1961年に開館された施設で、「支倉常長像」など3点の国宝も所蔵しています。入れ替えの展示品を含め常時1000点ほどを鑑賞することができる、歴史好きには嬉しいスポットです。

「仙台市博物館」では、陣羽織や具足など伊達政宗が着用していたものだけでなく、豊臣秀吉の具足なども鑑賞することができます。また、戦国時代のもののみならず、江戸時代の仙台藩に関する資料も展示されているので、歴史の流れを追って仙台について知ることができます。「仙台市博物館」は基本的に月曜日は休館になるのでご注意ください。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ5:仙台城跡

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所6番は「仙台城跡」です。停留所から坂を上って行くと有名な伊達政宗の騎馬像があります。ツアー客も必ず訪れる場所なので、タイミングによってはとても多くの人がいます。仙台城の往時の姿は石垣や基壇、再建された脇櫓で偲べるだけですが、市内を一望できる気持ちの良いスポットです。

「仙台城跡」には、国の指定史跡になった土井晩翠作詞「荒城の月」の詩碑もありますのでお見逃しなく。敷地内にある「青葉城資料展示館」では、コンピューターグラフィックスによる青葉城(仙台城)復原映像で城の内部などが見られ、伊達62万石の威光を感じることができます。

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ6:大崎八幡宮

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」停留所の12番は「大崎八幡宮前」です。「大崎八幡宮」は「瑞鳳殿」や「仙台城跡」と並ぶ観光スポットで、ツアー客も多く訪れます。1607年に伊達政宗によって創建された神社で、現在に至るまで厄除けや商売繫盛を願う庶民の信仰を集めています。壮麗な拝殿は安土桃山時代の遺構で、国宝になっています。

仙台の「大崎八幡宮」の社殿は豪華な彫刻や壁画で彩られていますので、参拝と共に美術工芸にも注目です。また「大崎八幡宮」は祭りでも有名です。1月14日の「どんと祭り」は数千人の裸祭りとしても知られていますし、9月14、15日の例大祭では能神楽、神輿の練り歩き、流鏑馬などが行われ、これらを見学するツアーも多く組まれます。

Thumb仙台パワースポットでご利益預かりの旅!金運&恋愛運上昇の神社は?
仙台にはたくさんのパワースポットがあります。金運や恋愛にご利益のある神社など、仙台に人気のパ...

仙台の観光バス「るーぷる仙台」で回る見どころ7:宮城県美術館

28157159 553816118316786 1116116667127037952 n
thirosi

仙台の観光用バス「るーぷる仙台」の停留所13番は「二校・宮城県美術館前」です。「宮城県美術館」は宮城県をはじめ東北地方ゆかりの美術品を中心に展示しています。時代は比較的新しいものが多く、明治時代以降の日本画、洋画、版画、彫刻、工芸などです。外国の作品ではカンディンスキー、クレー、シーレなどの絵画や版画があります。

「宮城県美術館」には宮城県が生んだ彫刻家、佐藤忠良の記念館や、世界の名画を映像で見られるハイビジョンギャラリーもあります。館内以外、周囲は誰でもアクセスできる公共スペースなので、中庭にあるルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』に出てくる動物の彫刻が設置された「アリスの庭」は無料で見ることができます。

仙台駅から行く半日観光コース1:JRバス「仙台お散歩号」

ここまで、仙台の観光用バス「るーぷる仙台」についてご紹介してきましたが、2017年にJRバス東北が仙台駅発の観光ツアーバスの運行を開始したのでご紹介します。ツアーバスは「仙台お散歩号」と「松島お散歩号」の2種類で、どちらも半日のガイド付きバスツアーが催行されます。バスの運行日は金土日曜日と祝日で、一部除外日もあります。

JRバス東北の「仙台お散歩号」のバスツアーでは「瑞鳳殿」「仙台城跡」「大崎八幡宮」ほか、楽天ゴールデンイーグルスの本拠地などを回ります。所要時間は約3時間で、バスは9:30に仙台駅の東口を出発します。料金は「瑞鳳殿」の入場料込みで大人2000円、小人料金は1000円です。12:30頃には帰着なので午後の時間は自由に使えます。

仙台駅から行く半日観光コース2:JRバス「松島お散歩号」

JRバス東北のガイド付きツアーバス「松島お散歩号」では、仙台市の北に位置する日本三景「松島」の景観美を堪能できます。ツアーコースでは松島の絶景が一望できる「西行戻しの松公園」、「五大堂」、国宝の「瑞巌寺」を観光します。その他、「観瀾亭」で抹茶を頂いたり、鐘崎の「笹かま館」でお土産を買う時間も設けられています。

ツアーバス「松島お散歩号」は仙台駅東口の出発が13:30で帰着は17:00頃、所要時間は約3時間半になります。料金は観瀾亭での抹茶代を含め大人3000円、小人料金は1500円です。観光バス「仙台お散歩号」と「松島お散歩号」のチケットは「発車オーライネット」でネット予約、または仙台駅東口バス案内所で購入することができます。

仙台駅から行く半日観光コース3:定義山参拝コース

以上、観光用バス「るーぷる仙台」やJRバス東北のツアーバスについてご紹介しましたが、他にも仙台駅を起点に半日で回れる周辺観光があるのでご案内します。はじめにご紹介するのは「定義山」です。定義山には平家の落人が開いたという「西方寺」という大きな寺があり、全国から毎年100万人もの参拝客が訪れています。

仙台市郊外の「定義山」へは、仙台駅西口の10番バス乗り場から1時間に約1本しかないバスに乗ります。所要時間は1時間近くかかりますが、仙台の町なかから山の中に入って行く途中の自然豊かな景色が楽しめます。門前町も賑やかで、名物の油揚げなどを味わいながらゆっくり参拝してください。帰りのバスの時刻をチェックするのもお忘れなく。

仙台駅から行く半日観光コース4:ニッカウヰスキー見学コース

仙台駅を起点に半日で回れる周辺観光の2つ目は「ニッカウヰスキー」見学コースです。仙台市郊外にある「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」では、案内人と共に工場見学をし、ウイスキーの製造過程やニッカウヰスキーの歴史について知ることができます。もちろん最後にはウイスキーの試飲もできます。

「ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所」の工場見学は料金無料ですが、事前申し込みが必要です。工場へは仙台駅前から市営バスの作並温泉行きに乗り約1時間の距離になります。電車を利用すればJR作並駅から工場までのシャトルバスが出ています。工場見学の所要時間は約70分ですので、半日で仙台から往復できるコースです。

仙台駅から行く半日観光コース5:塩釜観光コース

仙台駅を起点に半日で回れる周辺観光の3つ目は「塩釜観光」コースです。塩釜の町にある「鹽竈(しおがま)神社」は、1200年の歴史をもつ陸奥国一之宮として全国から参拝客を集めています。本殿や拝殿などは国の重要文化財、「鹽竈桜」は天然記念物に指定されています。「鹽竈桜」は40枚もの花弁をもつ八重桜で、春には境内を豪華に彩ります。

宮城県の「鹽竈神社」の最寄り駅である「本塩釜駅」へは、仙台からJR仙石線を利用して20分足らずで料金は240円です。「本塩釜駅」から神社までは徒歩約10分、駅を挟んで神社と反対側の港までも約10分の距離です。港周辺には「マリンゲート」という観光施設や卸市場があり、新鮮な海産物を食べたり、お土産を買ったりすることができます。

Thumb宮城・塩釜のラーメンおすすめランキングTOP10!人気の御三家は?
宮城県塩釜には、御三家をはじめとした人気のラーメン店が数多くあります。今回は、おすすめのラー...

仙台の観光バス「るーぷる仙台」を乗りこなそう

このように、仙台を走る観光用バス「るーぷる仙台」を利用すれば、楽に仙台市内の観光をすることができます。また、JRバス東北のガイド付きツアーでは詳しい解説と共に、半日で効率よく見どころを回ることができますし、路線バスや電車を活用して自分で仙台からの半日観光もできます。自分のスタイルに合った仙台観光を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ